Hiro さん プロフィール

  •  
Hiroさん: 山形牧師の部屋
ハンドル名Hiro さん
ブログタイトル山形牧師の部屋
ブログURLhttp://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/
サイト紹介文人生、健康、病気、自然、風土、親子、愛犬、刑務所、ゴスペル、旅、釧路等についての気ままなブログです。
自由文虚弱児施設や養護学校で少年時代を送りました。高3の夏にクリスチャンとなりました。大学卒業後5年間中学教諭をし、その後英国留学を経て、2003年より、釧路市桜ヶ岡7丁目にある釧路キリスト福音館にて牧師として活動しています。聖書をご一緒に学んでみたい方がおられましたら大歓迎です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供449回 / 365日(平均8.6回/週) - 参加 2010/02/26 21:30

Hiro さんのブログ記事

  • 輝く80代!
  • 2017.3.21標茶町 桜町で行われたサポートハウス「鳩」の会ご一緒に聖歌を歌いお祈りをささげ聖書のお言葉に耳を傾けパンサキ(聖餐式)を行い昼食会 私以外は皆80代! おひとりおひとりが人生についてお語り始めると尽きることがありません。 釧路空襲や標茶空襲のお話も聞けます。 被災地福島県から避難されてきた方もおられてそれはそれは貴重な体験談の数々です。 とっても学ばされる [続きを読む]
  • 「重たい雪」
  • 2017.3.22朝から重たい雪が降り続けています。パートに出かける妻のために車の雪を下ろしましたが重いのなんの片手でできなくなってきて・・・五十肩かな・・・ 美しい 雪の重みで垂れ下ってきた松の枝 聖書のみ言葉の重みを受けて私の心もへりくだらされて歩みたい 朝食ご飯おかわりしてしまいおなかの重みで気力が落ちないよう・・・励みます 神は雪に向かって、 [続きを読む]
  • 神に出逢う「釧路湿原」
  • 2017.3.20春分の日帰省中の長男坊と達古武湖にて湖面は凍りついて一面真っ白 シャーベット状の達古武湖 塘路湖こちらも真っ白 塘路湖「川の駅」 細岡大観望 故郷に戻るたびにきまって釧路湿原を訪れる息子 「湿原の自然を見ると、自分が抱える問題がとてつもなく小さく見えてくるね」と息子 正面に見えるのが阿寒富士と雌阿寒岳 釧路湿原で、確かに創造主なる神に出 [続きを読む]
  • 「だから、大丈夫!」
  • 拙ブログをご覧頂いておいで下さった皆さんには新約聖書を無料プレゼントいたします! クイズで〜す! 1.イエス・キリストの「     」をお祝いするのがクリスマス2.イエス・キリストの「     」をお祝いするのがイースター 答えは、このブログの最後にありま〜す!ここにはおられません。前から言っておられたように、よみがえられたからです。来て、納めてあった場所を見てごらんなさい。(新 [続きを読む]
  • 「人はなぜ、死ぬのでしょう?」
  • 「人はなぜ、死ぬのでしょう?それは、この世に生まれてきたからです。」 午後6時半からのお通夜午後7時、読経を終えたご導師(浄土真宗)が法話の中でお釈迦さんのお話として上記の言葉を引用されました。続けて、 「死んだら、みな、きれいな蓮の葉の上に立つのです。」 そう語られていました。 ご導師は「私もね、70を過ぎてもう先が長くないと思います。つい最近病気になってねえ。ある病 [続きを読む]
  • 釧路市手話言語条例制定!
