ぶっちのこころ さん プロフィール

  •  
ぶっちのこころさん: ぶっちのお念仏生活
ハンドル名ぶっちのこころ さん
ブログタイトルぶっちのお念仏生活
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/qqkb2ugw9
サイト紹介文浄土真宗本願寺派僧侶、釋幸治はよろこび多い人生を歩む。ほとけさまに導かれお念仏の日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供376回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2010/03/14 22:16

ぶっちのこころ さんのブログ記事

  • らうすまで
  • 紋別までのみちのりとおもったら世界自然遺産知床。羅臼。500キロホテルでは丁寧なおでむかえに親切なおうたいお部屋にはいったらビックリだいじょぶかなあ間違いでないかなあ広すぎるへやにおどろいてあのーまちがいではないですかとフロントの方にたずねると空いておりましたのでどうぞ。と。お風呂もご飯もなんもかも世界遺産もきれいにととのっております。なんまんだぶつ。(^^) [続きを読む]
  • 初盆のお参り
  • 大切な方をなくされて初めてのお盆をむかえた方がたがお集まりになり本堂が人でいっぱいになりました。お父さんやお母さんをなくされた方おじいちゃんやおばあちゃんをなくされた方または、お子さまをなくされた方お孫様をなくされた方など、思いはそれぞれ悲しみの深さもちがいかあるでしょう。なんまんだぶつ。のみおしえを伝えてくれた亡き人を偲びなんまんだぶつ。を称え頭を下げる歩みは大切な方の人生を無駄にしない生き方、 [続きを読む]
  • つぶさないように
  • お経を読む声の調子はわるくないけれど、がんばりすぎて声がつぶれてしまったらこまります。回数も多くなってくるとそろそろ誰か代わってほしい。と思うのです。気分転換に正座から椅子席にしてみたり。煩悩離れられないまんまなんまんだぶつ。さまにうごかされています。なんまんだぶつ。お盆参りはいいですね。なんまんだぶつ。は感謝のお念仏生活です。(^^) [続きを読む]
  • 例のご夫婦
  • 例のご夫婦と雅楽の練習。午後6時から9時までみっちりお稽古。例のご夫婦は福住寺雅楽練習会雅讃クラブに札幌雅楽同好会さらに神社庁の雅楽練習会天理さんの雅楽練習会などにも積極的に参加。お盆なのにお休みはしない。雅楽中心の生活になってしまった例のご夫婦。代表をつとめる会の名称は福住雅楽倶楽部。例会の場所白石区民センターの人たちもすでに顔見知り。え、明日の午前中も練習するんですか。お盆なのに。お墓まいりもす [続きを読む]
  • 同じ口からおねんぶつ
  • 煩悩のなせるわざは人を傷つけ相手を傷つけそれは自分自身を傷つけているのかもしれません。わざわいのもと?その口からなんまんだぶつ。のお念仏が出てきてくださる仏さまのおはたらきが届いてくださっておる。煩悩あるまんま救われていく道がすでにご用意くださっておる。そんな口から篳篥のリードに息をふきこむ心地いい音色がひろがっていく。なんまんだぶつ。 [続きを読む]
  • 大サービス
  • お寺さんとお参りしたらメダル一枚プレゼント。それで、ガチャぽんでたのしもー。あら、お寺さんとはお参りいらないのね。では、がっしょうなんまんだぶつ。もうしましょうらいはい。大サービスメダルのプレゼントです。子供たちへのごほうび。(^^) [続きを読む]
  • スタッドレスタイヤ
  • この冬から使うアルミホイールつきで4本で五万円以下のお安いスタッドレスタイヤをさがしていましたら、ちょうどいい具合にちかくのジェームスさんいきましたら店員さんが立っていたので195-65-15インチのスタッドレスタイヤアルミホイールつきでお安いのないですかと。今ならキャンペーン下取りして値引きもします、。もっとお安くして下さいとお願いしました。ちょうどよかったです。(^^) [続きを読む]
  • かみやほとけ
