ぶっちのこころ さん プロフィール

  •  
ぶっちのこころさん: ぶっちのお念仏生活
ハンドル名ぶっちのこころ さん
ブログタイトルぶっちのお念仏生活
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/qqkb2ugw9
サイト紹介文浄土真宗本願寺派僧侶、釋幸治はよろこび多い人生を歩む。ほとけさまに導かれお念仏の日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/03/14 22:16

ぶっちのこころ さんのブログ記事

  • すいません
  • こないだの永代経法要でお名前を呼び出しての焼香がありました。ごめんなさい、名前呼ばれたのに、前に出て焼香しませんでした。という、ご婦人さま。どうしてなんですか?と聞きましたら、それはね、お寺さんと一緒に阿弥陀経を読んでいたでしょう。焼香に出ていって戻ってきたらもう、どこ読んでいるのかわからなくなるじゃない。だから、でなかったのよ。勝手なことですいません。ははは。そうなんですね。そんなかた、3人くら [続きを読む]
  • ころもがえ
  • 冬季間しようした除雪機、ママさんダンプ、スコップ、スキーなど奥にしまい自転車、物干し竿、鉢植えの鉢などを出してころもがえ。だんだんといい季節になってきました。ちょうど、市役所から届いていた特定健診も受診。心電図、尿検査、採血、血圧測定、調べて安心。からだもこころもかんきょうもころもがえ(^^) [続きを読む]
  • のうぎょう
  • 実家では農業のいそがしい日々がはじまっています。過日の暴風雨では被害は無かったようです。ハウスのスイカノ定植も終え明日から育苗センターから水稲の稚苗がハウスの中に並んでいきます。農作業ではみんな一生懸命。おらーなにやっとるーちゃんとしごとせーうるせーしょんべんくらいさせろー人間同士ぶつかることもたびたび。膝の手術を受けた母も元気に作業しています。みんないっしょうけんめいなんだ。がんばってんだ。毎日 [続きを読む]
  • 澄み渡る空の下
  • お参りさきの奥様いわくご主人さまを亡くされて一年たたないあの当時、自身に重い病気がはっけんされて余命5年といわれた。何が何だかわからんで、病院の外に出た時、なんて、空が青いのだろ〜なんて、空は高いのだろうー。そんなこと今まで考えもしなかったのに、そんなふうに思ったのよねーと、笑う。いま、近所のお寺で行われているヨガに通って、本堂のきれいに彩られた天井をながめながら吹けば飛ぶよな、ヒョロヒョロとした [続きを読む]
  • ちょっと
  • ちょっとお聞きしたいのですが、と、施設で暮らしてきた母親でしたが、高齢で病院に入院し、今後の転院でどの病院にしようか迷っているのですが、イワブチさんお知り合いのお寺さんが入院していた病院へよくお見舞いにいかれたということをきいたものでしたので、どのような病院なのかお聞きしたくて。と。それほどくらべてみたわけではありませんが、その病院に多く入院されているかたのご様子や大きな病院からみると看護婦さんの [続きを読む]
  • お仏壇のかざりかた
  • 午後からやさしくたのしいお経の練習会声明クラブが行われました。今日の学びはお仏壇のかざりかたお掃除の仕方など。はじめに、お仏壇の中にあるものを説明しながら全部とりだしました。汗だく。そして休憩の後ほどに会員さまにお手伝いいただき綺麗にお飾りさせてもらいました。きれいなったお仏壇に灯明をともしお線香にひをつけ香炉の大きさに応じて折って寝せ焼香箱を用意してお経をよみました。お敬いの心があらわれるお仏壇 [続きを読む]
  • いちねんに三回
  • お参りさきの奥様と一緒に使い込まれたようすのお経本でおつとめ。しかも一年のうち、春のお彼岸。お盆。秋のお彼岸の三回。お墓へお参りにいくそうです。しかも、ご自身のご先祖さまやお世話になったご親戚のお墓を1日でまわります。用意するお花は十束以上。お墓には2つずつお花を入れる場所があるので。と。しかも、毎朝のお勤めはかかせません。わぁ(^^) [続きを読む]
  • 札幌雅友会の練習会
  • 雅楽の練習会が札幌別院でありました。ちょうど 「雅山」雅楽器展示即売会も開催されて高価な篳篥を購入される別院職員さんもおられました。本日の例会は札幌雅楽同好会より3名の先生によるご指導を賜り龍谷高校の生徒さんたちも加わってにぎやかで有意義な練習会となりました。「もう初めてなんです。」という篳篥初体験の方、一生懸命吹きすぎて酸欠状態、頭がクラクラするくらいにがんばっておられました。 [続きを読む]
