ploverbell さん プロフィール

  •  
ploverbellさん: 模型とあれやこれ
ハンドル名ploverbell さん
ブログタイトル模型とあれやこれ
ブログURLhttp://chidorishika.blog117.fc2.com/
サイト紹介文車の模型の製作記とミニカー・・・時々日常
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2010/02/04 23:26

ploverbell さんのブログ記事

  • S130 200ZT 製作記 リアシャーシ修正2
  • リアシャーシの修整です。キットはモーターライズのため床面が低くなっています。マフラーのタイコも1/4カットされ床面と密着した状態。省略された凸モールドだけ再現する事にしました。燃料タンクを切取り平坦にしてから凸モールドの追加。マフラー部分は省略となってしまいました。デフは資料を参考にディテールの追加。マスキング塗装が苦手なので塗り分けは別パーツにしています。タンクは固定ベルトモールドを削り取って別 [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 リアサスペンション
  • リアサスペンションの作製です。ジャンクパーツを基に作成。考察はこちら ? 別館2キットの幅に合わせリアメンバーの修整。キットのデフは形状も違い凸モールド形成だったのでブル510の物を使います。面取り修整中ですがエンドカバーも作り直すので一時中断。サスメンバーのマウントボルトとインシュレーター。サスアームも厚みを増して切った貼ったし合わせます。この状態ではドライブシャフト代わりのロッドで固定されます [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 リアシャーシ修正
  • リアシャーシの修正ですモーターライズで電池BOXが有るためかなりの修整が必要です。取り敢えずギア部分で非対称となったホイールハウスの修整.。切り取りはダイモテープをガイドに修整。ストラットハウスも作らないといけないのですがサスの位置決めが必要なので後回し。デフギアーも凸モールドだったので切り取りました。プラ板で塞ぐだけなので平面でカクカクした感じです。電池BOXで凸になっていた部分の修整。矢印部分とフレ [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 タイヤハウス
  • タイヤハウスの修整です。まだまだ続く地味な工作ですが嫌いじゃないです。余分な凸部分は気が付いていたのですが後回しにしていました。ノコで切って埋めただけ。ラジエターサポートを貼った時に気が付いたのですが、このまま作って後から切り取った方が楽と判断し進めていました。次はシャーシとボディの隙間を埋めます。実際にはパネルの隙間が埋まっているのでは無くフェンダープロテクターカバー部分ですね。そう考えると一見 [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 エンジンルーム修正3
  • エンジンルーム修正の続きです。地味な工作がもう少し続きます。矢印部分のモールド、実車は別パーツなので切り取ります。ラジエターサポートの作製この辺りは資料から推測して作っています。実際にはサポート上部もシャーシ側のですがボディ側に分割して作製。シャーシ側は下部になります。つなぎめはラジエターとコンデンサーで目立たなくなります。エアークリーナー部分バンパーの接着部分は切り取り。シャーシ固定部を真っ直ぐ [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 エンジンルーム修正2
  • エンジンルーム修正の続きです。地味な工作がまだまだ続きます。ストラットハウス上部を切り取りました。考察はこちら ? 別館2で約1mmずらし内面にレジンを盛って削合。微妙な工作ですが雰囲気は変わります。次はサイド隔壁ですが (解りにくい写真ですが)斜め外側に立ち上がるので修整しました。サイドとバルクヘッドの貼り付け。フード・ラッチ部分は別パーツで作ります。接着。細かなモールドも有りますが後程。続く [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 エンジンルーム修正
  • ホイールハウス修正の続きです。裏側にレジンを盛って表側を削ります。エンジンレスキットの場合ホイールハウスの修正はほぼ必須。エンジン付きキットでも修正した方が良いと思うのですが最近のエンジン付きキットはどうなんだろう?必要ないんだろうなと考えつつ工作は進みます。形にはなりましたが仕上げが大変そう。少々の凸凹も補機が付いたら目立たないのは分っているのですがね。裏側はラウンドのバーで削りました。補機スペ [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 シャーシ修正
  • シャーシの修正です。これから何度も嵌め外しするため固定用の爪を切り取りました。完成時はボルト固定とするためボディ側にプラ板を貼っています。【エンジンルーム】(地味な工作が続きます)まずはサイドのみボンネットサッシ(?)の接着。エンジン部分をくり貫きました。ホイールハウスも修正するため切り取り。考察はこちら ? 別館2 で高さ調節は水砥ぎの平面グラインダーで削合。ストラットハウスの嵩上げ。少し傾斜が [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記
  • S130 200ZTの作製です。ブログを始めた時のテーマに戻り過去に乗っていた車を作ります。130Zは2台乗り継ぎ、ターボ車の前に乗っていた物。280Zは3ナンバーで高嶺の花、2000ccの初期型ノーマルルーフで作ります。ノーマルボディは手に入らないためT-Barルーフを埋めました。接着後裏からレジンで補強、瞬着+ベビーパウダーでパテ埋めしました。サイドプロテクトモールの削り落とし。地道に時間が掛って終了過去作品の [続きを読む]
