gut_expert さん プロフィール

  •  
gut_expertさん: 著作権で稼ぐ
ハンドル名gut_expert さん
ブログタイトル著作権で稼ぐ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/gut_expert
サイト紹介文著作権をメインに知的財産権業務を専門とする仙台市の行政書士・著作権相談員のブログです。
自由文著作権侵害事件や不正競争防止法違反事件の判例、知的財産権侵害を未然に防ぐための対策を予防法務・戦略法務の視点で紹介しています。さらに、著作権ビジネスないし知的財産ビジネス、知的資産経営に関することも紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2010/02/16 09:26

gut_expert さんのブログ記事

  • 著作権等管理事業者への業務改善命令
  • ロックバンド「爆風スランプ」のドラマー、ファンキー末吉さんは、ライブハウスでの楽曲演奏を巡り、日本音楽著作権協会(JASRAC)による著作権使用料の徴収・分配方法が不当であるとして、文化庁に対しJASRACに業務の改善などを求める上申書を提出した。詳細はこちらの記事でURL:https://www.bengo4.com/houmu/17/1263/n_6530/この点につき、著作権等管理事業法20条(業務改善命令)は以下のとおり規定している [続きを読む]
  • 高校野球のブラバン応援
  • 今月8日に夏の甲子園(全国高校野球選手権大会)が開幕し、連日、熱戦が繰り広げられている。甲子園では、選手のプレーだけでなく、アルプススタンドでの吹奏楽部(ブラスバンド)の演奏による応援も見物である。ブラバンの演奏では、プロ野球選手の応援楽曲なども使われている。これらの楽曲も著作権で保護されている。そこで、甲子園に限らず、高校野球の応援におけるブラバンの演奏においても権利処理が行われてるのか気になる [続きを読む]
  • ドライバーマッチングサービス
  • 中小運送会社やベンチャー企業が、荷主とドライバーを仲介するシェアリングサービスに相次いで参入している。詳細は日経新聞から配信されたこちらの記事でURL:http://www.nikkei.com/article/DGXLZO19806880Y7A800C1TJ1000/それとちょっと関係しそうで、ドライバーマッチングサービスについてグレーゾーン解消制度により道路運送法との抵触の有無が回答されている。旅行者に対し、ウェブサイトを介して、旅行者に代わってレン [続きを読む]
  • 会費滞納者への取立て
  • 今年5月に開催された宮城県行政書士会定時総会でなされた質問につき、以前このようなブログを書いた。URL:https://blogs.yahoo.co.jp/gut_expert/63924037.html総会でなされた質問でもう1つ気になったものがある。本会が長期会費滞納者に対して裁判手続き及び強制執行によって会費の取立てを行っていることである。この点につき、宮城県行政書士会の会則では、6ヵ月以上の会費を滞納している会員(長期会費滞納者)に対して [続きを読む]
  • 花巻温泉
  • 9月14日に全国行政書士会会長会が花巻温泉(岩手県花巻市)で開催されます。会長会には、各都道府県の行政書士会会長のみならず、日行連の会長や役員も出席します。会場となる花巻温泉は、以前こちらのブログで紹介した漫画「浅見光彦ミステリースペシャル18 イーハトーブの幽霊」にも登場しています。URL:https://blogs.yahoo.co.jp/gut_expert/62580332.htmlそこで、マンガの中に登場する花巻温泉を撮影した画像をアッ [続きを読む]
  • チップ選別機のプログラム
  • チップ選別機に搭載したプログラムを別の機器に使用し取引先に納入することが著作権侵害にあたるとして、ソフトを開発した者が精密機器メーカーに損害賠償を求めた訴訟の判決が東京地方裁判所であった。(東京地裁平成29.6.29)判決は、著作権侵害を否定した。この判決で注目すべきことは、本件チップ選別機プログラムが著作物にあたるかである。まず、プログラムは「電子計算機を機能させて一の結果を得ることができるようにこれ [続きを読む]
  • GIマークの使用に関するガイドライン
  • 農林水産省は「広告、インターネット販売、外食業等におけるGIマークの使用に関するガイドライン」を策定し公開した。URL:http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/chizai/attach/pdf/170719-1.pdf地理的表示登録された産品のカタログや広告、登録産品を使った料理のメニューに、地理的表示のみならず、GIマークも使用することが可能である。上記のガイドラインにおいて、登録産品を販売などするにあたり、広告やメニュー [続きを読む]
  • IPランドスケープ
