弁護士村上匠 さん プロフィール

  •  
弁護士村上匠さん: 匠の弁護
ハンドル名弁護士村上匠 さん
ブログタイトル匠の弁護
ブログURLhttp://murakamibengoshi.blog122.fc2.com/
サイト紹介文仙台の2代目弁護士です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/03/01 15:32

弁護士村上匠 さんのブログ記事

  • 届かなくても、「おめでとう」を
  •  かつてロースクールで一緒に答案練習をした同輩が、弁護士登録をしたとの報に接しました。彼と私ともう一人で組んで、不思議かつ不幸にも彼だけが合格できずにいたので、朗報だと思いました。 「答案練習」(とうれん、と略すのが一般的)とは、論文式の問題を用意して、本番さながらに制限時間を定めて書き上げる司法試験のトレーニングのことです。複数人で組むか、予備校に通って行うのが一般的です。 互いに答案を批評し合 [続きを読む]
  • 【仙台弁護士会】被災者のための無料電話相談、終了へ
  •  仙台弁護士会が平成27年より実施してきた、東日本大震災の被災者を対象とした電話による無料法律相談が本年3月末をもって終了するとのことです。(ただし、県内6か所の法律相談センターでの面談による無料相談は継続。 詳しくは仙台弁護士会のサイトへ) 週1回の実施でしたが、おそらく利用者が減ってきていたのでしょう。 他方、高齢者の電話無料相談は継続中のようです。 ところで、この「高齢者」が何歳以上の方を指 [続きを読む]
  • 名刺入れをなくしました
  •  先日、どこかで名刺入れをなくしました。 もらい物なのですが、バーバリーの茶色の名刺入れです。私の名刺が数枚と、最近名刺交換をした方の名刺が入っているはずです(相手にも申し訳ない)。 もしどこかで拾われた方は、ご連絡いただければ幸いです。 [続きを読む]
  • 雑誌「冤罪File No.27」の逆転無罪事件
  •  日本で唯一の冤罪専門誌「冤罪File No.27」を読んでいたところ、仙台地裁古川支部(山口均裁判官)で有罪、仙台高裁(嶋原文雄裁判長)で逆転無罪となった事件が紹介されていました(検察側が控訴せず確定)。 一審の山口裁判官がDNA鑑定の結果という固い物証によらず人証に乗っかり(一般的に、証言は記憶違い・記憶の減退その他の理由により、その取り扱いに注意しなくてはならないとされる)、しかもDNA鑑定の内容を「誤読 [続きを読む]
  • 同窓会名簿への名刺広告
  •  先日、同窓会名簿への名刺広告を載せませんか?という問い合わせの電話がかかってきました。 資料をFAXしてもらって見たのですが、サイズによって料金もさまざまなようで、さてどうしたものか。ただ、よくよく考えてみると、仙台一高出身の弁護士の諸先輩型は仙台に大勢いて、今さら高50回生の私が名刺広告を載せようが埋没すること間違いなし。 その上、そもそも自分自身が同窓会名簿を買っていません。 今度電話がきたら、 [続きを読む]
  • 事件番号第1号を取った話
  •  これまでに何らかの形で裁判に関わったことのある方であれば、例えば「仙台地方裁判所 平成29年(ワ)第1234号」などの事件番号を目にしたことがあるかと思います。 これは、裁判所が受け付けた事件ごとに番号を振っていくもので、かっこ書きの符合については(ワ)なら地方裁判所の第1審の民事訴訟、(わ) なら刑事事件で地裁の公判請求事件を指します。民事事件では片仮名でイロハニ・・・で、刑事事件では平仮名で [続きを読む]
  • 今月は身柄事件の不起訴3件、民事訴訟の和解1件
  •  今年も残すところあと僅かとなりました。  今日12月28日は、ある民事訴訟が和解で終わりました。年末になると、訴訟の当事者も年内にケリを付けたいという気持ちが強くなるせいか、和解がまとまりやすくなるというのは良く言われる話です。 また今月はなんやかんやで刑事事件が立て込んでいたのですが、被疑者が勾留された身柄事件のうち3件が不起訴釈放で終わり、年末年始に急ぎの接見をする案件はなくなりました。助か [続きを読む]
  • 映画『聖の青春』で話題、村山聖九段の扇子への疑問
  •  日本将棋連盟のデジタルショップで、間もなく映画が公開されることで話題の村山聖九段の扇子を販売しています。私が見たときには既に売り切れ、残念。 http://item.rakuten.co.jp/shogi/1516223/ もちろん今販売されている扇子は故人の直筆ではなく印刷された物ですが、そこに書かれた文字についてふと疑問が生じました。肩書きが「九段」となっているのですが、確か村山先生は現役A級八段のままで亡くなり、その死後に栄誉を [続きを読む]
  • 将棋棋士のカンニング疑惑、代理人弁護士の「次の一手」は?
