メガネのエルピス さん プロフィール

  •  
メガネのエルピスさん: 秋田県横手市メガネのエルピス
ハンドル名メガネのエルピス さん
ブログタイトル秋田県横手市メガネのエルピス
ブログURLhttp://ameblo.jp/erpisr9dionnejp/
サイト紹介文秋田県横手市で目から来る肩こり頭痛眼精疲労めまい等でお困りの方の為の体に優しいメガネをお届けします。
自由文秋田県横手市のメガネのエルピス店主が、合わないメガネや眼精疲労、肩こり、頭痛、めまい等でお困りの方の手助けとなるメガネ創りを目指して、日々接しているお客様との出会いや解決例などを書いております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供332回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2010/02/25 01:49

メガネのエルピス さんのブログ記事

  • 絞り込んで見る癖のある方は、ご注意!
  • 運転用メガネをと来店された方でした。 60代前半で 遠方用メガネは初めてという方でした。 裸眼視力は0.8 但し、絞り込んで見ての視力でした。 力を抜いてと申し上げると 0.5の視力でした。 眼位、外斜位 輻輳近点 8センチ0.25の上下斜位 測定させていただくとミックス倒乱視と老視 でも、 問題は 水晶体の歪みです。 角膜乱視以上の乱視状態でした。 これは、絞り込んで見る癖の方の 特徴で 目とカラダに負担をかけて [続きを読む]
  • 視力はよい でも 疲れる???
  • 60代半ばの方が 奥様のメガネを求めて同伴されました。 奥様のメガネの測定が終わってからの 会話に中で 「私は、昔から目はいい。それは自信がある でも、最近疲れるんです。 どうしてなんでしょうかね?」 「まず、測定してみましょう。」と 測定をしてみたら 遠視性単性倒乱視それも強度に近い そして年齢からくる老視 遠くも近くも メガネなしで ある程度見える でも どちらも 眼筋をフル活動して見る癖が おありでした。 今 [続きを読む]
  • 見えにくい、疲れる その原因は・・・
  • 50KM先からの わざわざのご来店のお客様でした。 「6年以上前に他店で求めたメガネが 合わなくて、疲れるので・・・」と来店された方でした。 お調べすると 遠視ですが外斜位でした。 おまけに 遠視の弱矯正倒乱視の未矯正 老視の進行と トリプルで目と体に 負担をかけておられる状態でした。 遠近両用でも 今までは弱矯正でしたので 揺れやゆがみが少ないのですが (それでも、最初は揺れ、歪みを強く感じて しばらく掛けていな [続きを読む]
  • 変化した上下斜位
  • 5年前に パソコン用メガネとして 4プリズム外斜位と2.5プリズムの上下斜位のメガネを 購入された方が来店された。 来店時は プリズムなしの運転用メガネで メガネをずりさげた装用状態でした。 その状態での矯正視力と 眼位を確認すると3プリズムベースインで 上下斜位なしでした。 今回は 予算の関係上と 運手時用のメガネでしたので 装用状態を考慮した ポイントでの製作とさせていただきました。 それにしても メガネがさ [続きを読む]
  • どうして 論理に考えれないの?
  • 「順序立てて話しているのに どうして、解らないんだろう?と ずーと、思っていました。」とはお母さんの言葉でした。 通級にも通っていたんですが 学校の先生に 「この子供さんは 論理的に考えるのが苦手です。」と言われたそうです。 「でも その結果だけで それに対する対処法は教えてくれなかった。」と お母さんの言葉でした。 拝見させていただくと 右脳的、イメージ的に物事をとらえる 思考パターンの生徒さんでした。 ビジ [続きを読む]
  • 受験生、眼が辛い・・・
  • 受験生の方が来店 「勉強していると時々、 見ているのが辛くなるときがあります。」 眼位は、 間歇性外斜視輻輳近点 15センチ 測定していくと右目 が間歇性抑制 これでは 受験勉強は辛いですね。 そこで輻輳を助ける度数を装用して 確認したら 「この方が楽です。」とおっしゃっていたので 今回は 上記と 倒乱視を入れた 受験勉強応援メガネを作らせていただくこととなりました。 ファイト! [続きを読む]
  • 長年の 肩こりと頭痛の原因が解かりました・・・
  • 20代後半のお客様でした。 「長年の 辛い 肩こりと頭痛の原因は そういうことだったんですね。」と納得されたようでした。 眼位が大きな外斜位 そして斜乱視もございました。 ベースインを入れた度数での装用は 付けたときは、よいのですが 時間が経つと 違和感が大きく感じて装用続けれない状態でした。 今回は、 乱視の違和感(階段での)は時間とともに 慣れてくるはずですので 自宅限定で使用していただくこととなりました。 [続きを読む]
  • メガネ屋も医者も 人の不幸で生きている?
