株式会社Webの間 さん プロフィール

  •  
株式会社Webの間さん: クローラビリティとSEO
ハンドル名株式会社Webの間 さん
ブログタイトルクローラビリティとSEO
ブログURLhttps://www.web-ma.co.jp/column/
サイト紹介文上場企業でSEO・Webサイト構築実績多数。クローラビリティ最適化、クローラー解析ツールを提供。
自由文[Webセカンドオピニオン]
現在のWeb施策効果について専門家としての意見を述べます。主に以下について見解を提出します。
・SEM
・SEO
・クローラビリティ
[SEO]
・SEOコンサル
・SEO内部対策
・ロングテールSEO
[クローラビリティ]
・クローラー解析ツールの提供
・クローラー最適化対策
・PageSpeed Insights対策

https://www.web-ma.co.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 189日(平均3.3回/週) - 参加 2010/02/24 12:27

株式会社Webの間 さんのブログ記事

  • Yahoo!リアルタイム検索が自然検索の結果で表示されていること
  • 先ほど検索結果を見ていたところ、妙に気になるものが検索結果にありました。それがこちらです。「お部屋探し」の検索結果2ページ目です。Yahoo!リアルタイム検索の検索結果です。確かにYahoo!リアルタイム検索はSNS上での盛り上がりを調査するのに使うことはありますが、自分が検索した意図とは違います。さすがにリアルタイム検索での検索結果を見せられても困ってしまいます。少なくとも私は。▼Yahoo!リアルタイム検索https:// [続きを読む]
  • 2017年1月のクローラーランキング(アクセス数ベスト10)
  • 2017年最初のクローラーアクセス数ランキングの発表です。2017年1月は51種類のクローラーの巡回がありました。[1位]Googlebot(Google ウェブ検索)/633セッション(前回1位:667セッション、▲約5.10%)2017年1月も1位はウェブ検索用のGooglebotでした。平均セッション時間は2分26秒です。[2位]Googlebot(Google スマートフォン)/474セッション(前回2位:452セッション、△約4.87%)2位はスマートフォン用Googlebot。 [続きを読む]
  • HTML5とSEO分析、検索順位が上がるのは本当か?
  • HTML5だからSEOに強い、順位が上がる訳ではないという話はよく耳にします。確かにHTML言語の種類とコンテンツの中身は別物です。なので「HTML5だから良い」「HTML4だからダメ」「XHTMLはダメなのか」とはならないでしょう。しかし、本当にそうなのでしょうか?個人の主観ではありますが、HTML5の方が順位アップに繋がる印象があります。そう感じるポイントをいくつか考えてみました。HTMLタグの種類が豊富である今時TABLEコーディ [続きを読む]
  • [HP制作実績]ゆりはなドッグラン様(埼玉県狭山市)
  • ゆりはなドッグラン様のリニューアル事例埼玉県狭山市でドッグランを運営しています。ゆりはなドッグランは埼玉県狭山市近郊では初めての老舗ドッグランです。今回ゆりはなドッグランのホームページ担当の田島さんにホームページリニューアルについてお話を伺いました。ゆりはなドッグランホームページとしての役割を担っていなかった(リニューアルをしようと考えたきっかけは何でしょうか?)ホームページ自体は前からありました [続きを読む]
  • Google Analyticsのページ解析レポートが削除されます
  • 使っている人はいるのでしょうか? Google Analyticseにはウェブページの遷移状況をビューワーでチェックできる「ページ解析」という機能があります。見ている分には楽しいのですが、何となくの分析で終わってしまいそうな印象がある機能です。解析のため、というよりもクライアントへの報告としての方が使いやすいね。ページ解析レポートはGoogle Analyticsの「行動 > ページ解析」にあります。当コラムは外部サイトからのifra [続きを読む]
  • .htaccessで外部サイトからiframeを拒否する方法
  • 世の中にはWebクローリング&Webスクレイピングするサービスもあります。弊社サイトもそういったサービスからのクローリングがあり、データベースに掲載されました。その情報が古かったりしていてちょっと困っています。しかし、最新の状態に保つにはマメにクロールしないといけません。正直どちらも嫌なのでクローラー対策は必須だと実感しています。外部サイトからのiframeを許容するか否かiframeを使うことで別のHTMLを呼び出し [続きを読む]