tmas64 さん プロフィール

  •  
tmas64さん: 広島カープをこよなく愛する場末書店店長の日記(仮)
ハンドル名tmas64 さん
ブログタイトル広島カープをこよなく愛する場末書店店長の日記(仮)
ブログURLhttp://ameblo.jp/tmas64/
サイト紹介文広島カープをこよなく愛する場末書店店長が、仕事や、人生に苦悩したり、ほぼ毎日更新。
自由文広島カープの勝敗に一喜一憂するしがない場末書店の店長。 またプロ野球とサッカー日本代表をこよなく愛し、 仕事と家庭において様々な苦悩と葛藤を抱える男の愛と感動のブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供345回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2010/02/08 23:05

tmas64 さんのブログ記事

  • 新井さん、代打で一振り、いい仕事。
  • 6月27日(火) DeNA対広島 10回戦  5勝5敗 広島  011 000 200 4DeNA 101 001 000 3 勝 野村 4勝2敗S 今村 1勝1敗14S敗 パットン 3勝3敗7S 今日は左の濱口に対して、スタメンに安部、松山を入れた新打線。これまで頑なに対右、対左にこだわった打線からの方針転換は、何かあったのでしょうか。 どうやって打線が機能していくのかと思っていたら、野村が初回にロペスに被 [続きを読む]
  • オールスター、ファン投票結果発表。
  • カープからはファン投票で3人が選出されました。 新井は出場機会も少ないけど、そこはやっぱり知名度のあるベテラン。3塁手で選ばれた鳥谷もそうだけど、知名度の高い選手が選ばれる傾向が強い球宴。 それよりも目立った対抗馬が居ないことも、ベテラン選出の一つの要因でしょうか。オールスターは実力と言うよりも、人気投票ですから仕方ない部分もありますかね。 二塁は菊池。対抗馬のヤクルト・山田の不調ぶりで思うように票 [続きを読む]
  • 大瀬良投打の活躍、新スタイル確立か。
  • 6月25日(日) 広島対阪神 11回戦  5勝6敗 阪神 000 000 000 0広島 100 300 01X 5  勝 大瀬良 5勝S敗 岩貞 3勝5敗 今日は何と言っても、初回の攻防が命運を分けたと思います。 大瀬良が二死から糸井にあわや本塁打と思うようなフェンス直撃の一打を浴びるも、右翼の誠也が二塁への抜群の返球から、慌てて一塁に戻る糸井を刺すスーパープレー。 方や、阪神先発の岩貞。一死から菊池 [続きを読む]
  • 勝ち越し直後に、雨天中止とは。
  • 6月24日(土) 広島対阪神 11回戦  ノーゲーム 阪神 020 1  3広島 021 2X 5  雨天中止でノーゲーム。 勝ち越し直後に雨天中断に入り、1時間後にノーゲームの宣告。 おそらく雨が降ることは事前に分かっていたと思うのですが、中断は試合開始2時間後位。ひょっとすると、2時間あれば5回終了していると言う読みでの試合開始だったのでしょうか。 その読みを覆したのは、薮田の出来。初回も先頭から2 [続きを読む]
  • ペナント再開、大量得点でジョンソンを強力援護で大勝。
  • 6月23日(金) 広島対阪神 10回戦  4勝6敗 阪神 001 000 020 3広島 302 080 00X 13  勝 ジョンソン 2勝2敗S敗 メッセンジャー 7勝3敗 復帰してピリッとしないジョンソン、対するは7勝のメッセンジャー。しかも直接対決では2勝されているだけに、苦しいかと思いましたが、初回から打線が強力援護。 まずは田中の初球攻撃でフェンス直撃かと思いきや、打球が消えてしまう珍事が [続きを読む]