  • Rallye GOLF G60 完成 2
  • 【シャーシ】【室内】【エンジンルーム】ラリーゴルフは1989年にラリー用のホロモゲーションとして5000台のみ限定生産されたモデルです。フルタイム4WDの「シンクロ」システム(ビスコース・カップリング式)に、コラードから移植した1.8リッターシングル カムのG60スーパーチャージャーエンジンが搭載されています。ラリー仕様は282ps/6800rpm、330Nm/4500rpmにチューンされたエンジンと6速ミッション [続きを読む]
  • Rallye GOLF G60 完成
  • Rallye GOLF G60 の完成です。1989年ゴルフMk2 Cli に乗りその頃から集めたミニカーと関連グッズ。フォルクスワーゲンモータースポーツカレンダーにあったRallye GOLF G60 Group A の模型を作ったのが20数年前。当時はネット環境も無くWRC雑誌とカレンダーの写真数枚から想像して作りました。そして、一昨年の12月に購入したOtto Mobile製の1/18ミニカーがきっかけとなってレストアを開始。20数年の時を経て [続きを読む]
  • Rallye GOLF G60 最終仕上
  • ボディ仕上げの続きです。VWエンブレムはグリルパーツからの切り出しです。リアはブルーカラー、ホワイト、シルバーの3タイプ確認できました。白が模型映えするのですが単色だけではなく塗り分けが面倒なのでシルバーに。ドアミラーも修正しました。ミラー面を彫り込んで別パーツに。内面に下駄を履かせてミラー角度を変えています。天井のアンテナ線も付けました。これは適当矢印の資料しか見つかりません。天井からカールコード [続きを読む]
  • Rallye GOLF G60 ボディー仕上
  • ボディを仕上げます。リアハッチ鍵穴部分の処理を忘れていました。実車では鍵穴部分が無く窪んだ状態、鍵穴が有り周りが黒いタイプ、鍵穴部分もボディ同色の物が有ります。窪んだ状態の物で作ろうと思ったのですがこのまま行きます。リアにナンバープレートが有る物は矢印部分に照明用の配線が有るようです。ダンパーは只のつっかえ棒開いた状態を保ちます。ドアドアミラーは完成時に付けます。ウインドウは今回も開いた状態です。 [続きを読む]
  • Rallye GOLF G60 室内組立2
  • 室内組立の続きです。フットレストの接着。写真にすると穴開け部のめくれ上がりの粗さが見苦しいです。リアケーブルホースクリップの詳細が不明のためケーブルやチューブで誤魔化し。固定リアまで1本線です。トランク部分のスペアータイヤハウス。実車ではスペアータイヤハウスの穴がメタルプレート溶接で塞がれています。シルバーシールで再現しましたが工作上シャーシ裏側とはこれだけズレが出ました。安全タンクカバーのボルト [続きを読む]
  • Rallye GOLF G60 室内組立
  • 室内組立です。フューエルパイプから。ワイヤーで固定しました。燃料タンクも装着。パイプは分割したので収縮パイプで繋ぎ目隠し。シフトレバー、ハンドブレーキの接着。ハンドブレーキパイピングとスペアータイヤホイールの装着。固定ベルトまで。シフトワイヤーABCペダル苦労して作ったのですがダッシュボードを付けると見えなくなってしまいます。ヒーターユニットダッシュボード装着ですがステアリングロッドを忘れてました。 [続きを読む]
  • Rallye GOLF G60 エンジンルーム完成
  • エンジンルームの続きです。クラッチシリンダーはパイプをエンジン側に付けるかシリンダーに先に付けて置くか再考が必要なため保留。ワイパーモーター配線忘れて付けてしまいました。アブソーバーの固定部。別パーツで塗り分けて作ったので立体感は出たかな。で。この後ショック2連発。ディスク割れました。パイプが邪魔でドライブシャフトが付けられません。ディスク修理。貼っただけで、つなぎ目消し塗装はパスしてしまいました [続きを読む]
  • Rallye GOLF G60 エンジンルーム仕上
  • ブレーキのパイピングです。市販車とはマスターシリンダーが異なるため資料が有りません。各シリンダーから1本ずつパイプが出ているのは確認できたため想像で分岐させました。1本線に固定具での工作はかなり厳しいので固定具風のジョイントで分割パイピングしています。なのでうそ臭い大きさです。リアへのパイプにつながりました。フロントキャリパーへの接続は1本線になるので後程。いつもの工作、それに手抜きしても時間がか [続きを読む]
  • Rallye GOLF G60 リアアクスル組立
  • リアアクスルの組立です。下層から組み上げます。サイドブレーキパイプ。つなぐのは不可能なので端は隠れる部分で処理。分割されたマフラーを組立ながら接着マフラーハンガーに固定させます。ブレーキパイプも最後までつなげられないので途中で寸断。燃料ポンプ。ポンプには電源も必要。サスペンションの組立。アクスルキャリアーにプレッシャーレギュレーターの接着。パイピングサイドブレーキホースは長く出してキャリパーまでつ [続きを読む]
  • Rallye GOLF G60 組立開始
  • 組立開始です。オリジナル模型との比較を残します。シンクロ用にドライブシャフトトンネル、リアアクスル部分の嵩上げ、シートレールはラリー用に改修しています。一番の違いはタイヤハウスの大きさ。バルクヘッドも補機やパイピングを念頭に仕上げました。バルクヘッド内側も垂直に立ち上げるだけでなくペダルやシフトも考慮。シャシ裏側もFFからシンクロ仕様に改修。実車資料にFFのシャシを切取りシンクロ用を移植する改造例が有 [続きを読む]