もぎゅ さん プロフィール

  •  
もぎゅさん: もぎゅいずむ -mogyuizm-
ハンドル名もぎゅ さん
ブログタイトルもぎゅいずむ -mogyuizm-
ブログURLhttps://ameblo.jp/midnight-sheep/
サイト紹介文日々の印象的だった出来事や想いを記録してます。
自由文驚くほど国語力の乏しい私ですが、1000記事に1記事くらい笑って頂ける日記が書けるよう頑張ります。どうか温かい目で読んでやって下さい。ちなみに、飽きられるのと呆れられるのが得意です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供221回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2010/03/04 18:02

もぎゅ さんのブログ記事

  • 過多馴らし -no beat-
  •  雨の中。 傘を広げて歩く青年が、 関節に違和感でも覚えたのか、 そして、どうしても我慢できなかったのか、 肩を回し始めました。 柄を握っている方の手で!?(゚Д゚) 濡れないようにやろうという気はないのか、 わりと大胆に動かしていた為、 傘は的(身体)から外れまくりでしたが、、、 もしかしたら彼にとって、 生理現象(クシャミや咳)に相当する、 コントロールし難い"行為"だったのかもしれません。 と、考えるならば、 [続きを読む]
  • 2.5次元 -あの世界、この世界-
  •  とある電気屋さんの駐車場にて。 自動車から降りるや、 スーパーマリオブラザーズのBGMが聞こえた気がするも、 空耳かな?と思いつつ、 店舗入口へ歩を進めるとともに、 「やっぱりマリオの音楽だ!」という確信に変わり、 ならばゲーム(任天堂)フェアでもしているのかな?と、 軽く考えながら入口に差し掛かったところで、 マリオに出会いました!Σ(゚д゚;) 以前、見かけたオッサンをマリオに例えた事がありますが、 もは [続きを読む]
  • 対照性プレゼンス -stand out more-
  •  弱く不定期の雨ながら、 降れば厄介、当たれば厄介、というタイミングもあるでしょう。 そんな本日。 ふと、職場から外を眺めると、 ちょうどポツポツし出したところで、 通りを挟んだ先の学生(♂)が、 片手で頭を押さえながら駆け出す姿を見たのですが、、、 もう片方の手には、閉じた傘。 それ、使わないの!?Σ(゚д゚;) 降る予測で持ってきたろうに、 いざ降り始めても使わないという不可解(汗) 流石に存在を忘れていたと [続きを読む]
  • ごった -clutter up-
  •  スタバ、、、的な? 通りに面したカフェの窓際の席で、 1人の女性がスマホ片手に、 遠く(窓の外)を見つめ耽っていたのですが、、、 テーブルの上もさることながら、 皿の上までグッチャグチャな状態でしてね。。。(゜д゜;) 一見すると高級フレンチの盛り付け、、、←行った事ないけど(笑) いや、、、ひと目見て即座に「汚っ!」と。。。f^_^; 舐めたかの如くピカピカというのもどうかと思いますし、 そもそも、 他人の食 [続きを読む]
  • Oh!変理 -The Last Leaf-
  •  ジャンパー、、、 いや、 ウィンドブレーカー、、、 いや、 ブルゾン、が、今はタイムリーだろうか? まぁ、そこはあまり関係ないのですが、 ともあれ、それを着た青年が前方に居たのですが、 上着の背中の裾(腰回り)に、 葉っぱが。。。(゜д゜;) 反ったり波打ったりしていない、ぺターンとした、 まだ枯れてない緑色のが一枚、ペターンと。 本日は雨。 ゆえに濡れた葉が引っ付きやすそうなのは、 想像に難くないのですけれ [続きを読む]
  • 故意が走り出したら、気味が止まらない
  •  よく見ると「そんな筈はない」、、、いや、 よく見なくたって「そんな訳はない」なのだろうけれど、 少なくとも私は、初見、錯視しました。 というのも。 どことなく寅さん風のオジサンが居たのですが、 ジャケットの下に見えるシャツが、 ちょいと独特なツートン・カラーでしてね。 それは、上が肌色、下が緑系、という仕様。 ゆえに、首回りと胸回り同化し、 上半身はだか+緑の腹巻という身なりに見えたのです。。。f^_^; 無 [続きを読む]
  • ハングリー所為心 -starvation-
  •  青年がコンビニの駐車場で、 お弁当を食べていたのですが、、、 地面や縁石に座るでなく、 片脚をついて自転車に跨り食べておりました。。。f^_^; 両手は言わずもがな箸と容器で塞がっており、 スタンドは使ってるっぽいものの、 それでも、ハンドル、グラグラしないのだろうか? 一応か偶然か、 丼物をチョイスしていたので、 その状態をデフォルトとするならば、 多少は食べやすくもあったでしょうけれど、、、 やはり"そもそ [続きを読む]
  • 佇立コラムス -cylindrical-
