ヨーコ さん プロフィール

  •  
ヨーコさん: お菓子の散歩道
ハンドル名ヨーコ さん
ブログタイトルお菓子の散歩道
ブログURLhttp://yaplog.jp/cakeland/
サイト紹介文お教室を開催しているパティシエ ヨーコさんのブログです。お菓子のこと、食べ物のこと、&日々のこと。
自由文少人数の手作りケーキ教室「サロン・ド・ヨーコ」のブログです。ケーキ作りのこつ、材料のお話、美味しい食べ物物やおいしいお店の情報、いろいろ詰まってます。おやつに最適なレシピや人気のお菓子のことやトリビアも!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供141回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2010/03/11 17:12

ヨーコ さんのブログ記事

  • 今度は柳先生の
  • 「海老名ムーンミルキー」ですって本当に満月のようなまーるい形。パティスリー タダシ ヤナギのお菓子です。久しぶりの柳先生のお菓子に、テンションふわふわのお菓子かしら?と思ったのですが、これがしっかりしたバターケーキ。きめ細かくて良い香りです。フレキシパンができてから、可愛い形やスタイリッシュな形のお菓子が増えました。楽しい限りですいつに変わらず、優しい味のケーキ。先生のお人柄そのもの。お菓子は作っ [続きを読む]
  • 辻口シェフの
  • 大雨大風の中、ドアホンの音「はて?」と思って出ると、宅配便のお兄さんが、、、。受け取ったのは、「えっ、辻口さんのお菓子 注文した記憶はない」メープルミルクバウムクーヘン。いちごミルクバウムクーヘン。ちょうどご一緒にいた方と「イチゴ」をいただきました。フリーズドライ粉末のイチゴ入り。クラシックなどっしりとしたバウムクーヘンです。最近はふんわり軽いものが流行ですけれど、どちらかというと私は重いのが好き [続きを読む]
  • 小布施の味
  • 鄙びた美味しいお菓子をおすそ分けしていただきました。キャンディーのような包みが、落雁。真味糖とあるのが、和風ヌガー。落雁は、加熱したデンプン類に砂糖や水あめを加えて木型に入れ、乾燥させた古くからの和菓子。さすが小布施の落雁です栗粉が入っています。ほろっと崩れてとても良い口どけです。なんとも贅沢な落雁〜。落雁とよく似た麦こがしは子どもの頃のおやつでした。大麦を入って粉にしたものを、同じようにして作り [続きを読む]
  • 濃茶のラング ド シャ
  • 本当にお濃茶色のクッキーです。きっとお抹茶の苦味がおいしいと期待できます京都に行ってらした方からのお土産マールブランシュさんのお菓子です。パッケージも素敵だし、袋の中は銀色。お茶箱みたい。手提げも袋も墨絵のような、東山魁夷さんの絵のようなデザイン。京都らしさ満開の雰囲気のあるラッピングに、京都旅行をした気分です。まだ食べていないのだけれど、原材料には、ココアバターや加糖練乳が入っています。厚さから [続きを読む]
  • 超高級なお紅茶
  • 珍しいお紅茶をいただきました。きれいな水色、明るい赤。中国産の紅茶だそうです。「金駿眉」しっかり黒い茶葉に、やや濃い水色と強い味を想像したのですが、上の画像の通り。ファーストチップの美しさです。お味もマイルドで、最初は紅茶の香り。少し経って中国的な香りがきます。高級なお茶とのこと。珍しいものをありがとうございます自分一人では絶対に知ることのできない物事や食べ物も、みなさんのおかげで日本にいながらに [続きを読む]
  • 7月のランチ ピリ辛豆乳そうめん
  • 蒸し暑い時は、すーっと喉ごしの良い麺類をでも素麺だけでは…ですから、冷やし中華風具沢山ぶっかけタイプ。奥のあたり鉢の中が「タレ」です。炒りごまを軽く擦って、コチュジャン、味噌、醤油、そして豆乳で作ります。なめらかで香ばしく、ほんのり辛味が効いたおいしいタレになりました。もやし、きゅうり、トマト、わかめ、ゆで卵とエビをトッピング。茹でた素麺をしっかり冷やして、タレをたっぷりかけて食べましょう。今月は [続きを読む]
  • 7月のケーキ レモンパイ
  • そろそろ梅雨入りですね欝陶しいけれど、大切な雨。大切だけど、雨が続くと気持ちにストレス爽やかなレモンパイで気分を立て直し〜。パート ブリゼのタルト台、果汁たっぷりのレモンカード、レモン汁入りイタリアンメレンゲ。王道レモンパイです。ただ、食べてみて物足りないところがありました。ジェノワースが足りない・・・ブリゼ生地を仕込んで伸して型に敷き込んでストーンをのせて焼成する。レモンの皮をすりおろして、果汁 [続きを読む]
  • ハナマルキさんの塩こうじ
