pierre-nicole さん プロフィール

  •  
pierre-nicoleさん: half moon bay
ハンドル名pierre-nicole さん
ブログタイトルhalf moon bay
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/pierre-nicole
サイト紹介文独断と偏見で選んだ僕的面白海外ニュース
自由文昔の海外駐在員時代の想い出と日本のメジャーなメディアがあまり取り上げない最新海外ニュースの窓を目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2010/02/16 20:56

pierre-nicole さんのブログ記事

  • ひみつの工房 by 檜垣圭子さん
  • さく・え  ひがき けいこそれから数日たった夜。白壁の建物からある通りに一匹の猫の姿がありました。あたりを見回し金魚の絵柄のマンホールを開けて中にはいっていきました。そこにはたくさんの猫達がいてお年寄りの猫が何かの説明をしていま... [続きを読む]
  • Spring has come.
  • これは我が家の庭にこの春、初めて咲いた桜の花びら。毎年、露台でお袋と花見をしているが実はお隣さんちの桜を借景にしていたのです。これではいかんと思って園芸店で桜の苗木を買ってきたのはかなり前のこと。もうかれこれ10年近くも前のことだろうか?今年は... [続きを読む]
  • ぽこぺん
  • 写真 英国 Telegraph紙 電子版CREDIT : ROBERTO ALDROVANDI/SOLENT「 おい 兄貴 ありゃ〜なんじゃろか? 」「 ぽこぺん! 」「 ぽ こ ぺ ん・・・??? 」葉っぱの隙間からこちらを覗くイトトンボの兄弟の会話。僕がガキの頃、親父... [続きを読む]
  • H船長 健在
  • お待たせいたしました。H船長、久々の登場です。 ” Fish Oooo〜n! ” キャプテン・イングリッシュが炸裂いたしました。海外まで迷船長として高い人気を誇るのは分かるけど意識しすぎとちゃいまっか?わが町にも桜の開花宣言が出たと云うのに... [続きを読む]
  • 夕焼け空
  • 西の空 我が家の露台からの眺めが美しい。同じ地球なのにどういう訳か国によって空の色が違うのはなぜだろうか?フランスのパリの冬は曇天が多くとにかく寒くてやりきれない。それが春になると一変する。冬の間、枯葉を落としていたプラタナスやマロニエの枝... [続きを読む]
  • お久しぶりです
  • 写真 Frederic Larson天国の mさん お久しぶりです。また皆様 長らくのご無沙汰、ご心配をおかけいたしました。僕はなんとか生きています。季節はずれのインフルエンザにかかって約10日が経過。なんとか元気を回復いたしました。ところで実は僕の発病と... [続きを読む]
  • 間抜け泥棒御用
  • 写真 英国テレグラフ紙(Telegraph)その昔、おしゃれ泥棒と云う映画があったが今回は英国の間抜けな泥棒のお話。排水パイプをつたわって二階の浴室の窓から侵入を試みた泥棒君。首が入ったまでは良かったものの身体がどうしても入らない。「 うわ... [続きを読む]
  • 新年おめでとうございます。
  •  手作りのミニ門松飲んで食って寝ての三が日がようやく終わり、またまた太ってしまった寝正月。新年のご挨拶が遅れてしまったこと深くお詫び申し上げます。今朝の空には美しい雲がたなびき、瀬戸内の海には穏やかな日差しがさしていました。 皆さま、... [続きを読む]
  • 内山修さんの世界 2016③
  • 君の心はおもちゃ箱 by 内山 修ビデオの長さ 2分45秒昔のCDはこちらーーー> THE BESTご訪問いただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。もしよろしければお帰りの際にパコンと投票ボタンを してご投票をお願いいたします... [続きを読む]
  • 鯛釣りの名所 大畠編その二
  • 本年最後の大畠行きである。先月の大漁に気をよくした我らが祐ちゃん、出港前から気合い十分である。またしても「えいえいお〜」の雄たけびなのだ。朝はさすがに寒いので今回は練炭をK船長が準備してくれていた。おしゃべりで有名だった義理のお父さんとは違... [続きを読む]
  • お袋の押し花
  • 計画性のなさでは定評のある僕だが、毎年絶好の紅葉シーズンを逃してしまうのだ。紅葉寺として有名な山口県鹿野にある漢陽寺を訪れたのは11月25日のこと。ご覧の通りほぼすべて落葉していたのであります。そんな中お袋はせっせと落葉を拾っていましたがこ... [続きを読む]
  • 内山修さんの世界 2016①
  • 先日予告した通り、内山修さんの小倉でのライブ映像本人からOKが出ましたので一曲づつご紹介して行きたいと思います。ザ・リガニーズ時代、また猫とも一味違う大人の内山ワールドを渋みのきいた声で聴かせてくれています。内山さんのブログ 「常春-UCHIYAMA」... [続きを読む]
  • 夜の金門橋
  • Photo: Lance Iversen, SFC / San Francisco Chronicle紙 電子版天国のmさん お久しぶりです。サンフランシスコ湾にライトアップした100隻以上のヨットが浮かんでいるそうです。一緒に12月のクリスマス・シーズンに船にのって金門橋の下をナイト・クル... [続きを読む]