  • わらいあう
  • お参りさきでしばらくぶりですね。永代経法要を無事にお勤めさせていただきました。ありがとうございます。お元気にされていましたか。そうでもないんです。涙がでない難病でこまるんです。悲しいドラマをみたりしてのどもとまでくるのに涙がでない。なんて冷たいひとなのかと、思われることもあるんです。いっそ、もう80ですけどこの小さなめをみひらくために二重にでも美容成形しようかしら、がははは。笑うっていいですねー。元 [続きを読む]
  • ごめんなさい
  • 今日はいろんなことがありました。歌声喫茶に来られているある方が体調を崩し顔色もわるくて近くの脳神経外科病院までおくりました。大事に至らないことをねがいます。そのご、中央仏教学院通信教育同窓会北海道支部の会計監査がありました。その後大願寺さまにて、雅楽の練習会の予定だったのですが、監査の終わったあとの懇親会を開催する運びとなり雅楽はお休みさせていただくことになりました。舞楽のお稽古をつけていただく予 [続きを読む]
  • 先生
  • お参りさきでお上品な奥様。ご主人様は今でもげんえきのお医者さんだそうで車を運転して通勤。明るい時間に帰ってくるように事故をおこさないようにねがってます。アクセルとブレーキの踏み間違えが多くあります。それを防止するような装置はついていません。仕事をしているので認知症になるような気配もない。いいですねー。いのちあるかぎりできることはさせていただく。というご主人様の姿勢に学ばせていただきます。おいくつに [続きを読む]
  • せんそうのこと
  • お参りさきでの三回忌法要。亡きおじいちゃんはよくわたしの横に座ってなんまんだぶつ。とお参りされていました。そして、よく、せんそうのことを話してくださった。今のあやういこの世界をどのようにいわれるでしょうか。そんなことやめなさい。っていうでしょうね。そんなおじいちゃんのお念仏生活をしのばせていただきその人生を無駄にしない生き方をさせて頂く。それは手をあわせなんまんだぶつ。あたまをさげお礼をもうす。そ [続きを読む]
  • 入院したことあるかい
  • お参りさきのご主人様から入院したことあるかい。と尋ねられたのではい、あります。8年前に耳下腺腫瘍の手術を四時間うけました。手術台にあがりそれでは麻酔かけますよーっていわれてなんまんだぶつ。なんまんだぶつ。ってとなえました。そのご主人様は心臓で8時間の手術をされたそうです。もしかして死ぬって麻酔がかかった時のようになるんじゃないかなあ。私もそう思います。闇も川もなんもなかった。はははって2人でわらいま [続きを読む]
  • せわしい
  • 関西ほうめんから新幹線にて広島のお寺さんでの勉強会に参加させていただきました。みなさま熱い心で仏法をまなんでおられます。どのような話ぶりどのような内容のご法話が現代にふさわしいのか、受け入れられやすいのかなど、頭をなやませながらおねんぶつの日暮をさせていただきます。ひっきりなしに来る電車。駅での人混み。せわしいですよね。いそいで時間が過ぎていくような感じがします。(^^) [続きを読む]
  • 7回忌
  • 来月は亡きご主人様の7回忌ですね。そうそう、お寺にたのんであるから。と、お参りさきの明るい奥様。お嫁さんとお孫さんたちと一緒にお参り。お仏壇の前にすわることなかったのに手を合わすことなかったのに亡きおじいちゃんがくださったご縁ですねー。来月の法事それがすんだら入院です。と奥様。肩の手術、手が上がらなくて。老病死からは逃れられないと教えてくださっていますねー。(^^) [続きを読む]
  • おいしいおさけ
  • 永代きょう法要の3日目最終日。昨日は内視鏡検査をうけるので、お参りはできないと知らせてくださったご門徒さまが本日もお参りにきて下さいました。いかがでしたか、検査は?グーー。だいじょぶでした。(^^)いやーこんばんのお酒は美味しいですねー。はい。本日もありがたいごえんでした。阿弥陀さまのおかげです。って、なんまんだぶつ。(^^) [続きを読む]
  • 永代きょう法要2日目
