オクー さん プロフィール

  •  
オクーさん: 声が聞こえたら、きっと探しに行くから
ハンドル名オクー さん
ブログタイトル声が聞こえたら、きっと探しに行くから
ブログURLhttp://okuuu.blog112.fc2.com/
サイト紹介文おもしろ本、おすすめの本を多数紹介。新刊の気になる本や 本関連のニュースも掲載しています。
自由文吉祥寺在住のコピーライターです。メインは本の紹介ですが、総合的なエンタメ情報ブログをめざします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/02/11 10:25

オクー さんのブログ記事

  • 今後ともどうぞよろしく!!
  •  このブログは昨年の夏から新しいところに移転しています。移転後も多くの方に見ていただいているようで、大変感謝しています。 新しいブログ共々、これからもどうぞよろしくお願いします新ブログ「また、本の話をしてる」 [続きを読む]
  • ありがとうございました!
  •  みなさん、今年も当ブログならびに移転後の「また、本の話をしてる」をご愛読いただいてありがとうございました。 新ブログも多くの人に読んでいただいて、とても喜んでいます。  新しいブログで年末、あるいはお正月に今年のベストテンを発表する予定ですので楽しみにお待ちください。では、またまた。新ブログ「また、本の話をしてる」 [続きを読む]
  • あたらしいブログも好評です
  •  こんにちは!ブログを移転して2ヵ月半近く経ちました。新しいブログもなかなか好評でホッとしています。久々によってくれた皆さん。新ブログ、どうぞよろしくお願いします。新ブログ「また、本の話をしてる」 [続きを読む]
  • ブログ移転しました。よろしくお願いします!
  •  とはいえ私、意外とせっかちな性分のため、早くも新ブログをオープンさせちゃいました。まだなんだかんだ、カスタマイズなどやった方がいいんじゃなかろうかとも思うのですが、それはおいおいと。 まぁ、内容はそれほど変わらないです。基本的に今まで通り。今回の更新も「出る本、出た本、気になる新刊!」です。このブログはFC2でしたが、今度は「はてなブログ」になります。タイトルは…タイトルは下を してください [続きを読む]
  • ブログ移転のため少し休みます
  •  こんにちは!オクーです。ブログを移転することにしました。準備期間が必要なので少しだけ休みます。これまでの記事はそのままここに残しますが、最近の記事を練習も兼ねて少しだけ新しいブログに移しました。どうぞ、よろしく。なんだか、いろいろとやり方が違うので大変なんだよなぁ。ううむ。あっ、思いきって名前も変えちゃいました。ま、来週後半ぐらいには新アドレス等お知らせできると思います。しばらくお待ちください。 [続きを読む]
  • 【文学賞】芥川賞・直木賞、決定っっっっっっ!
