ヴァルデマール・シュトルンク さん プロフィール

  •  
ヴァルデマール・シュトルンクさん: 惨憺たるアンコウ
ハンドル名ヴァルデマール・シュトルンク さん
ブログタイトル惨憺たるアンコウ
ブログURLhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/
サイト紹介文欧州自転車レースを中心に読書日記や映画、思い出話や料理、燻製や手造りビールなどを、のんびり書きます。
自由文すでに人生50年を過ぎ、欧州自転車レースもやや古い話に偏りがちです。しかし昔を知っていれば今が楽しくなることは間違いありませんよ。最近のイチオシは87年のスーパークリテリウムの記事。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供325回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2010/03/08 10:11

ヴァルデマール・シュトルンク さんのブログ記事

  • ヘント〜ヴェフェルヘムもアフェルマート
  • ケーケレーレってネオプロの時のデビューはすごかったんですよね。連戦連勝みたいなとんでもないスプリンターが出てきたと思ったものでした。一番強かったと思うけどねぇ。最後のスプリントは、思いっきりギャンブルかけて、勝てるんじゃないかと思ったけど、ダメでした。ファン・アーフェルマートはE3ハレルベケと連覇です。しかし、最後30キロぐらいからは、面白かったですね〜。その前に砂ぼこりの未舗装路を爆走したりしてまし [続きを読む]
  • うらやましい話です
  • 子供のうちからこんな練習をできるなんて、羨ましいですねえ。ホビーレースにしても、こういうのに慣れて、どのぐらいやるとコケるかを体で覚えてから出るようにしないといけないんでしょうけど、なかなか公道でこんなことできないですからねぇ。卓球は卓球場で、テニスはテニスコートでやるもんだし、自転車もまずはベロドロームでやるのが基本なんでしょう。日本では自転車はどうも移動の道具で、その延長に競技があるみたいなと [続きを読む]
  • 今夜はヘント〜ヴェフェルヘム
  • せっかく見られるようになったDAZN、なのにこのところ眠くて11時には眠ってしまい、E3ハレルベケも見損ない、カタロニアも知らないうちにバルベルデでほぼ決まったみたいになってますね。で、今日は早くもヘント〜ヴェフェルヘム。去年は死亡事故などあって、サガンの優勝も霞んでしまいましたが、今年はどうなるでしょう。rsn での話題はモニュメント直前のドワルス・ドーア・フランデレン、E3ハレルベケ、ヘントと続く3つのベル [続きを読む]
  • 友川カズキライブ in 高円寺ウーハ
  • またまた行ってきました。前回のライブはギックリ腰で行けず、今も万全ではないんですが、友川さんの挙手もちょっと腰をかばう仕草が見え、聞いてみるとやっぱり持病の腰痛が。。。とおっしゃってました。今回の楽しみはやっぱりあの幼稚園の話。直ぐに出てきて場は一気に盛り上がりました。今朝できた曲という「馬喰が来た朝」という曲を最初に披露。さらに「夜へ急ぐ人」も。終了後は図々しくも打ち上げに参加。あまりお話はでき [続きを読む]
  • 幼児的嘘つき?
  • 世の中には常習的に嘘をつく人がいる。昔の知り合いにそういう人がいた。俺の親父船乗りだから、と言ったのに、何日か経つと俺の親父銀行員なんだ、と言う。え?船乗りって言ってなかったっけ? いや、そんなこと言ってないよ。まあ、最初はそんなものだったんだけど、徐々にいろんなところで、すぐにバレる嘘をつく。周りの人たちも、そいつが何か話し出し、ちょっと変だな、と思うと、目配せしあうようになった。今から考えれば [続きを読む]
  • 清水潔「『南京事件』を調査せよ」
  • 図書館で予約してから随分待った。南京虐殺を否定する人たちを見ていて、前からずっと思っていたのは、南京事件の証言をしている元兵士たちが沢山いるのに、ということだった。この否定する人たちは彼らを嘘つきだというのだろうか?この本の中には数冊の日記まで出ている。兵士が日記を書くということが不思議だろうか?しかしドナルド・キーンさんは太平洋戦争に従軍して、死んだ日本人兵士の日記を読むことを仕事にしていた [続きを読む]
  • ドワルス・ドール・フランデレンはランパルト
  • 逃げた4人でクイック・ステップが二人ですからね。でも一昨年はこういうパターンで失敗続きだったのもクイック・ステップでしたけど。というわけで、クイックのジルベールとランパルト、オルカのダブリッジとアスタナのルツェンコが逃げて、残り10キロぐらいの最後の登りでジルベールがアタック、一瞬決まりそうだったんですが、ダブリッジが追い上げて追いつき、後ろでもランパルトはツキイチでルツェンコに追わせて、結局また4人 [続きを読む]
  • 最悪のトラウマ映画「ポゼッション」
