nova さん プロフィール

  •  
novaさん: 学びの宝箱
ハンドル名nova さん
ブログタイトル学びの宝箱
ブログURLhttp://chrisnova.blog91.fc2.com/
サイト紹介文学んでいることをまとめています。いろいろと学びたいので参加させてくださいませ。
自由文管理栄養士・調理師免許を持っています。
教育相談→キャリアカウンセリング→コーチング
といった感じで、心理学についても学びを深めています。
多くの人が健康で幸せに生きていけるようになれるといいなーって思っています。
よろしくお願いします。
栄養・食については、別のブログを始めました。学んでいる途中のものはこちらに書いているけど、わかっているものなど、食に関することは別にまとめ始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/02/11 14:33

nova さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 忖度
  • 忖度と斟酌(そんたく、しんしゃく)の正確な意味合いと、双方の使い分けについて御教示賜りたく。と、2008年の質問サイトの投稿を読みました。忖度と斟酌斟酌と忖度と空気を読む忖度(そんたく:他人の心を推し量ること)これらは、どれも、ここ最近の記事ではないところが面白く…「忖度」という言葉をいまや…知らないという人を減らすくらいのドタバタ劇〔孟子、梁恵王上〕詩に云う、他人に心あり、われはこれを忖度すと、なん [続きを読む]
  • くるま
  • 10年位乗ったら車は替え時って言われて変えたのでした。だけど、それから次…って10年位経ったから…と替えようと思ったときに、何人もの方にまだ乗れるよって言われたのでそのまま乗り続けてきました。まだ乗れると思うのですが、昨年の夏に点検してもらったのに…オイル漏れが起きたことによって、もうそろそろ替え時かなぁ…と思うようにはなりました。だけど、ずっと頑張ってくれている車で、本当に素晴らしいのです。さて、そ [続きを読む]
  • 引箔
  • 引箔・模様箔・柄箔金銀箔を目止めした和紙に押上げて細く裁断し、糸に撚らずに平箔のまま織物に織り込む技法金銀糸を含むすべての緯糸は経糸の間を通して織り上げるのですが、平箔の場合は扁平で表裏があるため、一本ずつヘラに引っ掛け、引っぱることにより経糸の間を通します。ここから”引箔”の呼び名が生まれた。とのこと。引箔・模様箔の技法あれこれえらく大変そうだなぁ…と思ったので、動画を探したのでした。引箔とは① [続きを読む]
  • 特定商取引
  • 気になる…というときには、記録しておかないと忘れてしまう…ということで、調べなきゃって思っていたことを検索。・連鎖販売取引を採用している日本の会社は400社以上ある・消費生活センターに「20〜21歳の親から」の相談が多い・消費生活センターは、クレームも相談も全て相談件数としてカウントされる連鎖販売取引このサイトを知りませんでしたわ。やっぱり調べてみるものですね。「特定商取引法ガイド」というサイト。.「go.j [続きを読む]
  • 御寮織
  • 京都西陣織で、400年以上も続く超老舗だそうです。ん…知らない…あまり織元さんなどを知らないので、そういわれても知りません…としか言えないのですが、覚えた時に調べてみようって思ったのでした。日本最古、最高の機屋さん★紋屋井関そう書いてある呉服店のブログを発見しました。確かに…1555年からとおっしゃってましたわ。「御寮織」(ごりょうおり)の名でも呼ばれる帯は代々天皇家、公家、将軍たちの装束を承ってきた [続きを読む]
  • クロコダイル
  • どこに記録しておこうか…ってちょっと、気になる…と広告を開いて、面白いなぁ…と思ったので、貼り付けておきたくて。池田工芸というクロコダイル専門店のサイト。創業者池田順一さんは、日本のハンドバッグ業界の発展に尽くした業績によって、1981年黄綬褒章・1985年勲五等双光旭日章を 受賞しているのだそうです。実は先日、クロコダイルの財布の話をしていたんだよね…とこのサイトを見て、こちらの方がいいんじゃない?と思 [続きを読む]
  • フリーエージェント社会 と 