  • 2017.3.17釧路市議会で手話が言語として条例で制定されることになりました! おめでとうございます! 釧路市HPで市長さん自ら華麗な手話でごあいさつ 釧路市HPで手話動画で基本的なあいさつ表現を学ぶことができます。 昔インターネットが普及していなかった時代はこういうツールを使って学んだものです。 私がかつて手話を学ぼうと思ったのは決してウルトラマンに感化されたからでは [続きを読む]
  • 究極の「明け渡し」
  • 2017.3.14(札幌市白石区栄通)札幌市内は場所によってはまだ残雪が見られ、数十年ぶりと言われる豪雪の名残りをうかがえました。 長男坊の賃貸部屋「明け渡し」のため2日間奔走しました。 「明け渡し」は原状回復して返還すること、「引き渡し」は単に占有を移転すること フィットシャトル・フル活動でさまざまな家具や電化製品をオフハウスへ何度もピストン輸送幸いすべて引き取っていただけて感 [続きを読む]
  • 「もてなし愛」
  • 「札幌においでの際はいつでも泊りにいらしてください。」 A牧師が屈託のない笑顔でお声をかけてくださっていたのを思い出し このたびA牧師の教会に一泊家族3人で泊らせていただきました。 ゲスト奉仕者でもない私たち家族のために 「主の福音の働き人」であるという理由だけで ここまであたたかく歓迎して愛のこもったおもてなしをいただきああ、なんて幸せだろう [続きを読む]
  • 「大学卒業式」
  • 私が、クリスチャン信仰に導かれるきっかけとなった「札幌キリスト福音館」前にて 2017.3.15卒業式前 語り合う学友たち 希望にあふれる若人たち チャプレンの司式のもとパッヘルベルのカノンの前奏の中黙想の祈りの中で式が始まりました。 キリスト教精神に立つ大学らしく聖書のことば賛美歌(3曲)が歌われ祈りがなされ天地創造の神主 [続きを読む]
  • 「次なる進路」
  • 2017.3.14息子の大学卒業に伴う引越しの手伝いのため札幌へ行ってまいりました。 大学卒後の次なる進路は「北海道聖書学院」 「やまがたくん、キミは卒業後どうするんだね?」 息子の応答を聴いてゼミの担当の福祉心理学某教授いわく「君の将来はミステリアスだねえ」 わたしたちの人生 過去はヒストリー将来はミステリージャスト・ドゥ・イット・トゥデイ! 今日 [続きを読む]
  • 「祈り」
  • 長男が札幌で大学4年間お世話になった教会(グレースコミュニティ)で最後の礼拝の中で息子は皆さんに祝福のお祈りをしていただきました。 息子の霊的成長を温かく励まし支え親代わりになって愛してくださったグレース・コミュニティの皆さんに心から感謝します! 4年間毎週日曜日息子が居住している「白石区」から「手稲区」のグレースコミュニティまで1時間以上かけて通い続けることができたのは愛と情熱にみなぎる [続きを読む]
  • 「おばあ食堂」
  • 2017.3.11残雪がありますが澄んだ青空の釧路の春桜ケ岡で第2回目の「おばあ食堂」が開かれました! 元民家、現在は小規模デイサービスの場アット・ホームな憩いの空間としてお一人暮らしのご高齢の方々に潤いの時間を提供してくれています。 昨年12月に続いて第2回目の「おばあ食堂」地域包括支援センターによる「地域食堂」(桜ケ岡は「さくらカフェ」)が広がりを見せていますがこの「お [続きを読む]
  • 子どもを虐待から守るための5カ条
  • 先日、民生委員・児童委員の定例ミーティングがありました。 少しずつ他の民生委員の方のお名前とお顔を覚え始めさせていただいております。 平成29年度の部会表が発表されました。私は「高齢者部会」 部会長さんと副会長さんの方のお名前とお顔を覚えようとして似顔絵を描いてみました。 これがなかなか面白い! お隣の方は「メガネ」というようにその方の特色をメモ書きされていました。 [続きを読む]
  • 「札幌の時計台」と「釧路の花時計」
  • 先日札幌へ行った折札幌市時計台の前を通りました。 時を刻む時計がその町のシンボルの一つとなっていると言う点では 釧路市の幣舞公園の花時計も見逃せません。 くしろの花時計は1年に4回パンジーを1300株植え変えて観る人の心に折々の季節に優しさを与えてくれています。観る季節 観る時間帯によっても 異なった趣を見せてくれる 釧路の花時計台 私は何度も釧路の花時計を観てき [続きを読む]
  • 映画「母 小林多喜二の母」を観て
  • 釧路イオンシネマで「母 小林多喜二の母」を観てまいりました。 妻と一緒に観たかったのですが・・・ 予告編で息子多喜二が残忍な殺され方をして悲しむ母セキの姿を観てしまった妻は、二人息子をもつ母親としてとても観ることができないということで結局私一人だけで観ることに・・・ ひとりで見ることではばかることなく泣くことができたのは幸いでした。 後悔したのはハンカチを携行するのを忘れたこ [続きを読む]
