ジョセフィーヌ さん プロフィール

  •  
ジョセフィーヌさん: バラの庭づくりオークンバケットのローズレター
ハンドル名ジョセフィーヌ さん
ブログタイトルバラの庭づくりオークンバケットのローズレター
ブログURLhttp://baralog.exblog.jp/
サイト紹介文ローズガーデンプランナー加藤矢恵の主宰するバラの専門店オークンバケットが送るバラのブログです。
自由文この度、ローズガーデンプランナー、オークンバケット・加藤矢恵の本
「「つるバラと暮らす庭」」が河出書房新社さまより3月14日から全国書店で発売されます。
長期の取材により実現したバラの実例集です。
ぜひご一読下さい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2010/03/05 13:02

ジョセフィーヌ さんのブログ記事

  • 6月の後半から7月はバラの季節
  • コーネリアにキネンシス、カーディナルヒュームに合わせて可愛い ボニーがのぞいています。アーチとフェンスで囲む早咲きの場所から咲き始めて、軽井沢にバラの季節が始まりました。野バラやアルバセミプレナ つるサマースノーとランブリングレクター、サクライバラ、隣には遅咲きのドロシーパーキンスに、コブシの枝から枝垂れたヒマラヤンムスクもロサムリガニーもしっかりつぼみは膨らんでいます。... [続きを読む]
  • 庭の整理
  • ピンク、赤、ローズ色、モナルダの白い花はこれからのようです。緑がもっと深くなる夏に向かって、雨がやんだら、倒れたアナベルやモナルダの立ち上がるのを待ちながら、出来ることを晴れた今の内に、庭の整理を予定します。バラの季節を振り返ると、効果的な位置に高さを出せたバラや、沢山の花を咲かせたフェンスやアーチ、壁に沿わせたバラ、縦横、パーゴラに家の壁にと、つるバラの使い方は自由で楽しい... [続きを読む]
  • クイーンアンズレース
  • 冬作業の時、抜かないように、踏まないように、こぼれ種から何倍にも増えたクイーンアンズレース。強風にも折れずに、、バラの花がらも切りづらいほどに、株元は花畑です。切り花にして、ご近所にプレゼントしています。 [続きを読む]
  • 6月のバラ
  • 野バラが沢山実をつけていました。レッスン 2 高井戸実習は6月の庭の今の管理、つるサマースノーの花がら切りをしました。作業がしにくい、段差がある場所でしたが、実習の2時間は直ぐに過ぎてしまいます。写真は実習園の遅咲きのバラ、ドロシー パーキンスともう直ぐ満開のユキコと赤野バラ 、ベンチの上には少し時期が過ぎたブラッシュ ランブラー。課題はフェンスの高さで、低い脚立を使い... [続きを読む]
  • アーチを潜る
  • ジャスミーナのアーチをくぐり、2本目グラウスのアーチをくぐると、門扉のアーチは3本めで、これからの遅咲き、白い一重の花のロサ センパヴィエンス。鉄の扉を開けながらアーチをくぐると、4本めは赤野バラのアーチ、5本めはお庭の入り口、木製扉の上のピンクのツクシのアーチです。1 ジャスミーナ 2 グラウス 3 ロサ センパヴィレンス 4 赤野バラ 5 ツクシ と遅く咲くバラばかりのアー... [続きを読む]
  • ヒマラヤンムスクの場所
  • 庭の奥にヒマラヤンムスクのドームがあります。アジサイの色が出始めて涼しげ、暑い日差しをさえぎり、ドームの中はひんやりさえする別世界のようです。左側に大きな楓と右側のやはり大きな金木犀との間での暗い場所は、バラの枝を高く上げないと、地上近くは花を咲かせることが出来ないのが課題です。でも、お部屋から見える庭の空中に咲くバラはうれしい景色です。梅雨入りも近いので、もっと暗くなりそう... [続きを読む]
  • コーネリアとアイスバーグ
  • Instagram 写真説明庭の空中部分にバラの咲く風景、今では花がら切りが全部終わったコーネリアとアイスバーグ、丸く囲まれたバラのドームです。施工した時は柱から柱の頂上へとアーチを渡し中心部を交差し、アイスバーグの枝をつないで、バラの屋根になっていました。でも、、大雪の時にアーチドームの天井が潰れてしまったので、アーチを取り外し調整をし、、復元はしないで、現在に至っていま... [続きを読む]
  • ロサムリガニー
  • ジューンベリーの熟した実でいっぱいの枝が、低く広がって、庭の中は暗く日差しは入らなくなりました。夏のように暑かった昨日、ロサムリガニーの咲く眩しい場所は東側の道路に面した扉の上、内側は暗くても外に向いたフェンスや門周りなら、バラの花もクレマチスも咲いてくれます。もう直ぐ散りそうな花びらは、一枚づつはがれて、実に変わるのも楽しみなこれから、夏に向かい涼しい木陰で、家のバラの季節は... [続きを読む]
