mp1922 さん プロフィール

  •  
mp1922さん: 失われたアウラを求めて
ハンドル名mp1922 さん
ブログタイトル失われたアウラを求めて
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mp1922
サイト紹介文生演奏のすばらしさ、醍醐味を伝えることができれば、と思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供204回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2010/02/21 12:00

mp1922 さんのブログ記事

  • 4月の演奏会
  • 年度末。多忙の方も多いのでは?????3月は、6日より15日まで「花粉からの逃走」で山形県に帰省をしたせいか?3年目の「1日2食」健康法のせいか?、年を取ったせいか?水のような鼻水もなく、目が多少痒い程度の症状ですんでいます。4月は、オペラ(演奏会形式を含む)が3つ。秋の新国立劇場の予習を兼ねて、4日には、上野で『神々の黄昏』をチクルス始めての鑑賞予定。あとは、実演機会の少ないドヴォルザークの交響曲第7番が [続きを読む]
  • アッシャー・フィッシュ指揮のリストなど
  • ●3月25日(土曜日)14:00より、渋谷の文化村オーチャードホールにて、新日本フィル定期演奏会●①ベートーヴェン:バレエ音楽『プロメテウスの創造物』 op.43 序曲②シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.47*  ★ヴァイオリン:サラ・チャン③リスト:交響詩『前奏曲(レ・プレリュード)』 S97④リスト:交響詩『マゼッパ』 S100★ちょっと不思議なプログラムでもある。指揮者のアッシャー・フィッシュは初めて聴く。今年の [続きを読む]
  • 新国立劇場のオペラ:『ルチア』
  • ●3月23日、木曜日、14時より、休憩2回で、終了は5時20分頃●◆演出:ジャン=ルイ・グリンダ◆指揮:ジャンパオロ・ビザンティ◆美術:リディ・サブーンギ◆衣裳:ヨルゲ・ヤーラ◆照明:ローラン・カスタン◆舞台監督:村田健輔●ルチア:オルガ・ペレチャッコ=マリオッティ●エドガルド:イスマエル・ジョルディ●エンリーコ:アルトゥール・ルチンスキー●ライモンド:妻屋秀和●アルトゥーロ:小原啓楼●アリーサ:小林由佳●ノル [続きを読む]
  • 聴き比べ:ベルリオーズの《幻想交響曲》 (その4)
  • ●2月のダニエーレ・ルスティオーニ指揮の演奏会前に聴いておいたものです。今回は、大編成オケによる演奏2種と、古楽器による演奏2種。⑳インバル指揮:フランクフルト放送交響楽団 ★1987年9月24〜25日録音ベルリオーズ:幻想交響曲/レリオ [CD]インバル(エリアフ)コロムビアミュージックエンタテインメント2003-03-26ベルリオーズ:《幻想交響曲》《レリオ》 [CD]インバル(エリアフ)日本コロムビア1999-02-20①15:52②06:33③1 [続きを読む]
  • 聴き比べ:マーラーの交響曲第6番 (その5)
  • 2月、パーヴォ・ヤルヴィ指揮の演奏会前に聴いておいたものです。⑱ハイティンク指揮:コンセルトヘボウ管弦楽団 ★1969年1月29日〜2月2日録音ブラームス、ブルックナー、マーラー:交響曲全集 23枚組 [CD]ベルナルド・ハイティンク指揮、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団、他UNIVERSAL ITALY2013-10-25①22:05②13:16③15:42④29:36★手堅い正攻法でバランス良好。終楽章はともかく、どちらかと言えば、全体的に穏や [続きを読む]
  • 2月に読んだ本、観た映画
