水間政憲 さん プロフィール

  •  
水間政憲さん: 水間条項 ー 国益最前線
ハンドル名水間政憲 さん
ブログタイトル水間条項 ー 国益最前線
ブログURLhttp://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
サイト紹介文ジャーナリスト・水間政憲のブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2010/02/04 01:06

水間政憲 さんのブログ記事

  • ●《自民党の公約に「自宅に核シェルター」の頓珍漢》
  • ●《自民党の公約に「自宅に核シェルター」の頓珍漢》■自民党は国民政党になり得るのか。自民党の「公約」に「自宅に核シェルター」を盛り込むようだが、仮に10万人の自治体に補助金を拠出して「核シェルター」を持てる市民がいかほどいるのか、対象となるのは数百人くらいになるのではないか、それは土地と余裕のある国会議員とか地方議員や商工会など特権階級の人々の命乞いの発想にしか過ぎません。この程度発想しかできない自 [続きを読む]
  • ●《有事に気付かない国会議員とメディアが国を滅ぼす》
  • ●《有事に気付かない国会議員とメディアが国を滅ぼす》■朝鮮半島に関わると不幸になる日本の歴史を直視するときが来ました。金正恩は、トランプ大統領の国連演説を「犬の遠吠え」に例えて批判したことを捉えて、日本のテレビは一斉に「朝鮮で最大級の侮辱」と報道していましたが、ソフトバンクの「日本人家庭の父親が犬にされているコマーシャル」は、日本人に対する最大級の侮辱だと気付いていたことになります。現在の朝鮮半島 [続きを読む]
  • ●《『保守の真贋』とは是々非々で批評することなり》
  • ●《『保守の真贋』とは是々非々で批評することなり》■政治家と言論人の違いは、政治家は結果がすべてで、言論人は何事にもおもねることなく是々非々で不条理を批評する精神の持ち主なのです。この度、西尾幹二氏が上梓した『保守の真贋』は、「保守知識人に問う―日本はいつまで何もしないで立ちすくんでいるのか!」とあり、「保守の立場から安倍政権を批判する」と副題がついていることで誤解される方がいらっしゃるでしょうが [続きを読む]
  • ●《【フリー動画 水間条項国益最前線】第50回 第1部2部》
  • ●《【フリー動画 水間条項国益最前線】第50回 第1部2部》■これらの動画は、すでに覚醒されていらっしゃる皆様方の為の「動画」です。それは保守言論界の主張をすでに把握され、単なる批判にあきたらず「結果」をだすためにどうしたらいいのか、共に考え行動するための指針を示し情報を共有して、まず「南京問題」そして「日韓歴史戦問題」を粉砕し、100年安心安全な日本を次の世代に引き継ぐことを最大の目的にしています。実際 [続きを読む]
  • ●《リベラル勢力を粉砕できるのはすべて証拠》
  • ●《リベラル勢力を粉砕できるのはすべて証拠》■出版不況の現況は、世の中が軽佻浮薄になったことに原因があります。その原因には、嘘を記載している教科書を野放しにしている文科省の検定制度に問題があります。その原点は、GHQ占領下の「洗脳史観」ですが、それを70年間引き継いでくればおかしくなるのも当然なのです。また、評論家の個人的な主張は、単なる目眩ましにしか過ぎませんので、いつまでたっても結果などでる訳があ [続きを読む]
  • ●超拡散希望《将来の我が国のエリート救済大作戦》
  • ●超拡散希望《将来の我が国のエリート救済大作戦》■この度、NHKや朝日新聞・毎日新聞等が報道した一連の教科書採択問題は、灘中学校和田校長が、昨年9月に教科書採択に「圧力を感じた」との趣旨で同人誌に発表した文章を、大阪毎日放送が報道したことから火がつき、あとは、お馴染み毎日、朝日、中日、神戸、週刊朝日が提灯記事を書き、NHKクローズアップ現代プラスまでも「もり・かけ」問題の次の安倍首相攻撃のネタにしようと [続きを読む]
  • ●《予想通り、北朝鮮の弾道ミサイルが日本上空を通過して着弾》
  • ●《予想通り、北朝鮮の弾道ミサイルが日本上空を通過して着弾》■本日早朝、北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、襟裳岬沖を通過して着弾しました。青森の知人からメールがあり、早朝の“Jアラート”にビックリし、「一瞬目覚ましの音変えたっけ」と思ったそうです。この弾道ミサイル一発で、「もり・かけ」問題も民進党首選も、すべてぶっ飛んでしまいました。臨時国会が始まってもまだ「もり・かけ」などと、情緒的な国会審議が行わ [続きを読む]
  • ●《日本みつばち通信》
  • ●《日本みつばち通信》■完結本を申込まれても住所が非通知になっていた7月27日の「ハタ」さんと7月28日の「木幡」さん、ハガキかファックス(03‐3339‐7447::夜8時〜翌午前10時まで)にてご連絡してください。今週9月1日午後8時からチャンネル桜【日いづる国より】で、『学び舎』の教科書を採択した灘校の和田校長の発言とか、週刊朝日と朝日新聞の記事について発言してきました。また『完結「南京事件」』も紹介していただき [続きを読む]
  • ●《この時期にテレ朝で「あさま山荘事件」を放送する意味はなにか》
  • ●《この時期にテレ朝で「あさま山荘事件」を放送する意味はなにか》■昨日(27日)この事件のメンバーと同世代だったので、昨日のようによみがえりました。 この頃の若者は、ノンポリ左翼がほとんどでしたが、あさま山荘事件で左翼のお粗末さにあきれ果て、ほとんどの若者が共産主義の幻想から醒めたのです。今、あさま山荘事件を放送することは、現在行われている民進党の代表選挙に影響を与えます。それは枝野議員と前原議員の [続きを読む]
  • ●《南京完結祭りのテーマは【優しく逆洗脳の仕方を伝授します】》
  • ●《南京完結祭りのテーマは【優しく逆洗脳の仕方を伝授します】》■やっと新刊が届きました。これから発送業務をしますので、お手元には26日に届きますので、もうしばらくお待ちください。 いま思えば、何故、南京問題に深く関わってたのか自分でも不思議です。それは、親戚に一番優しいと言われていた叔父さんが、中国河南省で1938年7月7日に戦死しており、1980年代に朝日新聞が中国の日本軍は、極悪非道の集団だったとのキャン [続きを読む]