hn さん プロフィール

  •  
hnさん: よくある子供の病気と対処法
ハンドル名hn さん
ブログタイトルよくある子供の病気と対処法
ブログURLhttp://kodomo.kmayct.com/
サイト紹介文子供・赤ちゃんのよくある病気の知識、症状と原因の解説や、知っておきたい対処法をお伝えしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2010/02/24 22:25

hn さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 子供の歯が生えないとき
  • 子供の歯が生えないとき■乳歯が生えてこないとき乳歯の生え方には個人差がありますが、標準的な生える順序と生え始める時期は以下のように考えられています。? 下顎の前歯  生後6ヶ月〜9ヶ月? 上顎の前歯  生後9ヶ月〜10ヶ月? 第一乳臼歯  1歳2ヶ月〜6ヶ月? 乳犬歯    1歳9ヶ月〜2歳頃? 第二乳臼歯  2歳6ヶ月頃そして、3歳頃には乳歯がすべて生え揃うとされています。しかし、これはあくまでも統計上から得られ [続きを読む]
  • 子供の予防接種後の副作用(副反応)
  • 子供の予防接種後の副作用(副反応)子供の予防接種については、副作用を心配する声が少なくありません。ここでは、日本小児科学会が乳幼児期に接種することを推奨している各種ワクチンに関して、これまでに確認されている副作用を紹介します。なお、〈 〉内の「生」は生きている病原体を使用した生ワクチンのこと、「不活化」は死んだ病原体やその一部を使用した不活化ワクチンのことです。不活化ワクチンは生ワクチンよりも副作 [続きを読む]
  • 子供の顔色が悪いとき
  • 子供の顔色が悪いとき顔色は、子供の健康状態を知るための一番のバロメーターです。高熱が出たときには顔が真っ赤になることがありますが、発熱のような明らかな症状がなくても、顔が「青白い」・「土色(茶色)」・「黄色」などに見えるときは、何か病気にかかっているのではないかとか、不健康な状態なのではないかと気を配ってあげることが出来ます。子供の顔色を見て心配になったときは、まず掛かりつけの小児科医に相談しまし [続きを読む]
  • 子供の頭髪が抜ける 脱毛から考えられる病気
  • 子供の頭髪が抜ける 脱毛から考えられる病気頭髪が異常に抜けて頭皮が露出する現象を、一般に脱毛症と総称します。これは、大人だけでなく、子供にも多く見られる疾患です。ここでは、乳幼児を含めた子供に多い脱毛症を紹介します。■円形脱毛症 【症状】頭髪が円形に脱毛する。脱毛部分の直径は数cm程度で、円の内側の毛髪はすべて抜けて頭皮がきれいに露出し、周囲の頭髪の生え際がはっきりとしている。乳児期から見られる身近 [続きを読む]
  • 子供が痒みで眠れないとき
  • 子供が痒みで眠れないとき子供の痒みは、大人のように乾性肌やストレスが原因ということは稀ですが、虫刺されやあせも・かぶれ・じんましんなど各種の皮膚炎が原因となります。しかし、それらが原因の痒みは基本的に一過性のものであり、市販の痒み止めの外用薬(液体・軟膏・乳液・クリーム)を患部に塗布することで軽減・解消することができます。ただし、薬の効能書をよく読んで、痒みの原因に対して効果のあるものを適正に使用 [続きを読む]
  • 赤ちゃんが母乳・ミルクを飲まないとき
  • 赤ちゃんが母乳・ミルクを飲まないとき赤ちゃんの飲む母乳・ミルクの量が、「母子健康手帳」などに記載されている標準摂取量よりも少ないと、お母さんは心配になるかもしれません。赤ちゃんの飲む量が少なく、しかも元気がないようでしたら、心配するのは当然のことです。しかし、1回や1日の平均的な摂取量には個人差があり、日によっても変化しますので、標準摂取量と大きな開きがあることは、ごく普通に見られることです。母乳・ [続きを読む]
  • 赤ちゃんが離乳食を食べないとき
  • 赤ちゃんが離乳食を食べないとき赤ちゃんが離乳食を食べないのは、離乳食を口にする条件がまだ整っていないことが原因と思われます。離乳食の開始時期は、一般に生後5ヶ月から7ヶ月頃とされており、相当に個人差があります。赤ちゃんにも個性があり、発育の度合いもそれぞれに異なります。その条件が整う時期も、当然異なります。赤ちゃんが離乳食を口にする条件としてまず大切なことは、スプーンなどを口に入れても、それを舌で押 [続きを読む]