  • ダニエル・ピンク氏という名前を聞いても、ピンとは来ない。だから、ちゃんと記録しておこうって思った。『フリーエージェント社会の到来』という本を2001年にアメリカで発行。その中で、「テクノロジーの発展により、個人が?生産手段″を持てば、組織にやとわれずに働くことが一生容易になるだろう」と予測されていたらしい。しかし、実際おおよその方向性は正しかったけれども、変化の激しさを大きく見誤っていたと2014年に寄稿 [続きを読む]
  • ZKK研修 被服製作
  • 今年の夏は、東京での研修は行けなかった…というか、行く時間をうまく作れなかった?他の人の作るスケジュールで動かされるって、計画が立てられないですね。とりあえず…教育免許状の更新講習をせっせとこなすことにして…ZKKの研修が地元で行われる…ということはわかっていたので、それには絶対に参加して…とだけ決めていましたけどね。東京での研修は無理でしたね。生徒引率を東京からで良ければ可能でしたね。まぁ…学んだ [続きを読む]
  • お伊勢参り
  • この度、お伊勢参りさせていただきました。した…ではなく、させていただいたのは、企画されたお伊勢参りにのって、いろんな貴重な体験をさせていただいたから。企画した方を実は存じ上げず、ご縁ってすごいなぁ…って思います。「呼ばれたんだよ」って言われましたが、確かに…このような学びをいただける形で参加できるなんて…って感動しかありませんでした。そして、呼ばれたんだよ…かもなぁ…って思いました。20年…式年 [続きを読む]
  • おもしろいもので…
  • いろいろとあるけど、面白いもので…国単位の実践報告…かな?授業をどうやって取り組んだか…を投稿。それも、家庭科での実践授業報告。2年連続に奨励賞をいただき、実は一時通過を昨年度もいただいた。だけど、学校管理職はじめ、一緒に働いた家庭科の先生からはダメ…?講師が威張る…国の方針に合わせた指導は、地方ではNGなぜか?実践してない人たちが旧態を良しとして評価するからね。そして、盗むことをするおばちゃん [続きを読む]
  • アクティブラーニングと言えばいい?
  • ちゃんチャラおかしいアクティブラーニングをよくよく耳にし、目にします昨今。多分ね、しろ!って言われたから始めました…って人たちがするからだよね。やってみて、こんな感じか…っていうくらいに思うことはできても、それでは定着しないだろうけど…って思う。事前計画が練られていない研究授業を今年拝見しての感想は一言。「教師の自己満足」これでは、総合的な学習の時間の形骸化、ゆとり教育という言葉での揶揄で過ぎた [続きを読む]
  • ほめても自己肯定感は育たない
  •  近頃の若者の生きづらさには、「ほめて育てる」という思想が深く絡んでいるのではないか。であれば、できるだけ早く世の中の風潮に警鈴をならず必要がある。そんな思いから、この本を書くことを思い立った。 原稿を書き進めながら、もうひとつ気になったのが、親が子どもの将来をコントロールできるといった発想である。この発想を植え付けるようなメッセージが世の中に氾濫しているのだ。まるで子供の能力開発は親次第といっ [続きを読む]
  • なう
  • 余計なものを取り払う割合を減らせば、人生はもっと豊かになるうわべの飾り、あくなきものへの執着この割合を減らせば、その下に潜む顔は…同じ年末の学びでしたね。この新年、ありがたいことにたくさんの方々懐かしい顔…皆さまから、お心遣いありがとうございました。どたばたに年賀状を出すのが精いっぱい…みたいな年末を過ごしてしまいましたが、新年、温かい言葉に幸せなスタートを切ることができました。大切なことは何か [続きを読む]
  • menta-
  • さて、他人が何を考えているか…と、探る人がいますね。直接に尋ねる人も。ただ、信用って大事で、本当にやりたいことを話す人って…全ての人にではあるわけがない。勝手に、政治家になりたいだの…今のままでいたいわけがないですよ!!それは一番本音。さて、めんたーという言葉があります。メンターとは、人生を導いてくれる人。ある意味、先生。本質的に言葉の意味から行くと…まさに先生かな。先輩も本当はそうかも?様々な [続きを読む]
  • 生活費を稼ぐために教諭をしている人たちは、平気で他人の人権を侵害する。なぜか?努力されると困るらしい。生活費のために働いている人間は努力しているつもり…って、していない努力を基準にするためにそれ以上の努力をしていることを否定することから始める。神保という高校の同級生がいる。ホント…努力の代わりに嫌がらせをする仲間に入ることを始終する。何のためか?自分の身を守るためだそうで…それ以外しない。そうや [続きを読む]
