風の吹くまま西東 さん プロフィール

  •  
風の吹くまま西東さん: 風来坊参男坊
ハンドル名風の吹くまま西東 さん
ブログタイトル風来坊参男坊
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kabatakeikichi
サイト紹介文ボケ防止の日記、備忘録も兼ねている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供299回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2010/02/25 09:01

風の吹くまま西東 さんのブログ記事

  • 男性が輝く社会
  • 亭主は家を出ずれば七人の敵あり、故に女房は内助の功に徹すべし。戦前の家族の価値観だったのだろうと想像する。敗戦で西洋思想が大和魂を凌駕し、欧米の紳士が淑女を優先して丁重に扱う文化に蹂躙され、ようやく完成した。曰く、女性が輝く社会、首相夫人、都知事や防衛大臣など大活躍。女性優先思想の由来を最近知った。家を出れば野獣に遭遇する狩猟民族男性は怖気好き、女性を盾にするのがレディーファースト。艱難辛苦の悲哀 [続きを読む]
  • 忖度は八百屋の長兵衛
  • 総理大臣の女房が輝く森友学園事件でソンタクなる単語が脚光を浴びている。漢字にすると忖度、鉄道駅なら難読に分類されるだろう。意味は他人の気持をおしはかること。連想する行動原理は、内助の功、ごますり、八百長などである。美徳、悪徳、如何様にも解釈できる極めて日本的な言葉、青少年の目標たるべき相撲道では八百長は悪徳であるが、大人の娯楽のプロレスは見え見えの奇想天外の八百長が美徳になる。我欲を絶滅させた高僧 [続きを読む]
  • 老人の老婆心
  • 老人は生甲斐として毎日ネットのブログに投稿すると決めた。昨日は投稿したと思い込んでいたが、勘違いだった。あの野郎、ついにボケ老人になったとの幻聴が聞こえる。痴呆症を発症した不安を覚えるが、一念発起、名誉挽回、連続投稿する。老人は世間を悲観的に俯瞰するのが特性なのだろうか。ドラゴンズ、また連敗だろう。一昨日と昨日と、また負け戦、深酒して早々に就寝、草木も眠る丑三つ時に起床、ネットで結果検索、何と一昨 [続きを読む]
  • 老人ボケと痴呆症
  • 女房の高校時代の親友の旦那が彦根の故郷から安城の自宅に帰宅の途中、名神と北陸自動車道の分岐を間違えUターンして高速道路を逆走し、人身事故なら危険運転致死傷罪で懲役の刑事、免許取り消しの行政処分であるが、滋賀県警察本部高速道路交通警察隊に捕まり、進行性アルツハイマーと診断され自主的に免許を返納した話を聞いた。四年間で一時停止違反二回、20キロ未満の速度超過一回、右折禁止違反一回で警察署に指摘され反則 [続きを読む]
  • 極論の危機
  • 世間には一神教、多神教、無神論があり、社会体制に置き換えると資本、社会、共産の主義、方針、建前、信条、路線になるのだろう。資本と共産の冷戦構造が崩壊し、人間社会に関心が向かう時代は平和だった。米国のトランプが国際社会を無視して自国の保護に向かい、朝鮮民主主義人民共和国のキム・ジョンウンが人民を無視し民主を独裁に置き換え米国を敵対視するから冷戦どころか灼熱地獄の戦いが始まる危機に直面している。左右の [続きを読む]
  • 自然は教師
  • 乙川河畔の河津、岡崎城の染井吉野、秋が来て冬が過ぎ、春になると桜が満開になる。四季のある祖国は素晴らしい。高遠小彼岸桜見物は長年の夢だったが、遠路駆けつけ実現。気象庁の認定した予報士の協会は四月中旬が満開の予想なので、早々と高遠に近い駒ケ根に宿を確保した。天候不順で地元の桜は開花が遅れ、行くべきが行かざるべきか、ハムレットの心境。長雨が止み、天気晴朗、出発進行、残念無念、高遠は満開に程遠い咲き始め [続きを読む]
  • アベノミックスの終焉
  • イオン創業者の岡田卓也の長男で元民社党代表の岡田克也は実弟であるイオン最高経営責任者岡田元也はお客さま第一でトップバリュ商品の値下げをする。デフレ脱却、インフレ誘導のアベノミックスに公然と反旗を翻す快挙と受け止めたい。女性が輝く社会は女房のファーストレディーが森友学園で大活躍、女性防衛大臣の醜態でスローガンも色褪せた。安倍一強の自己過信する政権も崩壊の危機が迫っている。米国の狂人トランプが末期症状 [続きを読む]
  • 人生苦の新興住宅街
