min さん プロフィール

  •  
minさん: 西ドイツから Gute Pad ! -minの逃避行-
ハンドル名min さん
ブログタイトル西ドイツから Gute Pad ! -minの逃避行-
ブログURLhttp://ameblo.jp/min84/
サイト紹介文一人旅したアジア、ヨーロッパ旅行やドイツ生活、ドイツからの旅行記。最近はナミビアにも行ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2010/02/27 20:22

min さんのブログ記事

  • 春の日本が恋しいな
  • 夏時間が始まりいいお天気になって来たドイツ。 でも木の芽時は心がそわそわ、落ち着かない。春になって来たのに気分は三寒四温のようにちょっと不安定。 最近の心のひっかかりを禅問答のように考えてみたり・・・ ドイツ語はいつまでたってもぺらぺらとはしゃべれないけれどドイツでの逞しい生活力はついてきたはず。 ある人に対して冷たくても、違う人に優しさを発揮できているはず。全ての人に寛容に [続きを読む]
  • 2016夏 ダヴォスのお土産
  • ダヴォスのお土産いろいろです。お隣の国なので、ドイツにもあるよね・・・っていうのもあって、そんなにお土産は買いませんでした。 ダヴォスの有名なお菓子 Nusstorte/ナッツトルテ写真のものはスーパー「COOP」のオリジナル。 中ははキャラメル味のような、ナッツをすり潰した濃厚な味わいです。 相方君父がお勧め、ここのが美味しいとのことで、「Weber」のミニトルテをお土産に。友達の旦那さんがこのトルテ [続きを読む]
  • 2016夏 ダヴォスにお別れ前にホテル近辺を散策
  • 到着早々風邪を引き、途中から相方君に移り、全然治らずでドイツへ帰る?帰らない?と日々言っていましたが、3週間が経とうとする頃、家族会議を開き、相方君と私は車でドイツへ、相方君父は残りの休暇を引き続きダヴォスで過ごすことになりました。 その時、私の方はまだ相方君よりはマシな状態で、多分次に来ることは無さそうだからとヤコブスホルンへ行こうかと思っていたら、標高が高いから肺に良くないと止められそれな [続きを読む]
  • 2016夏 セルティックで少しハイジ気分
  • ダヴォス・プラッツ駅からバスで25分とガイドブックに書かれていましたが我が家は相方君の運転で山のカーブした道を抜けSertig/セルティックを訪れました。 湖や他の場所でもハイキングをしましたが、私の中ではここが一番良かった気がします。平坦な道、そびえる山の遠近感、雪解け水が流れる小川などの調和が美しかった 1度は相方君と二人で来て、2度目は相方君父もこの平らな道なら少し歩けるだろうと一緒にやって来 [続きを読む]
  • 2016夏 ダヴォスのスーパー
  • その土地にあるスーパーは、その地方独自の物を売っていたりするんで覗きに行くだけでもとっても好きです 相方君父にドイツでおなじみALDIがあると聞いていたので、ALDI SÜD(南)なのかな・・・とか家で言っていたら(ALDIは北と南バージョンがあります) ALDI SUISSE(スイス)でした 他のスーパーよりパンやヨーグルトが少し安目でしたが、これ、ドイツでも見たことあるよね・・・っていうのがスイス値段で売られてい [続きを読む]
  • 男の手料理 ガンボとジャンバラヤ
  • 以前、相方君が作ってくれたルイジアナ料理「ガンボ」その時の記事それから途中1回作ってくれて、今回で3度目。最初は1年前だったのねとブログを振り返っています。 前回詳しく書いたので今回は簡易バージョン。オクラが重要ポイントの具材を切って 味付けのポイントはタバスコとウスターソース。アジア食材店で何やらメモを見て探している相方君に、何を探しているのかと尋ねると、イギリス発祥のソースとやら。それな [続きを読む]
  • 2016夏 古都クールを散策とチベット料理の昼食
  • 大聖堂を観た後はクールの町を散策細い路地も絵になる風景 ランプに「Rathaus」と書かれている市役所の建物 我が家は旅先で、良さそうなアジア料理レストランがあれば行ってみるので今回の昼食はネットで調べて評判の良かったチベット料理レストランへ。 右の仏像の背後にはダライラマ猊下の大きな写真がありましたWok & Momo モモと呼ばれるチベット版の餃子を注文。 形が違うのは蒸しと焼きの違 [続きを読む]
  • 2016夏 スイス・クール大聖堂
  • クールには大聖堂があるというのんで、そちらへも行ってみることに。 聖マーティン教会と家屋の間の細い道を抜け 塔の下をくぐり 大聖堂/Kathedraleドイツの大聖堂っていわれるものよりこじんまりとした印象が・・・ 5世紀に建てられた聖堂を前身として、12〜13世紀に建てられたローマ・カトリックの大聖堂で、正式名称は「聖母マリア被昇天大聖堂 Kathedrale St. Mariä Himmelfahrt」。正面にある美しい司教 [続きを読む]