  • かみやほとけなんかあるもんか!というおもしろいご主人さまいわくちょうどよくない人生なんだよって笑う。子供の頃よくお寺へいってお経よんでおぼえたけどもーわすれた!なんまんだぶつ。そんなもんあるわけねーだろ。いえいえなんまんだぶつ。の仏さまがいるからわたしの口からなんまんだぶつ。って出てきてくださりわたしの耳に聞かせてくださるんです。かみやほとけなんかあるもんか私もそう思ってたときもありましたけど、か [続きを読む]
  • ちょうどいい
  • それはあなたにちょうどいい。という言葉、お参り先のおじいちゃん。気に入ったらしくなんどもちょうどいいちょうどいいと。お参りの場の雰囲気をガラリと変える不思議なことば。ちょうどいい。今晩はちょうどいい具合に福住雅楽倶楽部の例会が白石区民センター5階多目的室にて行われます。代表はあんたにだまされた。というご夫婦。雅楽にめざめ雅楽を中心とした生活を送られておられます。ちょうどいい(^^) [続きを読む]
  • お敬いのこころ
  • お参りさきでお仏壇のまえに座りローソクに火をつけてお線香を用意しようとしたら香炉のハイや焼香箱のハイがまっさら綺麗にされていて、思わずいやーお敬いのこころがわたしに伝わってきます。ありがとうございます。お勤め後どうやってきれいにされたのですか。とたずねると、100均。いやー気持ちよくお勤めさせていただきました。(^^) [続きを読む]
  • セメ
  • ひちりき作りはまだまだ途中です。4回目のひしぎ準備完了ですけど、そのうちに。セメも自分で作れそう。いそいでいてはいいものできません。ゆっくり時間のあるときにじっくりしないとダメかなあ。(^^)キュウリのようにのんびりと(^^) [続きを読む]
  • よえない
  • お参りさきであるひといわく血液検査でヘモグロビンの数値がおかしくて検査したところ胃がんはっけん全摘出術ビックリ。これで俺もおわりかなあ。と思ったそうです。食べたり飲んだりが楽しみだよね。奪われてしまった。その後は、食べる時間と量に気をつけた生活。直接小腸に食べ物がいくからだんだんつまっていく感覚がある、好きなお酒をのんでも酔えない。では、すすみますね。いやいや、のみたくなくなるんだよ。胃袋でアルコ [続きを読む]
  • お盆のお参り
  • お盆のお参りはつぎからつぎへといそがしいことが多いけれどできればお経を読むだけでなくなんまんだぶつ。のみおしえを味わいたいものです。なんまんだぶつ。という教えは、どういう教え?お参りするのにはどんな意味があるの凡人のわたしにはわからない。疑いがある。私もおんなじです。疑い深いですよねー。他人を信用できにくい世の中ですよねーさみしいかなしい世の中にあるこの私のところに届いてきて下さっている救いのおは [続きを読む]
  • 家庭菜園の収穫
  • トマトきゅうりなすピーマンの収穫しています。散歩中のおばあさんに株元に肥料をあたえるといいですよ。もったいないのでちゃんとツルの伸びていく方向にぼうを立てて整枝したらいいですよ。と、教えていただきました。 [続きを読む]
  • あさばんのお勤め
  • 規則ただしい生活をおくられているご主人さまのお宅へ朝早くお参り。奥様をなくしてさびしいけれど朝は正信偈夕方は讃仏偈のおつとめは欠かさず。こうしてお参りさせていただきこの歳まで、ありがたいんです、しあわせなんです。と。一人暮らしで料理も上手。お寺さんのためにと炊き込みご飯のオニギリバナナにミニトマトデザートのお菓子つき。すいません、お昼のご飯にいただきます。きっと、ご用意下さることと思いまして、毎日 [続きを読む]
  • くるう
  • お参りさきのご主人さまいわく年をかさねてきて80歳代になって急にからだの具合の悪いところがでてきたという。でも、順調にとしを重ねてる。いやー身体は思うようにならんくなってくるってくるけど月日はくるわないんだよねー。はあ、いいお言葉ですねー味わいですねーからだはくるうけど、時はくるわない。そーですねー。お寺にこられたおもしろいご主人さまいわく仕事してねーばダメだ。定年して家にばかりいたら数年でガンにな [続きを読む]
  • ちょうどいい
