Feri さん プロフィール

  •  
Feriさん: オーストリアこぼれ話
ハンドル名Feri さん
ブログタイトルオーストリアこぼれ話
ブログURLhttp://wien.cocolog-nifty.com/operette/
サイト紹介文オーストリアに関連する様々な話題を扱っています。
自由文ウィーンを中心にオーストリアに関連する話題を扱っています。オペレッタやオペラといった音楽の話題から、街角で見かけた地元の皆さまもあまりご存知ではない話題まで、幅広い内容を写真入りお届けしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/02/14 09:24

Feri さんのブログ記事

  • 謎のピクトグラム 番外編“Keep rright”
  • 今日は「謎のピクトグラム」をお届けしましょう。ただし、番外編ですが‥Feriは、以前、出張の多い会社で勤務していた時代、日系航空会社のマイレージ上級会員になったこともあり、オーストリアと日本の行き来には、日系航空会社を使うことが多くなっています。ラウンジの利用や荷物の対応など、色々と便宜を図ってくれるものですから‥ただ、日系航空会社を使う場合、どうしてもヨーロッパ内の他国での乗り継ぎになります。今まで [続きを読む]
  • あなたをOrlofsky公爵の夜会にご招待!
  • 今日は「フォルクスオーパーの話題」です。2017/18シーズンの冒頭、9月2日に「Fest bei Orlofsky」というSpecialが開催されることは、シーズンプログラムの発表時から公表されていましたが、その内容がわかりました。まず、当日はシーズンのオープニングを祝ってVolksopern-Fest」が開催されます。このFest最大のイベントが「Fest bei Orlofsky」。当初、どのようなイベントかわからなかったのですが、同劇場のホームページで詳細 [続きを読む]
  • 番外編 ドイツの信号機 雑感
  • 今日は「交通信号の話題」をお届けしましょう。ただし、多忙な日々を送っているもので、短めの内容でご容赦ください(言い訳モード‥)。このブログでも、オーストリアの交通信号については色々と取り上げていますが、ドイツに行くと、お国柄の違いを感じることがあります。今日、ご紹介するのは歩行者信号です。日本と同じく押しボタンで車道側の信号を赤にして安心して横断できるシステムです。ただし、この押しボタンを使う対象 [続きを読む]
  • こだわりのベッカライJOSEPH
  • 今日は「Bäckerei(ベッカライ)の話題」をお伝えしましょう。ご存じのように、こちらでは食事に欠かせないBrot。それだけに昔から色々なベッカライが街中で営業しています。最近では、大手のチェーン店が多くなってきましたが、それでも、古くから営業している個人経営のお店も健在です。ただ、残念なことですが、後継者難などから廃業しているお店も出ているという話を耳にしたことがあります。そんな中、大手チェーン店傘下で [続きを読む]
  • 謎のピクトグラム 番外編 楽しいHOTEL
  • 今日は「謎のピクトグラムの番外編」をお届けしましょう。見つけた場所は、オーストリアではなく、ドイツだったので「番外編」としました。同じドイツ語圏ですが、オーストリアとドイツは、微妙に違うのが特長。実際、ドイツ語でも単語が異なっているケースもあります。先日、昔の駅舎を転用したBaden-Badenの祝祭劇場をご紹介しましたが、その時、Baden-Badenで見つけたピクトグラムをご紹介しましょう。Baden-Badenは、古くから [続きを読む]
  • ウィーン市の新路面電車プロジェクト
  • 今日はWiener Linienが発表した「Straßenbahn-Projekte laut Öffi-Paket bis 2020」の概要をお届けしましょう。Wiener Linienでは、これから2020年に向けて、路面電車やバスの路線延長やルート変更を中心とした改良プロジェクトを発表しました。地下鉄U1の延長開業、U2/U5の建設工事なども関係しているようです。−O系統の延長O系統は、現在、Migerkastraße−Praterstern間を結ぶ路線ですが、北部の都市開発に合わせてPraterst [続きを読む]
  • World Naked Bike Ride 2017
  • 今日は、「先日、ウィーンで行われたイベントの話題」をお届けしましょう。日本でも少し報道されたようですが、6月16日、「World Naked Bike Ride 2017」が開催されました。日本ではロイターが“ウィーンのイベント「裸でサイクリング」、自転車利用をPR”という見出しで紹介しており、「裸でサイクリング」に力点を置いているように感じます。この行事は、「裸でのサイクリング」が目的ではなく、自動車中心の社会への抗議を目的 [続きを読む]
  • 番外編 駅が劇場に大変身
  • 今日は、番外編ですが、「劇場の話題」をお届けしましょう。ウィーンでは、歌劇場や音楽ホールは、当初から目的を明確にして建設されているところが、大多数だと思います。ウィーン国立歌劇場のように戦災で大きな被害を受けた建物も、復行に際して、オリジナルを尊重した形で復行されたため、細かい説明を見ないと、昔からの建物が、そのまま残っているような錯覚に陥ります。それに対して、ドイツではバイエルン国立歌劇場やドレ [続きを読む]
  • これは安い!