  • とても興味深い記事を見つけた。企業が保有する知的財産を分析し、経営戦略に生かす「IPランドスケープ」(知財に関する環境と見通し)と呼ばれる手法が注目され始めたことである。詳細は日経新聞から配信されたこちらの記事でURL:http://www.nikkei.com/article/DGKKZO1887109014072017TCJ000/IPランドスケープとは、近年、欧米企業が使い始めた知財分析を基にした経営戦略である。大きな特徴として、特許など知的財産に [続きを読む]
  • アロマテラピーサロンの表示
  • アロマテラピーサロンの店舗表示「アロマテラピーサロンラフィーネ」と類似する営業表示を使用することが不正競争防止法違反にあたるとして、店舗を運営するホテルが競業会社に損害賠償を求めた訴訟の判決が東京地方裁判所であった。(東京地裁平成29.6.22)判決は、不正競争防止法違反(2条1項1号)を否定した。この判決で注目すべきことは、本件表示が全国的に周知な営業表示であるかである。原告ら営業が行われている範囲は [続きを読む]
  • 個人情報の第三者提供時の記録作成
  • 5月30日から改正個人情報保護法が全面施行されている。改正法では、個人情報を第三者に提供した場合は、第三者の氏名や情報の項目などを記録し、原則として3年間保存する義務(記録作成保存義務)が課されることになった。この点について、個人情報保護委員会はガイドライン(第三者提供時の確認・記録義務編)を公開している。URL:https://www.ppc.go.jp/files/pdf/guidelines03.pdf上記のガイドラインによると、こちらの [続きを読む]
  • カラオケ動画の投稿
  • ちょと気になる記事を見つけた。カラオケ店で歌う様子を動画投稿サイト「ユーチューブ」などにアップすることが著作隣接権侵害になるので注意が必要であるということである。詳細はこちらの記事でURL:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07H6S_T10C17A7CC1000/昨年、カラオケ機器メーカー「第一興商」が著作隣接権侵害を理由に動画の削除を求めた訴訟で、カラオケの音源についての権利侵害を認めている。カラオケ機器に使 [続きを読む]
  • プレミアム付き商品券の発行
  • 東日本大震災から今日で6年4ヵ月となる。東日本大震災の津波で壊滅的被害を受けた岩手県陸前高田市の陸前高田商工会が発行したプレミアム付き商品券について、企業実証特例制度により資金決済法の規制が緩和された。まず、プレミアム付き商品券とは、資金決済法3条1項に規定する前払式支払手段に該当する商品券であって、利用者の購入額を超えて対価の弁済に充てることができるもの(利用可能金額にプレミアム相当額部分が付い [続きを読む]
  • インターネット上での旅行提案
  • 官民を挙げて外国人観光客を誘致するため、インターネット上での観光情報の発信が活発化している。さらには、旅行情報の提供も行われている。そこで、インターネットを通じた旅行提案と旅行業法との関係で、グレーゾーン解消制度により回答がなされている。Webサイト等を通じて、地方の隠れた名所・人物等を紹介するような提案を行う事業が旅行業法の適用を受けるか否かの照会に対して、規制所管官庁である国土交通省と事業所管 [続きを読む]
  • 浄法寺漆
  • ちょっと気になる記事を見つけた。漆器の企画・販売を手掛ける浄法寺漆産業(盛岡市)は国産漆が危機的に不足している状況を知ってもらおうと、オリジナルの手拭いを制作したことである。詳しくは日経新聞から配信されたこちらの記事でURL:http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB30H54_T00C17A7L01000/上記配信記事によると、国内で使用される漆の98%は中国産で、国産はわずか2%で、このうち約7割が浄法寺漆である。浄 [続きを読む]
  • 匿名加工情報の加工方法
  • 改正個人情報保護法が5月30日から完全施行された。改正法で創設された匿名加工情報については、本人の同意がなくても第三者で提供することができる。匿名加工情報については以前書いたこちらのブログでURL:https://blogs.yahoo.co.jp/gut_expert/63350710.html個人情報保護委員会は匿名加工情報の加工方法や取扱いを示したガイドラインを公開している。URL:https://www.ppc.go.jp/files/pdf/guidelines04.pdf加工方法に [続きを読む]
  • IT導入補助金
  • 中小企業・小規模事業者の経営力向上を図ることを目的とした「IT導入補助金」(サービス等生産性向上IT導入補助金)がある。IT導入補助金とは、ITツール(ソフトウェア、サービスなど)を導入しようとする中小・小規模事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助するものである。詳細などについてはこちらのサイトをご覧ください。URL:https://www.it-hojo.jp/IT導入補助金を申請するには事業計画を作成する必 [続きを読む]
