高木よしあき さん プロフィール

  •  
高木よしあきさん: 高木よしあきWEB
ハンドル名高木よしあき さん
ブログタイトル高木よしあきWEB
ブログURLhttp://takagi-yoshiaki.net/
サイト紹介文高木よしあきのオフィシャルサイト。活動情報・写真・動画など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/03/06 20:54

高木よしあき さんのブログ記事

  • 2017/06/23【国民が働かなくなれば経済発展はありません】
  •  政府の月例経済報告によると、日本経済は緩やかな回復基調が続いているとのことです。  しかし、多くの国民にとって、景気が回復しているとの実感はないのではないでしょうか。それにもかかわらず、安倍首相は、事ある毎にアベノミクスの効果を強調しています。 中でも、アベノミクスが効果を上げている証拠の一つとして、有効求人倍率が上昇していることを挙げています。確かに、今年4月の有効求人倍率はバブル期を上回り、 [続きを読む]
  • 2017/06/22【北朝鮮国民も救済すべき存在です】
  •  石川県知事が、「兵糧攻めにして、北朝鮮国民を餓死させなければいけない」などと発言し、批判の声が上がっているようです(※)。  真意は不明ですが、挑発を繰り返す北朝鮮政権の瓦解を促すために、北朝鮮国民に圧力をかけるという主旨ではないでしょうか。  確かに、国民の間に不満が高まり政権崩壊に至った例は数多くあります。しかし、北朝鮮では、平壌に住む一部国民を除いて、既に多くの国民が過酷な生活を強いられ、 [続きを読む]
  • 2017/06/21【イージス艦の数、日本6、アメリカ80以上・・・】
  •  米海軍のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」が、伊豆岡県沖で貨物船と衝突し、米軍兵士7名が亡くなりました。亡くなられた方々に対し、哀悼の意を表するとともに、負傷された方の一日も早い回復をお祈り致します。今後、事故原因が究明され、再発防止に生かされることが期待されます。 このフィッツジェラルドは横須賀を母港とする艦で、日米同盟にとって、北朝鮮の弾道ミサイルに対する防衛の中核となる艦の一つでもありま [続きを読む]
  • 2017/06/20【その避難指示は妥当なのか】
  •  韓国の文大統領は、福島第一原発の事故により1,368人が死亡したと認識しているようです(※)。この死者数は、東京新聞が昨年独自に算出した原発関連死の数である可能性が高いとのことです。 福島第一原発の事故で放出された放射能が直接の原因となって死亡した人はおらず、避難後に死亡したケースも、原発事故との関連がはっきりしなとして日本政府は原発関連死なる数字を出していません。 しかしながら、原発事故により避難 [続きを読む]
  • 2017/06/19【豊洲移転が玉虫色?】
  •  築地市場の移転問題で、東京都の小池知事は豊洲に移転する方向で検討に入ったと伝えられています。また、その上で、移転後も築地を活用することにも言及しています。 何だか、「豊洲に移転したい人は移転すればいいし、築地に残りたい人は残ればいい」と言っているように聞こえてしまいます。現状では、移転に賛成の人と反対の人がいる訳ですから、小池知事の考えは両者にいい顔をした玉虫色の解決策に見えます。 確かに、築地 [続きを読む]
  • 2017/06/18【またもや幸福実現党の政策をぱくったのか!?】
  •  自民党の安全保障調査会は、日本の防衛費について、GDPの2%程度を目標とする旨の提言の案をまとめたとのことです(※)。 現在の防衛費は、事実上、GDPの1%程度という枠のもとで推移してきました。北朝鮮の核ミサイルの脅威や、毎年10%の伸び率で軍事費を増大させている中国の脅威を踏まえれば、当然とも言える提言です。 しかし、自民党はNATOの国防費を参考に2%という数字を上げたとしていますが、幸福実現党は予てか [続きを読む]
  • 2017/06/17【台湾を国として認めることを検討すべきではないのか】
  •  台湾と外交関係のある数少ない国の一つであるパナマが、台湾と断交し中国と国交を樹立しました。中国としては台湾に圧力をかける狙いがあり、パナマとしては中国と経済的な結び付きを強めたいという思惑があると見られています。 これで台湾と外交関係がある国は20ヶ国のみとなり、台湾にとって大きな痛手であり、中国に対する怒りとともに、長年の支援を無視するようなパナマに対する怒りも広がっているとのことです。 ただ、 [続きを読む]
  • 2017/06/16【北朝鮮が日本海に核ミサイルを試射したら】
