たんぽぽ さん プロフィール

  •  
たんぽぽさん: おいしい手土産〜秘書のナイショ話〜
ハンドル名たんぽぽ さん
ブログタイトルおいしい手土産〜秘書のナイショ話〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/hisho-temiyage/
サイト紹介文仕事と香港で1年を過ごし、買い物とグルメでストレス解消。スィーツとゴージャスが大好き!
自由文年に3回以上香港へ行き、ついに120回ほどになりました。日本未入荷のブランド購入が大好き。おいしいものも大好きでエキサイティングな街に魅了されっぱなしです。仕事では相手に喜ばれる手土産を、まず自分で味見をしてから、勧めます。3度の飯より香港と買い物が大好きでーす。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2010/02/17 18:02

たんぽぽ さんのブログ記事

  • 香港ミシュラン翠亨邨(チョイハンチュン)で広東ディナー
  • 香港2日目の夜は、香港料理大賞ベストオブベストに何度も続けて選ばれている、老舗料理店。きれいになった、ミラマーショッピングモールの最上階の翠亨邨で広東料理をいただきました。友人家族とで8人でのディナー。もちろん、ミシュランにも毎年選ばれている名店でもあります。以前に牡蠣の美味しい、地元の人しか見かけない、潮州料理店 百楽小館の上階にあります。輝かしい経歴の数々。天井までおしゃれ看板料理のチャーシュー [続きを読む]
  • 清壽軒のどら焼きを帰省手土産に
  • 予約必須の手土産。当日午前中でも予約しないと買えない場合がありました。人形町の清壽軒。岸朝子先生のお墨付きのどら焼きです。いつみてもすごい箱です私がよく使うのは、大3、小3個いり。これでも約1キロの重量はありますので、お気をつけくださいね。こちらは小さいほう。そうです、皮が1枚であんを包んであるのです。たくさん食べられない方向きです。いつも買っているうさぎやさんとは皮の風合いは全然ちがいます。こちら [続きを読む]
  • ②塀山文物徑の塀山鄧一族文物館
  • 最後は資料館へ。ここは1899年に建てられた警察署をリノベーションして資料館になりました。小高い丘に位置し、線路の向こうは中国です。早速資料館のなかへ。ここの集落は鄧一族で暮らしていて、最初は農耕生活をされていたようです。ですので、この村の名前の人は【鄧】姓なのです。この一族で女性が産まれた場合は、必ずお嫁に行くことになっているので、家督は必ず男性なのだそうです。これは170年前のベッド。花嫁衣装結婚式 [続きを読む]
  • 香港シグナル8の台風とカオルーンホテル
  • 今回はカオルーンホテルに宿泊しました。普段、父と一緒のときははカオルーンシャングリ・ラで3人でスイートルーム、または、ハイアット・リージェンシーで2部屋に泊まるのですが、今回は家族3人でそれぞれ1部屋ずつ泊まりました。誰にも気兼ねせず快適です狭いですが一人なら充分。普段の一人で宿泊するときは立地抜群のこのホテルに宿泊しています。申し訳程度ですが、夜景も楽しめます。となりはペニンシュラ、向かいはシェ [続きを読む]
  • 香港でベトナム広東料理金牛苑2017.7
  • 毎回も、もちろんしつこく金牛苑に行っています(笑)愛して止まない一軒です長年勤めるスタッフが温かく迎えてくれるのはとても嬉しく思います。今回は香港の友人ファミリーと。ベジタリアンがいますので、野菜もふんだんに頼むことに(笑)まずは、必ずオーダーする鶏の南乳ソース添え。今回も最高に美味しい!(左)焼き豆腐(右)ライスクレープで牛肉で巻いたもの(腸粉牛肉)ベジタブル揚げ春巻き揚げがんもどき日本とは食感が違いま [続きを読む]
  • 全日空でいく成田空港から香港の旅
  • 今回は家族と一緒に香港です。今年は3回目だけど、日帰りもあったりして辛かった今回はのんびりの4日間。昨年全日空のラウンジがリニューアルして以来、初めての全日空ビジネスクラスの利用です。確かにきれいになりました。眺望も素晴らしいです。夕方は寿司職人がお寿司を握ってくれるそうです。変わりましたね!以前より食べ物の種類も多い感じ。お稲荷やまきもの、サンドイッチはいつもどおり。鶏の唐揚げとポテトが朝からあ [続きを読む]
  • 浅草の昭和喫茶 ロッジ赤石
  • 酒のダイマスへ、香港土産の日本酒を購入したあと、涼みかたがたロッジ赤石へ。昭和48年創業の老舗喫茶店です。なんと、早朝5時頃まで営業しています。アルバイトの募集は時給900円です(笑)今日も満席日曜日、店内では朝から競馬中継をしていて、なおかつタバコがOKですから、大人気です。父は競馬はしませんが愛煙家なので、近くに来たら必ずここでも一服そして、ここで外国人を見かけたことがありませんので、古き良き時代が [続きを読む]
