黒米生活kiyo さん プロフィール

  •  
黒米生活kiyoさん: 農家のお嫁さんの食いしん坊ブログ
ハンドル名黒米生活kiyo さん
ブログタイトル農家のお嫁さんの食いしん坊ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/ante-kiyo/
サイト紹介文食いしん坊の骨董好きが有機栽培農家になってオーガニックで健康な田舎暮ししています。黒米大好き!
自由文落葉でお米を育ててます。無農薬・無化学肥料の有機栽培農家の嫁です。ブログでは、昔ながらの農作業や風景、オーガニックな料理、健康に役立つ知恵袋をお届けします。レトロ食いしん坊ならではの『昔ながらのおいしくて健康になるレシピ』。3歳の娘がいます。食育活動として保育所・小学校の食育授業を行っています。芸術大学で美術を専攻。アート大好き。古伊万里金襴手、染付け、漆器、京薩摩、時代箪笥が好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/02/10 16:29

黒米生活kiyo さんのブログ記事

  • 戦争の時も田んぼにいたんだ。
  • 1945年(昭和20年)6月1日から7月24日までの間に、徳島県は7回の爆撃を受けています。徳島大空襲です。お米作りをしている我が農場では、田植えに向けて田んぼの準備がはじまりました。6月中旬から7月上旬にかけて、徳島の伝統米「徳ばん」、「弥生紫(黒米)」の田植えの時期です。毎年この時期になりますと、祖母や叔母から聴いた話を思い出します。徳島大空襲は、徳島市の上空に米軍のB29爆撃機129機が飛来し、死者 [続きを読む]
  • ダイエット中に食べても後悔しないお米のサラダ・グレインズサラダ
  • ダイエット中?ゆっくり糖質制限中?食べたい気持ちを抑えながら過ごす時間や、「また食べちゃったよ~」という食後の後悔はしたくないですよね。お米のサラダは満足感たっぷりなのに美味しくて、いろいろな食材を食べることが出来て、飽きが来ないのが特徴です。トランジットジェネラルオフィスのsign代官山・五反田・立川・外苑前店で、私達が栽培している『伝統黒米 弥生紫』のフードフェアが開催されました。2017年2月20日~3 [続きを読む]
  • どれがいい?黒米もち、よもぎもち、柚子もち
  • 柔らかな出来立てのおもちが大好きです。上から、白もち黒米もち(弥生紫を1割混ぜたもの)アンコ入りの白もち(千両小判の焼き印、白もちと区別できるようにしています。)柚子もち(柚子の皮を練りこんだ香りのよいおもち。黄色は天然の色なのよ。)ヨモギもち(新芽だけを摘んだよもぎを湯がいてモチにします。)おいしいのよね~。柚子もちは、お汁に入れるとふんわりと柚子の良い香りがします。汁の実に合わせて入れるおもち [続きを読む]
  • 機能性成分米
  • 聞きなれないお米の名前と思いますが、 お米には色んな特定機能成分を持ち合わせた品種があります。  戦後の時代はお米をお腹いっぱい食べることが幸せでしたが、経済復興と共に二次産業・三次産業の発達で都市化が進展し、体力をあまり使わなくなり、合わせて食の多様化で、お米の消費量は1962年をピークに年々減少して現在では約半分に激減致しました。消費量減少に伴い減反政策が実施され、生産農家の高齢化が進み現在では平 [続きを読む]
  • 機能性成分米
  • 聞きなれないお米の名前と思いますが、 お米には色んな特定機能成分を持ち合わせた品種があります。  戦後の時代はお米をお腹いっぱい食べることが幸せでしたが、経済復興と共に二次産業・三次産業の発達で都市化が進展し、体力をあまり使わなくなり、合わせて食の多様化で、お米の消費量は1962年をピークに年々減少して現在では約半分に激減致しました。消費量減少に伴い減反政策が実施され、生産農家の高齢化が進み現在では平 [続きを読む]