  • 「エイリアン」は怖かった。生涯であれほど怖かった経験はあまり思い浮かばない。1970年台後半。当時「スターウォーズ」や「未知との遭遇」、さらに「2001年宇宙の旅」のリバイバルがあったり、ちょっとこれらとは一線を画するけどタルコフスキーの「惑星ソラリス」なんかもあって、SFブームみたいな感じだった。そんなSFの一環として、ほとんど予備知識を持たずに映画館に入ったら、これがものすごいホラー映画じゃないの。怖くて [続きを読む]
  • ボルタ・ア・カタルーニャ第1ステージ
  • 早速DAZNで昨夜も見てました。しかし終わるのが夜中の一時になっちゃうから寝不足になりますね。DAZNの契約、ある人から聞いて、docomo なら d メニューから行けばDAZNが月980円だよ、とのこと。うん、とりあえず一月無料期間見せてもらってから乗り換えようと思っているところです。で、昨日のレース、途中山も超えるのでスプリントになるかなぁ? と思っていたら、あっさり集団スプリントでした。メンバーを見て、グライペルと [続きを読む]
  • ロジェ・パンジェオン逝去
  • うーん、去年の年末にフェルディ・キューブラーが亡くなり、最高齢ツール優勝者となったロジェ・ヴァルコヴィアクもあとを追うように亡くなったと思ったら、今度は1967年優勝者のロジェ・パンジェオンが亡くなりました。76歳。心臓麻痺で突然死だったようです。アンクティルとメルクスの間に挟まれて地味かもしれません。そもそもアンクティルが最後に勝った64年の後から69年にメルクスが勝つまでの間の4年間の優勝者の名前を言え [続きを読む]
  • ミラノ〜サンレモはクヴィアトコフスキ
  • も〜、全く〜、サガンちゃんたら強引なんだから。一人でレース作って最後の最後に刺されちゃいました。しかしポッジオで逃げて、その後も8割がた先頭を引いて、最後も先頭で残り400メートルぐらいからスプリントして、ちょっと無茶だよね。まあ、クヴィアトコフスキも強いのは間違いないけど、今日の勝者はサガンだな。数年前にカンチェラーラがやっぱりこんな感じの負け方をしたことがありましたね。あれは誰が勝った時だろう?勝 [続きを読む]
  • ミラノ〜サンレモ観戦中
  • やっとiPhoneでメールの送受信ができるようになりました 笑) で、今日は去年の10月に解約したJスポーツ4、ミラノ〜サンレモだ、というわけで慌てて昼間に契約したら、なんと、今年はJスポでやらないんじゃないの。あ〜1300円損した。契約は4月からでよかったのに。。。涙)で、どこかでライブストリームやってないかと探したんだけどねぇ。一つ無料というところがあったんだけど、登録に当たってクレジットカードの番号を入れろ [続きを読む]
  • ユーゲントシュティル
  • やっと忙しい4日間が終わり、昼に免許の更新にうちから6キロほどの府中の運転免許試験場へ行ってきました。一応無事故無違反の安全運転ですので、講習も30分でサクサクと終了、帰りに小金井公園の前を通過するとき、あまりに陽気がいいので、前から見たかった江戸東京たてもの園に寄ってみました。以前、知り合いのFBで見てて、行きたいなと思っていたデ・ラランド邸。素敵な建物です。ユーゲントシュティルっていうやつで、この様 [続きを読む]
  • 嘘を戦略とする人たち
  • 防衛大臣の稲田某が例の極右幼稚園の訴訟に弁護士として出たことなどない、知らぬ存ぜぬと言ってから、すぐに記録文書によってその嘘がばれた。さらに少し前にはその園長を表彰したのは民主党じゃないか、と安倍は言ったが、すぐにそれが嘘だったことがばれた。どちらも普通の人なら、勘違いしたんだろう、みっともない、と思うところだ。だけど、そうじゃないんじゃないか。トランプにもそういう傾向があるらしいけど、嘘でもその [続きを読む]
  • 地球が滅びるときに見ていたい映画
  • いやぁ、忙しくて、その忙しさに輪をかけたのがスマホ購入。ずっとガラ携だったんですが、先週末1日潰して変えたんですよね。そしたらその日の夜から忙しくなって、何も手につかず、メールも送れないまま、というかアップルIDも取得できないまま。。。やれやれ、どうなるんだ??というわけで、そういう忙しい時にはあえて、表題のようなことを書いてみようというわけで、私の一番好きな映画は何?と言われたら即座に、タルコフス [続きを読む]
  • パリ〜ニース、5ステージはグライペル
  • うーん、一昨日のTTはマルティンがトップ10にも入れず、何か言い訳しているかと思いきや、ブログの更新もありませんねぇ。昨日は見てなかったんですが、YouTube で見ると、キッテルの伸びがまるでありませんねぇ。しかし結果を見ると、このところ出てきた25歳以下の若手スプリンターの名前がいっぱい。デマールやフルーネヴェーヘン、ベネット、他にもやコカール、コルト・ニールセンなんかも去年のブエルタで出てきた若手ですね。 [続きを読む]
  • 教育勅語の精神? ふざけちゃいけません