  •  第155回、今年上半期の芥川賞・直木賞が発表になりましたっ。まず芥川賞は村田沙耶香「コンビニ人間」(文學界6月号)。村田さんは、何冊か読んで好感を持っているので良かったです。「文學界6月号」は現在、アマゾンでは在庫切れになっています。単行本は27日発売予定。コンビニ人間posted with ヨメレバ村田 沙耶香 文藝春秋 2016-07-27 AmazonKindle楽天ブックス 文學界2016年6月号po [続きを読む]
  • 【書評】宮部みゆき「希望荘」
  • ◇人間の心の奥底にある闇の部分にまで踏み込んでいく強さ。希望荘posted with ヨメレバ宮部 みゆき 小学館 2016-06-20 Amazon楽天ブックス  「誰か」「名もなき毒」「ペテロの葬列」に続く杉村三郎シリーズの最新刊。前作の終わりで杉村は今多コンツェルンのムコ殿の立場を捨て妻と離婚して一人ぼっちになった。さて、どうするのか?最初の興味はそこにある。彼は調査会社の調査員をやり [続きを読む]
  • 出る本、出た本、気になる新刊!(2016.7/3週)
  •  さて、出た本。な、何だかわからないけれど村上龍「日本の伝統行事」が出た。坂本龍一プロデュースの「日本の童謡・唱歌集」CD3枚組が付いている。ううむ。公式サイトもあるので見てみてください。 出る本。芥川賞候補になっている山崎ナオコーラ「美しい距離」(7/11)、出ます。これ豊崎由美さんが絶賛してました。がんに侵された妻と生命保険会社勤務の夫との話。気になる! 「本の雑誌8月号」(7/12)は、春に亡 [続きを読む]
  • 【BOOK NEWS】「ほぼ日」で石田ゆり子新連載始まる。
  •  うれしいぞ。愛犬はなちゃんがいなくなって「ほぼ日」での不定期連載がなくなってしまい寂しかったのですが、帰ってきましたぁ。タイトルは「ゆきちゃん。」。はなちゃんの後にやってきたのは、ゴールデンレトリーバーの女の子「雪」、この8月で2歳になります。おやっ?その他のメンバーにも変動が…どうしたのかな…。まぁ、そのうちばあや(石田さん)が教えてくれるだろう。 と、こういう風に書いてると、好きなアイドルが [続きを読む]
  • 出る本、出た本、気になる新刊!!!
  •  さて、7月になりましたね。暑い…。出た本。「村上春樹とイラストレーター-佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-」出ました。これは8月までちひろ美術館・東京でやっている同名の展覧会の内容をベースにしたもの。春樹ファンはちょっとうれしいかも。あのナナロク社から出ています。 出る本。群像新人文学賞受賞、芥川賞の候補にもなっている崔実(チェ・シル)の「ジニのパズル」(7/6)出ます。かなりの話題作。これは [続きを読む]
  • 【書評】窪美澄「アカガミ」
  • ◇現代の若者に対する危機感と国が家族のカタチを決める怖さ。アカガミposted with ヨメレバ窪美澄 河出書房新社 2016-04-09 AmazonKindle楽天ブックス  舞台は2030年の日本。「異性の体を直に見たいとは思わない、触れてみようとは思わない」、そんな若者たちばかりになってしまったこの国。彼らは性だけではなく生にさえ興味を失い、自殺者ばかりが増えている。この設定に僕がリアルを感 [続きを読む]
  • 【BOOK NEWS】村上春樹初期三部作が電子書籍に。
  •  昨日の朝日新聞に講談社が1ページ広告を出していて、ちょっとビックリしましたが、「風の歌を聴け」(1979)[1973年のピンボール」(1980)そして、「羊をめぐる冒険」(1982)が昨日から電子書籍になりました。Kindle他、いろいろなところで買えるみたい。 僕は電子書籍は(今のところ)コミックしか読まないし、この3冊は本で持ってるから買わないけれど、村上春樹の本は電子版で読むのも悪くないかな、って気もします。彼 [続きを読む]
  • 出る本、出た本、気になる新刊!!!
  •  さて、6月最終週。出た本、安西水丸「a day in the life」出てました。雑誌「チルチンびと」に掲載されていたエッセイ集。これは気になるなぁ。 出る本。「イラストレーター安西水丸」(6/30)も出ます。作品集であると共に彼の足跡をたどる一冊。読みたい!本屋大賞と吉川英治文学新人賞をダブル受賞した和田竜「村上海賊の娘」がいよいよ文庫化(6/28)です。今月は1と2、来月3と4が出ます。前に1巻目を紹介し [続きを読む]
  • 出る本、出た本、気になる新刊!!!
  •  出た本。宮部みゆき「希望荘」出ました。「ペテロの葬列」などドラマにもなった杉村三郎シリーズの4作目。杉村、一人ぼっちになっちゃいましたからね。読者には気になる続編です。 そして、「母親ウエスタン」などの原田ひ香「虫たちの家」も出てました。九州の孤島で共同生活をする女性たちの話。今までの感じと違うのかな?横尾忠則「千夜一夜日記」、80歳を越えた横尾さんの老いを見つめる日記。横尾忠則、大好き!これはき [続きを読む]
  • 【文学賞】芥川賞・直木賞候補作、決定!
