プラス思考 さん プロフィール

  •  
プラス思考さん: 免疫力を高める生活体験談
ハンドル名プラス思考 さん
ブログタイトル免疫力を高める生活体験談
ブログURLhttp://jinkull.com/
サイト紹介文免疫力を高めて、病気にならない生活習慣を送るための健康情報を発信しています。
自由文免疫力とは、病原菌などから体を守るシステムです。がんに対する予防や治療にも不可欠な力です。ストレスや食生活の変化で、現代人は免疫力が低下しているといいます。現代病のほとんどが、免疫疾患に関係する病気が多く、アトピーもその中の一つになります。病原菌に対する免疫力を高める方法を知っておけば、健康を保つことができます。免疫力を高める食べ物や生活習慣を実践することが大切です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/03/07 15:54

プラス思考 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 肌の免疫力を高める【涙活】が話題
  • 泣くと肌が綺麗になるって本当ですか?最近【涙活】の驚くべき美容効果が話題になっているようです。涙が流れる時、副交感神経が優位になり免疫機能が高まると言われています。そして、免疫機能が高まれば、毛穴の中に侵入しようとする雑菌をブロック。ニキビや吹き出物といった肌トラブルを防ぐようです。ニキビの原因、ニキビを治すための「ニキビケア」に一考ですね。そのほか、コラーゲンの生成を阻止する物質を減らす効果も期 [続きを読む]
  • 「野菜くず」から作るベジブロスは凄い
  • 最近は“野菜くず”を使った「ベジブロス」なるものが注目を集めているようです。ベジブロスとは、ベジタブル(野菜)とブロス(だし)の略なんですね。以前テレビ番組でも、この「ベジブロス」について取り上げていました。野菜の旨みと栄養が満点の“ベジブロス”番組では“ファイトケミカル”が多く含まれており、栄養満点だと説明していました。ファイトケミカル(フィトケミカル)の抗酸化力は、なんと生ジュースの約100倍! [続きを読む]
  • 入浴はシャワーより湯船に浸かるべき
  • 入浴は免疫力を高めるもっとも手軽で効果的な方法と言われています。体温が1度下がると免疫力は約30%低下するので、女性に多い低体温症は、さまざまな不調や病気を招きかねません。冷え性の原因の一つに、シャワーだけという生活習慣が考えられるようです。シャワーだけだと一時的に体は温かくなるものの、体の芯までは温まっていないのです。しっかりと湯船に浸かることで、体の芯から温まり、冷え性を解消することにつながります [続きを読む]
  • ふくらはぎマッサージで免疫力アップ
  • 昔から「冷えは万病の元」と言われ、体温が1度下がると免疫力は30%以上落ちるようです。冷えのもとは、末端まで血液がスムーズに流れないことで起きます。その結果、胃腸の機能が低下して免疫力が落ちてしまいます。そこで、体の内側から血流をよくして体を温める簡単な方法を見つけました。ふくらはぎをマッサージするだけで血液の流れがよくなります。血液の流れがよくなると免疫細胞(白血球)が全身に巡るようになります。ま [続きを読む]
  • 腸内細菌の力で健康を手に入れる極意
  • 今、話題になっている腸内細菌は、健康に影響をおよぼしていることが解ってきたようです。腸内細菌の力を活用して、健康と美を手に入れることも可能なのです。その決め手は、腸内細菌たちのエサになる日々の食べ物にあったのです。NHK あしたも晴れ!人生レシピ「健康への第一歩!〜腸内細菌のヒミツ〜」2017年4月21日の放送でも紹介されていました。 健康を左右する腸内フローラとは腸内フローラとは、腸に住む微生物の集団をいい [続きを読む]
  • 今話題の乳酸キャベツで免疫力アップ
  • 最近“乳酸キャベツ”がテレビで紹介されて注目されていますね。乳酸キャベツは初めて聞いたのですが、「ザワークラウト」のようです。昔から欧州では愛されてきたキャベツの漬物ですね。 乳酸キャベツの効果キャベツに塩を加えることで、キャベツに元々ついている乳酸菌の働きで発酵が進むのです。この植物性乳酸菌とキャベツの栄養成分のダブルのパワーを実感できるのが乳酸キャベツです。乳酸菌は、悪玉菌の増殖を抑えて腸内細 [続きを読む]
  • 冷えない体のために筋肉を増やそう
  • 冷えは“万病の元”と言われるように、免疫力低下により様々な不調を引き起こしてしまいます。体の冷えは手足が冷たくなり、疲れやすく顔色が悪くなってしまいます。 冷えない体を作るために体を冷やさないためには、首や足首を温めると効率よく体を温めることができます。そして、冷え性は“筋肉不足”が大きな原因になっていると言われています。体が作る熱の約6割は、筋肉によって生みだされているのです。筋肉が動くことによっ [続きを読む]