  • 稲田が「教育勅語の精神、取り戻すべきだと今も思う」と国会で答弁したそうだ。朝日のデジタルからコピペする。稲田氏は「教育勅語の精神である日本が道義国家を目指すべきであること、そして親孝行だとか友達を大切にするとか、そういう核の部分は今も大切なものとして維持をしているところだ」と述べた。http://digital.asahi.com/articles/ASK385H5KK38UTFK00M.html?rm=351相変わらず毎度おなじみの安倍政権の欺瞞的やり口だ。 [続きを読む]
  • キッテルのブログ、早すぎたぜ
  • 確かにベネットはゴール前にクリストフが後ろから駆けてきたのに合わせて、ゴール直前で後ろから差し込みました。風の影響があったと考えると、ポジション取りとしては一番良かったんでしょう。……今日はなんとしても勝ちたかったぜ。なのに最後、本当に風が強いのにびっくりしたぜ。早く出すぎちまった。もう一人いたらよかったんだけど、リスクを負ってでも行きたかったんだ。サバ【サバチーニ】と一緒に前へ出て行ったんだ。後 [続きを読む]
  • パリ〜ニース第3ステージ
  • 肝心なところで頻繁に止まるライブストリームで見てました。いやぁ、ゴール前、青いマイヨが何人か見えたので、あ、これはキッテルだなと思ったんですが、まるで伸びず、デーゲンコルプにも刺されて、逆にうまく前に飛び出したクリストフの後から、うまく合わせたサム・ベネットが優勝でした。ボーラの初勝利はサガンだろうと思っていたら、ベネットでした。去年はなんか今ひとつ物足りないスプリンターだったんですが、髭面になっ [続きを読む]
  • 週末レース雑感
  • ちょっと忙しく、しかも国会では安倍が無意味に逆ギレ興奮して「印象操作」だと吠えている間にストラーダ・ビアンケも終わり、パリ〜ニースが始まっていました。しかし、質問にまともに答えず、指摘もされていないのに、しかも議長の言葉を遮ってまで「自分も妻も無関係だ」と言い募るのは、コメントを下さった方も書いていましたが、歴代首相とはかなり異質なものがあります。ストラーダ・ビアンケは一昨年でしたかね、サガンと1 [続きを読む]
  • 安倍の後ろ盾
  • 今回の安倍夫人が名誉校長だったり、安倍自身も褒めていた幼稚園。あまりにグロテスクなので触れたくもないのだが、その教育方針以上に驚くのは父母に対する居丈高な言い方だ。犬臭いと言って自宅で飼っている犬の処分を求めたり、保護者を「気が利かない」とか「電話しても出ない」などと非難した挙句、「名前は伏せるが結局誰か分かる。お母さん”頭隠して尻隠さず”そういう根性は子供にそっくりDNAに移されます」という文書( [続きを読む]
  • 今朝の東京新聞から、半藤・保坂対談覚書き
  • 今日の東京新聞、半藤一利氏と保坂正康氏の対談が載っている。幾つか印象的な言葉があったので、覚え書きとして写しておきます。保坂「デモクラシーの後にファシズムがやってくる。それが20世紀の鉄則です。ファシズムはいつもデモクラシーの後を影のように付いてくる。」半藤「昭和3年の張作霖爆殺の時は、新聞社が批判したからうまくいかなかったんですよ。それで、昭和6年の満州事変までの間に軍部が何をやったかといえば、新聞 [続きを読む]
  • 前世紀のホビーレースの話
  • 少し前にコメントを書いてきたネトウヨ氏は、何の前振りもなく、突然こんなことを書いてきた。……己は汗を流さずどこが自転車レースカテゴリーなの? レースで称えあった経験もないくせに レースに出たこともない奴が偉そう抜かすなよ。子供でも分かるぞこれ。……まあ、さすがにこれには反論しておきたいと思っていたけど、実家に戻らないと証拠写真もないのでね。というわけで、今日は恥を忍んで前世紀の写真です 笑) かのネ [続きを読む]
  • マルティンのブログ、8針縫合
  • というわけで、アブ・ダビでの最終日、キッテルは雨の中のスプリントに加わらずに終わりました。最終コーナーで滑ったのでやめたと本人は言ってますね。そして、とうとうカレブ・ユアンが優勝です。キッテルが加わらなかったとはいえ、カヴとグライペルに勝ちましたからね。まあ、まだシーズンは始まったばかりだし、調整中という言い訳はいくらでも通用しそうです。さて、マルティンは土曜のオムループ・ヘト・ニウスブラットでは [続きを読む]
  • 再び、愛国心とは何?
  • とんでもない映像を見た。安倍を積極的に支持する人達はこういう幼稚園へ自分の子供を入れたいのだろうか? 正直なところ、こんな画像を自分のブログに貼りたくはないのだけど。。。ええぇ…? RT @GeeGaku: 森友学園の「運動会の宣誓」の様子流石にやば過ぎやしませんか pic.twitter.com/EMqtQ8XSle— 鶴子 (@_turu_ko) 2017年2月25日 僕は前に相模原事件の土台にあるのは安倍的社会だと思うと書いたことがある。つまり容疑 [続きを読む]