  •  テロ等準備罪法案がたいへんな騒動の中で成立しましたが、今度は、文科省の加計学園の関する文章の存在について、与野党が応酬を繰り広げています。  しかし、どう対処すべきか早急に考えなければならない現実の脅威があります。それは北朝鮮問題です。 北朝鮮は、国際社会の圧力にも関わらず、弾道ミサイルや核兵器の技術を着実に蓄積しています。国連での非難決議や、穴だらけの経済制裁では効果が薄く、米軍による実力行使 [続きを読む]
  • 2017/06/15【自由の中からの発展を真に体現しているのはどの政党か】
  •  テロ等準備罪法案が成立する見込みです。国会の会期末を控え、通常であれば会期を延長して成立を図るのが常道ですが、与党側は、今回、参院委員会での採決を省略し本会議で採決するという異例の強硬手段に打って出ました。 テロ対策としての共謀罪の必要性は認めますが、今回の法案は明らかにテロ対策とは無縁の罪も多数含まれており、国民の自由を奪い監視するために当局の裁量を拡大するための法律と言えるので、現在の法案は [続きを読む]
  • 2017/06/14【敵地攻撃能力としてのF-35】
  •  航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機「F-35」の国内製造分の最初の機体が初飛行しました(※)。現時点で、航空自衛隊でのF-35の調達予定数は、老朽化した「F-4」戦闘機の代替分の42機であり、今後、米国内での訓練を経て、来年中に部隊配備される予定です。 F-35は様々な任務に対応した高性能な機体ですが、制空や要撃の任務に主眼を置いた「F-15J」や「F-22」に比べると、地上目標を攻撃する「攻撃機」としての色彩の濃い機体で [続きを読む]
  • 2017/06/13【核シェルター建設の必要性】
  •  全国各地で、北朝鮮の弾道ミサイル攻撃を想定した避難訓練が行われています。  付近にミサイルが着弾する可能性があるという情報を知らされた住民らは、近くの建物に逃げ込んだり、家の窓を閉めたり、また、避難できる建物が無い場合は、側溝や土管などの遮蔽物に身を潜めたりと、今現在で対応できる最大限の避難を試みているようですが、本当にこれでミサイル攻撃から身を守れるのか心配になるというのが正直な感想です。   [続きを読む]
  • 2017/06/12【政府は国民の預金に手を付けるのか!?】
  •  6月11日付の日経新聞に、「預金 ついに1000兆円 金利なくても残高最高 回らぬ経済象徴」という記事がありました。  預金額の多さは豊かさの象徴という気もしますが、実際は有望な投資先が無く仕方なく預金としてお金が集まっているということのようです。政府日銀は大胆な金融緩和を実施していながらお金は回っていませんし、政府の成長戦略も実を結んでいません。【ここにもアベノミクスの限界が現れている】と言えます。 [続きを読む]
  • 2017/06/11【潔く消費増税の撤回を】
  •  政府は経済再生運営の基本指針である「骨太の方針」を閣議決定しました。今回の骨太の方針では、安倍政権発足後、毎年明記されてきた消費増税に関する記述が無くなりました。 これに対し、2年後の10月に予定されている税率10%への消費増税を、延期もしくは断念する布石ではないかという声が上がっていますが、政府は税率10%への引き上げ方針が変わったわけではないとしています。 しかし、現実の日本経済を見れば、とても消 [続きを読む]
  • 2017/06/11【皇室を守るために】
  •  天皇陛下の退位を可能とする特例法が、参議院本会議で可決・成立しました。これで、ご高齢の今上天皇陛下のご負担が和らぎ、御身を案ずる多くの国民も一安心かもしれません。 ただ、今回、生前退位への道を開いたことで、理由があればいつでも退位が可能ということになり、上皇の誕生と相まって、天皇の権威が低下することが心配されます。天皇の地位は、日本国の象徴であると共に、日本神道のトップであるということも紛れもな [続きを読む]
  • 2017/06/09【北朝鮮による巡航ミサイル攻撃は想定すべき】
  •  6月8日朝、北朝鮮が日本海に向けてミサイル数発を発射し、日本でも各マスコミが速報し、一時、日本中の不安が高まったのではないでしょうか。 政府は、発射されたのが地対艦ミサイルと分かると、わが国の安全保障に影響を与えるものではないとして国家安全保障会議は招集せず、北朝鮮に対する抗議も行いませんでした。 確かに、北朝鮮によるミサイル発射は4週連続であり、日本全体が“慣れてきている”と言えるかもしれませ [続きを読む]
  • 2017/06/08【韓国が米韓同盟を解消する可能性はあるのか!?】
  •  韓国の文政権は、韓国国内で配備が始まった米軍の弾道ミサイル迎撃システム「THAAD」について、追加搬入の経緯について調査を開始し、配備阻止あるいは撤回に繋がるような動きを見せています。 これに対し韓国の国防相は、米国のマティス国防長官との会談で、一連の文政権の動きは配備決定の変更を試みるものではないと強調し、火消しに動いているようです(※)。 しかし、文大統領は大統領就任前からTHAAD配備に批判的な上、 [続きを読む]