  • 激しい外国人枠争い、昇格、降格は誰だ。
  • てっきり不調のジャクソンを抹消するかと思いましたが、未だにされないまま。こうなると、点差がつけば、7回とかで登板することも想定していることでしょうか。 こういう風な起用法ならいっそのこと、抹消してリフレッシュさせた方がいいと思うのですが、中途半端に一軍帯同して、満足な登板機会を作れない方が痛い気がしますが、どうなることやら。 そんな中、へーゲンズが一軍の合同練習に参加との報道を見ました。ジョンソン、 [続きを読む]
  • カープ交流戦2位ながらも、賞金は0円。
  • 賞金は交流戦最高勝率チームと、勝ち越したリーグの順位別で賞金が決まるとのこと。 どうやら交流戦は優勝とは言わずに、最高勝率チームと言うようですね。今更ながら、交流戦が終わってから知りました。勉強不足ですみませんでした。 ソフトバンクと広島が12勝6敗で並んでいたのですが、直接対決で負け越した広島が2位。 そして今年はパ・リーグが56勝51敗1分けとなり、勝ち越しリーグで賞金の分配なので、2位のセであ [続きを読む]
  • 後半戦のキーマンは、安部に決定。
  • 1番から4番まで田中、菊池、丸、誠也と固定化された上位打線。若いチームの代表する攻撃、守備とチームを牽引する本当に頼もしい存在。 一塁は新井、エルドレッド、先発の右・左で左翼を松山、エルドレッドの併用。(ここに将来的にはバティスタや、二軍で頑張る堂林が加わることになることを願う) 捕手は石原、會澤。ここは他球団からすれば羨ましいぐらいのハイレベルの併用でしょう。 ここまで書いてきて空いているポジショ [続きを読む]
  • 全ては連覇の為に。リリーフ再編へ。
  • ジャクソンの調子が非常に悪い。交流戦終盤で4試合連続失点中で、畝コーチは「8回を任せられない」と明言し、勝利の方程式を再編する可能性が高い。 現状で考えれば、7回を投げていた中崎を8回へスライドし、9回は今村でしょうか。問題は7回を誰が投げるか、中継ぎで結果を出している中田、一岡が筆頭候補となりそうか。 個人的には中田の安定感も捨てがたいが、三振が取れる一岡がベストでしょうか。しかし、両者ともに故障 [続きを読む]
  • ミスが重なり、交流戦優勝ならず。
  • 6月18日(土) 広島対ソフトバンク 3回戦  1勝2敗 ソフトバンク 130 010 020 7広島     110 000 002 4 勝 岡本 1勝S敗 中村裕 3勝1敗 中村裕が初回に二死3塁で内野フライを打ちあげ、チェンジと思ったら、まさかの田中が打球を見失い落球し、アンラッキーな形で先取点を許してしまう。 田中もあんな寸前でなく早めに合図すれば、菊池がカバーして取れたような気がしたが、勝て [続きを読む]
  • 値千金の丸の一発、交流戦優勝まであと1勝。
  • 6月17日(金) 広島対ソフトバンク 2回戦  1勝1敗 ソフトバンク 100 100 000 2広島     000 200 01X 3 勝 中崎 2勝S 今村 1勝1敗13S敗 岩嵜 3勝2敗1S 野村が初回に今宮の一発、更には4回一死からの3連打で1失点。ここから打順は甲斐、投手・松本の場面をしっかり抑えて、2失点で切り抜けた。これが大きかった。 仮にここでもう1点取られていたら負けていたことでし [続きを読む]
  • 丸3連発も空砲、ジョンソン乱調で連勝ストップ。
  • 6月16日(金) 広島対ソフトバンク 1回戦 1敗 ソフトバンク 202 100 000 5広島     100 101 000 3 勝 バンデンハーク 7勝3敗S サファテ 20S敗 ジョンソン 1勝2敗 初回の松田、今宮の連続ヒットで無死1、3塁から暴投で先取点を許すと、3番・柳田に適時打を打たれて初回2失点。ジョンソンの不安な立ち上がり。 しかし、直後に丸がソロアーチで1点差。さあ、ここからどう [続きを読む]