  • お釈迦様の教えの四苦の内の三苦である老・病・死の救済施設が町内に誕生する。老人苦を和らげる為に、うどん屋が通所介護場になった。病人苦を和らげる為に、三百坪の大豪邸が解体され内科医院が新築される。死人苦を和らげる為に、コンビニがスクラップになり木造の葬儀場がビルドされる。人生苦は衣食住の確保であり、救済施設は生計の糧を得る金儲けの方法を伝授するより良い学校に進学する為の乱立する学習塾なのだろうか。自 [続きを読む]
  • 善意の連鎖の大和魂
  • 稲作と菌床栽培の大規模農家、休耕田にニンニクを栽培する根性があるなら、トラクターで耕し、農業資材一式を提供するから勝手にしなさいとの事、そんな訳で3万個の種を植えた。花茎が成長、ニンニクに花が咲くと球根肥大化を阻害する膨大なエネルギーロスが故に摘み取るが、豚バラ肉と炒めると極めて美味。飯田市のワーホリのご縁で10年以上付き合いのある果樹農家の主人の所望で届け、五平餅とイワヒバの苗木を土産に頂いた。 [続きを読む]
  • 老人の夢の実現
  • 専売、電電公社と共に中曽根内閣で民営化され30年が経過した日本国有鉄道の最急勾配は北陸新幹線開業で廃止された信越本線碓氷峠越えの66.7パーミル(3.8度)だったが、現在のJRでは飯田線の沢渡〜赤木駅間の40パーミル(2.3度)。線路見物に国道153号の治部坂峠の70パーミルの坂を乗り越え徳川家康の城下町から出掛けたが、普通の鉄路に失望。ついでに伊那市駅から甲斐駒ケ岳方向の三代将軍家光の異母弟である名君 [続きを読む]
  • 愚かな人類
  • 昭和19年に誕生した老人より以前の昭和15年頃に東京オリンピックを開催し、弾丸列車を走らせる計画があったが、支那事変など戦争の為に次々と中止になった歴史がある。敗戦後、戦争を反省し、平和憲法の下で昭和39年に新幹線と東京五輪が実現した。それから50有余年、再度東京五輪開催と、赤石山脈の土手っ腹に風穴を開け、時速500キロで走行する超電導による磁気浮上のリニア中央新幹線の計画が進行中。緊密な同盟国の [続きを読む]
  • 経済の縄張り
  • 餅は餅屋、馬は馬方、蛇の道は蛇、何事もその道に精通した専門家に任せるのが一番、今は通用しない諺。縄張りを撤廃した大企業経済優先の規制緩和にその原因がある。縄張り意識の強い鮎は友釣り、養殖鮎は闘争心を失い、釣人は興味を失う。スーパーに行けば食料品は当然として電気製品、家具、衣服、仏壇など何でも購入可能、専門店は経営が成り立たない。大型専門店の闘争心は同害報復・捲土重来、経済戦争が始まる。パソコンの故 [続きを読む]
  • 〇次産業従業員
  • 昨年はサツマ芋、コンニャク芋を栽培し収穫する一次産業。今年は芋を干し芋とコンニャクに加工する二次産業。三次産業の流通・販売を体験すると六次産業従事者になる。一次、二次、三次の加算・乗算で六次になる。趣味で無料で農業を楽しむ奉仕作業は産業とは言えず遊びで、あえて命名するなら〇次産業だろう。有料の遊漁船で釣りを楽しむ人や、観光農場でリンゴ狩りする観光客、山の芝を刈るゴルフ愛好家はマイナス一次産業、高額 [続きを読む]
  • 3月生まれの悩み
  • 岡崎の桜は天候不順による発達障害で開花が遅れている。例年に比較して遅いから怪しからんといじめる人がいるが、桜は悪くない、自然の流れに従っているだけである。人間社会の教育分野で発達障害やいじめが問題になっている。3月生まれの御年73歳の老人が小学生の時を思い出すと発達障害でいじめられていた。終戦直前で食糧不足の栄養失調と三重苦だった。君は発達障害ではない、大器晩成なのだ、担任教師の言葉だった。健康で [続きを読む]
  • 栄枯盛衰の鉄道
  • プロ野球にはセントラル、パシフィックと交流戦の3つの公式戦がある。新幹線にも3つの方式がある。東海道・山陽・九州の交流60サイクル、東北・北海道・秋田・山形の交流50サイクル、そして両方の交流サイクルにまたがって走行可能な北陸新幹線。北陸新幹線が新大阪まで延伸完成した暁には、函館から西鹿児島まで直通運転可能な車両は北陸新幹線のE・W7系車両だけ。在来線は直流と交流50・60サイクルの3つの電源があ [続きを読む]
  • 弱者に涙のプロ野球
  • 天候不順で桜の開花が遅れて、桜満開は週末に成りそうだ。しかし雨降りの連続で観桜は厳しい。桜吹雪の頃は晴れて美しいことだろう。滅びの美学、桜は散るから美しい。プロ野球も開幕、愛するドラゴンズは未だ勝ち星がない。143試合すれば何時かは一つぐらいは勝利するだろう。その時には中部地方は大歓声に包まれお祭り騒ぎ、いつ頃になるのだろう。森監督の原点回帰の野球は不人気の落合監督時代の強い常勝球団を想像したが、 [続きを読む]
  • 木鶏の野球観戦
