ゴロー・O さん プロフィール

  •  
ゴロー・Oさん: 写日記@ヨーロッパの田舎
ハンドル名ゴロー・O さん
ブログタイトル写日記@ヨーロッパの田舎
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tojamokijp
サイト紹介文30数年前からヨーロッパ6カ国に駐在しました。永住を始めたポーランドからの写真とエッセーです。
自由文美しい自然と動物、それに歴史が大好きです。写真を中心にポーランドのあまり知られていない側面をお見せしたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供327回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2010/03/16 02:42

ゴロー・O さんのブログ記事

  • ピストン輸送の親コウノトリ〜私は一時帰国
  • ワルシャワ南郊外のホテル敷地内にあるコウノトリの巣を訪れた日曜の午後だったが 雛達は孵化してから丁度1ヵ月だ1羽が私を見つめた いい目をしているww翼がかなり整って来たそしてまだ短いものの くちばしも細長い形になって来ている親鳥がいないとこれまでは座っていたが どうも立っているようだ丁度その時に親鳥が帰って来た雛達はすくんで小さくなっているが 親が餌を口から出し始めると・・・頭を低くし 翼を丸めるように広 [続きを読む]
  • オールドローズのコーナーも
  • 見違える程賑やかになったワルシャワのワジェンキ公園横のバラ園なぬなぬ? 少し紫がかった“古めかしい感じのバラ”だが・・・1812年フランスで出来たローズ・デュ・ロワ(バラの王)だったwwバラ園の片隅に今年初めてオールドローズのコーナーが出来ていたこの列と 写真の後ろのもう一列 10数種類程あるオールドローズは19世紀中頃にハイブリッドティが出来る前のバラだスブニール・ド・ラ・マルメゾン(マルメゾンの思い出) 1843 [続きを読む]
  • 団子状態の雛達〜一体何羽?
  • 一体何羽の雛がいるのだろう?初夏のワルシャワ ワジェンキ公園でオシドリ母子が昼寝をしていた団子状態で眠る雛達は時々体の位置を変えるその時に何羽いるか数えようとしたが よく分からないww眩しい陽光を避けて 雛達は大きな木の陰で眠っていた敢えて探さないと母子は見えない その前で羽繕いをする2羽は・・・くちばしの色から雄 だがもうサイズも羽毛も雌と同じに見えるア 胸の辺りにカラフルだった羽の名残りが少しあるか [続きを読む]
  • 咲き揃ったポーランドのバラ達
  • バラの当たり年? そう感じた理由はショパンだけではなかったコペルニクス ショパンと並んでポーランドを代表するバラだこれまたピンクの滲みがいい色を醸し出していたワジェンキ公園隣りの小さなバラ園も1週間程で全くの様変わりだった言わば今年最初の一番の見頃だったと言えるかも知れないこれはワルシャワ このバラは花弁が整って咲く期間が短いすぐ隣に花弁が既にあっちを向いたりこっちを向いたりの花があるオレンジがか [続きを読む]
  • バラの“当たり年”?〜ショパン
  • ワルシャワにあるショパン像の周りのバラ園1週間程前 バラのショパンが1輪“隠れ咲き”していたのを御紹介したそれが今はもう沢山の花が開き しかも傷のない花が殆どだまた同じバラの御紹介で恐縮だが こんな綺麗な花は久し振りなのでwwここはバラ園の中でも日当たりのいい場所だ今年は寒い春だった所為で開花が例年より少し遅いその代わりにともかく花が綺麗だ そして花数も少なくないひょっとしたら今年はバラの当たり年かも知 [続きを読む]
  • やはり6月だヮ〜結婚式も多い