  • 初回猛攻5得点、岡田7勝目、オリックス戦3連勝。
  • 6月15日(木) 広島対オリックス 3回戦 3勝 オリックス 000 200 000 2広島    500 001 01X 7 勝 岡田 7勝2敗S敗 ディクソン 5勝5敗 無死1塁で菊池の三ゴロを併殺を焦ったモレルが失策し、1、2塁がオールセーフ。貰ったチャンスをしっかりモノにするカープは、続く丸が左中間を破る2点二塁適時打で先制。 その後、誠也、松山が凡退し、二死2塁。ここでエルドレッドが難しい低 [続きを読む]
  • 5点差を追いつかれるも、誠也のサヨナラ弾で辛くも勝利。
  • 6月14日(水) 広島対オリックス 2回戦 2勝 オリックス 010 000 230 000 6広島    010 014 000 001 7 勝 九里 5勝4敗S敗 佐藤 1敗 T-岡田の一発で先制を許すも、直後に誠也の一発で同点に追いつく。 5回には丸の適時3塁打で逆転し、6回には新井、松山の連続四球で作ったチャンス。一死1、3塁から大瀬良の犠打を若月が一塁へ悪送球で勝ち越し点を奪うことに成功。 そ [続きを読む]
  • 薮田、オリックス・金子千に投げ勝つ。
  • 6月13日(火) 広島対オリックス 1回戦 1勝 オリックス 000 000 000 0広島    000 000 01X 1 勝 薮田 6勝1敗S 今村 1勝1敗12S敗 金子千尋 6敗4敗 今日の勝利は薮田の好投。これに尽きると言っても過言ではない。オリックスのエース・金子に投げ勝つとは、これで先発の座をがっちり掴んだことでしょう。 思えば野村の腰の違和感から、緊急リリーフで勝ち星が付き、先発転向 [続きを読む]
  • 野球の無い月曜日に、ふと考えてみたこと。
  • 巨人が元気がないですね。13連敗が止まったと思ったらまた連敗突入でしょうか。 しかも先日の日本ハムとの3連戦では、昨オフにトレードした大田が10打数7安打、2アーチ。巨人からドラ1入団も3年でクビになってアメリカに渡って、再輸入された村田にプロ初勝利を献上。 巨人を出ていった選手たちが、古巣を相手に躍動する姿に巨人ファンの心中は察するものがある。 だが、彼らは巨人を出たから輝くのではなく、環境が変わ [続きを読む]
  • 手に汗握るシーソーゲーム。最後は届かず。
  • 6月11日(日) 楽天対広島 3回戦 1勝2敗 広島 010 010 010 3楽天 100 010 11X 4 勝 ハーマン 1勝1敗S 松井裕 2勝1敗20S敗 ジャクソン 2敗1S 初回に中村裕が先頭の茂木にヒットを許して、エルドレッドの二塁悪送球で走者が3進し、岡島に先制の犠飛。初回からミスが出ての先取点。田中はあれは捕球出来ないものかな。 楽天の先発は岸、西武時代から交流戦で未だカープ戦で勝 [続きを読む]
  • 野村粘投、8回登板も実らず、連勝ストップ。
  • 6月10日(土) 楽天対広島 2回戦 1勝1敗 広島 000 100 000 1楽天 000 010 01X 2 勝 美馬 7勝1敗S 松井裕 2勝1敗19S敗 野村 3勝2敗 雨天の為、試合開始時間40分遅れで、昨日の打撃戦とは打って変わっての緊迫の投手戦。 野村も前回登板の反省を踏まえて、コース、緩急と見事な投球でしたが、それ以上に楽天・美馬の投球が見事。さすが1点台で6勝もしている投手は違います [続きを読む]
  • エースの帰還、ジョンソン今季初勝利。