  •  おめでた、ではなさそう。 つまり、そういう"仕様"だったのでしょう。 というのも。 少し先に立った女性のパンツ(ズボン)の、 ウエストと裾の幅がほぼ同じでしてね。。。ヾ( ̄0 ̄;ノ スコーン!と。 とにかくスコーン!と。 横に干したら鯉のぼりになりそうなくらい、 風抜けの良さ気なカタチのを穿いておりましたw 爪先が隠れそうなくらい、 すなわち、裾に特徴のあるモノだったに違いない。 うーむ。 これから、こういうのを [続きを読む]
  • 様式パッケージ -short program-
  •  コンビニ脇にて。 ヤンキー座りをしたニーチャンが、 灰皿の隣に居りまして、 スマートフォンをいじりながら、 もう片方の手で煙草を摘まんでいる、、、 と思いきや! 摘まむカタチではあるものの摘まんでおらず(汗) なんの"エア"だ!??(−x−;) まぁ、名残りというか、 吸い終わった後には違いないのでしょうけれど、 なんつーか、、、 身に付いちゃってるんでしょうね。。。f^_^;     [続きを読む]
  • 無意識的アトロフィ -lost trait-
  •  何かを確認すべく前方を眺めたくも、 前髪が鬱陶しかったのでしょう、 かき上げる素振りを見せる男性が居たのですが、、、 手ではなく腕を使っておりました。。。f^_^; 範囲が広いので、 掬い残しも少なそうですから、 もしかしたら効率は良いのかもしれませんけれど、、、 いささか野性的/原始的というか? ヒトたる特徴が、 やや薄れているようにも見える光景でした。。。(^_^;)     [続きを読む]
  • 浅く不覚 -hold down-
  •  その女性、 かぶっている帽子の、 プリム(つば?)の前後を両手でつまみ、 そのまま歩いておりました。 無風とまではゆかぬも、 べつに強風という訳ではなく、 風に飛ばされる心配は無さそうだったのですが、、、 ポケットに財布を入れた時、 何度も手で触れて確認してしまう、、、的な? おニュー or オキニだったと仮定すると、 そういう心理が働いていたのかもしれませんね!     [続きを読む]
  • だらり×ゆらり -swing boy-
  •  電車内にて。 吊革を掴む、ではなく、腕を通すというのも、 それなりに見る光景ではありますが、 崩れ落ちるのを支えるがごとく、 それに身体を預けるというのは、 やはり相当疲れてらっしゃるのかな?と。。。f^_^; 力が入っていないようで、 実は意外に力を込めている気もするのですが、、、 まぁ、 前の座先には誰も座っておらず、 左右に誰も立っておりませんでしたから、 その時点では、 誰にも迷惑をかけていなかった訳で [続きを読む]
  • 灯台下マジ漆黒 -careless live-
  •  しばらく直線。 入れる場所はあるものの、 それに備えた勢い(速度)ではない。 ゆえに。 その、見るからに厳つい黒塗りの自動車が、 左ウィンカーを点けていたのは、 この車道へ入ってきた時から、 チッカッチッカッと明滅し続けているに違いない。。。f^_^; そして。 歩道を行く私と交差するタイミングが訪れたのですが、、、 見るからに厳つい黒服のニーチャンが、 片手ハンドルで運転をしておりました。 ウィンカー点けっぱ [続きを読む]
  • イマドキの百折不撓 -will power-
  •  三角巾で片腕を吊っていたのだから、 そりゃあ本格的な骨折をしたに違いない。 しかし。 見かけた女子学生は、 そのような容態(状況)にもかかわらず、 しかも、そのような容態である側の手を用い、 スマホを操作しておりました!Σ(・ω・ノ)ノ 執着が凄い、というか? 腕は折れても心は折れてない、というか?? 良くも悪くもスタンスは崩さないという、 ベクトルの微妙な意思を垣間見た気がしました(笑) でも。 容態にかかわら [続きを読む]
  • 密接ケアフリー -peace of mind-
  •  道を行く青年。 荷を持ち運ぶ(入れる)アイテムとして、 ショルダーバッグをチョイスしていたのですが、、、 それをショルダーにかけることなく、 片手をポケットに突っ込むカタチを利用して、 腕と胴とで挟むという手段を用いておりました。。。f^_^; 肩に掛けるはずの紐が、 邪魔そうにユラユラしていたのも印象的w うーむ、、、 一種のスタイル、、、なのかな? [ おまけ ] 本日、デパートに寄る機会がありまして、 その催 [続きを読む]
  • 刮眼ストレイン -try too hard-
  •  信号待ちしている青年がいたのですが、、、 今どきの、 と言ったら何ですけれど、 スマートフォン(画面)には目もくれず、 自動車の運転手みたく信号機をジーッ見つめ、 いつでも駆け(歩き)出せるよう、 スタンディング・スタート時とまではゆかぬも、 あきらかに全身で構えて、 信号が青に変わるのを待っておりました。 その姿、機を窺う獣のごとし! 構えがアカラサマ過ぎないのも、どこかリアルでした(笑)ちなみに。 [続きを読む]
  • 案配 -今のご時世、大袈裟くらいが丁度よい-