  •  将棋ファンとして最近のニュース、本当に驚きました。 三浦九段にかかっているカンニング疑惑について、本人が強く否定しており、また不正を示す直接の証拠がないようなので(週刊文春・週刊新潮の記事が出た10月20日現在)、なんともスッキリしません。 ちなみに私は、中学生のときに「週刊将棋」の次の一手コーナーを通してアマ三段の免状をもらいましたが、それ以降はほとんど指していないので、たぶん今の棋力は初段も [続きを読む]
  • 妃川螢『これは弁護士の仕事ではありません!』
  •  弁護士もののライトノベルをネットで見つけたので、ポチッと購入しました。ネットショッピングはほんとに衝動買いを誘うので、気をつけないと本が増えていきます。 さて今回手にしたタイトルは、妃川螢『これは弁護士の仕事ではありません!』(富士見L文庫)。法律事務所の顧問先のため、勤務弁護士が本来の弁護士業務とは思えない事件に奮闘するという内容でした。 第1話は、資産家がペットに全財産を譲るという遺言書の話 [続きを読む]
  • 時限爆弾? 「相続意向確認書」なる文書が届いたら
  •  最近受けた法律相談で、この事例はぜひ紹介しておいた方がいいと思ったものがあったので、ブログに書いておこうと思います。 【相談者】 6〜70代の男性。 【相談要旨】 先日、なんとか債権回収という会社から、「相続意向確認書」という書類と回答書が届いたのですが、どうしたらいいでしょう。振り込めサギかもしれないので、放っておいていいですか? 怪しい郵便物というと、さすが最近の高齢者。まず振り込めサギの可 [続きを読む]
  • 食べログ騒動と弁護士口コミ評価サイト
  •  最近、飲食店情報サイトによる有料プランの勧誘を断った飲食店の評価が下げられた(のではないか)とのニュースがありました。 ご存じない方は、ヤフーニュースの「食べログ「飲食店の乱」騒動と、内部資料が示す残念な感じ」(山本一郎 | 個人投資家・ブロガー 2016年9月11日 16時18分配信 の記事を参照願います。 弁護士の業界には、私の知る限り信用できる口コミサイトは存在しません。 しかし、一般の方からの法律相談 [続きを読む]
  • 世間ではお盆休み
  •  きょうは8月12日、世間はお盆休みのようですが、暦では平日なので私ひとり事務所に出てきました。 午前11時までに、受任中の仕事に関する電話が1本。 よく聞く話で、「他の人が休むお盆に仕事をしていると電話がジャンジャンかかってくる」というのは、五十音順でア行の事務所だけのことじゃないでしょうか? 私自身はそのような経験はありません。  ただ、たまにあるんですよね、お盆休みに家族が実家に集まるので、 [続きを読む]
  • 弁護士に相談できるアプリ「弁護士トーク」に登録
  •  世の中「ポケモンGO」の話題で持ちきりですが、幸いにも私のスマホは非対応です。ゲームをせず本業を頑張りたいと思います。  ところで、弁護士に相談できるスマホ用アプリというものがあるのですが、ご存知でしょうか? ある日のこと、事務所に勧誘のFAXが届きました。いわく、「弁護士トーク」に登録しませんか?というもの。 何かと思って読んだところ、いつでも無料で弁護士に相談できるスマートフォン用のアプリがある [続きを読む]
  • 休日出張相談
  •  きょう7月10日(日)はお客様のご自宅への出張相談でした。 うちの事務所の基準より倍以上高い着手金を払った大センセイ、待てど暮らせど依頼した手続きが進まない。 果たしてそのセンセイを信用しても大丈夫なのか? 資料がないので、「問診」をしながら事案を解析し、仮説を検証して、ようやく結論らしきものにたどり着きました。NHKの「ドクターG」のような作業です。 結論としては、手続きに時間がかかることはその事 [続きを読む]
  • 今夏もやります「ジュニア・ロー・スクール」