  • 6月9日(金) 楽天対広島 1回戦 1勝 広島 033 000 042 12楽天 000 200 001 3 勝 ジョンソン 1勝1敗S敗 戸村 2勝1敗 ジョンソンの復帰マウンド。それを祝うかのような打線の爆発ぶり。 2回に誠也の2ベースから、バティスタの先制適時打に、二死から西川の適時打。更には石原のヒットで1、3塁から、お得意の重盗が決まって、3点目を奪う。 3回には一死満塁からバティスタの押し [続きを読む]
  • 日本シリーズの雪辱を果たす、日本ハムを3タテ。
  • 6月8日(木) 日本ハム対広島 3回戦 3勝 広島    200 020 001 5日本ハム 000 001 020 3  勝 岡田 勝敗S敗 浦田 勝敗 初回に田中、菊池の連続三振も、丸のヒットから誠也の2ランで先制する。二死無走者からの一気に2点。これは日本ハムにしてはダメージが大きい失点でしょう。 軽く打ったようにも見えましたが、ヘッドを走らせて打球を飛ばす技術の高さ。本塁打を意識するよりも、ラ [続きを読む]
  • もはや反則級の強力打線完成、チームは4連勝。
  • 6月7日(水) 日本ハム対広島 2回戦 2勝 広島    021 410 000 8日本ハム 101 100 000 3  勝 大瀬良 4勝S敗 斎藤佑 1勝2敗 大瀬良が昨日の薮田同様に、初回の先頭打者への四球でスタート。またかと思ったら、レアードに先制適時打。フルカウントが好きすぎると言うか、慎重すぎる。 今日の日本ハムは斎藤佑の先発、今日の広島打線からすれば、全く恐れるに足らず。 2回に先頭の安 [続きを読む]
  • 薮田5勝目、終盤のミスを突く見事な逆転勝利。
  • 6月6日(火) 日本ハム対広島 1回戦 1勝 広島    000 100 300 4日本ハム 020 001 000 3 勝 薮田 5勝1敗S 今村 1勝1敗10S敗 宮西 2敗 薮田が初回の先頭に四球、嫌な立ち上がりだと思ったが無失点。 しかし2回にも先頭に四球、ここから大田の二塁打で無死1、3塁とピンチが拡大。そして岡の内野ゴロで1点を許すと、二死から大野の適時打で2失点。四球が失 [続きを読む]
  • 交流戦山場の6連戦が始まるぞ!
  • 昨年の日本シリーズ敗れた日本ハムと、現在首位をひた走る楽天。火曜日からの6連戦、この対戦が今回の交流戦の最大の山場と言っても過言ではない。 大谷翔平不在の日本ハムだが、今年は何と言っても4割打者・近藤を筆頭に、巨人から移籍してその才能を存分に発揮する大田に、中田、レアードと打線は強力です。 そこに薮田、大瀬良、岡田と言う若い投手が、真っ向勝負でどれほど向かって行けるか。かわす投球ではなく、 [続きを読む]
  • 中村裕3勝目、バティスタ連弾で2連勝。
  • 6月4日(日) 広島対ロッテ 3回戦 2勝1敗 ロッテ 000 001 000 1広島  100 122 01X 7 勝 中村裕 3勝S敗 佐々木 2勝5敗 中村裕、初登板の緊張感あふれる登板とは違って、もうすっかりローテーション投手。 テンポ良く投げ込む姿に、2回は二死から田村と勝負を避けて、佐々木を三振の取る度胸。制球力に自信があるからこそできる訳で、また試合を壊さない安定感。素晴ら [続きを読む]
  • エースの不調を救った、バティスタの1発。
  • 6月3日(土) 広島対ロッテ 2回戦 1勝1敗 ロッテ 003 100 001 5広島  003 002 10X 6 勝 一岡 2勝2敗1SS 今村 1勝1敗9S敗 松永 1勝1敗 先発は戻って来た野村、2回まで危なげない投球も3回に突如、急変。 先頭の田村にヒットを許すも、投手の送りバント失敗、左飛で二死までこぎつけるも、サントスにヒットで二死1、2塁から暴投で走者を進めると、清田の適 [続きを読む]