  • 永代きょう法要の2日目声がでないでにくいいやになるという先輩のお寺さんが多くなってきました。大きな声がでにくくなっていくのが、年を重ねるということなのでしょうか。逃れられないのであれば、声の張りを持続させるために衰えるスピードを遅くするためにはどうしたらいいのでしょうか。なんかいい方法はないでしょうか。喉や声を休めた方がいいのか、それとも、毎日使い続けるほうがながもちするのか。わかりませんけど、今 [続きを読む]
  • えんかかしゅ
  • 永代経法要が行われ準備に白衣で本堂をウロチョロしてお参りにこられたご門徒の皆様に挨拶をしていましたら、岩淵さん。演歌歌手みたいだねって・・・・。えーそれはないでしょう・・・・。ははは。別のかたは、見るたびに細くなっていく。えーーーーそれもないです。体重は変わらないですから。でも、うれしい。なあ、すこしスリムにならないとと思ってはいますけど、ムリみたいです。(笑)福住寺雅楽練習会「雅讃クラブ」のメンバ [続きを読む]
  • 気が抜けるのかな
  • お参りさきで奥様にご主人様さまを亡くされてだいぶ落ち着かれましたか?とたずねるといろんなことがでてきました。それまでは、介護に一生懸命でしたのでそれなりにやっていたけれど、主人をなくして気がぬけたのか身体のあちこちに痛いところ具合の悪いところがでてきて病院通いしています。そういえば、会社を退職されたりなにかすることがなくなったりしたら急に身体の具合が悪くなることあるようですね。それと同じようなこと [続きを読む]
  • 札幌雅楽同好会
  • 札幌雅楽同好会の練習会が大願寺様でありました。福住寺雅楽練習会「雅讃クラブ」のメンバーも参加させていただいております。かけもちですと上達がとても速いのです。私は前回から蘭陵王の舞を学び始めました。できるんだろうか舞えるんだろうかセンスはまったくダメロボットみたいにしかからだが動けない同時にいくつもの動きなんてできないと思っているけど、できる範囲でさせていただきます。私の娘は22歳。それと同じくらいの [続きを読む]
  • 感謝のこころですごします
  • お参りさきのご主人様は80代。20年ほどまえ60代の奥様を亡くされての祥月命日。農業をしていて一生懸命はたらいてくれた。身体が悪くなるまでがんばってくれた。なんにもしてやれなかった。いま思うのは家内のおかげでいまがあるということ。かんしゃの日暮らしをと思ってます。素晴らしい。お念仏生活ですね(^^) [続きを読む]
  • ラップでチン
  • 80代後半のご主人様は認知症をわずらった奥様の介護をされている数年前までこんなことになるとは思ってなかったという。お嬢様がお亡くなりになられるまえに冷蔵庫の中にあるのを、ラップでチンして。と、いわれ、何のことかわからんかった。台所でのことは、まったくしなかった。いまは、どうにかしているけれど、自分がまいってしまいそうだ。と。俺たちの時代はいいけと、ますます増えて行く団塊の世代の時代になったら大変なこ [続きを読む]
  • ありがとうございます
  • 中央仏教学院通信教育同窓会北海道支部のお方から布教使課程Cコース布教実演試験合格のお祝いに記念輪袈裟をいただきました。住職課程にすすもうとして耳下腺腫瘍になり断念その後に布教し課程Cコースに。8年間学んできてよかったです。お寺をとりまく環境は様々にますます厳しくなっていくことでしょう。なんまんだぶつのお念仏のみおしえを大切に歩ませていただきお念仏の香るような人間に魅力あるお念仏者になれたらいいなあ。( [続きを読む]
  • あかるくなりました
  • しばらくですねーお元気ですかー。と、お参りに伺いました奥様は90歳をすぎました。いいことないです。と嘆いていらっしゃいます。お孫さん達あんまりこなくなった。さみしいですねー。そうそうさみしーわあ。それでも、いまのところ自分でせいかつできるしご飯のしたくもできてうれしいですねー。歳を重ねることかなしみくるしみを周りのひとに伝える役割があたえられているんですよー。たまにきてください。気持ちがあかるくな [続きを読む]
  • だいじょぶか
  • 三回忌のご法事をお寺で午前中に終え、民間の室内納骨堂で亡き奥様のご納骨。待ち合わせのじかんに行くと、ちょうどご主人さまとご一緒に納骨堂へ。職員さまの丁寧なたいおうに対しておい、お寺さんに失礼なことないようにな。って、いやーそんなー。納骨の際には、お骨をお墓に収める際、緊張感がある職員さまにたいしておい、手震えてるけどだいじょぶかって、豪快なご主人さま。お骨を扱うって緊張感が半端ないですね。私はわか [続きを読む]