  •  第155回、今年上半期の芥川賞・直木賞候補が発表になりました。以下の通りです。◇芥川龍之介賞 候補作今村夏子「あひる」(たべるのがおそいVol.1)高橋弘希「短冊流し」(新潮1月号)崔実「ジニのパズル」(群像6月号)村田沙耶香「コンビニ人間」(文學界6月号)山崎ナオコーラ「美しい距離」(文學界3月号)※崔実さん「ジニのパズル」は7月6日発売予定。山崎ナオコーラさん「美しい距離」は7月11日発売予定。他はまだ予 [続きを読む]
  • 【BOOK NEWS】「ブラタモリ」が本になるっ!
  • ブラタモリ 1 長崎 金沢 鎌倉posted with ヨメレバNHK「ブラタモリ」制作班 KADOKAWA/角川書店 2016-07-29 Amazon楽天ブックス ブラタモリ 2 東京駅 富士山 真田丸スペシャル(上田・沼田)posted with ヨメレバNHK「ブラタモリ」制作班 KADOKAWA/角川書店 2016-07-29 Amazon楽天ブックス  わっ、ビックリした。あの「ブラタモリ」が本になる。DVDにもなって [続きを読む]
  • 【書評】北村薫「中野のお父さん」
  • ◇ちょっと軽めの謎解きが楽しい安楽椅子探偵もの。中野のお父さんposted with ヨメレバ北村 薫 文藝春秋 2015-09-12 Amazon楽天ブックス  円紫さんシリーズ、ベッキーさんシリーズなどの推理作家北村薫の新しい名探偵シリーズ。探偵になるのは定年間近の高校の国語の先生、主人公である出版社の編集者田川美希の父親だ。娘が会社で起こった出来事や仄聞した事件、謎などを実家に持ち帰り話す [続きを読む]
  • 出る本、出た本、気になる新刊!!!
  •  さて、出た本。自由が丘の小さな出版社ミシマ社から出た是枝裕和「映画を撮りながら考えたこと」。映画「海よりもまだ深く」も好評な是枝監督。彼が映画作りで何を考えているのかが知りたい! 出る雑誌。「MONKEY」の最新号(6/15)の特集は「短編小説のつくり方」。名手グレイス・ペイリーの作品、エッセイ、インタビューを村上春樹が翻訳。村上さん自身のインタビューも。これは気になるなぁ。 出る本。ずっと気になりな [続きを読む]
  • 【BOOK NEWS】池井戸潤「陸王」7月8日発売決定!
  • 陸王posted with ヨメレバ池井戸 潤 集英社 2016-07-08 AmazonKindle楽天ブックス  「足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む」と本の帯にある。そうか、足袋業者としてのノウハウをシューズに活かすんだ。なるほど!そして、お決まり?の様々な障壁!資金難や素材探しや大手メーカーからの妨害…。池井戸さん得意のテーマでこれもやっぱりおもしろう。タイトルはシューズの名前なの [続きを読む]
  • 【書評】原田マハ「暗幕のゲルニカ」
  • ◇アートの力とそれを信じる人々の力を描いた傑作!暗幕のゲルニカ原田 マハ 新潮社 2016-03-28売り上げランキング : 612Amazonで詳しく見る by G-Tools 名画「ゲルニカ」を巡る2つの物語。1つはピカソが「ゲルニカ」を生み出す物語。そして、もう1つは9.11で夫を亡くしたMoMA(ニューヨーク近代美術館)のキュレーター八神瑤子が「ピカソの戦争」展を開催しようとする物語。「暗幕のゲルニカ」では過去と現代、この2つの物 [続きを読む]