めご さん プロフィール

  •  
めごさん: めごぶろぐ
ハンドル名めご さん
ブログタイトルめごぶろぐ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/jyafuoku2007
サイト紹介文2002年に『強迫性障害』という病気を発症した患者の日記です。
自由文私は2002年に『強迫性障害』という心の病気を患い、2010年現在も通院治療中です。病気のことや日々思ったことを書いています。雑記の割合が多めです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供512回 / 365日(平均9.8回/週) - 参加 2010/03/03 19:12

めご さんのブログ記事

  • ブラクロ田畠先生の『僕のヒーロータバデミア』(ヒロアカ)。
  • ・・・そして、ヒロアカをブラクロ作者が書くとどうなるのか。デクさんが完全に迷いが吹っ切れた顔してる(笑このデクさんならオバホと即戦闘でしょ。「ミリオ先輩は動かない・・・じゃあ、僕が、エリちゃんを護る!!!」とか言いつつ突っ込むでしょ。まあ、ヒロアカは主人公が悩むのが魅せどころになってる作品なので、これだとダメなのかもしれないけれど、でもこのデクなら爽快感あって良い気がする。ぼくらが求めた最高のヒー [続きを読む]
  • ヒロアカ堀越先生の『ホリッククローバー』(ブラクロ)。
  • http://www.shonenjump.com/j/jumpgiga/・・・・・前々から思ってたけど、やっぱりヒロアカ作者の一枚絵の魅力はあるわ。かなりね。ブラクロが好きでヒロアカの絵柄も大好きな私的にはこのコラボはたまらんね。絵だけじゃなくて1話くらい話も書いてほしいところ(笑このアスタさんは悪そうだな〜(笑完全に顔がバクだよな〜(笑「ああ?!  なンでおれが魔法使えねえんだ? なあ?どうすればいいか・・・わかんねんだよっ!! [続きを読む]
  • ヒロアカ感想、エリちゃんの虐待のくだり。
  • まあ、漫画だし、フィクションだし、そこまで倫理がどうとか細かく言うつもりは無いのだけれど、やっぱりエリちゃんの件は引っかかるといえば引っかかるねえ。129話の時点でミリオとデクはエリちゃんが少なくとも児童虐待されてる可能性はつかんでた。そこで返してしまった。そんで、エリちゃんの体が個性無効弾にされてると分かった時にデクとミリオが滝のような汗を流して『今度こそエリちゃんを必ず助ける』と言った。一見す [続きを読む]
  • 復興大臣ェ・・・
  • ・・・ありえんわ。いやね、私は宮城県民ではあるけれど、この人の言いたいことが分からんでもない。「東京だったら首都機能がマヒしてもっと大変だったね。」・・・って言いたかったんだと思う。ただ、あの時って結局関東も大混乱だったでしょ。放射性物質飛んできたし、ペットボトルの水とか不足した。電車も止まったし計画停電もあった。なので「東北で良かった」ってのは当てはまらない気がするよ。まあ、そういうの抜きで不適 [続きを読む]
  • プール育苗と散水育苗。
  • コメのビニールハウスの育苗ですが、我が家は『散水育苗』です。ただし、地面にビニールシートを敷いてるのでプール育苗みたいな見た目です。水たまりがうっすらと出来るので保水効果がアップします。つまり苗が枯れにくくなる。で、プール育苗ですが、プール育苗でググると出てきます。ハウスに苗を置き、まあ人によりますが、シートで簡易なプールを形成して苗を水につけさせる方法です。 要するに田んぼと同じ環境にして苗を育 [続きを読む]
  • ヒロアカ サーナイトアイの迷走。
  • サーナイトアイは予知ヒーローとして登場したけど、135話のサーは予知なんて全くしてなくて、単に推論ばっかり述べてる推論キャラになり下がってるなあという印象。「詳細は不明ですが」「実際に売買してるのかはわかりません」「仮にそれが試作段階にあるとして」「サンプルを仲間集めに使っているとしたら・・・」「確たる証はありません しかし」「もしも弾の完成系が個性を破壊するものだとしたら・・・?」「シノギの一つ [続きを読む]
  • ヒロアカ、デクくんの『何が最高のヒーローだ』ってセリフ。
  • ルフィ 『何が海賊王だ…!!!おれは、弱い!!!』ドンッ!!!・・・・・・これやりたかったんだろうなあ(笑ワンピ好きだもんなあ作者って確か。ルフィの場合は、一応ザコなりにも全力でエースを救出しようとして、一時的には救出したんだよね。でも最終的には自分が弱かったせいでエースにかばってもらって、エースは死んでしまった。デクの場合、オバホ相手にその場しのぎで無難にやり過ごそうと路地裏にのこのことついて行ったら [続きを読む]
  • ヒロアカ感想135話、③ 黒人鍵師ヒーロー。
  • ・・・・いやあ、凄かったな、135話。ツッコミ所が余りにも多過ぎる回だった。一番大きなツッコミ所は『あんだけ厳しいことを言ってきたパッと見慎重派なサー・ナイトアイの諜報能力がカス。更に、沢山の人間を集めた会議にも関わらず確証が全く無かった。』・・・・という点。あんだけでかいことを言ってたんだから、さぞかし素晴らしい情報を得た、まとめたんだと思ったらサーが得た情報が何もなくて、きりしま隊、ねじれ隊の [続きを読む]
