てるちゃん さん プロフィール

  •  
てるちゃんさん: おぐらやまハッピーライフ
ハンドル名てるちゃん さん
ブログタイトルおぐらやまハッピーライフ
ブログURLhttp://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/
サイト紹介文「半農半農業」のおぐらやま農場の農業は「つながる農業」。つながりの中で田舎暮らしを楽しんでいます。
自由文おぐらやま農場の農業は「つながる農業」。自然とつながり、家族とつながり、仲間とつながり、地域とつながり、お客様とつながり、世界各国とつながり、そしてお金や知恵とつながる。楽しくて、面白くて、嬉しくて、ハッピーで愉快な農場の様子をお伝えします!
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/03/11 00:32

てるちゃん さんのブログ記事

  • 梨の花満開 花摘み作業中です 2017年5月13日
  • 梨の花が満開です。すっかりと受粉も終わったようなので、梨の花摘みをしています。マレーシアの農業大学から来てくれた4人も今日で作業が終わりです。剪定、枝拾い、桃の摘蕾、トマトの種まき、苗木の植え替え、まき作り、、、などなどたくさんの作業をお手伝いしてくれ、勉強していってくれました。日本も楽しめたかな?これから楽しみですね(*^^*)毎月農産物が届く年間コース会員募集中です!!朝から元気7倍!無農薬トマトジ [続きを読む]
  • 120歳まで健康に生きる道 〜44〜 思い込みで見るのをやめる
  • 昨年に引き続き、今年もwwoofを利用して、マレーシアのプトラ農業大学の学生4人が研修にきてくれています。昨年も今年も男女2組4人の受け入れなのですが、彼らはイスラム教徒です。女性はヒジャブという髪や肌を隠している衣装を身に着けていたり、1日に5回のお祈りをしたり、お祈りをしていないお肉を食べれなかったりと違いがあるのですが、昨年、今年の4人はとても素晴らしい若者なのです。ニュースなどで語られる過激派の方た [続きを読む]
  • 安曇野でオススメの地
  • ゴールデンウィーク、中学生の娘の部活の顧問より、「このゴールデンウィークが終わったらあとは休みないからハワイでもどこでも行っておきなよー。」っていうことで家族で安曇野の水を巡る旅に行ってきました。梨やリンゴの花で春爛漫、田んぼの水鏡に映る山並み、美味しい空気、青空に浮かび上がる山の頂。透き通るような水。改めて安曇野って素晴らしい!!と実感。地元にいながらにして、観光客がいっぱいいるので観光した気分 [続きを読む]
  • 春の気配
  • 春になり、穏やかな日が続きます。桃の花もあと3.4日で咲きそうです。春はいろいろな作業が目白押しのおぐらやま農場です。あと少しの剪定作業、トマトの種まき、水やり、ブルーベリーの挿し木、りんごの苗木植え、野菜の種まきなどなど。。。みんなでがんばってまーす!! [続きを読む]
  • 120歳まで健康に生きる道 〜45〜 最高の卒業式
  • この3月、4月前半は子どもたちの入試、卒業式、合格発表、入学式などあり、行事もたくさんあり、飛ぶように毎日が過ぎていきました。上2人の子のW入学を終え、ようやくホッと一息です。先日、私達のご近所の親と子どもでご近所だけの『中学卒業式』を開きました。保育園の頃から子どもたちはみんな幼馴染です。親同士も子どもたちが保育園の頃から、家族10組ほどで夏にはバーベキューをしたり、キャンプをしたり、忘年会をし [続きを読む]
  • 桃の摘蕾作業 2017年3月24日
  • 桃の花の咲く前にやってしまいたい桃の摘蕾作業。子どもたちが春休みに入ってから、毎日一緒に作業をしています。音楽をかけて歌いながら♪ちゃんとできるようになってきてびっくり!!本日は雪も降り、若干冷えるけどがんばろうねーー!! [続きを読む]
  • W卒業式 2017年3月18日
  • 小学校、中学校の卒業式は本当に涙、涙。そして先生の愛情、子どもたちの素晴らしさに感動でした。 「 Be a driver 」自分の人生の、主人公になろう。自分の行く道を、自分の意志で選ぶ人になろう。自由に、積極的に、人生を美しいものにしよう。既存のルールや常識に縛られない人になろう。自分の行く道は、自分で決めたほうが、楽しいに決まっている。人生の、ドライバーになろう。Be a driver。先生にもらった最後の言葉。中 [続きを読む]
  • 120歳まで健康に生きる道 〜43〜 「食べ物は・・・」
  • 1月にする三九郎という行事です。1月も冷え込む日が続きました。気温がマイナス11度まで下がる日もあり、そんな日は、家の中にある洗濯機が凍ってしまい、ストーブであたためて、溶かして使います。(笑)「冷蔵庫壊れたかな?」って思ってしまうのもこの時期です。身体が常にマイナスの気温(冷凍庫より冷たい)に慣れてしまっているので、冷蔵庫の温度が生ぬるく感じてくるのです。人間の感覚っておもしろいですね。そのよう [続きを読む]