  • 慢性疲労には免疫力アップが一番です
  • 「疲れているな」と感じたら、その原因をじっくり考え、除去することが必要です。日常的に疲労を感じるようであれば、「体が休養を求めている」と考えたいですね。疲労が数カ月も続き、なかなか治らない場合には「慢性疲労症候群」の可能性があります。慢性疲労症候群によく見られる症状慢性疲労症候群は、風邪や気管支炎などの病気をきっかけに始まることが多いと言われています。疲労感に加え、頭痛や筋肉痛、のどの腫れ、微熱、 [続きを読む]
  • 爪もみ指圧で簡単に免疫力アップ
  • 免疫力アップに効果的なのが、手の爪の生え際にあるツボを押して指圧する“爪もみ”です。免疫力が低下する最大の原因は、交感神経が過度に緊張することなのです。爪もみ指圧は、瞬時に自律神経に伝わって、自律神経の働きを整えることができるのです。副交感神経優位に導き、リンパ球を増やして、免疫力を回復させる効果があります。 ■爪もみのやり方爪の生え際の部分に親指と人差し指で爪の両脇をはさみますギュッと強めに10秒 [続きを読む]
  • 口角炎の原因は免疫力低下から
  • 口角炎とヘルペスは、日常の生活習慣で予防できる疾患です。どちらもウイルス感染からひき起こされる疾患ですが原因には違いがあります。■口角炎の症状口の両端の口角に炎症が起こることで赤く腫れ、裂けて痛むのが一般的な症状です。口角が一度切れると、口を開くとき、治りかけていた傷口が改めて裂けてしまいます。 ■口角炎の原因免疫力低下によって、カンジダなどの常在菌が異常繁殖し、口角に炎症を起こす病気です。日常生 [続きを読む]
  • 口内フローラが健康に直結する
  • 口腔内には、700種類ほどの細菌が100億個いて、『口内フローラ』を形成しています。腸内フローラで有名になったフローラ(お花畑)が、口内にも存在するのです。口内の悪玉菌が増えると虫歯や歯周病などにつながると言います。さらに悪玉菌は、がんや動脈硬化、糖尿病など大病を引き起こすとされています。2016年9月11日の「健康カプセル!ゲンキの時間」の番組内容によると、「口の悪玉菌をやっつけろ!〜歯のトラブルは万病の元」 [続きを読む]
  • 初夏!そら豆を食べて免疫力アップ
  • 初夏の味覚“そら豆”は大相撲夏場所の風物詩としても親しまれています。マメ科に属するそら豆は、4月から6月にかけて旬を迎えます。独特の臭みが苦手な人は、油と一緒に調理すると比較的気にならなくなります。■そら豆の栄養と効能空豆(そら豆/そらまめ)は、たんぱく質やビタミンE、ナイアシンを豊富に含みます。ビタミンEは、強力な抗酸化作用によって、血管の老化を防ぎ、免疫力を高めてくれます。ダメッジを受けた細胞を [続きを読む]
  • 筋トレ後はタンパク質が必要です
  • 筋肉は免疫力を上げて『がん』まで撃退してくれることが、今話題になっています。筋肉をつけたい場合、多くの人は“筋トレ”ばかりしていると思います。でも、筋トレ以上に重要なことが食生活を見直すことです。筋肉をつけるために必要な栄養素は、炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルです。スポンサーリンク 筋トレ後の食事が最も重要になります筋トレと食事の関係ですが、筋肉は「タンパク質」でできています。 [続きを読む]
  • 飲む点滴!甘酒パワーで風邪予防
  • 今話題の甘酒は栄養価も高く“飲む点滴”とも呼ばれ、注目度が急上昇中です。甘酒の成分は、点滴の成分とほぼ同様と言われています。美容と健康に効果が望めるとあって、早速、甘酒の効果を調べてみました。 甘酒には二種類あります①米麹(こめこうじ)を発酵させて作ったもの 米に米麹を加えて作られます。 砂糖を加えないため、その甘みは麹が引き出したお米の甘みです。 発酵による自然な甘味で、アルコール臭さや、クセ [続きを読む]
  • ミトコンドリアが免疫力の鍵を握る
  • しっかり寝たはずなのに疲れが取れないと感じたことありませんか?その原因は“ミトコンドリア”が減ったりしているかも知れません。TV番組「世界一受けたい授業」では、疲労回復について放送されました。疲れが取れないと感じた時には、ミトコンドリアを増やすことが効果的です。 ミトコンドリアを増やす3つの方法【1】プチ断食がオススメ 空腹感が増すと、エネルギーを作る栄養が足りないと感じてミトコンドリアは増加。 [続きを読む]
  • LPS免疫ビタミンで自然免疫力を強化
  • 今年はインフルエンザ患者数が急増して現在では164万人だと推定されています。インフルエンザにかかる人、かからない人には“免疫力の差”であると言われています。世界一受けたい授業で、免疫学者の杣源一郎先生が「LPS」について解説されました。LPS(リポポリサッカライド)は免疫ビタミンと呼ばれています。体の「自然免疫力」を強化し、病気やウイルスに負けない体作りに役立つといわれます。LPSは、土壌や自然に含まれる微生 [続きを読む]