  • 今月のレッスン、プレゼントがありますいつもお世話になっている「クスパ」さんのコラボレーションに参加が決定「ハナマルキ」さんの「塩こうじ」を1本(350ml)をレッスンご参加の方に差し上げます。つぶつぶのない液体だから使いやすい原材料は、米こうじ・塩・酒精だけ。余分なものは入っていない。舐めてみると、マイルドな塩味の陰にほんのりとした甘みと香りがあります。麹だから、かすかな甘みが出てきて味醂風の香りがし [続きを読む]
  • この軽さ〜
  • 白つぶあんのどら焼き。たねやさんのお品です。袋を開けて軽い驚き透明のトレーが下にありました。割ってみて納得です。すごくふわふわ〜。柔らかい〜。このくらい軽いと冷やして食べて美味しいです。小豆の粒あんもありました。栗饅頭の形のものは、中が白あん。どれも甘さ控えめで、口溶け良くて、あんこのお菓子ってこうしたら夏にも食べられるのですね。和菓子もどんどんライトになっている。洋菓子も夏場は軽〜い味になる。季 [続きを読む]
  • みずみずしくて
  • ちょっと寒かった日の夕食。グリルパンでゆっくり焼いたお野菜と、鶏肉の味噌ヨーグルト漬けです。新人参は柔らかくて甘い。ピーマンもとろけるよう。えのき茸の石づきに近い部分は、じっくり焼くととても美味しい。そしてなんといっても「玉ねぎ」どーっんと10kg届きました。掘り出して日の浅いものだから、もう少し乾燥が必要ということで、ダンボールから出して乾かし中です。大きいのやら小さいのやら、たくさんあります。新玉 [続きを読む]
  • 緑と赤と!
  • 初体験の赤い柚子胡椒です熊本ご出身のMさんからの頂戴物。緑色のものは食べたことがありますけれど、赤いのにびっくりしました。有名な料亭さんのシェフ手作りだそうです。感謝〜〜〜。まずは緑色を。温めたつみれにほんのちょっとつけて、、、。うあ〜、なんて良い香り。そして、辛ーい。一呼吸おいて、「美味い」ってつぶやきました。ナマやさしくはない刺激だから、美味しいじゃなくてウマイかな。つみれが変身してます。シャ [続きを読む]
  • 初夏はお茶
  • お知り合いのY.M.さんから頂いた「新茶」毎年、新茶の時期にたくさんお求めになっていらして、お裾分けに預かった次第です。針のような茶葉、まだ深まってはいない明るい緑色。袋を切っただけで、本当に良い香りです。ワクワク感が高まります。爽やかな香りとフレッシュな味になんとも言えない幸福感を味わいました。こんな時は「日本に生まれて良かった」って思ってしまいます。それぞれのお国にいろいろな食の喜びがあり、それぞ [続きを読む]
  • 一丁あがり〜?
  • たっぷりと焼きました角食と山食。かっこよく言えば、プルマンとイギリスパン。何年か前に「日本ニーダー」の体験会で教えてもらった作り方の簡単中種法。右側のボールは中種分。粉とインスタントドライイーストと半量の喜界島粗糖。「春よ恋」のボールに全量の水分を合わせて、10~15分待つ。ちなみに給水にはちょっとだけヨーグルトを入れてます。左側は残りの粉とゲランド塩、残りの粗糖、北海道産スキムミルク。ちょっと発酵し [続きを読む]
  • 素朴です
  • 宅配で届いたお野菜の中の、さつま芋どうもおかずになりにくくて、どうしよう?と迷います。なにか良い調理法をご存知ではないですか?おしえてくださーいなんとか使おうと作りました。自家製『芋ようかん」咲き始めた「あやめ」をあしらってみたけれど、レンズを通すとブルーの色合い。私の目にはもっと赤紫。お芋のいろとあんまり合わないかしら。つぶつぶ見えるのはお芋の塊。本当は裏ごすのだけれど、お芋感が好きなのでつぶし [続きを読む]
  • 京都の美味
  • 暑いですね〜春という季節がなくて、冬の後は夏みたいに思います。どこもかしこも行列だったというゴールデンウイークの京都のお土産をいただきました。「ちりめん山椒」京都在住の方がオススメの、美味しいもの無敵のご飯のお供ですね。これさえあればちゃんとお米を食べられます。白いひょうたん型のほっこりとしたパッケージに、美味しくご飯を召し上がれと言ってもらっている気分。京都限定パッケージに、楽しかったという旅の [続きを読む]
  • レモンケーキ
  • 子供の頃、これ、大好きでしたレモンの形をした、レモン色の菓子。きめ細かいスポンジとレモンの香りのするチョコ。ここ数年、チラホラ見かけるようになって、先日そごうへ行った時に、アンデルセンでゲットしました。おやつに甘いパンが食べたくなって寄ったのですが、レジ横に置いてあったレモンケーキをみて、「これもください」パンはミルクロールとピーナッツフランス。しっかり噛みしめるピーナッツフランス。レモンケーキは [続きを読む]
  • 6月のケーキ ココ・パッション