  • 両国駅3番ホーム「味の素ギョーザステーション」
  • 今月28日まで開催している、期間限定で幻の両国駅3番ホーム味の素が開催している、ギョーザステーション。早速潜入してまいりました。JR総武線から見えるたたずまい。「幻のホーム」と言われるその駅は、定期列車は29年前から発着しておらず、現在はたまーに、ごくごくたまーに、臨時列車が止まる貴重な駅なのです。待つこと2時間。開店前に行っても約1時間並ぶそうです。最初に「1時間くらいで終えてくださいね」と忠告されなが [続きを読む]
  • 日本橋たいめいけんで定年祝い
  • 会社で親しい60歳を迎える方のお祝い会を日本橋のたいめいけんで開催しました。気取ったお店とお酒が苦手な主賓は洋食好きということで、ともに昭和の年輪を重ねてきたたいめいけんは気取ることもなく、話題豊富なお店で美味しく楽しく食べられます。テレビで多忙な茂手木シェフも玄関でお出迎え(笑)今日はあらたまった席ですので、ちょっと気取って2階席。なつかしのダイヤル式公衆電話にびっくり(笑)1階ではコールスローは確か1 [続きを読む]
  • 銀座しのはら2017夏
  • 2017年の夏も【しのはら】さんで感じました。食べログ全国5位を誇る、最高のお店です。大将自ら、車海老と一緒にお出迎えまずは、先付。えびと蓴菜がプルプルです!蟹団子のすりながしは、蟹とお汁を交互に頂くようアドバイスをいただきました。鮎です。二匹は出身が違う鮎です。真いかが美味しすぎます。すっぽんで炊きあげたごはんに鮑。盆と正月がいっぺんに来たみたいです(笑)八寸七夕には願い事を書いてよいことになっていま [続きを読む]
  • 東京駅一番街で崎陽軒シウマイバル
  • 今年の春に東京駅の八重洲一番街にできた、崎陽軒のシウマイバルが開店しました。シウマイ好き、崎陽軒好きにはたまらないお店です。なんといっても、【温かい崎陽軒のシウマイ】が食べられるのですから座席は18席で、今は常に満席です。いろんなシウマイを蒸しあげちゅう!メニューだって色々あります。いろんなバリエーションでシウマイが楽しめるんです!おつまみなんか強烈です。お弁当の具材一つ一つが別々にお好みのものが [続きを読む]
  • ②Wa亭風こみちのお食事たち
  • 夕食のお時間です。まだ6時ですので、陽も暮れる前。見晴らしもとても良いです。ここはカウンター状態で、二人ずつしか座れず仕切りがされています。我が家は隣に父が一人で楽しそうです(笑)三島トマトの蜜煮トマトをくりぬいて、海老や季節の野菜がジュレとあえてあり、甘いトマトとよく合います。続いて、ふっこのおすまし出生魚は縁起がよいですからね地もののおさしみの数々。八寸蛤と天然鮎が最高です。右下に茶色いお煎餅み [続きを読む]
  • ①Wa亭風こみち きりつぼの部屋でリラックス
  • 昨年もお邪魔した、熱海の温泉宿 Wa亭風こみち。たった7室しかない、こぢんまりとした小さな旅館です。今年で20周年。気に入りましたので、またお邪魔させていただきました。相変わらずきれいに掃除が行き届いています。まずは、ラウンジへ。ここで焚かれているお香は、松栄堂の「白川」。いいにおいです。開業前は企業の保養施設だったそうで、そのような趣は、階段しかない作りなどから感じられます。大人気のきりつぼのお部屋 [続きを読む]
  • つばめキッチンで懐かしのハンブルグステーキ
  • 先週、どうしても食べたくなり、「つばめグリル」のハンブルグステーキを求めて丸の内へ。最近では店舗によって、名称が違うようです。もともと銀座一丁目にあった1号店は、つばめグリルから、和牛グリルを扱う【つばめや】に、品川が今は基幹店となり、そのまま【つばめグリル】に、と、名前が色々あるようです。私が知ってるつばめグリルはこの佇まい。懐かしい。創業は1930年で、当時の特急「つばめ」にちなんだ名前だそうで [続きを読む]
  • 広島石野水産のあかもくと釜揚げちりめんは最高のスーパーフード
  • 広島の石野水産さんから、あかもくと釜揚げちりめんを頂きました石野水産さんのちりめんやちりめん煎餅を東京 銀座の広島物産館 TAUで買い求めたりと、塩辛くないここのちりめんの大ファンです。きっかけはあかもくを食べたことがないというお話から。一緒に、今月解禁になった釜揚げちりめんも一緒に送ってくださいました。あかもくといえば、今、大注目のスーパーフードで、健康や美容に最高の食品です。日持ちもしないので、急 [続きを読む]
  • 婦人画報で芦屋マモン・エ・フィーユをお取り寄せ