  • バラの季節
  • 高井戸のゴールデンウイングス、まだ尖ったつぼみがあって、今までで、一番多く咲きました。バラの季節、何処のお庭のバラも、何時もより特別に沢山の花を咲かせたのではないでしょうか。5月も終わる頃、西荻のオークンバケットのロサムリガニーは随分散りだしたけれど、もう少し大丈夫、雨のあとも、頑張っています。遅咲きのバラ、白のドロシーパーキンスやサンダースホワイト、ユキコは雨の影響を受け... [続きを読む]
  • 根元はコンクリート
  • 確か、、庭の中に植えたバラでしたが、いつか日陰で消えてしまったようで、忘れていました。フェンスから外側、通路のコンクリートの淵から驚きのバラが、芽を出し枝がどんどん伸びてきました。去年は咲かずに、冬に外からの誘引をして、バラの季節に仲間入りをしたのは、スノーグース、香り高く花も良く咲きました。花びらも散りだしたので、明日にも、、花がら切りとなりました。 [続きを読む]
  • ロサ ムリガニー
  • 昨日から今朝にかけて、満開になったばかりのロサムリガニー、今日の強い風に、お店の前の通りは、早すぎる花びらのお掃除になってしまいました。夏の様な高い気温が続いて、大事な大事なお店のバラですが、余りにも、はかないバラの季節になってしまいました。もっと沢山の方に見てほしかったのにと、本当に残念でなりません。 [続きを読む]
  • レッスン 1
  • 高井戸のツルサマースノー、病気もなく花も葉っぱも久しぶりに、何時になく元気に無事に咲きました。25日 木曜日のレッスンは西荻でお庭のご相談をします。今年のバラの様子や、これからの目標と、実現に向けての工夫や対策を皆で話し合い、一緒に考えていきましょう。午後は、、野バラの集いが終わってから、10日後の高井戸実習園、赤野バラが開き始めています。遅咲きバラの鑑賞を兼ね... [続きを読む]
  • コーネリアとシティオブヨーク
  • Instagram 写真説明つるバラの面白さは庭の空中部分を使えること、立体構成した風景を作るには、先ずは枝を伸ばし保護しながら、冬に思う姿に誘引をします。庭の、この場所に通されたら、幸せ感いっぱいになるでしょう。自分と大切な家族のために、バラで囲まれた指定席を作りましょう。 [続きを読む]
  • スパニッシュビューティー
  • Instagram 写真説明遅咲きのアルバメイデイランドのつぼみはそろそろ、開くのを待っています。アーチを潜ると、スパニッシュビューティーの枝はフェンス 、門周り 玄関の上にと枝を誘引して枝を使います。高い位置にあるピンク色のバラのアーチがかなり遠くからも見えて、とても印象的です。階段をまたぐアーチの空中部分の枝をとめるのは、足場板を渡したりして、かなり誘引し難いけれど... [続きを読む]
  • 野バラの集い
  • ハルガスミのアーチから野バラのドームのテーブルセット、少し涼しくなってチエも野バラも、まだ元気に散らずにいます。明日も明後日もまだまだ見に来てほしいし、お庭に泊まりたいぐらいと言って下さいましたが、野バラの集いは最終日でした。バラの季節の一番の忙しい時に、お集まりいただきまして、ありがとうございます。励ましや応援もありがとうございました。これから後半のバラも始まります。... [続きを読む]
  • 野バラの集い
  • 野バラの集い、一日目、曇り空の下にプロスペリティの房が咲き揃いました。明日のおすすめは、、枝変わりをした品種で名前はわからないのですが、小さな野バラの様な丸い白い花が本当に可愛くアーチに沿って花をつけていますよ。トゲが強いバラで、服を傷つけないかと心配で、枝は出来るだけ上にと誘引してあります。そして、野バラが散ってしまうと、シュネイケニギンのドームは高井戸の庭を始めてから、... [続きを読む]
  • 野バラの集い
  • 高井戸の庭に、お待たせファンタンラトゥールに続いて、シュネイケニギンも開き始めました。まだ、野バラも頑張っています。野バラの集いの準備をしている今日も、早くも来年のバラの季節に向けて、、色々課題が見えてきました。新レッスンは少人数ですが、5月25日、1回目スタートです。2回目のレッスン迄にバラの配置図を描いていただきたいので、今のご自宅のバラの様子の写真を撮りましょう... [続きを読む]
  • 変更のお知らせ
  • 残念ですが、13日土曜日は雨予報になってしまいました。15日 月曜日16日 火曜日 に野バラの集いは変更とさせて下さい。咲き始めから、余りにも短かすぎて、悲しいけれど、、こんなに暑くて強い日差しに、今日の野バラはもう散り始めていました。野バラとフアンタン ラトウールとシュネイ ケニギンのドームは、咲き揃う前に野バラが先に終わってしまいそうです。野バラが終わってしまうと... [続きを読む]