  • 最近の独り言です。 ある先生が言った言葉です。 「メガネ屋も医者も人の不幸で生きている。」 「それで、いいのか?」と問われました。 「健康な人には 医者はいらない。いるのは病人である。」 同じことで 「見える人には、メガネはいらないいるのは、見えない人である。」 病気を治す、治療も大切ですが 病気にならないようにすることがもっと大切なように、 見えない人を見るようにすることよりも 見えなくならないようにする [続きを読む]
  • 左右の像の大きさが変わった???
  • 仙台の東北大学の眼科さんで 網膜剥離の手術を なさった70代半ばの方が 「他店で、いろいろ作ったがどうしても しっくりしないので来店しました。」と おしゃってのご来店でした。 「左右の像の大きさが、違って見えにくくてしかたがない。」 測定結果は、 手術をした方がミックス倒乱視 1.0 手術しない方が近視性複性倒乱視 0.6 両目で 1.0強それぞれ 矯正視力でした。 眼位が 裸眼では 3プリズム 間歇性外斜視輻輳近点1 [続きを読む]
  • 左右の目の遠近感が違う???
  • 硝子体出血で 眼科さんに通院されて 先ず、内服液次に硝子体注射 さらに、レーザー治療をなさった方が 周囲がギザギザ 左右の目の 遠近感の違いを訴えられます。 黄斑部の病気ですから 視力が出ず、 矯正視力が0・6です。 40代半ばですが 老視の症状と水晶体の歪みも 見受けられます。 近視ですが 眼位が内斜位状態です。 様々なストレスもおありのようでした。 先ず、 セカンドオピニオンを進めさせていただきました。 もうひと [続きを読む]
  • 見えていないけど メガネなし生活・・・・
  • 「運転免許の更新日が近いので 万が一の為に準備しておきたくて・・・」と 来店されたお客様でした。 早速 お調べさせていただくと 右 0.4j弱左 0.4両目 0.4強 今お持ちのメガネ装用で 両目で 0.5 普段は、メガネに違和感があって 掛けておられないとのこと。 測定させていただくと 交互抑制の目でした。 眼位は 明らかに外斜位 でも、本人には内斜位的動きとして 感じていました。 度数は、混合性強度倒乱視でした。 [続きを読む]
  • 突然ダブって見えてきた!!
  • 「2年ほど前に 突然ダブって見えてきたので 眼科さんに飛びこんだら 脳外科を紹介されて 治療し手術をしました。」という方が 「今のメガネは、手術前に作ったメガネの為か 見えにくいので作りなおしたい。」と来店されました。 脳の手術のこともあり 眼筋の動きを確認させていただくと 右目の動きが固い? 眼位は、 右が間欠性外斜視左外斜位 輻輳近点 8センチ 測定させていただくと 右目 近視性複性強度直乱視 左目 近視性複 [続きを読む]
  • 白内障の手術がきっかけ???
  • 免許更新用メガネを求めてのご来店でした。 3年前に 左目の白内障の手術をされたのですが 最近、その左目が見えにくくなったとこと。 視力は、0.4しかありません。 手術をしない右目は、0.2 測定していて気になったのは 左右の眼位の上下のずれでした。 これでは、両眼視(左右の目が助けあう)をしておりせん。 この現象は、手術前からあったのか?? 視力のアップや遠近感に影響が大きいです。 手術前に気をつけたいこと [続きを読む]
  • その頭痛はパソコンが原因????
  • 慢性的肩こり、頭痛、腰痛の方が メガネを新調の為来店されました。 「長年 医療事務をして パソコンとにらめっこの毎日だったが 2年前に退職をしたら それまで 慢性的な肩こりと頭痛持ちだったのが 肩こりは、ほとんど自覚しなくなった。 ただ、時々 頭痛はしますが・・・・」とおっしゃる方でした。 測定させていただくと 先ず、輻輳力が弱い方 近方時には調節負担が大きい 上下斜位がある。 水晶体に 歪み?らしきものが見受け [続きを読む]
  • 肩こり、頭痛、目の奥の痛みその原因とは
  • 毎日のパソコンでの作業で 強い肩こり、頭痛、 時々目の奥の痛みを 訴えてのご来店でした。 接骨院に行った時は一時的に良くなるが すぐ、元の状態になる生活を 4年間頑張ってこられた 20代半ばの方からのご相談でした。 測定の結果 間欠性外斜視と上下斜位からくる 眼精疲労の疑いの強い方でした。 よって 通常使用のメガネは、上記の眼位を考慮した 調節サポートレンズをご使用いただき もう一本は パソコン専用のメガネこれも、 [続きを読む]
  • 長年メガネが合わなかった原因とは