  • ヒロアカ感想、135話。② 百を救うルミリオン。
  • 『環の個性因子が傷ついてました。』とかさ、これだから図で説明してほしいわ。『個性因子』って言葉自体が今回初登場なのに、漫画なのに図も登場しないで「個性因子が傷ついた。個性が攻撃された。」とかさ、入り込めんわ。唐突過ぎる。なんか分からんけどきりしま君がお手柄だった様子。ただ、やっぱりきりしま君の戦闘は引き伸ばし以外の何物でもないと思う。しかも、個性無効弾なんて全くきりしま回で出番無かったじゃん。ほと [続きを読む]
  • ヒロアカ感想、135話。① 個性因子。
  • 扉絵。きりしまくん。『全身、一部問わず通常の硬化なら10分くらい』・・・だったら全身硬化でいいよね(笑動きにくいなら筋トレしよう。一呼吸おけばまた使えるって、これまたザックリだね。割とすぐ使えるじゃん・・アゴを狙えって、もう弱点明らかなのかよ・・でもそこはさ、アゴガードのパーツをつければいいんじゃないかな。ヘルメットつけてるやつもいるんだし。135話のサブタイトルが『嫌な話』なんだけど、インターン編の [続きを読む]
  • ヒロアカ感想 後継者問題の話。
  • 「デクよりもミリオの方がワンフォーオールの後継者にふさわしい。」・・・・・というところからスタートしたインターン編。まさかの『ミリオもデクも相応しくない。』・・・・という流れになってしまっている。この手の話を展開する場合、当然主人公がカッコよくなり、ライバルが多少カッコ悪い役を演じることになるのだが、まさかの両方カッコ悪いという展開。・・・・・と思ったら、単なる時間稼ぎっぽいきりしま君が結果的には [続きを読む]
  • ネバランのネタ漫画化・・・
  • ネバラン、すっかりネタ漫画化したなあという印象。ただ、良い意味でこれでいいのかなという気はする。ブラクロと同じで、とにかくその場の勢いだけで突き進む感じなので、あんまり細かいことを考える漫画じゃない。明確にネタ漫画化が進んだと感じたのは9話。シスターとの鬼ごっこ回。この回で一気に引き込まれた読者は多いはず。やっぱりジャンプにはジャンプが必要なのだと思わされた。能力が極めて高いママはドンにアッサリと [続きを読む]
  • ヒロアカ13巻売り上げ。
  • http://www.geocities.jp/jump_manga/↑このサイトから引用されていただきました。僕のヒーローアカデミア│ 初動. (日)│ 2週計| 3週計| 4週計| 5週計┃  累計 (日数)┃ 発売日.│タイトル│*71575 (6)│******│101801│137449│157439┃*,621,647 (559)┃2014/11|僕のヒーローアカデミア 1│167905 (7)│205179│224942│239566│------┃*,782,031 (686)┃2015/01|僕のヒーローアカデミア 2│132801 (3)│226129│2 [続きを読む]
  • スマステ中居くん。
  • SMAPが解散してしまったので、SMAPメンバーが顔を合わせるのはかなり希少。実際、香取と草なぎ、中居しかテレビで会ってない。本来ならば一番会わないといけないのは中居ではなくて・・『木村』。映画が控えているので、本来真っ先に香取があうべきは木村君のはず。・・・・・なんだけど、どうなんだろうね。最も不仲とされている2人なので、木村がスマステに出ることは無いんだろうか。でもプロだからあえて出る可能性もあるけど [続きを読む]
  • パソコンの無線LAN(wi-fi)のパスワードの見方。
  • パソコンの無線LAN、昨今はWi-Fiっていうことの方が多いかもしれませんが・・それの設定の仕方についてはばっさりカット(笑というのは、恐らく説明不要で、バッファローあたりの無線LAN機器を購入すればパソコン初心者でも接続できるだろうと思うからです。・・・・といっても本当に説明カットするのもつまらないので、かなりざっくりと説明。.丱奪侫.蹇爾寮瀋CD、設定ソフト等をパソコンにインストール。▲愁侫肇ΕД△鯲ち上 [続きを読む]
  • 病んでる漫画が売れる時代。/Vガンダムという存在。
  • ヒロアカあたりを見てると思うのだけれど、昨今は登場人物がちょっと病んでる感じの作風の方が売れやすいのかなあという気はする。落ち着きのあるキャラクターが、ストーリーを消化していくパターンよりも、落ち着きのない主役、準主役、脇役、敵キャラ等が落ち着きのないストーリー展開をして、良くも悪くもどうなるのか全く想像もつかないようなやつがウケている気がする。リアルで精神を病んでる私的には、あんまり病んでるよう [続きを読む]
  • ヒロアカ感想 蒸し返しシナリオの多さ。
  • ヒロアカを読んでて物凄く感じることは、『話の蒸し返しが多過ぎ。』ということ。デクのワンフォーオール後継者の話。これってもう原作2話目でほとんど済んでる話。マイトがデクを後継者だと認めて、ワンフォーオールを受け取れるだけの肉体改造を施した。その後髪の毛食わせて継承した。それでもう済んでる。 その後も体育祭でマイトも元々無個性だったと判明し、多少デクに同情した部分も出てきたけど、まあ、主人公補正で済ん [続きを読む]
  • ヒロアカ感想、134話。② 無能軍団集結!!