  • 2016夏 ダヴォスからクールの町へ
  • ハイキングよりは街歩きの方がどちらかろ言えば好きなので、近くの町「クール/Chur」へ日帰りドライブで行こうという話になり、二つ返事で 車を駐車して、市街へと向かいます。 このクールの町は5000年の歴史を持つスイス最古の町だとか。 地図の赤いマークがクールの場所。 スイスに人が住み始めたのって結構山中だったんだな・・・とか思ってしまいます。 そんな古都の散策始めは、変顔の噴水を発見。 [続きを読む]
  • 2016夏 ダヴォス・プラッツ駅近辺とダヴォス情報
  • ダヴォスにはDorf/ドルフ駅とPlatz/プラッツ駅の二つがあり駅と駅に挟まれて市街があります。 プラッツ駅からはベルニナ・エクスプラスの発着もあり、近辺にお店も多い感じです。 ヤコブスホルンへ行くロープウェイの発着所もすぐ目の前に。 帰る前に行ってみようとしたところ、標高が高いところは肺に悪いからと我が家の男性陣(2人)に反対され、結局上まで昇れずじまい・・・ 駅の近くにあった広場の噴水・ [続きを読む]
  • 2016夏 ダヴォス リネルホルンでハイキング
  • 普段からそんなにアクティブではないので、高低差のある山道を本格的にハイキングするなんて私の旅の計画には入っていません そんな人にも無理なくハイキングが出来ると相方君に連れてこられたリネルホルン/Rinerhorn。 ここの登り口までは車でやって来ました。 ロープウエイでちょっと高いところまで上ります。 ドイツでも見たような花が咲いていました。 ワゴンの横の棒切れが立っているの [続きを読む]
  • 2016夏 ダヴォスのカフェ
  • 朝夕の食事付のホテル滞在だったので、それ以外のカロリー補給は極力セーブしないと怖いことに そして、ダヴォスの物価が高いこともあって、殆ど外で飲食をしなかったんですがカフェもありますよ!と紹介してみたいと思います。店名からお店のWebサイトに! 「Café Schneider」 ダヴォス・プラッツ駅から近くにある、老舗のカフェ・レストラン こちらで販売されているNusstorten(ナッツ入りトルテ)も有名なよう [続きを読む]
  • 2016夏 空も湖面も青い、ダヴォスの湖
  • ダヴォス・ドルフ駅から近いところにダヴォス湖(Davos See)がありそこは湖の周囲を散策できるということで、相方君が来てから行くことに。この時点で風邪の引き始めで、山歩きとか息のあがる道程はちょっとしんどい・・・と、平坦な道から散策することにしました。 車を停めた駐車場から湖へ行く道から青空のもと、緑が映える山。 木の真ん中に鳥。散策していたらいろんな鳥とか小動物とか見かけました。 うちの [続きを読む]
  • カーニバルを避けて旅に出ていました
  • 今年は2月の最終週がカーニバルの時期だったので、週末と合せてお休みとなった相方君。賑やかなカーニバルに興味がない相方君と彼の友達が単身赴任している南ドイツまで旅して来ました。 そんな訳で「いいね!」「読者登録の承認」「コメントの返信」が遅くなりすみませんでした長い旅行以外は予告無しで旅立つので、リアクションが何日か無い時は、旅に出ている、又はまれですが入院しているとお察しください 今年は友 [続きを読む]
  • やっぱりドイツ!気が抜けない
  • 先日、あれこれ入院話を書きましたが、その後、抜糸も1か月後の検診も終わり、先生から「普通の生活に戻って、旅行に行ったり何してもいいよ〜!」とお墨付きをもらった後も、いまだに退院直後のように相方君に「洗濯物お願いしまーす!」と洗濯機がある地下室と部屋の往復が重いので、いいようにこき使っています。 さて、そんなある日、何だか傷痕にちょっと違和感が・・・腹腔鏡手術を受けた方はご存知のように、数か所穴 [続きを読む]
  • 2016夏 雪が残る、ダヴォスの山 パルゼンへ
  • 相方君父と先にダヴォスへ着いたので、相方君が来るまではご近所の散策。でもホテルから歩いてすぐのところにケーブルカーで山頂まで行けるとのことで一人でプラっと行って来ました。 パルゼン/Paesennへ ちょっと引きで見たらこんな感じ。 いざ!入場!コーラの看板がまぶしい。 世界の言葉で「ようこそ!」手作り感あふれる日本語・・・アルファベットはPCで打ち出せたんでしょうね。いや、でもそうまでして [続きを読む]
  • 2016夏 ダヴォス・ドルフ駅近辺の風景 