  • 阿波郷土料理『おみいさん』
  •   徳島伝統の食事に「おみいさん」があります。人の名前じゃないですよ。 炊いたご飯の中に味噌とダシ(イリコ)、溶き卵、そして季節の具材(あまり多く入れ過ぎないのがコツ)を一緒にして炊き込んだものが「おみいさん」です。もちろん家庭により様々なこだわりがありますから、家によっても違ってきます。農繁期の忙しい時期などは特に簡便で健康に良く三拍子揃った料理です。鍋の底に付いた「おこげ」(焦げ目のついたも [続きを読む]
  • 発芽玄米とは。意味はあるのか。
  • 発芽玄米について、お米を実際に調べ、栽培するものとしての見解をお伝えいたします。発芽玄米メーカーにより品質やデータは色々あると思いますので、発芽玄米をお求めのお客様は、しっかりとどのぐらいの成分が増加し、ほんとうにその金額で買うに足りる商品なのかを比較・吟味されたうえでお買い求めになられることをお勧めいたします。本当に役に立つものを販売しているメーカーは、しっかりと研究されてお客様に有益と判断し [続きを読む]
  • 仁王立ちの私と四国放送ラジオ『バンリク』!
  • 四国放送ラジオ『バンリク』でお話ししてきました(^_^)2時間あったけれど、あっと言う間に感じました。画像みてハッと気づいたのは、『メディアにうつるお仕事をされている方は写真の格好がビシッときまってる』ってこと!私は真ん中で仁王立ちやんけ。笑。四国放送 キャスター 榎本真也さん、セカンドストーリー 長谷川加奈さん、楽しかったです!視聴者の方からの愛情たっぷりのコメントには、なんだかあたたかくてじんわり。番 [続きを読む]
  • 優しい弟の冷たい笛
  • 一週間ぐらい前に、長女の5センチ程度の小さな竹笛を紛失しました。原因は三歳の弟。弟が笛を触っていてどこかへ持って行ってしまったみたい。家族で探しましたか見つからず、長女はシクシク泣いていました。「弟の目線でさがそう。自分の目線で探してもこういうのは見つからへんで」そう話をしながら探しました。その後も、笛ないかな〜と気にしながら生活していましたら、、、見つかりました!冷蔵庫の一番下の野菜室にしまって [続きを読む]
  • 団塊の世代を介護する私達へ
  • 甘酒教室の様子。下の写真はカメにお布団をかけて保温しているところ。顔つきの布団ですよ。甘酒教室をしに学校をめぐる糀のシーズン。甘酒は日本の伝統と言いたいけれど、味わう者がいなくなれば、伝わらなければどうしようもない。「甘酒を飲んだことありますか〜?」96.7パーセントの子どもたちが飲んだ事はないというのが、15年の食育で得たデータです。この日は110人の子どもたちが甘酒(ノンアルコール)を飲みました。飲ん [続きを読む]
  • 伝統黒米 弥生紫がsign全店にてヘルシーメニューで登場!
  • 我が家で大切に守り続けている弥生紫(やよいむらさき)という黒米が、ヘルシーメニューとして登場しますよ!東京で行われるイベントです。期間は2/20〜3/20です。どんなメニューになるかというと・・・・・。今は秘密です。期間中に実際に見に行きますので、その時にご紹介したいと思います。 弥生紫は、黒米の中でも柔らかく甘みがあり食べやすいのが特徴です。その特徴を生かしたとっても素敵なメニューにシェフが作り上 [続きを読む]
  • 出汁は削りたてが好き 心を整える時間
  • 削りたての鰹節で出汁をとる時。「今日も丁寧に過ごそう」と気持ちを整えるのに最適です。今日のお味噌汁の年齢は、鰹節、二年物。味噌、三年物。歳月はかかるけど、実は費用はあまりかかりません。お味噌汁一杯分の出汁と味噌 原価は20円程度です。今週末はお味噌づくりをします。三年後の食事の為に。 [続きを読む]
  • 『超好青年』appbankのハラミンさんガルさんに感動!