  • 仏さまのことばちょうどいい。というのが、心に残ってるというお参りさきの娘さん。あーしばらく前のですねー。あれ、おぼえてないので仏さまのことば ちょうどいい。で検索してみてください。ついでに福住寺 仏教講演会 清岡先生でも、この前おこなわれた講演会の動画がアップされているんですって。さらに、赤鬼さんのランリョウオー舞楽がアップされる予定かもhttps://ameblo.jp/sizubutti/entry-12297512106.htmlご覧ください [続きを読む]
  • ろぜつ
  • ひちりきのろぜつ作りをして材料のヨシを切り鉄製のコテで片側をひしぎ、削ってつくります。3回目になると割れたり焦がしたり音程の低いものになったりロスもすくなく出来上がりいい感じです。比較的やわらかめで薄い材質のために音がなりやすいものが多い気がします。ひちりきがんばっておられるかたに差し上げようと思います。(^^) [続きを読む]
  • ご法事
  • ご門徒さまのご主人さまは50代で亡くなって33回忌のお参りをさせていただきました。奥様と娘さん2人お仏壇の前で涙しておられました。ご主人さまを亡くし無我夢中で働いてきた奥様、そのご苦労はたいへんなものであったことでしょう。考えてみたら、今こうしてお参りさせていただけるのは、人生半ばでこの世のいのち終えていかれた亡きご主人さまのおかげでありました。なんまんだぶつ。をとなえさせていただき有り難いごえんであ [続きを読む]
  • 臨終
  • 臨終のお参りに伺いましたら納棺師さんがご遺体をきれいにし着替えをしていましたので、読経よりさきにお打ち合わせをさせてもらいました。このまま御自宅でのお葬儀。その後お部屋にもどるとお化粧してお顔もきれいに。喪主さまはきれいになりました。と涙されながらお礼を申しておりました。棺に納めるのをお手伝い。臨終勤行をさせてもらいました。目の前にいのち終えた方のご遺体がある不思議さ。大汗かきながら納棺師の方はお [続きを読む]
  • 福住雅楽倶楽部
  • ちょー上達のはやいご夫婦と3人での福住雅楽倶楽部。白石区民センターの五階のエレベーターをおりたらおー聞こえてくる響いてくる。ご主人さまは篳篥。奥様は龍笛。カラオケボックスでの特訓をへて現在は区民センター。そのご縁にみちびかれています。今度の永代経ではたいじきちょうのがっかんえんばとう長慶子。もーいけそーなーきがするー。ご夫婦です。この先どのような雅楽の演奏者になるか楽しみです。すごいわー(^^) [続きを読む]
  • そうなんだあ
  • お参りさきのご主人さまは80さい。自動車の運転免許どうしようか返納しようかよってんのよ。と。オートマチック車のアクセルとブレーキの踏み間違えもありますよねー。そうそう70さいすぎての更新時講習でアクセルは右足ブレーキは左足で運転するひといるんだよ。ってええええー。そうなんですかー。教習所で習うのは右足ですよねー。踏み間違えはもしかするとそういうことからあるのかもしれない。とそのご主人さまはおっしゃって [続きを読む]
  • ゴリゴリゴリ
  • お参りさきのおばあちゃんは91歳腰が悪くてあるとき腰からゴリゴリゴリという音が。そのうち治ると思っていたけど、病院へ行ってみてもらいましたらよくわからん。と。そのうち日にちがたってました。ははは。家の中ようやくあるいてます。お寺へは行くことできません。でも、こうしていかさせてもらってありがたいです。なんまんだぶつ。(^^) [続きを読む]
  • 法式研修会
  • 雅楽の研修会が札幌別院にておこなわれました。管別でのご指導はたいじきちょうの音取ねとりがっかえん。とばとう。息をあわせるために押す場所の確認やはたく前にアクセントをつける場所、なんかあるところのイロをつけてふくところ一般のひとにはわからないけれどお好きなかたにはわかるイロ。オシャレなのだそうです。いいご縁でした。(^^)蘭陵王の練習ようお面かっちゃいました。100きん(^^) [続きを読む]
  • たのしそー
  • お参りさきの娘さんいわくお寺の近くのバスターミナルからよくバスにのるのですが、大きな看板がめについて今月もたのしそーだなあ。って、思うそうです。雅楽でもはじめてみませんか?肺活量をきたえてから歌からはいるのですね、よくできてます。お父さんどう?健康にいいらしいよ。俺は自然にまかせる。ははは。ちょっと。いいこと言ったね。病気は治せないけれどあるまんま救われていく道がある自然に通じますね(^^) [続きを読む]