  • ストレスが膀胱炎の原因になる
  • 膀胱炎になる直接的な原因は、免疫力低下による細菌の増殖といわれています。免疫力が低下する原因は疲労や病気などですが、ストレスも大きな要因です。NHK チョイス@病気になったとき「ぼうこう炎の新常識!」と題して放送されます。 ストレスが免疫力を下げる理由私たちが健康を保つためには、自律神経のバランスを保つことが大切です。過度なストレスは、交感神経を優位にして副交感神経が働く時間を減らしてしまいます。 [続きを読む]
  • はちみつは咳の苦しさを軽減する
  • 咳(せき)の苦しさを大きく軽減させると今注目される“はちみつ”の効果とは。喉(のど)が痛い時や咳が出る時は、蜂蜜を口にすれば即効性があるようです。NHK ためしてガッテン「あなたのせきをチェック!止め方&見分け方SP」が2月3日に放送されます。コーヒーに蜂蜜を入れて飲むと、コーヒーに含まれるカフェインの相乗効果があるようです。 はちみつが咳に効く理由喉の痛みの原因は、風邪などの細菌が、喉の咽頭や扁桃 [続きを読む]
  • 腸内フローラを整えて風邪に勝つ
  • 風邪やインフルエンザが流行する季節は、いつも以上に健康管理に気をつけたいものですね。毎年、風邪を引いてしまう方や、風邪知らずで冬を乗り切る方も少なくありません。 その違いは“免疫力の差”と言われています。免疫力が高ければ、多少の菌やウイルスに対する防御力・抵抗力も高くなります。また、症状を悪化させずに乗り切ることができるのです。 近年、免疫ビタミンと呼ばれる「LPS」の免疫力アップに注目され [続きを読む]
  • 免疫力を高める水素水の効果
  • 昔に比べて、なんとなく疲れやすかったり風邪をひきやすくなったと感じたことありませんか?そんなあなたは要注意!免疫力が低下している可能性があります。TV番組「健康カプセル!ゲンキの時間」で“水素水”の免疫力アップ効果に驚き!今、注目を浴びる“水素水”は雑誌でも、頻繁に取り上げられるようなりました。水素水とは水素水とは水素が水に溶け込んでいる水で、抗酸化作用があるとして近年注目を浴びています。水は「水素 [続きを読む]
  • ノロウイルス感染しない予防法
  • 激しい嘔吐と下痢を伴う“ノロウイルス”が、今年は新型が現れ患者が急増してます。NHK番組ためしてガッテン「緊急追跡ノロウイルス新型対策&予防法SP」が放送されました。ノロウイルスとはノロウイルスはインフルエンザウイルスの感染力の1000倍と言われています。突然、嘔吐と下痢、腹痛、発熱など激しいものです。保育園、学校、高齢者施設などでしばしば集団発生することから、社会問題になっています。ノロウイルス感染は [続きを読む]
  • インフルエンザ予防接種の可否
  • インフルエンザが流行する季節になると、予防接種の呼びかけがよく聞くようになります。ワクチンの効果や副作用、将来にわたる免疫力低下を考えると、自己判断が必要かと思います。インフルエンザワクチン接種の是非をめぐっては、医学界でも意見が分かれています。ワクチンで抵抗力アップ2015/2016年の季節性インフルエンザワクチンは4種類の抗原が含まれたものです。昨年までのインフルエンザワクチンは、A型を2種類、B型を1種 [続きを読む]
  • タバコ喫煙が免疫力低下の原因
  • タバコの害については、あちこちで言われています。タバコが燃える時に立ち上る“副流煙”は、直接周囲の人の体内にも入ります。副流煙の問題は、吸っている人以上の健康被害をもたらすと言われています。深刻な問題として海外の研究学術誌のウェブサイトで発表されているのをご存知でしょうか?TBS番組「駆け込みドクター!運命を変える健康診断 」で関連情報が放送予定です(11月22日) タバコは免疫力低下の原因タバコにはな [続きを読む]
  • かぼちゃを食べて風邪を引かない
  • 昔から「冬至にカボチャを食べると風邪を引かない」と言われています。その時期、かぼちゃを常食していると、風邪予防になると考えられます。なぜ風邪を引かないのでしょうか?かぼちゃはβ-カロチンが豊富で、ビタミンやミネラルなどがバランスよく含んだ野菜です。緑黄色野菜の王様とも呼ばれるほど栄養価が高い食べ物なのです。ただし、かぼちゃは比較的糖質の多い野菜ですので、食べ過ぎには注意しましょう。 β-カロテン [続きを読む]
  • 寝不足も寝すぎも免疫力低下に
  • 寝すぎは免疫力を低下させ、生活習慣病などのリスクが高まることが明らかになったようです。東フィンランド大学の研究では、寝すぎによって銅の影響で免疫力低下をもたらす。 銅の影響とは人間の血清中には微量の銅が含まれています。銅の量は健康や身体機能などに大きく関係することは今までの研究でわかっています。逆に、銅を摂り過ぎると肝細胞や神経システムを傷めることになります。東フィンランド大学の研究では、睡眠 [続きを読む]
  • 過去の記事 …