  • うまくいったと思う(多分…)夏向きのスッキリ サッパリした味にできたはず。直径6cmのムースフィルムの型に作って、8個できる。6個なのは画的におちついたからだけ。土台のスポンジはココナッツパウダー入り。ちょっとザラっとした食感。口溶け良くムースを邪魔しない。ごく柔らかくしたため、ケースから出すとちょっと潰れまーす。ムースの中にシャンティーを入れ込んで、コクを出しました〜。上のシャンティーを壊さずに冷 [続きを読む]
  • 6月のランチ ガパオライス&生春巻き
  • 横浜は穏やかな良いお天気です連休をいかがお過ごしでしょう?6月のレッスンのインフォメーションをまずはランチの情報です。ガパオライスと、海老とアボカドの生春巻き。蒸し暑くなってくるでしょうから、エスニックでまとめました。軽い辛味とナンプラー&バジルの香りが食欲をそそります。目玉焼きをざっくりと潰して、よく混ぜ合わせるとより美味しくなります。栄養バランスもよく、便利なメニュー。生春巻きはグズグズの巻き [続きを読む]
  • かるかん
  • 天璋院篤姫さまもお好きだったという「かるかん」この鹿児島銘菓はかるかん饅頭じゃなくて、あんこ無し「かるかん」だけが好き甘いけれど、お米と大和芋のハーモニーがなんとも美味しい。砂糖とうるち米とお芋という、超シンプルな材料。少し硬くなったら、軽く焼いて香ばしくしても美味しい。今飲んでいるお茶も鹿児島産。いいなぁ、鹿児島。桜島もうなぎも。久しぶりに鶏飯食べたくなった [続きを読む]
  • はらドーナツ
  • ひょんなことから目黒でお仕事。バスに少し乗って、降りて、目的の場所まで歩いていると・・・、「はらドーナッツ」さんのお店「帰りに必ずよってみよ〜。」と決心して仕事場に到着。楽しい時間だった帰り道に忘れずに「はらドーナッツ」さんへ。売り切れのものもあって種類は少なめだったけれど、定番をゲットしました。カカオ、はらドーナッツ、後ろがとくべつシナモン。ちょっともっちり。甘さ控えめ。よく売っているものとは違 [続きを読む]
  • フードペアリング
  • 「食」の組み合わせってほんと大事です。おいしいもの同志を組み合わせても、不味くなっちゃうことってあります。そんなことがフードペアリングだと勝手に解釈して、スイーツ展での楽しいセミナーに参加声をかけてくださった江沢先生のお話です。テーブルにはすでにお菓子がフードコーディネーターの根岸先生が準備してくださっています。根岸先生とも久しぶり〜。そして講習が始まって配られたのがビール。ビールとスイーツの組み [続きを読む]
  • デザート スイーツ ベーカリー展
  • 先週、ビッグサイトに行きました大井町からりんかい線で国際展示場へ行くのですが、横浜駅からリムジンが出てるって情報を、後から知りました地の底に行くようなりんかい線 大井町駅。歩くの大変でしたトレハロースの利用範囲が広がっていました。リンゴやアボカドの褐変も防げるすごい糖です。「希少糖のメリットって何ですか?」ってズバリ聞いて、(企業さんの営業の方に、いきなり聞いてしまうなんて)解決しました。血糖値を [続きを読む]
  • ご当地モノ
  • 味の素の工場見学で手に入れたご当地モノ。滅多にキャラクターの商品って買わないのに、思わず3つも買っちゃった熊本の晩白柚の紅茶、京都の抹茶オレ、北海道のカフェオレ。それをやっと開けてみたわけ。開けてびっくりのデザイン。蓋の裏がキャラクターで、スティックの顔が全部違ってる。なんとまあ凝っていることって思いながら、これは仕事場へ持っていく。明日は新入生と初授業。ちょっと疲れたなって時に、テンション変える [続きを読む]
  • ミュシャ展
  • 表参道での予定を終えてから、乃木坂へもう10年経ったと知って、ちょっと驚いた「国立新美術館」に到着。「ミュシャ展」を観るために初訪問でした。「ミュシャ」はパリで活躍していたころのポスターでは知っていましたが、今回展示のメインは、「スラブ叙事詩」画家って「生きて戦っていたんだ」と思いました。生きるためにアールヌーボーのパリでポスターを描き、その後、スラブ民族とその歴史「スラブ叙事詩」を描く。この20点の [続きを読む]
  • ほんとっ、楽しみ!
  • 美味しいものって、本当に目移りしてしまう和食に中華に洋食どれを食べても、いくら食べても良いの〜。国際フード製菓専門学校と誠心調理師学校の講師会の後の懇親会。教授の先生方たちのお料理や、和菓子と洋菓子とパン。お腹ペコペコでいただくのだけれど、自分の胃に限界のあることが悔しい気持ちです。新筍の若竹煮やブリ大根。大根はトロッと柔らかくてしっかり味がしみているのに、すっきりと美しい姿だし、ブリはちゃんとア [続きを読む]