Ncrafts さん プロフィール

  •  
Ncraftsさん: Low Entropy Life
ハンドル名Ncrafts さん
ブログタイトルLow Entropy Life
ブログURLhttp://ncrafts.blog48.fc2.com/
サイト紹介文自転車のあちこちを木製化。速く走るためにRaw Food。安心・安全な野菜を有機養液栽培で作ります。
自由文自転車の木を使った改良とRow Foodに取り組み健康を取り戻して、安心・安全な野菜を有機養液栽培での栽培に挑戦しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/02/20 21:54

Ncrafts さんのブログ記事

  • 支柱抜き差し道具
  • 支柱抜き差し道具今日は雨なので、園芸支柱を抜き差しする道具を作った。付け根のM6貫通ボルトが足で踏んだ力を支柱に伝えて行く重要な部品。最初はM3タッピングを使ったがすぐに緩んでしまった。 [続きを読む]
  • ビワ豊作
  • ビワ豊作今年はビワが豊作なので100枚ほど袋かけを行い、防鳥した。無農薬の菜園には鳥もたくさんやって来る。中でもヒヨドリは行儀が悪く少々の防鳥では負けてしまう。はたして袋がけはヒヨドリからビワを守ってくれるだろうか? [続きを読む]
  • タイミングギヤが曲がっていた!
  • タイミングギヤが曲がっていた!大きなタペット音の原因を探す為に、5回目のエンジン総分解を行った。細かくあちこち見て行くとクランクタイミングギヤの歯が一枚曲がっているのを発見した。このギヤはクランクに圧入されているのでクランクアセンブリ交換になるが、そこまで費用を掛けたくないのでダイヤモンドヤスリで修正した。タペット音は小さくなったので修理を終了とした。忘備録として費用を記録に残す燃料ホース [続きを読む]
  • タイミングギヤが曲がっていた!
  • タイミングギヤが曲がっていた!大きなタペット音の原因を探す為に、5回目のエンジン総分解を行った。細かくあちこち見て行くとクランクタイミングギヤの歯が一枚曲がっているのを発見した。このギヤはクランクに圧入されているのでクランクアセンブリ交換になるが、そこまで費用を掛けたくないのでダイヤモンドヤスリで修正した。タペット音は小さくなったので修理を終了とした。忘備録として費用を記録に残す燃料ホース [続きを読む]
  • クランクタイミングがずれる?
  • クランクタイミングギヤがずれる?タイミングギヤの歯欠けを直すには部品交換が良いが,30年前のエンジンなので部品が無いかも知れない。そこで販売店に部品の在庫を確認してもらい、答えがくる間にギヤの一部を手づくりしてエンジンに組み込んで見た。結果は初爆有るが持続しない。これはキャブレターから燃料が出ていないと判断しヤオクで程度の良いキャブレターを落札した。数日後、このキャブレターに変えても、やはり持続しない [続きを読む]
  • タイミングギヤ 歯欠け
  • タイミングギヤ 歯欠け昼からエンジンを降ろしてケースを割ってエンジン内部を見てみた。するとタイミングギヤの歯欠けを発見。タイミングが吸気始めなので起きている不調と一致したが部品が手に入らない。中古を扱っている農機具店に有ると良いのだが。所でこの耕運機はクランク下の遊星ギヤによって減速比を上げている。以前に生産していた途上国向け船外機と同じだ。小型船外機の推進効率を上げるにはこの構造が正解かなと思う [続きを読む]
  • イグニッションスパークテスター
  • イグニッションスパークテスター知り合いから耕運機こまめの修理を頼まれた。いじってみての結論は点火系に原因がありそうなのでイグニッションスパークテスターを作って火花を観察した所スターターを引っ張っての初期は火花が飛ぶが数回後には火花が出なくなる事が分かった。どうやらCDIの不良の様だ。ついでに修理予定の船外機F2.5の火花を観察すると放電ギャップ13mmまで快調に火花が飛んでいた。小型エンジン修理にはそれなり [続きを読む]
  • 電動蓄圧式噴霧器
  • 電動蓄圧式噴霧器柑橘類のカイガラムシの発生を抑えるにはマシン油を散布しカイガラムシを油膜で窒息させる方法がある。他の益虫への影響も少なく収穫時の黒色斑点を避けるにはどうしても省く事が出来ない。去年は義理の父が残していった蓄圧式噴霧器で1日かけて散布したが結構な重労働であった。そこで電動蓄圧式噴霧器を製作した。空気加圧ポンプは自動車のタイヤ空気入れを使い、バッテリーはドローン用のリチウムポリマー。明 [続きを読む]
  • スイスの友人ヘ
  • スイスの友人ヘスイスの友人が来日する。早春の日本を満喫して頂くと共に、スイスで待つ奥様に記念の品を渡したいと思案し思いついたのは、今年から勉強を始めた竹細工の作品。私の技量では恥ずかしいので師匠に作品を作って頂き、私は得意の木工で桐箱を作る事にした。色々あったがモダンな花器と桐箱が出来上がった、さてスイスの友人は喜んでくれるだろうか? [続きを読む]