  • お知り合いの方が召し上がっていることを知り、わたしにも【マモン・エ・フィーユ食べたい!】病に火が着きました(笑)以前に頂いたことがあり、ものすごく美味しかったのです。京都一乗寺から芦屋に移られて、もはや遠くて買えないなー、とがっかりしていたら、婦人画報のサイトから買えることを知り、入手。来ました〜缶まで可愛い開けるとふんわり、バターの香り。ビスケットの仲間に入るようですね。少し硬めで、固さでいうと [続きを読む]
  • 門前仲町お一人様イタリアン ヴィネリア・セコンド・イルグスト
  • 毎度人気の門前仲町のイタリアンですが、今回は【お一人様】での挑戦!まずはビールで乾杯!そして、プロセッコを。オススメのポルチーニ。ちゃんとお一人様分で作ってくださるのが嬉しい自家製のパンで頂きます。真牡蛎のグラタン美味しくて痺れます続いて、次のお料理に合わせて赤。鳩のコンフィとぴったりです!美味しくて、お皿まで舐めてしまいたい!〆に真蛸のラグー オレエキッテトマトソースが絡んで最高ですほかにワイン [続きを読む]
  • 京橋完全個室頤和圓は会食に最高
  • おはようございます。今日は真面目に接待箇所案件を(笑)夏を迎えるこの時期は、打ち上げや接待など、宴会が多く続く季節。その手配に秘書や幹事さんたちなどは毎回頭を悩ますのが場所選び。もちろん、わたくしもしかり。毎回お店が違うことが鉄則です。会食は必ず「自分の舌と目で確かめたもの」を社長に勧めます。①完全個室②喫煙可能③テーブル席または堀ごたつ④近代建物か伝統格式あるお店⑤社内の役員会食は一人1万円まで⑥ [続きを読む]
  • セララバアド2017 夏のメニュー②
  • 続きましては、【夜の海】器の上に網のように被さっているのは、なんとイカスミ。パリッとしていて、口のなかでとても芳ばしいその下にはイカが。ヤリイカなのか、とにかく柔らかくて美味しい。ペアリングは【エレメンツオブライフ さくら】。笑四季酒造の実験的アプローチシリーズ。東京農大花酵母を使った優しいあじわい。【穴子 雑穀 クレソン】雑穀米のリゾットの上に穴子のフリットとクレソン、黒酢をかけたものさっぱりとし [続きを読む]
  • セララバアド2017 夏のメニュー①
  • モダンガストロノミーで有名な【セララバアド】。夏の季節のお料理はこれで2回め。すっかり橋本シェフにもスタッフにも覚えていただけるようになりました代々木上原からの行き方も覚え、歩いてお店にたどり着くまですらも楽しい。18:40に集合、19時一斉スタートですが、やはりそううまくはいきませんね(笑)まずは、シャンパン【ジャン・ド・ヴィアレ・ブリュット】とともに【イケバナ ハモン】ドウダンツツジとともに、生ハムとオ [続きを読む]
  • 東京手土産オードリーのグレイシアは毎日完売
  • 日本橋高島屋開店と同時に駆け込まないととても購入することのできない、オードリーのグレイシア。日本橋高島屋と横浜高島屋の2店舗だけしか購入できないのと、すぐ完売するので、お客様へのお土産には(特に女性)大好評の逸品。予約して買えても半月以上待たなければいけません。かわいらしいパッケージとにかくかわいくて美味しいと好評です。上にちょこんと乗ったドライいちごがまた素晴らしいアクセント。高級な【コロン】とい [続きを読む]
  • 新発売【うどんが主食】カップ讃岐風うどん
  • 可愛がっていただいている「うどんが主食」さんが監修した讃岐風うどんが6/5に発売になりました〜美食家で有名なうどんさんですが、発売から1日たちセブンイレブンに行ってみると、もうこれで完売だそう!友人たちの投稿をみても、セブンイレブンのインスタント麺最上段にこの【うどんが主食】が陳列されている=DMU(購買決定関与者)が男性に多いかもしれませんね。まさに男性顧客のゴールデンライン!せっかくですから、10個買い [続きを読む]
  • 松戸軍次屋で絶品の鰻とワイン?
  • 父と二人で夕飯は鰻。夕方開店きっかりに予約して乗り込みます。場所は松戸なのですが、連日昼夜問わず満席です。松戸老舗の鰻のたれは大正13年から。ビールと水ナスをつまみながら、やきとりと、とうもろこしのかき揚げを。鰻にあうワインも近頃はおいてあって、ワインもどんどん進みます。我が家を熟知しているお店の方々は、父が日本酒4合めを頼みはじめると焼きにはいります。いつも最高のタイミングで鰻が登場!最高に幸せで [続きを読む]
  • カレーパン味チロルチョコ実食
  • 関東では買えない、チロルチョコカレーパン味。仙台の後輩が、一箱送ってくれました皆さんに差し上げる者の義務として、食べてみました。裏面には「辛味注意」って、どんだけからいのか、カレーパンなのに(笑)カロリーメイト1/2本分開けましたよ。なんだかオシャレな模様。しかし、においが奇妙(笑)裏面はチョコうっすら。貴重な断面ショットは、サクサクパンらしくパフが入っています。食べると多分、ホワイトチョコレートをカレ [続きを読む]