  • 子供が鼻づまりで眠れないとき
  • 子供が鼻づまりで眠れないとき■ 赤ちゃんは口呼吸が苦手です子供が鼻づまりで眠れないという現象は、乳児(1歳未満)から1歳半くらいにかけて見られます。乳児から1歳半くらいまでの間、赤ちゃんは口呼吸をせず、ほとんど鼻呼吸だけをしています。授乳のときにも、母親の乳房や哺乳ビンの乳首から口を外さずに、母乳やミルクを飲み続けることができます。これは、赤ちゃんの呼吸がほとんど鼻呼吸に頼っているためです。しかし、1 [続きを読む]
  • 子供が咳で眠れないとき
  • 子供が咳で眠れないとき風邪をはじめとする呼吸器系の感染症にかかると、最初は「コンコン」という乾いた咳が出ることもありますが、やがて痰の絡んだ湿った咳が出るようになります。風邪の場合、そのころには発熱も始まり、悪寒(寒気)や鼻水といった症状もはっきりしてくることでしょう。子供が風邪などにかかって咳が激しいときや、治りかけでも咳が続いている場合などは、しつこい咳のために夜も眠れないことがよくあります。 [続きを読む]
  • 子供が熱で眠れないとき
  • 子供が熱で眠れないとき子供が発熱したときの対処法については前掲の「子供の発熱 家庭での対処法」にて紹介しましたが、ここでは、発熱によって眠れないときの対処法について、より詳しく説明します。子供が38℃以上の高熱を出していて、なかなか寝付かないときでも、特につらい様子が見られなければ心配する必要はありません。単に目が冴えているだけですから、あえて寝かし付けようとする必要もありません。しかし、顔が真っ赤 [続きを読む]
  • 子供のあざが消えないとき
  • 子供のあざが消えないとき打ち身などで内出血したときにできるあざ(痣)を、一般に青あざと言います。先天的なあざは自然に消滅することがありませんが、後天的にできた青あざは一般に数日程度の短い期間で薄くなり、やがてきれいに消えてしまいます。それは、内出血した組織に白血球の一種であるマクロファージというアメーバ状の細胞が集中して、死んだ細胞や変性物質を捕食し消化してくれるからです。そのとき、血管や毛細血管 [続きを読む]
  • 子供のあざから考えられる病気
  • 子供のあざから考えられる病気あざ(痣)は、色素細胞の異常増殖や内出血によって現れる皮膚の変色のことです。医学的には、ほくろ・そばかすや母斑と呼ばれる各種の皮膚の奇形現象もあざの一種とされていますが、ここでは、打ち身などの外傷でできる青あざ(内出血による紫斑)と同様の病変が現れる病気について紹介します。■突発性血小板減少性紫斑病 【症状】青あざ(紫斑)、赤または紫色の小さな斑点、鼻血や歯茎の出血など [続きを読む]
  • 子供の耳垢がベタベタしている
  • 子供の耳垢がベタベタしているベタベタした耳垢は病気ではありません!耳垢(みみあか)には、乾いた皮膚が剥離したように見えるカサカサの乾性耳垢(かんせいじこう)と湿り気があってべたつく感じのする湿性耳垢(しっせいじこう)の2種類があります。この耳垢の違いは遺伝的性質であり、人種・民族や地域によって乾性耳垢と湿性耳垢の割合が異なっています。日本人の場合は、全体の約16%の人が湿性耳垢だと言われていますが、 [続きを読む]
  • 子供の体臭の原因と考えられる病気
  • 子供の体臭の原因と考えられる病気体臭には、大別して、皮膚にある分泌腺から特有の強い臭いを持つ物質が分泌されて発生するものと、分泌物が皮膚の常在菌に分解されて臭いを発生するものがあります。子供の体臭は、通常、後者の常在菌が関与するケースです。いずれの場合も人体が本来備えている特徴であり、体臭自体を病気のように見なすべきではありませんが、臭いが強い場合などは病気と同様に治療の対象となります。また、ある [続きを読む]
  • 子供の体毛・むだ毛の悩みと処理法
  • 子供の体毛・むだ毛の悩みと処理法子供の顔や腕・脚・背中などの体毛が非常に濃いケースは、乳児のときから見られるようです。しかし、乳児期から3歳くらいまでは、性別を問わず気にする必要はありません。その後の成長過程で体毛の濃さは確実に変化しますし、子供自身がそれを気にしているとも思われませんので、親が殊更に心配する必要はありません。しかし、女の子の場合、幼稚園に入園するころからは、本人が毛深いことを気に [続きを読む]
  • 過去の記事 …