  • ルーフラッチのリペア
  • Roof latch のリペアルーフラッチが錆びて見苦しい上に、Pop-up camperの重要部品ですのでリペアします。トレーラからラッチを外して錆びを落としてラッカー塗装し錆びの酷い角ナットをステンレスウイット1/4ナットに変えて終了。ネジが全てインチなので工具が合わなくて大変でした。beforepaintingafter [続きを読む]
  • Pop-up camperの購入
  • Pop-up camperセカンドライフを楽しむ為に「Pop-up camper」を購入しました。日本ではフォールディングトレーラと呼ばれていますが生まれ故郷の米国では親しみを込めてPop-up camperと呼ばれていますのでそう呼ぶことにします。独身時代はバイクにテントを積んでのキャップツーリングで遊び家族とは車で出掛けるオートキャップを楽しんで来ました。そしてセカンドライフではのんびりと「キャンプ」をしたいと思いPop-up camperに辿 [続きを読む]
  • 蕎麦の収穫
  • 蕎麦の収穫今年も蕎麦の収穫時期となった。10日程前に刈り取りとはざがげを行い、晴天の日を選んで脱穀作業を行う。昔の足踏み脱穀機を運んでの作業は結構な重労働。唐箕にかけ、35kgの収穫量に疲れも吹き飛ぶ。 [続きを読む]
  • 夏野菜
  • 夏野菜仕事の合間に菜園に行ってみると、巨大なキュウリとナス、孫枝に出来た西瓜など悲惨な状況。それでも全て収穫し、巨大キュウリはスライサー使ってそうめんに、西瓜はスムージーに、ナスは.........。夏の休日。 [続きを読む]
  • プラコプター
  • プラコプター小学校生と科学を楽しむ「ヤングサイエンスクラブ」。今月は講師担当なのでプラコプターを準備している。あちこちの子供科学館で定番のプラコプター、作って飛ばして見るとそう簡単には飛ばない。試作を幾つか作って傾向を探り、CADで図面を起こし正確に製作。子供達には上反角、ピッチ、翼断面の調整に専念する事で高度3mを目指してもらう。 [続きを読む]
  • 剪定枝を土に戻す
  • 剪定枝を土に戻す庭木や果樹の剪定を行うとたくさんの剪定枝が出て来る。ご近所は畑で焼却しているが私はエンジンシュレッダーで粉砕し畑に撒く。暫くすると発酵し微生物が分解し土に戻してくれる。焼却とエンジンではどちらが環境に良いのだろうか? [続きを読む]
  • 直進保持性と旋回性
  • 直進保持性と旋回性先日の試走では真っ直ぐに走ってくれなかった、それでいて旋回性が悪い。これはどう言う事なのだろうか?「ヨットの設計」を借りて勉強するとなんとなく分かった気分になったのでカヌー工房フェニックス天竜の横山さんを訪ねて相談した。ビルジキールとラダーの提案を受けたので制作に取り掛かりラダーは横山さんがセーリングカヌー用に制作した品を譲り受けた。「ヨットの設計」は堀内さんと著者のエピソード [続きを読む]
  • 回転数チェックとパドル
  • 回転数チェックとパドルインペラカット後の回転数チェックは計測が簡単なバイブレーションタコメーターで行った。少しA/Fが薄そうなのでニードルを一段リッチ側に変更しエンジンの準備は完了。古い道具がしっかり働いてくれた。昨日は船明に有るフェニックスカヌー工房にお邪魔し横山さんと雑談し合わせてパドルを譲り受けた。これでパドリングも楽しくなりそう。 [続きを読む]
  • 推進機
  • 推進機 落水の備え万が一に、本当に万が一に横転すると苦労して作った推進機が湖底に沈んでしまう。推進機はwellに差し込んであるだけだから。そこで落水防止を考えるのだが360度回転するので中々に難しい。あれこれ悩んだ末に、推進機にロープを回し船体に付けたフックにもやい結び。またハンドルに付いていた操船者が落水した時にエンジンを停止させるランヤードスイッチが使いづらいのでフロントパネルに移動させた。 [続きを読む]
  • カヌー マット
  • 復元性能を高める為には重心を下げる事が大事。今回はパドリングではなく推進機を使って走るので既存のシートを取り外し船底に座る事にした。お尻が濡れない様にマットを設置した。どうなるやら。 [続きを読む]
  • カヌースレ材
  • カヌー スレ材$300プロジェクトの推進機は浅瀬が得意なので浜に直接上陸する事が多い。するとカヌーの先端がすり減ってしまうのでアルミのスレ材を追加した。ガラスクロスとポリエステル樹脂で積層した。ついでに、直進性を改善する為に小さなキールも取り付けた。今月末に試してみる。 [続きを読む]
  • $300プロジェクト 2ndプロト
  • $300プロジェクト 2nd プロト1stプロト機からは多くの知見が得られ次のプロト機のアイデアが溢れて来ている。2ndプロトのベースエンジンを探していた所湖西マリーナの藤波さからF2.5を譲り受ける事が出来た。ドライブシャフトなどが欠品しているが$300プロジェクトには不用なので有効活用が出来そうである。白化した樹脂部品を磨いて綺麗にし次の出番に備えている。 [続きを読む]