  • プロ野球が開幕、各球団は三連戦を終えて、ドラゴンズは昨年同様、単独最下位を確保した。谷繁に変わる森新監督の謳い文句が原点回帰、原点が最下位では寂しい。ドラゴンズの原点とは何だろう。日本一に成る事か、地元に愛されることか、議論は分かれる。プロ野球も興行、力道山時代のプロレスの様に、10分経過したら空手チョップが炸裂して逆転勝利、そんな流れになると面白い。そんな遊びができる余裕があるだろうか。勝負の結 [続きを読む]
  • 原点回帰で強竜
  • そんな馬鹿な、ありえない、嘘だろう、昨日の中日×巨人戦だった。バルデスが好投、本塁打をかっ飛ばす、守備の専門家の堂上が適時二塁打、守護神田島九回裏登板、勝利を確信した。落目の安倍じゃない年寄の阿部が三点本塁打、逆転サヨナラ負け。大島が安打で出塁、中田や外人選手が本塁打を量産し、大野が完投、田島が完璧な抑え、 連勝街道を突っ走る、鬼顔の森竜の原点回帰野球は花開く。四月馬鹿は昨日で、本日は嘘はご法度、 [続きを読む]
  • オオカミ少年の日
  • 明日は西洋起源の嘘が許される日、エイプリルフール。嘘を嫌悪する農耕民族の仏教国の大和男児には到底容認できない西洋文明の悪習と思うのである。年がら年中、本当らしい嘘を語る政治家の唯一の安息日だろう。洒落で総理大臣の夫人の偽証罪が成立する証人喚問を設定したら、西洋の慣習に対する日本の裁判所の判断はどうなるのだろうか。四月馬鹿の日に政治家が真実を語ったら、国民は信じるだろうか、悪い冗談と聞き流すだろうか [続きを読む]
  • 感動の涙
  • 春休みの日曜日に名古屋空港まで自家用車で出掛けたが満席だった映画・チア☆ダンを名鉄の満員電車で名古屋に行きミッドランドスクエア五階のシネマで朝九時から鑑賞した。岡崎のイオンシネマでも上映しているが、名古屋の息子夫婦の好意の無料の鑑賞券を無駄にしない感動の行為。映画が始まると涙が止まらない。館内が暗くて助かった。人が見たら禿頭の老人は純情なんだと噂になっただろう。昼時に終了したので、四階のレストラン [続きを読む]
  • 裁判判決の二極分化
  • 東芝は米国の原発の安全対策に多額の費用が掛かり倒産の危機に直面するから事業から撤退する。関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の運転を差し止めた大津地裁の仮処分決定の山本善彦裁判長の判決を覆し、大阪高裁の山下郁夫裁判長は仮処分決定を取り消した。原発電力の浪費による経済発展、モノで栄えて心が荒む、原発停止でモノがなくとも楽しい我が家、二極分化の賛成派、反対派の意向を忖度した世俗的判決だろう。最高裁の判 [続きを読む]
  • 土俵の芝居
  • 感動した、おめでとう。ハワイの横綱武蔵丸を破り大怪我の横綱貴乃花が鬼の形相、総理大臣杯授与の劇場型政治の小泉総理の言葉。モンゴル人の横綱日馬富士に投げ飛ばされて肩に大怪我の新横綱稀勢の里、大怪我をさせたモンゴル人大関の照ノ富士を本割と優勝決定戦に連勝して幕内最高優勝。大方の予想を裏切り、八百長だ、八百長だ、悪い行為だ、と騒ぐ人がいる。八百長が悪いとは誰が決めた。金持ちに喜んで購入してもらう為に、得 [続きを読む]
  • 田舎人の映画鑑賞
  • 昨日は名古屋の息子夫婦に招待券を頂戴したので中部地方映画館の女子応援団の踊りの映画を鑑賞に名古屋空港に出掛けた。西洋文化に毒された日本人に分かる文章に翻訳しよう。MRJのミッドランドシネマのチア?ダンを見に行った。中日新聞の朝刊トップ記事の全米選手権大会で五連覇を達成した福井商業高チアリーダー部「JETS(ジェッツ)」の初優勝を題材にした映画。岡崎の田舎人が大都会の名古屋にお上りさん、閑古鳥の飛び [続きを読む]
  • 黒いカラスの大量死
  • 白いハトは平和のシンボル、黒いカラスは不吉な予感がする。金を求めて人が一極集中する過密社会の東京板橋と練馬の区境界に位置する都立公園で黒いカラスが大量死。過密飼育で鳥インフルに感染、大量殺処分されるブロイラーと違い、原因はわからない。仲間が人間に殺されると、近くの電線に集合し見守る、いわゆるカラスの葬式をすると言う都市伝説のある賢い鳥。霞が関の高級官僚の天下り問題、永田町の政府高官の国有地格安払い [続きを読む]
  • 経済は節約
  • 2月中旬に提出した確定申告の還付請求が受理され、財務省国税庁名古屋国税局岡崎税務署から指定の銀行口座に振込完了の葉書が届いた。1万5千円程度の金額である。支払義務のある固定資産税に充当したから、都合3万円の価値のある還付金。3兆円浪費する東京五輪を返上すれば6兆円の金が生まれる。9兆円のリニア中央新幹線を断念すれば18兆円の金が生まれる。開催しなくても、存在しなくても、別に困らない事に多額の公金を [続きを読む]