  • 積ん読、兼拾い読みが多くて、通読した本は少ない。薔薇の名前〈下〉 [単行本]ウンベルト エーコ東京創元社1990-02★だいぶ昔ですが、世界的なベストセラーになった理由もよく分かる。構成も込み入っており興味深く、内容もサスペンス風なせいもあり、非常に面白い。ロジャー・ベーコンやトマス・アクィナス、中世のキリスト教や時代背景に多くの知識があれば、さらに面白いのでしょうが・・・・・・当然ながら、映画の何倍も原作 [続きを読む]
  • 3月の演奏会
  • 2月もおしまい。日没もだいぶ遅くなり、春ももうすぐそこ。ただし、小生のような花粉症の人には一年で最悪の季節。プチ「引きこもり」状態の時期到来 。3月の第2週からは花粉から逃避し、山形県寒河江市に帰省予定。「1日2食」で 腸内環境がよくなり、花粉症も治る、という俗説を信じて3年め。初年は症状がかなり軽くなったので、「これは行けるかな」とも感じましたが、今現在すでに目がかゆい。昨年もそれほどひどくはなかったも [続きを読む]
  • アントニ・ヴィット指揮のポーランド音楽
  • ●2月24日、金曜日、19時より、すみだトリフォニーホールにて、新日本フィル定期演奏会●①モニューシュコ:歌劇『パリア』序曲②ショパン:ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 op.11*★ピアノ:クシシュトフ・ヤブウォンスキ*③シマノフスキ:交響曲第2番 変ロ長調 op.19★オール・ポーランド作品で②以外は、演奏機会も少なく、かなり珍しい。指揮者はおそらく初めて聴く。2016年10月、地方オケに客演していた上、たまたまミッシェル・プ [続きを読む]
  • パーヴォ・ヤルヴィ指揮のマーラー:交響曲第6番
  • ●2月23日(木) 3:00pm より、横浜みなとみらい大ホールにて、N響横浜スペシャル演奏会●①武満徹:弦楽のためのレクイエム(1957)②マーラー:交響曲第6番平日昼間の演奏会。小生も完全自営業者となり、7年目に入りました。以前もブログに書きましたが、時間だけは、ほとんど自由。(2010年の9月11日からなので、ちょうど大震災の半年前から。)言うのも多少気が引けますが、目覚まし時計を使用しなくなって6年以上。さいたま市 [続きを読む]
  • 聴き比べ:ブルックナーの交響曲第8番 (その3)
  • ⑩マタチッチ指揮:N響   ★1984年3月7日ライブ録音ブルックナー:交響曲 第8番 / ベートーヴェン:交響曲 第2番&第7番 マタチッチ指揮 NHK交響楽団( XRCD) [CD]ロヴロ・フォン・マタチッチ/NHK交響楽団財団法人日本伝統文化振興財団2011-07-05ブルックナー:交響曲第8番 [CD]ロヴロ・フォン・マタチッチ日本コロムビア2011-03-23①13:54②14:36③25:16④19:46★速めのテンポ。重厚感があり骨太。マタチッチ(1899〜1985)晩年 [続きを読む]
  • 聴き比べ:ブルックナーの交響曲第5番 (その4)
  • ●1月の小泉和裕指揮の実演前に聴いておいたものです。⑫ヨッフム指揮:コンセルトヘボウ管弦楽団   ★1964年5月30、31日オットーボイレンのベネディクト修道院でのライブ録音交響曲第5番変ロ長調 [CD]アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団マーキュリー・ミュージックエンタテインメント1990-01-25ブルックナー:交響曲第5番 [CD]オイゲン・ヨッフム、RCOインディペンデントレーベル2014-08-03①20:54②18:55③12:42④23 [続きを読む]
  • 1月に読んだ本、観た映画
  • 1月は、演奏会も比較的少なく、そこそこ映画も観ることができました。反音楽史―さらば、ベートーヴェン (新潮文庫) [文庫]石井 宏新潮社2010-09-29★この本は非常に面白い。 パリでのロッシーニと若き日のワーグナーの会話は読んだ記憶があるので、あれ??と感じましたが、別の本で同じ内容を読んだか?。日本人が当たり前と思っている「クラシック音楽」は、元来イタリア(の「歌」)にあるのであり、バッハ、モーツァルト、ベ [続きを読む]