スロー さん プロフィール

  •  
スローさん: 蝶になりたい
ハンドル名スロー さん
ブログタイトル蝶になりたい
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mildmind2
サイト紹介文熟成不足のまま、歳を重ね、干物になるには、まだまだ未練たっぷり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2010/03/09 17:52

スロー さんのブログ記事

  • 自問自答
  • 庶民には庶民の人生の楽しみ方がある。何かを背負うと重荷になる場合がある。何も背負わないと、ひらひら風に散って、跡形もなく、その場限りの時を享受する。本人が良ければ、周りに迷惑をかけなければ、人それぞれの選択である。自分はどうしたいのか、自分に問うてみる。他人には言えないような、恥ずかしい自負がある。この自負こそ、生きていく糧、プライドだと思っている。ただし、プライドだけでは食べていけない。今日のブ [続きを読む]
  • 探究心が止まらない
  • わたしのブログの存在(URL)をリアル人で知っている人は、姉、姉のまわりの人、近所のダンス仲間、友人A、友人B、元・中学同級生、元・同僚。以上、10人にも満たない。その中で、ほんの数本の記事を読んだだけで、読むのをやめた人は、なんと、5人ぐらいいる。まだ読んでいる人は、2〜3人(以下)という、皆さん、クールな現実派。友人Cには、わたしがブログを書いていることは知っているが、URLを知らせていないので、ブログには [続きを読む]
  • 友だちがいない、典型的タイプ
  • 蝶ブログ、閲覧数が上がったり下がったり、乱気流で船酔い気味。皆さん、嫌いなブログって、気になることもあるし。つかみどころのない、実体のない浮遊する事象には、あまり囚われず、いつもながらの「我、関せず」スタンスで、いきます。さて、ここのところ、くだらないゴシップ記事ばかりをスマホでググって読んでいたら、ゴシップ通になってしまった。久々ぶりに訪れた、銀行での待ち時間に、女性週刊誌を手に取るも、どれも知 [続きを読む]
  • 楽しくない老後を回避する対策、今さら感あり
  • ぼぉ〜っとしている。といっても、しばらくすると、快適時間はおしまい。じゃあ、今のうちに、たっぷり楽しまなければ。といっても、何もせずに、ぼぉ〜っとしているだけだ。お盆で田舎の家では、なんの問題もなかったのに、こちらではなぜ、問題があるのだろう。問題とは、、、快適空間の確保ができるか、できないか、である。まずは、住宅事情。人口と土地需要の関係から、田舎のほうが、広い。部屋と部屋が離れているので、音が [続きを読む]
  • 最後の嫁
  • ここのところ、忙しく、1日の終わりが近づいた時間に、ブログをアップするようになった。 お盆は、誰一人、見る人(オブザーバー)がない中、ひとり、黙々と、帰省中のご先祖様たちに、定番、お盆メニューの、おさんどんをして、お供えした。ずっと前は、御膳を5膳も出していたので、お供えする量も5膳分あり、結構な量だった。ある年、姑の提案で、2膳にした。5分の2の分量になり、助かった。姑の姑がいた頃は、あんころ餅も自家 [続きを読む]
  • パワフル馬力は、ないけれど
  • 姉はすごい。パワフルである。わたしの100倍ぐらい馬力がある。昔、父が、姉は男だったらよかった、能力があるから女だと活かせないのはもったいない、と言っていた。その点、わたしは、いつも、ダメ子の評価。期待されず。まわりからも同じ評価を下され、スパルタ教育もされず、のうのうと甘んじてサボっていた。今日の、ふにゃふにゃは、長い年月の積み重ねである。で、まわりからも期待され、本人もやる気満々、体育会系の姉は [続きを読む]
  • バテバテお盆
  • さすがに、バテバテ。ブログや、ライン、SNSをいじくろうか、という気にならない。目が、しょぼしょぼ。長女一家も娘婿の実家に帰省していて、ラインする余裕なし。ライン、来ない。夏休み、孫たちは、あちらの、いとこたちとの子供交流会が行われ、娘はプールや遊びに付き添っていることだろう。リアルが忙しいと、ネットに手が回らない。インスタグラムは、本末転倒だと感じる。(かつて、わたしも振り回されていた時期もあった [続きを読む]
