toto さん プロフィール

  •  
totoさん: ユメノヨ
ハンドル名toto さん
ブログタイトルユメノヨ
ブログURLhttp://yume-cont.com/
サイト紹介文映画、アニメ、漫画などのコンテンツなど創作に関することを取り上げるブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/03/05 22:40

toto さんのブログ記事

  • 物語を作る上で重要な要素【前編】
  • 物語の面白さを表す指標どんな作品、どんなジャンルであっても『面白さ』を客観的な数値で表すことはできません。なぜなら面白さというものは殆ど個人の嗜好に依存してしまうからです。面白さは十人十色。何か一つの物差しを作ることは非常に難しいといえます。しかし何を持って『面白い』『面白くない』と感じているのか、その一要素だけでも推し量ることができれば、それは必ず創作において役に立つはずです。物語構造、脚本術、 [続きを読む]
  • 物語を作る上で重要な要素〜アクションとリアクション〜【前編】
  • 物語の面白さを表す指標どんな作品、どんなジャンルであっても『面白さ』を客観的な数値で表すことはできません。なぜなら面白さというものは殆ど個人の嗜好に依存してしまうからです。面白さは十人十色。何か一つの物差しを作ることは非常に難しいといえます。しかし何を持って『面白い』『面白くない』と感じているのか、その一要素だけでも推し量ることができれば、それは必ず創作において役に立つはずです。物語構造、脚本術、 [続きを読む]
  • 『成功する人』『しない人』の違い…成功する人の6つの特徴
  • 成功する人、しない人周りの人を見て思うことですが『成功する人』と『しない人』にはそれぞれ共通する特徴があるように思います。こういった話題は雑誌や書籍など読み物として使い古されたものですが…これだけ多くの人が時代 を問わず同じようなことを言っているのを見ると、この世の真実のように思えてきます。もちろんそれらは世界の法則と言える程の科学的根拠はありません。しかし、もしこの世界に『人間には計り知れない法 [続きを読む]
  • 『字幕』か『吹替え』どちらを選ぶか
  • 最近は劇場に足を運んで観ることもめっきり減りましたが、僕は昔から映画(特に洋画)が好きで学生の頃は必ず地上波のロードショーは観ていましたし、高校生ぐらいになると一人で劇場に行って観たり、レンタルビデオ店で借りたり、大学生の時はDVDを買って集めていました。最近は地上波での映画放送が減っているので(BSではやっていますが)少し寂しい…。で、本題ですが皆さん字幕と吹替えどっちで観ることが多いですか? 201 [続きを読む]
  • 個人的に選ぶおすすめアニメ 第1回『To Heart』感想
  • 『To Heart』恐らく10周は見ているであろう今回取り上げるこのアニメ。数ある漫画・アニメヒロインのなかでも個人的に1、2を争うぐらい好きな幼なじみヒロイン「神岸あかり」が登場します。今回、感想を書くためだけに今一度見返してみました。『個人的に選ぶおすすめシリーズ』アニメ版 第1回目は1999年放送のテレビアニメ『To Heart』です。それでは少しの間おつきあいください。1.作品概要と出会い2.細やかな作画と演出3.作 [続きを読む]
  • 物語作品における感情移入について
  • 「キャラクターへの感情移入ができない」何かしら物語作品を作ったことがある人ならば、一度は言われたことがある言葉だと思います。言われたことはあっても、どこをどう直していいのかわからない場合が非常に多いはずです。でも手直しする前に少し待って下さい。「感情移入とはそもそも何なのか」という所をはっきりさせないと、正しく直しようがありません。そして感情移入という言葉を使っている多くの人がただ何となく、よくわ [続きを読む]
  • 僕がWEBで漫画を更新する理由
  • 生きていく上で大切なことの一つに「一瞬の煌めき」というものがあると思う。 多くの人は一日クタクタになるまで働いて疲れて家に帰って、ホっと一息ついて家族の顔を見たり、子供と遊んだり、ご飯を食べたり、お酒を飲んだり、好きなテ... [続きを読む]
  • 僕がWEBで漫画を更新する理由
  • 生きていく上で大切なことの一つに「一瞬の煌めき」というものがあると思う。多くの人は一日クタクタになるまで働いて疲れて家に帰って、ホっと一息ついて家族の顔を見たり、子供と遊んだり、ご飯を食べたり、お酒を飲んだり、好きなテレビや音楽を聞いたり、趣味をしてリラックスをする。リラックスできる時間よりも仕事をしている時間や疲れの方が大きいけれど、家に帰った時の安堵の一瞬には「生きている実感」や「幸せの本質」 [続きを読む]