  •  ポツポツと雨が降り始めた時、 その男は立ち止まり、 それを確認し始めました。 両手を開いて天を仰ぐという、 なかなかにドラマチックなポーズを以って(笑) 上向き加減、開き加減ともに、 渾身はなはだしい勢いだったのですが、、、 そういえば、 本日、北チョがミサイルなんざ発射しやがったせいで、 Jアラートが起床アラームよりも鳴り響き、 朝っぱらからマジ勘弁(汗)なムードでしたけれど、 案外、彼はその危機感から [続きを読む]
  • NaにゆえKaしげてTaつのやら
  •  腕を組み青信号を待つ、 プロポーションの良さげなお姉さん。 何気ない佇まいだけで、 すでにスタイリッシュな出来栄えなのですが、、、 本人的には足りなかったのでしょう、 何気なさを捨て、 首傾げポーズをONすることで、 セルフ・プロデュースの完成としたらしい。。。f^_^; うーむ、、、 果たして成れたのだろうか? パーフェクト・ヒューマンに(笑)     [続きを読む]
  • 魂城の内股 -show spirit-
  •  コンビニの駐車場にて。 やってきた自動車から二人の男が降りましてね。 ひとりが「俺、ちょっとトイレ行ってくるわ。」と、 そこそこ大きな声でツレに告げたのですが、 その時の歩き方というのが、 漫画の如き耐え模様!Σ(゚д゚;) もはや走る事すらままならない、 あまりにも極限な状況が、 あからさまに見て取れました(笑) まぁ流石に間に合ったでしょう、 というか、 いい歳して間に合わぬはずが無い、 くらいに思ってます [続きを読む]
  • 届きかけの不届き -reach for the sky-
  •  空地、、、というか? 今はあまり馴染みのない単語だけれど、 住宅と住宅の間にある草茂る更地なのだから、 そりゃあ空地なのだろう。 と。 そこにいる一人の男が、 ロープっぽい(紐状の)何かを両手で掴み、 背伸びをせんばかりの勢いで、 頭上へ持ち上げているという、 そんな所で何やってんの?的な姿を見せていたのですが、、、 そんな謎光景よりも、 遥かに気になってしまったのは、 シャツが上がってしまい、 むき出しに [続きを読む]
  • AKESUKE -オープンこそ最大の防禦-
  •  夏のロングコート、、、的な? ここが北海道(涼しい所)だから、 ではなく、 全国的に流行っているだろう認識なのですが、、、 それでも暑いもんは暑いのか、 本日見かけた青年は、 その下に、 タンクトップとハーフパンツを着ておりまして。。。f^_^; そのセンスの良し悪しはさて置き、 なんというか、 限りなく変質者に寄っている風というか、 妙な疑惑を持たれぬためにも、 コートは閉じない方が賢明 だろうと思いましたw ま [続きを読む]
  • MEN'Sアンミラこす風味
  •  第3ボタンくらいまで外すも、 裾をズボンにインしているせい、、、 いや、、、 これは狙ってのカタチなのでしょう、 おそらく肩山を前へズラす(落とす)ことで、 大幅に胸元が開くという着こなし、、、 、、、こなせていたのかは分かりませんが、 とにもかくにも、 そういう着方で居る青年を見かけました。 ファッションは個人の自由なので、 百害も無ければ一利も有りませんでしたが、 なんというか、、、 損している雰囲気は [続きを読む]
  • ズタズタ跋扈 -sloppy-
  •  ヨレヨレの、、、いや、 ボロボロの、、、いやいや、 ボロボロに見える作りのシャツを着た、 ボサボサのヘアスタイルで、 ダメージまみれのズボンを穿いた男の、 後ろ姿を見ました。 ホームがレスな印象が抜群でしたが、 おそらく、そういう"方向性"のファッションだったに違いない! まぁ統一感はありましたが、、、 彼自身が意図する見え方になっていたかどうかは、 分かりかねる光景だった気がシマス。。。f^_^;     [続きを読む]
  • 刺突トリート -assertive-
  •  雨。 夕方には止んだものの、 朝からザーザー降っており、 見かけた正午くらいにも、 まだ、そこそこ強めに降っていたのですが、、、 その青年、 忘れ難きその状況で傘も持たず、 ノーガード上等か両手をズボンの後ろポケットに突っ込み、 水たまりの無い所でも前後軽やかに脚を伸ばし、 ピョンピョンと歩道を駆けて(跳ねて)おりました。。。f^_^; いろいろと疑問は尽きませんでしたが、 とりあえず、 なに?そのテンション( [続きを読む]
  • 匙仮言 -cave in-
  •  とある道の駅にて。 大学生、、、でしょうか、 女の子が二人、記念撮影をしていたのですが、 フレームに収まるべく近づきあうも、 両者とも内側の手でピースをしており、 そのせいでフレームアウトしてしまうのか調整を繰り返し、 やっとこさ決まったポジショニングで、 キめていたポーズというのが、 流行りの(!?)頬ら辺に指先が触れるやつだったのですけれど、、、 おひとりさま、ピースが頬にめり込んでました(汗) わざと [続きを読む]