  • 本日の事例です。 今まで使っていたメガネ「どこか合わない。でも どこのメガネ屋さんに行っても 同じだった。」とおっしゃる方でした。 原因をいろいろヒアリングして目を拝見させていただき 「もしかして、首を痛めたことがありませんか?」と お聞きしたら 「18年前に事故で脊髄を痛めたことがあります。」とのこと。 「断定は、できませんがそれが原因かもしれません。 目に、その兆候があらわれています。 それを和らげるメガ [続きを読む]
  • その頭痛 目が原因でした・・・・
  • 本日の事例です 本当に一ヶ月ぶり以上の投稿になります。 5月初めに来店されたお客様です。 肩こり、頭痛が酷くて頭痛外来に通院して頭痛薬を処方していただき 服用されておられた方でした。 お仕事の関係でメガネをお渡ししたのが 5月中旬でした。 間欠性外斜視と不安定な状態の上下斜位の持ち主でした。 お作りしたメガネの使用方法と対処法をお伝えして 様子をみることにしておりました。 本日、 その後の状態の 確認をさせてい [続きを読む]
  • 頭痛の原因は、メガネでした。
  • 本日の事例です。 当店から70KMほど離れたところから ご紹介でメガネを購入された方が アフターチェックに 来店されておっしゃったことが 「頭痛の原因は、やっぱりメガネでした。」という言葉でした。 お客様は つい3か月前に 他店で メガネを購入されたばかりでしたが そのメガネを掛けていると 頭が痛くなってきたそうです。 そんなとき、 友人から当店を紹介されて 来店くださった方です。 3か月前も見えにくくなって 新し [続きを読む]
  • その頭痛 目が原因かも・・・・
  • 本日の事例です。 高校3年(受験生)が新しいメガネをと 来店されました。 「今、使用中のメガネでも見え方に不便はないが 確認のため、測定してもらいたい。」とのことでした。 確かに、 メガネ装用で、1.0の視力がありました。 「念のため、もう少し 詳しく測定してみましょう。」と申し上げて 測定したみたら 調節緊張状態で輻輳力が弱い方でした。 「実は、以前から 頭痛に悩んでいたんです。」と お母さんからの言葉が [続きを読む]
  • ものすごい強度乱視の方が・・・・
  • 本日の事例です。 久しぶりに 超強度の乱視の方が来店されました。 事故車をレッカーするお仕事の方 測定して見てビックリ!! 右の乱視が -6.50D(ディオプトリー)屈折率を表す単位です。 左は-7.75D しかも 右は全体の乱視が角膜の乱視と同じですが 左は、 なんと角膜乱視が -1.00Dしかないのに その7.5倍が全体の乱視です。 これほどの違いは久しぶりです。 常に絞りに絞って見る癖が この乱視を生んだようです。 おまけに [続きを読む]
  • 辛い肩こり、頭痛が目が原因だった・・・
  • 本日の事例です。 辛い肩こり、頭痛に悩んでいた 60代後半の方でした。 辛さが酷いときは 頭痛外来を受診され 服薬をなさっていたそうです。 測定させていただくと 中度近視性複性倒乱視 間欠性外斜視輻輳近点が20? 上下斜位でした。 常に絞って見る習慣の強い方で 水晶体に歪みがあるように 見受けられる状態でした。 これらのことから この絞り込む癖を緩めてあげました。 すると 「肩のあたりが楽になって肩の力が抜けてい [続きを読む]
  • ビジョントレーニングの効果が・・・
  • 本日の事例です。 ビジョントレーニングに通っている 中学2年生の生徒さんです。 来店時は、 左右差が極端に違う状態でしたので 両眼視していない状態でした。 最初に受診した眼科では 両目で 1.0見えてるから もうしばらく様子を見ましょうと 言われていた。 でも、 明らかに、立体視できていないことから 距離感がとれてない、 黒板からの板書が遅い ボール競技苦手などなど 様々な不都合があった。 そこで 受診のアドバイスを [続きを読む]
  • 視力低下原因への対処が大切なのですが・・・・??
  • 本日の事例です。 30代後半のお客様でした。 視力は、メガネ装用で1.2 調節力は、10代くらい素晴らしい力が ある方でした。 良く見えるメガネに度数がアップしても 一切違和感がなく快適に見えると おっしゃいました。 でも、気になったのです。 視力も視機能でも問題ないように見えます。 でも、 水晶体を動かす眼筋が強いことからくる 水晶体の歪み?が出ていました。 ところが、 ご本人には 肩こり、頭痛などの 自覚症状 [続きを読む]
  • 深視力だめだった他の理由
  • 本日の事例です。 もうすぐ80歳になられる方でした。 免許更新で 視力が足りないと来店されました。 今お使いのメガネは16年前のもの そのメガネで 目を絞り込んで見ていたようでした。 そのため、視力も出にくくなり 深視力もだめだったようです。 度数を確認させていただくと ミックス強度倒乱視でした。 乱視の弱矯正状態だったことが 今回、 深視力がだめだった理由でした。 [続きを読む]