  • ストレス溜まりまくり
  • 終戦の日が近くなると、テレビで戦争特集が組まれる。わたしは、怖いもの知らずの若い時は、さほど思わなかったが、年齢を重ねて、怖いものだらけになると、戦争の惨状を正視できない。真っ暗な気持ちになった。とうとう、最後まで番組を見終えることができなかった。痛いほどに、バンバン、ガンガン、ずんずん、胸に突き刺さる。人間の生命の大切さが、染み渡る。今まで、なにを辛いことをしたでもない、悲しい目に遭ったわけでも [続きを読む]
  • 悔しさは、エネルギーになった
  • 長い長い、非公開記事に、またまた手を加え、さらに長くなった。そうすると、中身の流れが少し変わってきた。非公開のまま、感情のままに、過去の恨み節を綴っていたら、あれこれ整理できてきた。だから何なの?で、それからどうした?で、どうしたかった?で、そうしたの?しなかったの?いくつもの出来事で、自分の感情が湧き出て、その都度、それまで気づかなかった自分の思いを知った。知っただけ?例えば、悔しかった、だとか [続きを読む]
  • 懐メロに涙の世代
  • 昨日に書いた記事、今日は何度も書き直し、推敲を重ねたが、アップするのは見送った。懐メロ番組を見た。 南こうせつ、吉田拓郎、中島みゆき、世良公則、チューリップ、、、その頃のファンが、懐メロテレビのターゲット?石原裕次郎、浅丘ルリ子の映像には、わたしは違和感。わたしは、ファン年齢より若いからだ。懐メロファンが、「演歌」ではない層。なんだか新しい層である。さて、わたし。若い親戚の病気見舞いに本日、行って [続きを読む]
  • 暑い時に、ゴタクは暑い
  • 調子に乗って、好きなことを毎日書いていたら、皆さんに飽きられたみたいだ。そりゃそうだ。中味がない、自分にしか追求先のない話など、他人にとれば、うんざりするだろう。(じつは、昨夜から今朝にかけて、どうしても溢れる思いがあり、抑えきれなくて綴ったが、非公開にした。いくつも、いっぱいある御蔵入りの一つ)サービス精神がないブログ。広く通じる知識や理解、確かな情報収集&分析力、そして発信力でもない限り、そっ [続きを読む]
  • 凡人礼讃
  • いいなあ、、、最愛の他人と過ごす晩年。ねえ、おじいさん。なんだい、おばあさん。ほら、あの時、子供達のあの出来事、あなたったら、、、そりゃ、そうさ、、、あれは、なあ、、、見て、この風景、前に住んでたところを思い出しますねえ。あの家は、ひどかったけど、懐かしいなあ。静かに語り合う過去、支え合う暮らし。いいなあ、、、やがて、片方がいなくなっても、もう一方は淡々と生きていく。晩年にならないと到達しない心境 [続きを読む]
  • 我慢に我慢を重ねてキレる頃
  • 不幸のモトは、原因は自分にある。ここでは、「不幸」を「マイナス感情」と定義してみる。皆んなに迷惑かけてはいけない、と我慢して自分が苦しいのも、不幸の一種である。自分本位にエゴを出して、自己嫌悪に陥るのも、不幸の一種である。自己嫌悪そのものが、マイナス感情、マイナス思考である。からりと晴れて、一点の曇りもない人は、退屈である。なんの短所、欠点もない人は、つまらない。ほんとに好きに生きてるの?汚れると [続きを読む]
  • 我慢できなくても我慢する
  • わたしは、自立していない依存型の人間である。自立しても良いのだが、自分の足で立つと、あまりにもヨロヨロで、貧相。それでも自分が良ければ、良いのだが、周りに使えそうな杖や、頃合いの良い乗り物があると、使ってしまう、乗ってしまう。何もない時代であっても、原始時代でも、木の枝で杖ぐらいは作れる。原始時代に生きていたら、わたしは、いの一番に(死語を堂々と使う)、マンモスに踏み潰されているかも知れない。どん [続きを読む]
  • 自分も人から見ると、ヘンな人
  • 「毎日、暑いですね〜」と、全く知らない初老の女性が電車の隣の席から声をかけてくる。「暑いですね〜」と返事するものの、それ以上は答えないわたし。ホームに行くエレベーターの中では、これまた見知らぬご年配女性が、「奥さんは若いからいいけど、わたしは、しんどい、しんどい」と話しかけてくる。「(しんどいのは)おんなじですよ〜」と、短い返事をするわたし。わたしの母より年上らしい、90歳というその女性は、いかに今 [続きを読む]
  • 幸せは、どこにある?