  • 2017/06/07【米国抜きの一帯一路に肩入れしても未来がない?】
  •  最近、日中間で関係改善の動きが活発化しています。中でも、中国が掲げる「一帯一路」構想について、協力に慎重だった安倍首相が、一転して協力に前向きな姿勢を示しました。 一帯一路構想は、中国からアフリカを含めた欧州にかけて一大経済圏を構築するものですが、中国の軍事的な覇権拡大と密接に関わっていると言われています。しかも、地理的な側面から見ると、米国は完全に圏外であり、中国は米国抜きの経済圏を構築して域 [続きを読む]
  • 2017/06/06【ネット規制を強化しても根本解決にならない】
  •  中国で民主化を求める学生などが武力鎮圧された天安門事件から4日で28年が経ちました。 事実上の一党独裁である中国共産党は民主化運動が広まることを極度に恐れており、あらゆるメディアから天安門事件に関する事柄を一掃し、天安門事件そのものを中国の歴史から無かったことにしようとしています。特に、インターネットを介して民主化運動が広まることに神経を尖らせており、膨大なリソースを投入してインターネットの監視を [続きを読む]
  • 2017/06/05【本当に都議選の構図が分かりやすくなったのか?】
  •  自民党に党籍が残っていた東京都の小池知事が、ようやく離党届を提出し、都民ファーストの会の会長に就任しました。自民党などからは、都議会議員選挙を控え、「これで選挙の構図が分かりやすくなった」などという声が聞かれますが、本当にそうでしょうか。 例えば、今回の都議会選では豊洲移転問題が争点の一つですが、都民ファーストの会と選挙協力をする公明党などとの間で、豊洲移転についてのスタンスが一致しているとは言 [続きを読む]
  • 2017/06/04【日本も米国に続け!】
  •  米国がパリ協定からの離脱を決めたことで、日本もパリ協定からの離脱を真剣に検討すべきではないでしょうか。 パリ協定から離脱した国は環境関連の技術開発が立ち遅れて、国としての国際競争力が低下するとの声がありますが、本当にそうでしょうか。 世界最大の温室効果ガス排出国である中国がパリ協定に参加することが決まった時は、既に参加を決めていた国々などから評価する声が上がりましたが、実は、パリ協定における中国 [続きを読む]
  • 2017/06/03【パリ協定からの離脱に正当性は無いのか?】
  •  トランプ大統領は、地球温暖化対策の国際的な枠組みである「パリ協定」から離脱すると正式に発表しました。  これに対し米国内外から批判の声が上がっており、マスコミの報道を見る限りトランプ大統領を擁護する声はほとんどありません。しかし、地球温暖化の原因はさて置き、選挙戦でトランプ大統領はパリ協定からの離脱を明言しており、公約を実行したに過ぎないと考えれば、トランプ大統領側に一定の正当性があるということ [続きを読む]
  • 2017/06/02【メディアに対し政府当局からの圧力!?】
  •  国連の人権理事会の特別報告者が、「日本ではメディアに対し政府当局者からの圧力がある」などとする報告書をまとめたとのことです(※)。  国連機関のこうした報告書の類いは、時に政治的な思惑を反映していると思われる内容もあることから、的を得ず「余計なお世話だ」という気がするのも正直なところです。  しかしながら、安倍首相は新聞社の社長等と度々会食していることが報じられており、消費増税時の各社の報道など [続きを読む]
  • 2017/06/01【憲法9条はこのままでいいのですか?】
  •  河野元衆議院議長は、安倍首相が示した憲法改正案を批判し、「憲法改正の必要はない」という考えを示しました(※)。 河野氏は、衆議院議長に就任する前は自民党総裁を務めるなど、かつては政界の重鎮の一人と目されていましたが、その後、証拠が無いにもかかわらず韓国側の求めに応じていわゆる従軍慰安婦を認めた河野談話を発表するなど、自虐史観を持つ左翼的な人物として知られています。 その河野氏が、自衛隊の存在に関 [続きを読む]
  • 2017/05/31【全世帯個別訪問で原発の安全対策を説明】
  •  東京電力は、福島第一原発の事故以降、原発の再稼動の目途が立っていません。 東電としては、まずは柏崎刈羽原発の再稼動を優先する考えですが、新潟県知事をはじめとした地元の理解が得られず、経営計画からも目標とする再稼動の時期を明示できない事態となっています。 再稼動が容易でない背景には、もちろん福島第一原発の事故がありますが、もう一つ、トラブル隠しや原発施設に関する誤った説明など、東電の不祥事があるよ [続きを読む]