  • テロ等準備罪(共謀罪)
  • 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法が今月に閉幕した通常国会で成立した。改正法の施行は7月11日から予定されている。テロ等準備罪は、テロリズム集団、暴力団、薬物密売組織など「組織的犯罪集団」のみを処罰対象とするもので、2人以上で殺人など重大な犯罪の実行を合意し、少なくとも1人が現場の下見や資金調達などの準備を始めた段階で処罰することができる [続きを読む]
  • 品種登録の海外出願支援
  • とても気になる記事を見つけた。日本で開発されたイチゴの品種が韓国に流出したことで、日本側に5年間で最大220億円の損失があったとの試算を農林水産省がまとめたことである。詳しくはこちらの記事でURL:https://www.agrinews.co.jp/p41163.htmlいちごに限らず、日本で品種登録された品種が外国でも保護されるには、品種登録の海外出願を行う必要がある。そこで、品種登録の海外出願を支援するため、農水省が実施している [続きを読む]
  • 経営力向上計画の作成
  • 中小企業・小規模事業者の生産性向上など経営基盤の強化を目的とした中小企業等経営強化法がある。この法律に基づき、経営力向上のための人材育成や財務管理、設備投資などの取組みを記載した「経営力向上計画」を作成し、事業所管大臣の認定をされることによって、固定資産税の2分の1の軽減措置や各種金融支援が受けられるメリットがある。 また、ものづくり補助金の補助上限が加算されるメリットもある。ものづくり補助金につ [続きを読む]
  • 会員の差別的取扱い
  • 先月に開催された宮城県行政書士会の総会に出席した。総会においてなされた質問で気になったものがある。 行政書士試験の試験監督を担当する者の選考基準についてである。具体的には、選考基準をクリアしても選ばれた人と選ばれなかった人の理由が明確ではないということである。 この問題は、下手をすると独占禁止法に抵触することになる。独禁法で規制されている不公正な取引方法の1つに「事業者団体における差別的取扱い等」が [続きを読む]
  • 地理的表示保護制度推進事業
  • 農林水産省は地理的表示保護制度推進事業の公募を今月から開始している。 これは、地理的表示登録を申請するための明細書や生産行程管理業務規程を作成するにあたり必要な調査を行うための経費を補助するもので、いわゆる、地理的表示登録の支援を目的とした補助金事業である。 具体的には、特性に係る成分分析等、社会的評価の立証調査、特性と地域の結びつきに係る調査、実態把握に必要な調査に要する経費の2分の1以内が補助さ [続きを読む]
  • 店舗の外観デザイン
  • 2015年に日本空間デザイン賞を受賞した建物(店舗)について店舗を建築した建設会社のみを雑誌に著作者表示をしたことが著作者人格権侵害にあたるとして、設計を担当した設計会社が慰謝料を求めた訴訟の判決が東京地方裁判所であった。(東京地裁平成29.4.27)判決は、著作者人格権(氏名表示権)侵害を否定した。この判決で注目すべきことは、設計を担当した設計会社が共同著作者であるかである。まず、著作権法は、著作物の [続きを読む]
  • ICTによるプログラミング教育
  • 2020年度から小学校でのプログラミング教育が必須化される。その影響もあって、今後プログラミング教育に関連するサービスが普及することが予想される。 そこで、情報通信技術(ICT)によるプログラミング教育サービスの提供につき、グレーゾーン解消制度により特定商取引に関する法律(特定商取引法)の適用の有無について回答されている。 インターネットを通じたプログラミング教育の提供が、「特定継続的役務」のうち、 [続きを読む]
  • スキー用エアバックの販売
  • 3月に栃木県のスキー場付近で行われた登山講習中に起きた雪崩で県立高校山岳部の生徒7名と引率した教員が犠牲となる事故があった。雪崩に遭遇した際に、雪の中に埋もれてしまうことを防ぐ道具として、スキー用エアバックがある。そこで、起動装置に火薬類を用いるスキー用エアバックの販売等について、企業実証特例制度によって火薬類取締法の規制を適用除外とする措置が図られている。火薬類取締法では、スキー用エアバックを輸 [続きを読む]
  • トラック運送の運賃
  • 国土交通省は、トラック運送の報酬(運賃)に待機時間など派生業務を反映(価格転嫁)させる目的で、10月にもトラック運送約款を改正する。詳しくは日経新聞から配信されたこちらの記事でURL:http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS30H5K_Q7A530C1MM8000/上記の記事によると、企業間の配送(取引)を対象としたものであるが、大型・小型トラックを運転する「標準貨物自動車」と赤帽など「標準貨物軽自動車」の約22万社が [続きを読む]