  • appbankのハラミンさん、ガルさんが、徳島県の良いところ探しにいらっしゃいました。鳴門の渦や、祖谷のかずら橋、ジビエ料理、阿波踊り会館 等、映ってうれしい日頃なじみのある観光名所、そして・・・我がなかがわ野菊の里の農場に!!!待ちに待った動画が公開されまして、嬉しいのでブログにもお知らせ。ハラミンさん、ガルさんは、とてもとても好青年ですよ、皆さん!youtube上でのお二人もいい感じなのですが、お会いする [続きを読む]
  • 【ラジオ】次回のテーマは1000年前のお母さんのおやつ
  • T-joint  「ラジゼミ」でがんばってきました〜!近藤公美さんの素敵な進行のおかげで無事終えることが出来ました。来週 4/13 水曜日も 16:30からでますのでどうぞよろしくお願いいたします。第二回目には、「1000年前のお母さんのおやつ」をもってスタジオに行きますよ近藤公美さんのツイート掲載写真を引用させていただきました。楽しい時間をありがとう!FM徳島さん! [続きを読む]
  • 【動画】高アミロース米って何?
  • 今回は高アミロース米という珍しいお米についてお話します。アミロースを33%含むお米「とおせんぼ」は、とても不思議なお米です。アミロースはお米が持つ健康に役立つ成分で今注目されてます。お米を上手に使うことで、おいしく健康に役立ちますよ。なかがわ野菊の里【伝統米・無農薬米専門】http://www.nogikunosato.com [続きを読む]
  • 解答編『チビッコ語録』
  • ちびっこ語録《君は解読できるか?》の解答編です。兄弟それぞれのチビッコ語録がうまれ、同じ語録という事はあまりなかったのですよ。人それぞれ言葉の着眼点やタイミングが違いますものね。短い期間だけのチビッコ語録。「なんのことかな〜、あっ!なるほど、この事を言っているのね。」他人にはわからなくても、いつも同じ時間を共有している家族なら、理解できる部分が多いですよね。チビッコ語録は子どもですが、歳をとり老 [続きを読む]
  • 「君は解読できるか?」三歳までのチビッコ語録
  • 1歳から三歳までのチビッコ語録は、「あ〜、なるほど、このことを言ってるのね〜。」を記録しておいたものです。この表現は二週間程でしなくなり、大人と同じような表現に徐々に変わっていきました。言語の発達の過程です。毎日学習しながらどんどん発達するので、ほんの一瞬の表現でした。《大人の皆さんには解読できるかな?》問題:左側の言語が何の事か解読しましょう。 かんかんかん おーじん、かんかんかん おーじん。→ごん [続きを読む]
  • 「ネットで調べたんです」にある違和感
  • すごく詳しそうに細かく機関銃のように話す人に度々お会いします。せっかくのお話なのでしっかり聴いていると、どうやら情報源は「ネットで調べたんで知ってるんです。」たしかに詳しく暗記されていて、一つの理論についてはとても追求されている感じもします。なのに、なのに、自然界ではありえない、物理的にもありえない事が理論に組み込まれていてびっくりする。情報源がネットというのはそれはそれでしょうがないと思うんで [続きを読む]
  • 自分が来た道 歩む道。「子ども」と「お年寄り」
  • 子どもの行いについて前向きにとらえられない人もいるだろう。お年寄りの行いについて 前向きにとらえられない人もいるだろう。我が家は子どももお年寄りもいるけれど、関わりながらいつも心がけている事がある。『子どもは自分が来た道。お年寄りは 自分が歩む道。』事故や病気になることも、『いつか歩む道』です。当事者であったり、お世話する立場になる事も、来た道、今ある道、いつか歩む道。自己責任を問うて、完璧を相 [続きを読む]