  • 「天賦の慰め」
  • 東京の友人クリスチャンが通う教会でとっても癒される作品を描く方がおられると紹介され ひとりで見るのはあまりにももったいないので作者の方のご了解をいただいて少しずつご紹介したいと思います。 yayoiさんはご自分が通われる教会堂の玄関のステンドグラスもデザインされています。素敵ですね!玄関を見ただけで入りたくなります! 内側から見たところ 中に集っておられる方々はとっても素敵な方々!  [続きを読む]
  • 白銀の弥生
  • 昨晩ふわりとした雪が降り積もった釧路 樹木が飾られているようできれい! 今回の雪は軽いので除雪が比較的楽! ベランダから眺める景色も格別!今日は北海道内公立高校入試日受験生の皆さん健闘をお祈りします。ヒソプをもって私の罪を除いてきよめてください。そうすれば、私はきよくなりましょう。私を洗ってください。そうすれば、私は雪よりも白くなりましょう。(旧約聖書 詩篇51:7)主イエス様自 [続きを読む]
  • サイクルトレーニング
  • 友人宅で不要になられたサイクルトレーナーを譲り受けました。壁に向かうとどうも圧迫感が・・・ 数年前に前立腺炎を患い自転車を控えるように言われていたことをふと思い出してしまいました・・・。 戸外でのランニングが悪路のためにできずになんとか室内で心肺機能を高められるようにと(持病の気管支ぜんそく対策)1月の末に譲り受けましたが最近は雪が解けてきたので天気の良い日はやはり外で・・・&n [続きを読む]
  • 驚きの「紅海麺」
  • 先日、札幌で長男に誘われてラーメン屋へ行きました。札幌市民の間で話題の人気店のひとつだそうです。 珍しいもの好きの私は旧約聖書のモーセがもし、来店したら選ぶであろう、「紅海麺」なるものを注文しました。 辛いのなんの・・・のどがひりひりして声が出ないほどでした。 息子は人気メニューを注文 口の中からゴジラのように火が出るよう 「紅海」麺を注文される方 [続きを読む]
  • 50代の挑戦!
  • http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/86963 ・・・・・引用ここから・・・・・【那覇】泊高校通信制課程を昨年9月に卒業した糸数正樹さん(53)=那覇市=が、第34回「私の主張」作文コンクール(主催・全国私立通信制高等学校協会)で最高賞に当たる文部科学大臣賞に選ばれた。同校で2月26日に表彰式があり、在校生らの前で賞状を受け取った糸数さんは「将来は沖縄のために頑張りたい」と喜んだ。 作文の [続きを読む]
  • 福音を広める同労者たち!
  • 2017.2.26釧路市緑ヶ岡ペパーミントレーンにて釧路キリスト福音館のセルグループ(小グループ)のリーダーの皆さんと団欒のひと時 歓談に花を咲かせ 小噺にも花を咲かせ うるわしい主イエスにある同労者たち! 主イエスのハートをいただいてこれから釧路の皆さんに仕えてまいりま〜す! ほんとうに、真の協力者よ。あなたにも頼みます。彼女たちを助けてやってください。この [続きを読む]
  • 師との再会の喜び!(Steve Brady スティーヴ・ブレイディ)
  • 「時を忘れて・・・」共に夕食して談笑2017.2.28札幌プリンスホテルにて 24年ぶりの再会スティーヴは私が英国の神学校(Moorlands College)3年生の時に黙示録の講義をしてくださった師。 ボーンマス市の中心部にあるランズダウンバプテスト教会の主任牧師をされていていました。                      スティーヴが講壇から語られる説教は情熱的かつ理知的で明瞭な発音マシンガンの [続きを読む]
  • 故三浦綾子さんの「願い」
  • 先週土曜日から釧路イオンシネマで上映されている「母」の原作者故三浦綾子さんに初めてお会いしたのは1990年4月24日 私が教員生活を辞してキリスト伝道者としての歩みを初めて間もないころのこと 旭川の三浦邸を訪れて翌月の英国の神学校で学ぶべく留学準備を進めていた私に 綾子さんが語られた言葉がしばしばよみがえってきます。 「このごろ教会の礼拝で、講壇から語られる説教の中で政治や平和の話 [続きを読む]
  • マリの追憶その5(釧路湿原にて)
  • 「ごしゅじんさま!くしろしつげんは広々していましたが,天国は、もっと、もっと広々していてダニが一匹もいなくて快適ですワン!」 携帯電話のSDカードの中に1昨年釧路湿原で撮った夏の写真ファイルが出てきました。我が家の二人息子がマリと釧路湿原の木道を散歩した時 犬を飼いたいと切望した息子たちに出された条件は・・・ アレルギー検査をしても大丈夫であること毎日のえさやり、散歩など世 [続きを読む]