  • 育児休暇中の娘がラインで、あれこれ送ってくる。わたしの母校の同輩たちの活躍ぶりが、ニュースの特集としてシリーズ化されている。すごいなあ、みんな、頑張ってるなあ。それに比べて、、わたしは、、、と、別に卑下するわけでも、悲観するわけでもない。わたしは、子供たちや、孫たちの成長だけが楽しみの、普通のおばあちゃんになった。それはそれで、とても幸せだと思っている。充実感を噛み締めている。あれだけ、社会に出て [続きを読む]
  • 素敵に歳を重ねた姿
  • 子供達が通っていた幼稚園の園長先生の姿を久々ぶりに見た。地域の夏まつりに、来賓として来られた。たまたまわたしは、受付の横で、ピンチヒッター留守番をしていた。園長先生は、杖をついておられた。だが、柔和なお顔をされていた。髪は白いものの、ふさふさボリュームのある、カーリーな毛先にイキイキ活気を感じる。髪が多いと、白髪でもサマになるなあ、と高得点。30年前は、まだ現役バリバリだった園長先生は、頑張りもさる [続きを読む]
  • 懺悔の朝
  • 自治会活動を通して見えてくる、日本の将来。と、これを書こうと思っていたが、延期。それにしても、電車待ち時間の長いこと。ダイヤ改悪のため、非常に不便になり、毎日の生活にロス時間の負荷がかかるだけでなく、マイナス・ストレス影響。全くムカムカしている。駅のエアコン付き待合室?は満員で、座るところなし。立っている人もちらほら。人が多いせいでか、室温は、弱冷よりちょっと高め。もわ〜ん。ホームに設置されている [続きを読む]
  • 夏は暑いが、暑くない人もいる
  • 暑い一日だった。母と久しぶりに顔を合わせると、なんと毛糸のベスト着用。母「あんた、そんな薄い服で大丈夫?短いズボンで足、寒くないの?」わたし「世間は、汗ダラダラやで」母「今、何月なん?」わたし、はあ〜、と溜息。室温調整の楽園は、ぼけるとよく聞くが、ご多分にもれず。色々お話、近況報告。15分に一度は一旦、元に戻る。話をまた始めからスタート。結構、たいへん。積んでは崩し、積んでは崩し。ここ三日間、自治会 [続きを読む]
  • 老人との会話
  • 久しぶりに、姑に会った。ひ孫と初ご対面で大変、喜んでいた。良い光景だと思った。しかし、話が、まだ結婚していないほうの孫(わたしの子供)のことになると、、、「早く結婚させなさい」と。わたしは、このフレーズを聞くと、とたんにストレスを感じ、感情が逆噴射する。夫はさすがに最近、この禁句を言わなくなった。説明するのも、神経が磨耗する。姑は、当たり前のことを当たり前の感覚で言っているのだろうけれど。引きこも [続きを読む]
  • めんどくさい人
  • わたしの別SNS日記に、自己主張を繰り返す人が、まだ昨日に引き続き、今朝も連続コメントあり。いいかげんに、うんざりした。意見はわたしと正反対なのであるが、ご自分の主義主張を連ねる。正反対なんだから、意見が分かれて、それでいいではないか、と思うのだが、ダメなんだろうか。なにも、プロジェクト推進チームのチームメイトではない。いろんな意見がありますね、意見交換、話し合いは活性化されました、はい、よかったね [続きを読む]
  • 自己主張を繰り返す人
  • 今日は、電車での行き帰り、とある別SNSに書いた日記の、コメントのやりとりに追われた。熱くなる人がいて、何度もご自分の主張を繰り返しコメントしてくる。何度かわたしの意見を書いたが、ややこしメンドーなので、相手の主張を復唱した。復唱しただけであるが、まあ、認めたと受け取られるかも知れない。それはそれでいい。なんだっていいのだ。元々、わたしの日記に書いていることは、単なる一個人の現在の感想や意見なので、 [続きを読む]
  • 初対面の女性
  • 昨日、初対面の70歳ぐらいの女性に、更衣室で話しかけられた。小学生二人の女の子のお孫さんが、いるそうだ。自宅から5分のところに娘さん一家が住んでいるらしい。孫も、小学生でも真ん中あたりに差し掛かる中学年ぐらいになると、なかなか好みが難しいとか。お裁縫の習い事に、二人連れていく、とおっしゃっていた。今は娘さんは14時までパートに出ているけれど、今までは、保育所や学童保育などには行かせたことがない、と。こ [続きを読む]
  • マイナス感情のエコ・チャージ
  • 昨日は、一日中、暑い部屋で精神鍛錬をした。で、こころが、鍛えられた。しかし、真隣の部屋ではエアコンがんがんで、扉一枚、隔てただけのダイニングは、暑かった。汗だくになりながら、隣の涼しい部屋にいる同居人を呪った。エコ精神で、昨日の朝、風が通る日、あまり暑くないならエアコンをつけなくてもいいのでは?と言っただけ。そのせいで、隣の広い部屋に移動してエアコン稼動の同居人。あちらは涼しげ北海道、こちらは、汗 [続きを読む]
  • 自分は変わらず、周りが変わることを望む人
  • 「息子家庭を助ける、立派な母親」をブログで書いた。老いた親や、共稼ぎ息子家庭の赤ちゃん育児サポート、で、妻ばかりに皺寄せが行っている。孫の世話?別に嫁まで働かなくても、息子の稼ぎで食べていけるのに、なんで子育てを親の手まで借りて、息子の嫁が働く?年寄りの世話が優先だろう? 第一、オレの世話は、どうするんだ?オレは、物分かりがいいから、妻には、ちゃんと協力的で、駅からカエルコールもしている。オレは、 [続きを読む]