はりきり四等水兵 さん プロフィール

  •  
はりきり四等水兵さん: ランゴワンの地図
ハンドル名はりきり四等水兵 さん
ブログタイトルランゴワンの地図
ブログURLhttps://ameblo.jp/max78kg/
サイト紹介文横須賀鎮守府第一特別陸戦隊(海軍落下傘部隊)は、昭和十九年六月十六日未明、サイパンで玉砕しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供565回 / 365日(平均10.8回/週) - 参加 2010/02/26 10:36

はりきり四等水兵 さんのブログ記事

  • 『ほんとにあった怖い話』 シベリア編
  •  シベリアでの遺骨収集が終わった翌日の5時半頃、ベットの脇の壁を3回叩く音で目が覚めました。 六年前の硫黄島でも最終日の深夜に壁を7回叩く音が聞こえていたので、でも今回は偶然何かに触れて音がしたんだろうと思い、気にも留めずに早朝の洗濯を行いゆっくり荷物の整理が出来ました。 その日の18時頃、帰国移動中のコムソモリスクのホテルにチェックインし部屋でシャワーを浴びていると、シャワーカーテンの隙間から [続きを読む]
  • 韓国店頭から卵が消えた!殺虫剤検出で騒動
  • 夕刊フジ 2017.8.17 韓国の大手スーパーの店頭から一斉に卵が一時消える騒動となった。韓国産の一部から殺虫剤のフィプロニル成分が検出されたためで、韓国政府は15日から全ての養鶏場で卵の出荷を中止させ、全養鶏場の検査を続けている。 イーマートやロッテマートなどスーパーやコンビニ大手は15日に全店で卵販売を一時中止した。関係者によると、大手の全店で卵販売が中断されるのは初めてという。16日に販売を再開し [続きを読む]
  • 全国戦没者追悼式に来ていた、増ゴミ達。
  • 半パンツで取材に来ていたマスゴミ。 ずっとこの格好で式の途中、メモを取ってました。派手な帽子を被って取材に来ていたマスゴミ。 式が始まってからは脱いでましたが・・・。 招待状と一緒に送られて来た 『御留意願いたい事項』 には、②式典当日の服装は、平服で差し支えありません。と書いてありましたが、マスゴミには適用されないんですね。 ゴミ達は、招待されてないですからね。(笑) [続きを読む]
  • 通訳と監察医から貰ったお土産
  • コムソロリスクの店で通訳さんが買ってくれた、レーニンの胸像。 最終日の朝、監察医さんから貰ったロシア戦車のワッペン。 左側が通訳で、右側が監察医です。 寝台列車で同室でした。 出会って直ぐだったので、表情が硬いです。  列車内は禁酒なので、ジュースのボトルに自家製ウォッカを入れて持ち込んでいました。 (笑) [続きを読む]
  • 「焼き場に立つ少年」血にじむ唇 米写真家の被爆地記録
  • 朝日新聞 8/9(水) 18:37配信 原爆投下後の長崎で、亡くなった幼子を背負う「焼き場に立つ少年」。撮影した米国の従軍カメラマン、故ジョー・オダネルさんの妻が夫の生涯をたどり、長崎原爆の日の9日に著書が出版された。「投下した側」でありながら、投下は過ちと訴え続けた足跡を写真と共に追っている。 オダネルさんは被爆後の広島、長崎などで、私用カメラを使って約300枚を撮影。フィルムは封印していたが、1989年 [続きを読む]
  • 無事に帰宅。
  •  本日、千鳥ヶ淵戦没者墓苑で遺骨引き渡し式を行い、無事に帰宅しました。 遺骨を棒持してバスから降りると、海上自衛隊の演奏する『海行かば』が聞こえ、御遺族の方が待っていてくれました。 御遺族の数は硫黄島の時より少なかったですが、一人一人から頂いた会釈に熱いものを感じました。 [続きを読む]
  • 脳ダニ炎の予防接種
  • 昨日の夕方の5時ごろ接種したのですが、30分ぐらいすると頭がボーとして来て、気分不快になり寝てしまいました。ホテルに着いてからテレビを見ていたのですが、10時ごろ睡魔に襲われ寝てしまいました。普段では絶対ありえません。そんな訳で、朝の3時ごろホテルの有料パソコンで更新しています。 [続きを読む]
  • いよいよ、出発です。
  • 7月24日(月)研修・脳ダニ炎の予防接種・成田泊  25日(火)結団式・渡露・ハバロフスク泊  26日(水)ハバロフスク庁舎表敬訪問・寝台車泊  27日(木)ソールヌチヌイ庁舎表敬訪問・ゴーリン泊  28日(金)ゴーリン村庁舎表敬訪問・打ち合わせ・ゴーリン泊  29日(土)遺骨収集作業・ゴーリン泊   30日(日)遺骨収集作業・ロシア海軍記念日・ゴーリン泊  31日(月)遺骨収集 [続きを読む]
  • 伊吹吾郎、上西議員は「タイプ」とカミングアウト
  • デイリースポーツ 2017/7/21 俳優の伊吹吾郎が21日、フジテレビ系「バイキング」で、上西小百合議員を「正直言いますと、上西さん、タイプなんですよ」と言い切り、スタジオを騒然とさせた。 番組では、投稿したツイートが浦和サポーターの逆鱗に触れ、殺害予告と見られる文章まで届く騒動となっている上西小百合議員について議論。何度も上西議員とやり合っている東国原英夫は「当たり屋です」などと評するなど、出演者は総 [続きを読む]
  • 民進党内から、「解党的な出直しをすべきだ」
  • 日テレNEWS24 2017/7/20  民進党の蓮舫代表は、東京都議会選挙の大敗を受けて、野田幹事長を含む執行部を交代させる意向を固めたことが、日本テレビの取材で明らかになった。これは民進党関係者が明らかにしたもの。 都議選での大敗を受けて、民進党内では「解党的な出直しをすべきだ」「責任をとり、執行部は辞任すべきだ」などと執行部の大幅な刷新を求める声が相次いでいた。 そのため蓮舫代表は、自らは続投する一方で、 [続きを読む]
  • 民進党、勘違いしてませんか?  蓮舫の「二重国籍」は元凶ではない
  • 田中秀臣(上武大ビジネス情報学部教授) 世の中に取り組まなければならない政治問題が100しかないとすれば、民進党の蓮舫代表のいわゆる「二重国籍問題」は、その中でも99番目か100番目の重要度しか持っていないというのが私の見方である。 この二重国籍「問題」について、ネットでは執着して批判する人たちがわりと多い印象を持っていた。ただ「問題」が発覚してからだいぶ時間も経過し、一部の人たちの熱い関心以外 [続きを読む]