  • 昨日、日本は「父の日」でしたが、皆さまはいかがお過ごしになったでしょうか。日本では、「母の日」の方が、商売上は盛り上がるようですが‥今日は週初めから恐縮ですが、「festのBier」のお話です。オーストリアでは、春から秋にかけて各地でFestが行われますが、暑い時期のfestでは、Bierが欠かせません。炎天下の広場で飲むBierは、これまた格別。日本ではプラスチック製の使い捨てカップを使うのが一般的ですが、こちらでは、 [続きを読む]
  • 番外編 街頭図書館 ドイツKulmbach編
  • 今日は「街頭図書館の番外編」をお届けします。このブログでは、何回かウィーン市内に設置されている街頭図書館をご紹介したことがあります。いずれも地元の有志やNPOが運営しているものです。また、ウィーン以外でも、小規模ながら街頭図書館が設置されている街もあります。ある意味、こちらでは「街頭図書館」が市民権を得ていると言えるでしょう。さて、最近はオーストリア以外の国に出かけることが減ったFeriですが、2014年9月 [続きを読む]
  • Zeta und Njegus(後編)
  • 今日も昨日に引き続きフォルクスオーパーに出演したZetaとNjegusにスポットライトを当てて、今まで観た公演を振り返ってみたいと思います。公使館書記という役柄のNjegusは、旧演出、前演出、現演出で性格付けがずいぶんと異なっているように思います。特に現演出では、Njegusが道化役から、お話の進行を司る重要な役(ストーリーテラー)になっているように思います。まぁ、これはダイレクターのRobert Meyerさんをプレミアで起用 [続きを読む]
  • Zeta und Njegus(前編)
  • 先日のSeefestspielen Mörbischのインダント交代は、正にオペレッタみたいな出来事でしたね。最近は本ブログのメインテーマである「オペレッタの話題」がご無沙汰ですが、正直、観ていないので記事が書けないわけです。そんな訳で、思い出話を少し‥Feriがフォルクスオーパーで最初に観たのは「Die lustige Witwe」(メリーウィドウ)です。ただ、初回にはプログラムの購入を失念してしまったため、出演者の記録が唯一残っていま [続きを読む]
  • 謎のパンダ像
  • 今日は「ジャイアントパンダにまつわるお話」です。日本では上野動物園でパンダが出産したということで話題になっていますね。和歌山では、頻繁にパンダが出産していますが、やはり首都圏だけにマスコミの騒ぎ方も尋常ではないようです‥以下、自粛。ご存じのようにウィーンのパンダも、子どもを多数、産んでおり、注目を集めていますが、日本ほど大騒ぎをしなくなりました。これも、お国柄でしょうかね。そう言えば、最近、Feriも [続きを読む]
  • オーストリアの傘事情
  • 今日は「オーストリアの傘事情」の話題です。先日、ご紹介した「傘の日」を提唱している日本洋傘振興協議会のホームページには、「世界の傘事情」という興味深い記事が掲載されていますが、その中に「オーストリア編」がありました。傘の団体だけあって、まずは雨についての話題が紹介されていました。記事によると“雨については、ウィーンは少なく、ザルツブルクがよく降る。ザルツブルクは「雨の街」とも言われ、特に6月、7月は [続きを読む]
  • Seefestspielen Mörbisch2018は「Gräfin Mariza」に決定ですが‥
  • 日本では6月の第3日曜日が「父の日」ですが、オーストリアでは6月の第2日曜日です。という訳で、今年は6月11日が「父の日」でした。この時期は、季候も良いことから、お父さんを中心に庭でバーベキューというご家庭も多いという話を耳にしました。きっとお父さんが自慢の腕を振るうのでしょう。さて、そろそろレギュラーシーズンのオペレッタやオペラがお開きになりますが、代わって夏のフェスティバルが各地で始まりますね。内容 [続きを読む]
  • 大型荷物の搬入も大変です
  • 今日は「荷物の搬入にまつわる話題」をお届けしましょう。日本でも引越などの際、階段が狭いと家具や大型家電の搬入や搬出が大変ですよね。戸建て住宅の場合は、2階の窓から運び込むというケースもあるようです。そのあたり、引越のプロが色々と工夫しているのでしょう。ところで、Feriの家主さんが17区のアパートから5区のアパートへ引っ越した際、自分で揃えたベッドやソファなどの家具は、新しいアパートへ持ってきています。Fe [続きを読む]
