pierre-nicole さん プロフィール

  •  
pierre-nicoleさん: half moon bay
ハンドル名pierre-nicole さん
ブログタイトルhalf moon bay
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/pierre-nicole
サイト紹介文独断と偏見で選んだ僕的面白海外ニュース
自由文昔の海外駐在員時代の想い出と日本のメジャーなメディアがあまり取り上げない最新海外ニュースの窓を目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/02/16 20:56

pierre-nicole さんのブログ記事

  • おはぐろトンボ 2017
  • 今年も「おはぐろトンボ」が庭にやって来ました。 メダカ池で生まれたのか、子供を産みにやって来たのか?気がついた時はいつも一匹しか見ないので、おそらく我が家生まれなのだろう。相手を見つけてまた子孫を残して下さいね。お袋が我が家に嫁いで来てか... [続きを読む]
  • K船長の独壇場
  • ひと月の経つのは早い。先月は雨に降られながらの釣りであったが今回は快晴である。晴れていれば当然暑い。かんかん照りである。「 船長〜暑っ〜でやれんけ〜テントを張ろうや〜 」 祐ちゃんなかなか最初の一匹が釣れず、海の神様ポセイドンにお神酒をあげ... [続きを読む]
  • 花火
  • Photo: Carlos Avila Gonzalez, The Chronicle 天国の mさん すっかりご無沙汰しています。昨日はアメリカの独立記念日に合わせて北朝鮮のキム・ジョンウンが日本の排他的経済水域にミサイルを撃ち込みました。絶対にレッドラインを超えないようにジョンウ... [続きを読む]
  • 台風の被害なし
  • 台風接近の予報を受けせっかく通り一体に昨日飾った七夕飾り20本を早朝より撤去し一時避難させる。結果は雨が少し強く降ったくらいで何事もなく通り過ぎて行きました。台風が過ぎ去った後の空はいつもとても美しいのはなぜ?!ご訪問いただきありがとう... [続きを読む]
  • 珍魚ゲット ギターフィッシュ
  • 「 おっ、なっ なんだ?! これは? 」 僕見たこともない魚があがって来た。あばれまわってH船長の構える網になかなか入ってくれない。エイのようであるが、尻尾の形は全く違う。胴体はコチのようであるが、口の形状はサメみたい。さすがのH船長も初め... [続きを読む]
  • 瀬戸内の鯛のソテー 香草添え
  • 鯛は刺身にしても焼いても骨蒸しにしても絶品であるが、僕のお好みの食べ方はこれだ。(材料)二人分鯛の切り身(皮付き)・・・瀬戸の大畠でゲット 二切れ黄色パプリカ・・・半分ブナシメジ・・・少々ニンニク・・・一かけ以下家庭菜園より紫玉ねぎ・・・... [続きを読む]
  • お薦めのweb辞書
  • 歳をとってくると段々と身体のどこかが弱くなってくるものですね。昔から男は「歯、目、M〇〇〇」の順と決まっているらしい。僕は一番目の歯の方は全部自分のものなんだが、二番目の目の方はだいぶくたびれて来て最近では辞書の細かい字を見る気がしない。いち... [続きを読む]
  • H船長 祐ちゃんに対抗心むき出し
  • 先日の祐ちゃんの大量釣りに刺激を受けたのか先週のH船長はこれまでとは違ったのであった。報告が遅れたのはゆえあって、左手を負傷しパソコンが使えなかったからであります。さて5月31日の絶好の釣り日和、広島から参加のH船長の友人も加わって3人で出港... [続きを読む]
  • 瀬戸内より愛を込めて
  • あの娘が好きです。今日は残りのグイミの収穫日。お袋と半分個づつして食べました。前回より甘味が増して幸せな気分。ご訪問いただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。もしよろしければお帰りの際にパコンと投票ボタンを してご投... [続きを読む]
  • photo diary ?