  • 「おれらに刃ぁ向かんように動いとったやろ!?」・・・動いてません。固くなってただけです。「ホンマ救けられたわ!!」・・・・なんか文字が大きくて笑った。いや、大した活躍してないどころか、きりしまが追い詰めたせいで逆にかなり被害拡大してるんだけどね・・・ビルとか・・・さっさときりしまが拘束してれば個性ブースト剤を使われることは絶対に無かった。漫画に言うのはすげえ野暮ったい気がするけど、現実の警察ならば [続きを読む]
  • ヒロアカ感想134話。① トーートロ!!
  • 【退かず、折れず】・・・ってアオリ。 いや、きりしまくんのことだって分かってるんですけどね。1コマ目でめっちゃ折れてますやん(笑バッキバキに折れてますやん。そっちに目が行くからなんか滑稽。アオリの真横でバッキバキに折れてるからね。アオリで笑わせてくれるあたり、流石ヒロアカ。【ガッツだ レッツラ レッドライオット】レッツラって『レッツラゴー』って意味?古くない?ちなみにレッツラゴーをグーグルで検索す [続きを読む]
  • ネバランのおさげ(アンナ)ちゃん・・・
  • 絶対にただのモブのデザインじゃないだろうと思ってはいたが・・・・・・・こう来たか。よく見たら森での集合のコマのおさげちゃんのおさげが無い・・・おさげちゃんのおさげとレイの命を交換するとはね・・・・おさげちゃんをどこで持ってくるのか、ノーマンが居なくなった後メインキャラになるのかどうか気になってたけど、まさか脱出時の切り札とはね。この展開は素直に、滅茶苦茶面白い。エマさんはノーマンとくっつくとして、 [続きを読む]
  • 東芝半導体に出資検討=鴻海陣営に合流―シャープ。
  • https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000029-jij-bus_all・・・・これはまあ、好意的に見てもいいんじゃ無いかなあ。『東芝半導体がシャープ半導体になる。』・・・ってことでしょ?ブランド価値が下がらないと思うし、一番妥当なラインなんじゃないかな。シャープはパソコン事業復活するって情報もあるし、妥当なラインだと思うよ。まあ、結局は台湾企業じゃんかって話だけど、『シャープ』『東芝』っていうブランドが [続きを読む]
  • ヒロアカ感想 インターン編のガバガバっぷり。
  • やっぱおかしいね、シナリオ。警察が『違法薬物や裏アイテムの売人チーム』がいると認識している。そうなると、エリちゃんなんて裸足で包帯でしょ?その場で警察に通報、エリちゃん保護、ヤクザ事務所の家宅捜索・・・・って流れになるよね。エリちゃんが虐待されただけじゃなくて『違法薬物や裏アイテムを投与された疑いがある』・・・っていう判断をするのが容易でしょ。幼児虐待、監禁、薬物投与の疑い・・・色々理由つけてヤク [続きを読む]
  • ヒロアカ感想 サーの扱い。
  • 恐らくヒロアカ史上良くも悪くも最も印象的なキャラ、『サー・ナイトアイ』。デクが超速で攻めても『予知』で避けられる。予知で事前にチェックすれば敵との遭遇を避けられる。予知で攻撃は避けてるんだけどマイトの予知は避けられないっぽい。・・・・等、非常に扱いに困るキャラ。コイツをスマートに退場させるにはどうすればいいのか。『個性無効弾』しか無いと思う。個性無効ショットガンあたりでも、バブルガール辺りをかばい [続きを読む]
  • ヒロアカ感想、133話。カッチカチやぞ。
  • 『TVアニメ絶賛放送中』・・・ってのが出オチ感が凄い(笑  3%のどこが絶賛なのか・・・細かいようだけど、放送時間だけじゃなくて普通は『日本テレビ系列で』って付け加えるよね。もうTBS系列じゃないんだから。そっから突っ込まないといけないってのが頭が痛い。『無事だけど 発動しない』ってのがある意味ヒロアカらしい。『個性が』って言わないとやっぱ変だよね。現場にいるのに。・・・・また路地(笑路地好きだな〜。 [続きを読む]