  • ドイツから電車を乗り継いて到着したのがダヴォス・ドルフ駅。 駅前にすぐバス停があるので便利です。 斜め向かいにはスーパーや薬局、ベーカリーが入った建物も。 ウィンタースポーツのリゾート地なんで、スポーツ用店も。 近くのホテルには日本の国旗もありましたが破れていました。取り替えて欲しいですね。 スーパー「SPAR」 メイン通りを歩いて行くとホテルやお店が並んでいます。 [続きを読む]
  • 2016夏 ダヴォスのホテル・ディシュマの食事
  • ホテル・ディシュマでは、朝・夕の食事つきプランで宿泊したので、日本の旅館泊のような感じでしょうか。 ダボスの町を歩いてみましたが、独立したレストランだけは少なくホテルの中にあるレストランが殆どのようで、中華料理レストランもみつけましたがホテルの中だからなのか、スイス価格なのか、とっても高額で最初っから訪れるのは諦めました。 そんなホテルの食事、朝は簡単なビュッフェ。パンは地元の老舗のパン& [続きを読む]
  • 2016夏 ダヴォスのホテル・ディシュマ
  • 私はダヴォスへ来るのは初めてですが相方君一家は彼が子供の頃から頻繁に訪れていたらしく、このディシュマはかれこれ6年ぐらい、相方君父・母の常宿になっているそうです。2015年の後半に経営者が代わったので(宿の持ち主は一緒で借家人が変わったそうです)相方君父も、ホテルの建物は同じでもスタッフには初めまして状態でした。 長期滞在するなら休暇用の滞在型アパートの方が安くつくんじゃないかと思いますが夫婦二人 [続きを読む]
  • 2016夏 スイス・ダヴォスへは相方君父と電車で
  • 2016年夏休み旅行の話です。 2016年7月に出発の記事を書いてから→夏休みナミビア旅行、急遽キャンセル! ちょっとだいぶ時間が空いてしまいましたが、スイスはダヴォスへ行って来ました。 地図で見るとこんな感じです。スイスってもう少しミュンヘンの下あたりかと思っていました。案外ドイツの西半分寄りなんですね。 さあ、そんなダヴォスまでの旅ですが、相方君父と私だけ先に電車で出発し、相方君は後から一人 [続きを読む]
  • 一番食べたかもしれない「シュニッツェル」
  • 本にいた頃はカロリーも気になり、それほど頻繁に「とんかつ」ばかり食べていなかったけれど、多分、ドイツに来て外食といえば「シュニッツェル」が一番多いかも??理由として、 1. どんな料理が出てくるか想像できる。2. 定番料理なので出てくるのが早い。3. お店によってそんなに当たり外れがない。4. 肉料理なのにそこそこのお値段で食べられる。 そのせいで、ドイツに来てから横に成長したというのは言い訳になるか [続きを読む]
  • パクチーって何語?
  • ちょっと前に友達とベトナム料理を食べに行きブンを頼んで美味しく食べていてふと気になった野菜。 「パクチー」 東南アジアを旅する時は必ずと言っていいぐらい料理のどこかに入っていた記憶が。その頃はあんまり得意ではなかったけれど、ドイツに来てからは問題無く食べられるようになったんで、何でかしら?日本でもこのパクチーが苦手という人が多かったのに、最近はブームになっているとか。 ドイツ語「Korian [続きを読む]
  • ドイツの病院で気づいたこと 覚え書き
  • 今回の入院で気づいた病院あれこれ。病院ごとに違うかと思いますが、へえ!ほお!と思ったことをまとめてみました。 その1:お医者さんはやっぱり働き者日本より、どちらかというとのんびりしたイメージのあるドイツ社会。でも、朝は学校も職場も始まりが早いイメージがあります。それは病院でも同じで、朝の7時半ごろ回診。その後手術や外来をこなし、17時頃にはまた回診に来てくれるという。土曜日、日曜は回診に来ないだろ [続きを読む]
  • これで3度目、ドイツで手術と入院 食事と経過
  • 今回の手術で痛み止めを飲んでいたからか、酷い痛みも無く、入院時に看護婦さんから「痛みは0から10までの数値で示してください」と言われていたものの、3とか2とかで終わっていました。 手術翌日から自分で歩いてお手洗いに行ける状態だったのであまり不便は感じず、翌々日には通常のパジャマも着ることができ、後は日にち薬。 しかし、一つ困ったのが胃の気持ち悪さと夜に吐き気が続くこと。クリスマス時期に食べ過ぎ [続きを読む]
  • これで3度目、ドイツで手術と入院 手術後
  • 手術室へは10時から11時頃のどこかで入ったと思うんですが、そこら辺の記憶はあいまいで・・・ その後、病室に戻って来たら相方君がいて、時間を聞いたら15時頃だった模様。やはり昼食を食べるどころではなかったので、スープは撤収されたんでしょうね。 そこから意識はあるものの、とてもだるく、目が開けられない状態。話は聞こえているけれど、どうも身体がいうことをきかなくて・・ 看護婦さん達は私が朦朧とし [続きを読む]