  • わがメダカ池の強敵の登場である。現在のメダカ池のメダカの総数は親メダカ11匹、赤ちゃんメダカ、多すぎてとても勘定できないが推定約300匹。毎年、5月の産卵シーズンに大所帯になるが屋外で飼っていると意外と外敵が多く、自然淘汰の末、冬前にはグンと... [続きを読む]
  • グイミの収穫 2017
  • 昨年はうっかりして防鳥ネットをかけるのを忘れ、ほぼ全部鳥に喰われてしまったが今年はこの他にまだ熟れていない実が10粒以上も残っているのだ。「 去年は一粒しか食べられなかったわ。」 母それにしてもなんとま〜よく覚えていること。歳はとっても食い物... [続きを読む]
  • さすが 祐ちゃん やる時はやるのだ〜
  • この笑顔を見よ! 今年釣果が今一だった祐ちゃん。伊達に歳は取っていなかったのだ。先代のK船長より「ホゴ釣り名人」と称されていただけあって今回の祐ちゃんはその実力をいかんなく発揮したのであった。最初、立て続けに鯛が三尾釣れて気をよくしていた僕は... [続きを読む]
  • メダカ 恋の季節 
  • メダカ 恋の季節 ビデオの長さ 51秒馬鹿な奴だとお笑いでしょうが・・・結構面白いんだなこれが!そうそう以前投稿したイタリア男を彷彿とさせるこのメダカのイタちゃんには参りました。【 既出記事 】恋の駆け引き メダカ編ご訪問いただきあ... [続きを読む]
  • あの頃きみは若かった 月丘夢路さん
  • 月丘夢路さんが3日肺炎のためご逝去されました。享年95歳。ご冥福をお祈りいたします。上のツーショットは県立広島高等女学校時代のもので左が夢路さん、右が母の姉、つまり伯母です。伯母は当時ミス県女として広島中の男子学生のあこがれの的だったそうです。... [続きを読む]
  • photo diary?
  • 僕の座っている机から箱庭の松がお隣さんの白壁に影を落としているのが見える。馬鹿な奴だと笑われそうだが、時々刻々と姿を変えるその影を音楽を聴きながら、ただぼんやりと眺めているのが好きだ。窓際で飼っているメダカの稚魚も100匹くらいに増えて餌を与... [続きを読む]
  • photo diary
  • 手水鉢の側につりさげているハンギング・プラント。葉っぱがハート??型しているでしょ。あの娘が好きです。庭の蔦が窓からお風呂場に侵入して来ました。どこまで伸びるか楽しみなり。次の写真は風呂場に侵入して来た4種類の蛾たち。毎年見かけるので我が家の... [続きを読む]
  • muguet de mai 2017
  • 今年もわが家のメダカ池の淵に「すずらん」の花が咲きました。すずらんはフランス語で 「muguet ミュゲ」と云います。フランスに赴任して最初に迎えた1990年のメーデーの日(5月1日)パリの町のいたるところで売り子の掛け声。" muguet de mai! ... [続きを読む]
  • ひみつの工房 by 檜垣圭子さん
  • さく・え  ひがき けいこそれから数日たった夜。白壁の建物からある通りに一匹の猫の姿がありました。あたりを見回し金魚の絵柄のマンホールを開けて中にはいっていきました。そこにはたくさんの猫達がいてお年寄りの猫が何かの説明をしていま... [続きを読む]
  • Spring has come.
  • これは我が家の庭にこの春、初めて咲いた桜の花びら。毎年、露台でお袋と花見をしているが実はお隣さんちの桜を借景にしていたのです。これではいかんと思って園芸店で桜の苗木を買ってきたのはかなり前のこと。もうかれこれ10年近くも前のことだろうか?今年は... [続きを読む]
  • ぽこぺん
  • 写真 英国 Telegraph紙 電子版CREDIT : ROBERTO ALDROVANDI/SOLENT「 おい 兄貴 ありゃ〜なんじゃろか? 」「 ぽこぺん! 」「 ぽ こ ぺ ん・・・??? 」葉っぱの隙間からこちらを覗くイトトンボの兄弟の会話。僕がガキの頃、親父... [続きを読む]
  • H船長 健在
  • お待たせいたしました。H船長、久々の登場です。 ” Fish Oooo〜n! ” キャプテン・イングリッシュが炸裂いたしました。海外まで迷船長として高い人気を誇るのは分かるけど意識しすぎとちゃいまっか?わが町にも桜の開花宣言が出たと云うのに... [続きを読む]