  • 考えて動くのではなく、動きながら考える
  • 人として高性能であることは、成功のキーワードだそうです。どうしたらいいのか?わからないときはとりあえずやってみる。自分の中に浮かんだことをまずやってみて、どういう対処方法があるのか…次を考えてみる。得たい結果がある場合は、必ずそれを得るためにありとあらゆる方法手段をとってみるしかないのですね。慎重に…考えて…何てやっていると、まだ変わらない。他人のやっていることを自分の価値基準で分析し判断して、 [続きを読む]
  • 相手を思いやると、ついてくるおまけ
  •  男性が、小さな問題と思っていること。男性は小さな問題というけれど、女性にとっては小さくない。そして、小さな問題としておろそかにした人たち…、たとえば加野。この男は、最低最悪な男。剣道は犯罪者がするものだと理解させてくれた男。大宰府で、かのやというソバ屋があるけれど、実家らしい。つぶれるだろうと思う。だって、性根腐っている男を育てた実家…まともにものを作るはずがない。この男がしたことは、こんどう [続きを読む]
  • ネズミ算で増やすカルマ
  • 「遊び」と「仕事」を切り離さない。時間がないから好きなことができない…という思い込みは捨てよう。育児で時間がなかったから、勉強する暇がなく…でも、先輩づらをしたかった…と言っていたなべしま先生。そうやって、私がやった…正確にはやっていたことを盗作。そして、他人に渡して、それを元にして展開させた…それを発表したおばちゃんのでたらめ論文が県の代表のように…。でも、最初が盗作。こうやって、他人から奪っ [続きを読む]
  • 長期的思考
  • 先日、本当に…なんでこのようなことを平気でするのかナァ…?と思ったとき、ふと、目にしたインドの占い。毎日のように見ているわけではありません。ただ、ふと見て、なるほどナァ…長期的に考えて、出来事に対応しましょうと。目の前の利益を求めるのではなく、長期的に…。さて、書いてある長期的とは?来世に転生するときのカルマを増やしている行為として相手を見て、それに対して自分がやっていることは来世の自分の幸せの [続きを読む]
  • 泉南タオル 大阪繊維業
  • 先日、タオルをいただきました。タオルって?わざわざ産地なんて意識したことがなかったので、四国の今治を知ったときは、感動したのですが…大阪も有名なんですよって。そうなんだ…全国各地いろいろと特色ある産物があるんですよね…繊維の大阪と、確かに…聞いたことはありましたが、作っているから…という意味?ちょっと気になりました。商業の歴史に大阪ありに書かれている次の文章は興味深いかな…私としては。だから、関 [続きを読む]
  • いちゃ itya
  • 先日、無理やり…狂言を見に行きました。まぁ…他の人のためにチケットを取って…母のためには何もないのも…って、野村萬斎さんの公演があるならそれを…とお願いしたら、チケットがわずかしかないんですよ…と、早めに出て…そんなことをするから昨日もしないといけない…仕方ないですが、まぁ…。行くことができてよかったです。お茶にまつわる話の狂言3つ。本当に、自分の知らない世界…と、初めて観に行った狂言というとき [続きを読む]
  • 成績基準規準
  • 前任校で、大学時代同級生だった人と同じ学校ではたらくことになった。同じ専攻だから、その人とは大学までは同じことを学んできた。だけど、その後は違う。そこで学んだこと。信じられない…それしか出来ないの??????????????????前任校で同様の指導をしていたから…って、やってきていた内容を聞いてビックリ。いやぁ…それは普通科で私が指導してきたよりもひどい…。絶句の嵐。「調理」をやっていたと、1回 [続きを読む]
  • チカン刺繍
  • チカン刺繍という名称を知りました。洋服を購入して、すごいなぁ…と思っているくらいでしたが、その刺繍の名称も教えてもらえてらっき〜。早速…といいたいところですが、忘れる前に調べてみるとしています。チカン刺繍のことだろうなぁ…って思うサイト。チカン刺繍と呼ばれる伝統的な刺繍は、この地でかつて栄えたイスラム王朝の影響を受けて発展してきたもの。母から娘へ代々継承されてきた息をのむほど美しい刺繍の技術を活 [続きを読む]
  • 過去の記事 …