  • 番外編 謎の飛行機
  • 小耳に挟んだ話ですが、日本では6月11日は「傘の日」だそうですが、皆さまは、ご存じでいらっしゃいましたか?日本洋傘振興協議会という団体が、暦の上で「入梅」にあたる6月11日を「傘の日」と定め、毎年ファッション性や機能性など傘の持つ多様な魅力の紹介にもつとめているそうです。日本では、最近、傘=ビニール傘というイメージが定着してしまっているので、そういった使い捨て文化を払拭することも狙っているような気がしま [続きを読む]
  • ORFの車両も様々‥
  • 今日は「ORFの話題」をお届けしましょう。日本のNHKにあたるオーストリアの公共放送ORF(Österreichischer Rundfunk)。1924年にラジオ局として開局したのがスタートだそうです。最近では、衛星放送やインターネットの発達で、他国の放送が簡単に観ることができるようになりましたが、オーストリア国内では、多チャンネル化をしながら、一定の存在感を示しています。ご存じのようにウィーンフィルのニューイヤーコンサートを世界 [続きを読む]
  • 速報 Baden2017/18シーズン プログラム
  • 各劇場で2017/18シーズンの公演プログラムが発表になっていますが、夏公演が行われる関係で、発表が遅れていたBaden(バーデン市立劇場)でも、やっと冬公演のプログラムが公表されました。特に2017/18シーズンは、フォルクスオーパーのオペレッタが低調なので、FeriとしてはBadenが気になっていました。しかし、オペラ公演が入ったため、オペレッタは事実上、2作品と、ちょっと寂しい展開です。○オペレッタ−Die Kaiserin(皇 [続きを読む]
  • 有償イベントに思う‥
  • オーストリアの飲料メーカーRedBullが主催する「Red Bull Air Race2017」第3戦が、先週末、日本の千葉県・幕張市でが行われ、日本の室屋義秀選手が、第2戦サンディエゴに続く2連勝、昨年の千葉戦に続く3連覇を達成し、2017シーズンのポイントリーダーにも躍り出ました。ちなみに、今回、2位はペトル・コプシュタイン選手、3位はマルティン・ソンカ選手でしたが、いずれもチェコから参戦しているパイロットです。最近、日本ではNHK [続きを読む]
  • 歴史とともに‥街頭体重計(下)
  • 6月5日、オーストリア・アルプスTrofaiachで、警察の山岳救助隊員が、遭難した登山者を救助するため、ヘリコプターからロープで下り、自分も含めた3人をつり上げようとしたところ、ロープに不具合が発生。3人全員がかなりの高さから渓谷に落下し、救助隊員を含む2人が死亡するという痛ましい事故が起こりました。山岳救助の経験が豊富なオーストリアでも、こういった事故を防ぐのは難しいようで、残念です。さて、今日も昨日に引き [続きを読む]
  • 歴史とともに‥街頭体重計(上)
  • 今日は「ウィーン市内ではおなじみの街頭体重計の話題」です。ウィーンへお越しになった皆さまは、街頭に設置されている不思議な有料体重計(Öffentlichen Personenwaagen)を見かけたことがあると思います。実際、観光客の中には、使っているグループを見かけることもあります。この街頭体重計ですが、正直、色々と気になって仕方がありません。そこで、ちょっと調べて見ました。まず、最初に登場したのは1888年5月、プラーター [続きを読む]
  • オーストリアの風力発電事情
  • 今日は「オーストリアの電力事情」にまつわる話題です。オーストリアでは再生可能エネルギーの活用という観点から、太陽光発電に加えて、以前から風力発電にも力を入れています。ただ、太陽光発電と異なり、最適な地域が限られています。ご存じの方お多いと思いますが、風力発電は強風が吹く場所は不向きで、風は弱くても、安定して風が吹く場所が最適なようです。ブルゲンラント州の風力発電施設を観ると、プロペラがゆったりと回 [続きを読む]
  • 姉妹都市提携30周年
  • 今日は「姉妹都市提携の話題」をお届けしましょう。ウィーン市の区と日本の都市(または区)で、姉妹都市の提携を結んでいるところがあるのは、この話題はブログでも何回か取り上げていますので、皆さまもご存じのとおりです。今年、フロリツドルフ区(22区)と東京の葛飾区が姉妹都市の提携を結んで、30周年になるそうで、6月10日、葛飾区内にある「かつしかシンフォニーヒルズ」でウィーン少年合唱団の記念公演が開催されること [続きを読む]