  •  お知らせです。 毎年恒例夏休みのお楽しみ、仙台弁護士会主催の「ジュニア・ロー・スクール」が今年は7月30日(土)に開催されます。宮城県内在住の中学生・高校生のみなさん、あるいはその親御さん、ぜひ法教育に触れてみませんか? ルールの作り方や違う考え方を持つ人たちとの関わり方、それは利害の調整であったり説得であったり様々あるでしょうが、法教育の考え方を身につけておくことは有益だと思います。 まあ小難 [続きを読む]
  • G7仙台秋保温泉開催の不都合な事実
  •  先日まで仙台の秋保温泉でG7仙台財務大臣・中央銀行総裁会議が開かれていたのですが、ふと、大変な事実に気がつきました。 秋保温泉で開催されたということは、世界の財務大臣や取材班たちは国道286号から秋保温泉に入ったところにある、あの看板を見たはずである。 中国人風だが国籍不明のオヤジが親指を立てて、「ここが龍宝」「たべにおいで」とやってるあのラーメン屋の看板。 あれが世界に知られてしまったか…。 ( [続きを読む]
  • 熊本県弁護士会ニュース<災害Q&A>
  •  熊本県弁護士会が、地震の被災者に対する情報提供のため、熊本県弁護士会ニュース<災害Q&A>を発行しました。 ・当面の生活費について、緊急小口貸付という制度あり。問い合わせ先は社会福祉協議会か市町村。 ・片付け前に(もちろん安全を十分に確保した上で)被災状況を写真に撮っておくこと。(被害状況の認定の資料) ・公租公課の支払関係は減免や待ってもらえる見込み。 ・通帳、保険証、免許証、保険証がなくなって [続きを読む]
  • 某民間資格、更新しません
  •  相続に関して某民間資格を持っていたのですが、更新せずに登録をやめることにしました。 理由は、その資格名で検索してくる人がほとんどいないため。一応、このブログもどんな検索ワードで皆さんがたどり着いているかが分かるようになっているのですが、「なんちゃらカウンセラー」などで調べてきた人は年に数人くらいしかいません。 会員登録しているからって、資格名を名乗れる以外に何かメリットがあるかと言えば、しょうも [続きを読む]
  • 愛宕大橋の時間帯によるセンターライン変移がなくなる件
  •  長年にわたり交通事故を誘引してきた愛宕大橋の時間帯によるセンターラインの変移が、平成28年3月21日(月)午前7時から廃止になるようです。 根岸交差点〜愛宕大橋交差点における交通規制(中央線変移など)について (宮城県警サイト) 大きいカーブで見通しが悪いうえ、時間によって3車線だったり4車線になったりするのは地元の人間でも一瞬判断に迷うときがあるので、廃止は大歓迎。これで事故が減るといいですね [続きを読む]
  • 課金ガチャ問題、23条照会の次の一手を考える
  •  「ゲームへの課金」で思い出したのですが、高校生のころゲームセンターでやった麻雀で、安い手で連勝してあと1つ上がれば…というところで対戦相手の女の子に天和で上がられゲームオーバーになったことがありました。あれが当時問題にならなかったのはなぜだろう?  さて、某テレビ局の取材スタッフから問い合わせがあったりと思わぬ反響があったので、もう少しだけ課金ガチャ問題について考えてみたいと思います。 先日のブ [続きを読む]
  • スマホゲームの「ガチャ」と弁護士法23条照会
  •  ネット上のニュースで弁護士法の「23条照会」について触れられているのを目にして、どういう場面でのことだろうと興味を持つようになりました。 どうやら、テレビのCMでやたらと見かけるスマホゲーム関連で、一種の消費者被害が生じているようです。 正直、私自身はスマホゲームにあまり詳しくないので(昔、ガラケー時代に箱庭を育てるゲームはしたことがある)、以下の記述には不正確な点があるかと思いますが、私が表面的 [続きを読む]
  • ちぐはぐ
  •  以前にご依頼頂いた方からの紹介で、遠隔地の方から過払い金の相談を電話で受けました。 このような債務整理の案件に関しては、事務員を動員した過払い漁りを規制する趣旨で弁護士による直接面談義務が定められています(債務整理事件処理の規律を定める規程第3条)。 仙台までお越しいただくのが困難とのことでしたので、当地まで行って相談者と会う日時の調整をしていたところ、偶然にも他の弁護士が当地の相談センターでの [続きを読む]