  • 120歳まで健康に生きる道 〜41〜 2016年に感謝!
  • 「人生」といっても、それは1日、1日の積み重ねでしかない。とは、誰の言葉だったでしょう?今月で今年も終わりとなります。今年は、どんな1日、1日が積み重ねられたのだろうと考えます。今日の夕暮れは、とても美しい夕暮れでした。もうほぼ暗くなっている山の稜線の上にエメラルドグリーン色の空、まん丸い輪郭が、しっかりと見えている三日月がぽっかりと浮かんでいました。そこに一番星がきらりと輝いています。思わず中3 [続きを読む]
  • 道法さんの切り上げ剪定の講習会に行ってきました。
  • 剪定講習会。長野市にて。切上げ剪定とよばれる上に伸びる徒長枝に実をつけていく画期的な方法を学んでいます。30人程の老若男女が集まり、広島から来てもらった道法正徳さんという講師の方にしっかり指導してもらいました。実地講習会場になった高台にある杏畑からの眺めが素晴らしく、花の季節を想像しただけでワクワクしてしまうような場所でした。手入れの終わった杏の木。枝の殆どが上に向いているのがわかるでしょうか。果樹 [続きを読む]
  • カフェごっこ
  • 今日は一番下の末っ子とわと一緒に「カフェごっこ」をしました。将来カフェを開きたいという彼。こんな提案は大好きですね。単に朝食をちょっとかっこよく、カフェ風にするっていうだけなんですけどね。久しぶりにパンを食べたので、それも嬉しかったのかも。ピザトーストと、トーストを焼いて、目玉焼きを焼いて、ウインナーを焼いて、三九郎でGETしたコーンスープがあったので、それも入れて、とわには、ココア、わたしは、カフ [続きを読む]
  • 新年あけましておめでとうございます!!
  • 新年あけましておめでとうございます!!今年も年始めは、裏山からの「初日の出参拝」で迎えました。天気も良く、清々しい気分です。ちょうどご近所ファミリーも来ていたので、一緒にワイワイガヤガヤと賑やかに初日の出をみることができ、幸先のいいスタートを切ることができました。こうやって、家族で新年を迎えられることに感謝でいっぱいです。昨年は、農場にとっては本当にいろいろなことがあり試練の年でした。今年は、新年 [続きを読む]
  • 畑が教えてくれたこと ニュースレター 12月号より
  • < 年の暮れの振りかえり >ふじりんごの収穫も無事に終わりました。今年は台風18号でかなり落果しましたので、収穫も早めに終了となりましたが、荷造り・発送はまだまだこれからです。大玉・中玉りんごはもう少し在庫があり、「家使いりんご」、「まるかじりりんご」、「加工仕向けりんご」がまだたくさんありますので、どうぞ気軽にご注文下さい。なるべく早く対応できるようやっております。(11月中旬〜12月初めころは [続きを読む]
  • 畑が教えてくれたことニュースレター 11月号より
  • < 自然現象と共に >10月5日の夜は子ども達の寝る頃の時間になって、台風18号の強風が吹きつけ始めました。典型的な風(かぜ)台風で、雨はたまに強くなりましたが、夜空にはきれいな星が見えてもいる不思議な光景でした。吹き付ける風の感触は、すっかり南国の熱風を思わせる生温かい強風。畑のあちこちを見回ると、枝が強風に煽(あお)られて、りんごが周囲の枝にぶつかり、その衝撃で落果し地面を転げていくのがヘッドライ [続きを読む]
  • 初雪が降りました
  • 先週は、ここ安曇野にも初雪が降りました。まだまだふじりんごの収穫も終わってないのですが、さすがに今日は収穫はお休みです。11月ですが、ウーファーさんが実は今は8人も滞在してくれています。というのも滞在を伸ばしたいというウーファーさんが、3人いたためお部屋をシェアしてもらいながら、滞在してもらっています。それにしても滞在を伸ばしたいというウーファーさんは嬉しいですね。今年は、長期滞在・リピーターのウーフ [続きを読む]
  • 120歳まで健康に生きる道 〜39〜 「ベターッと開脚」
  •                           「ベターッと開脚」どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法我が家に(私に?)新しいブームが起きました。この間、書店で見つけたこの本がどうしても気になり購入してさっそくやってみています。タイトルは「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」タイトルもすごいですが、この本を書いたEikoさんが実際に開脚をし [続きを読む]
  • 畑が教えてくれたこと ニュースレター10月号より
  • < 仕事のつながり >7月の終わりから8月、そして9月のはじめにかけておぐらやま農場ではほぼ毎日のように、トマトの収穫作業が続きます。この時期に滞在してくれているウーファーさんはおそらく一生かけても食べきれないほどのトマトを収穫しているんじゃないでしょうか。私達のトマト畑は家庭菜園などで支柱を使って仕立てるやり方と違い、蔓(つる)を地面に伸ばして、わき芽も一切摘みとらずトマトが葉を茂らせる勢いのま [続きを読む]