  • 昨日の夕暮れ時の続きのような話だが 今日は結婚式が多かったようだ梅雨のないポーランドでは6月が暑くもなく寒くもない一番いい季節特に今日はその典型的な日だったかも知れないここはワジェンキ公園の中のポーランド大統領公邸を見上げる池の畔結婚式を挙げたばかりのカップルが記念撮影をしていたジューンブライドと言う言葉はポーランド語にはないでも結婚式が一番多い季節だと思う少し離れた森の中でも同じようなカップルが記 [続きを読む]
  • 長い夕暮れ時の心地良さ
  • 夕暮れ時の心地良さを知ったのはやはりヨーロッパに来てからだった特に湿度の低い中欧のワルシャワやベルリンに住んだ時だロンドン パリは時々湿気の多い時がある 東京程ではないが・・・ここワルシャワ南郊外のゴルフ場内のアパート夕暮れ時に虫の鳴き声がない代わりに小鳥達の囀りが続く左はハクセキレイで右がキセキレイ目の前の草原で忙しそうにチョコチョコ動き回っている写真奥に越冬地アフリカから帰ったシロビタイジョウ [続きを読む]
  • 中古PCのSSD化〜これは凄い!
  • 2年前の一時帰国の際にネットで1万7千円程で買ったPCをSSD化した今まで使って来た持ち運び用のPCはXPのままで不便そこでともかく軽いものと言うことで10年程経った再生PCを買ったCPUはDuoだが クロックを見間違え たったの1.2GHzだった遅くて使い難いので長い間 放りっぱなしだったこのところ別荘で過ごすことが多い だがXPの使用はもう無理に近いそこでWindows7が入った再生PCの高速化をいろいろと考えたメモリーを大きくしてみ [続きを読む]
  • 幾ら撮っても飽きない雛達
  • ワルシャワのワジェンキ公園 運河沿いにオシドリの親子がいた気温は20度ちょっと 気持ちよさそうに居眠りをしていた雛は2羽 写真を見直しても どっちがどっちだかかよく分からないこれは多分先程とは別の雛 薄目を開けて私を見ているのかな?wwその同じ雛 ハッと目を開けたが 別の方向を見ているまだ半分寝ているような・・・ww母オシドリは時々目を開けて警戒を怠らないだが私には全く警告を発しなかったから 雛達は平和そ [続きを読む]
  • “三文の徳”の束の間の朝日
  • ワルシャワ南郊外の別荘に泊まると夜明けに大抵目が覚める隣りで寝ているニワトリのラルチャが夜明けに必ず起きるからだろうが但し今では夜明けは4時過ぎ この日は丁度日の出の時に目が覚めた眠気眼で見ると北東の空が真っ赤に見えただが地平線の小さな隙間に朝日が見えただけで その上一面は黒い雲午前4時過ぎなので普通の人達は寝ているww朝日は瞬く間に黒い雲の中に入ってしまった雲に隠れた後も残照が残り 空は暫く素晴しいオ [続きを読む]
  • コウノトリの威嚇の相手は?
  • ワルシャワ南郊外のホテルにあるコウノトリの巣雛だけがお留守番をしていた翌日 ワルシャワへ帰る途中通りかかると親鳥が一緒にいたので車を止めて近付いた餌をすでに与えた後のようで 親鳥は疲れたのだろう 眠っていた一方で雛達は巣の中で立ち 動き回っていたこれは翼を動かし 飛ぶ動作を真似ようとしているようだ親がいない時はじっと座っているだけだが 親がいると活発に動くやはり安心感があるのだろうww親鳥は眠っていても私 [続きを読む]
  • ふたりでお留守番〜コウノトリ雛
  • ワルシャワ南郊外のホテルにあるコウノトリの巣昨日午後訪れると巣には親鳥がおらず 2羽の雛だけがいた雛達は眠っているらしかった雛達が卵から孵ってこの日で丁度3週間になると思う相当大きくなったが あと3週間後には親鳥とほぼ同じ大きさになる鳥達の成長のスピードは驚く程早い!目を覚ました雛達は私を見た でも警戒は全くしないwwそれにしても大きな口この大きな口に入れる餌を親鳥達は一日中探し回っている訳だコウノトリ [続きを読む]
  • “隠れ咲き”のショパンが一輪ww
  • ワルシャワのショパン像前に植えてあるバラのショパンが咲いたまだ一輪だけ しかも葉陰の見え難い所に隠れてww日当たりのいい場所に植えてあるこのバラは毎年6月初めに咲く6月も2週目になったのでもう咲いているだろうと見に行った一輪だけ開き始めた蕾があったが まだ花は小さい先程のようなバラの列が3箇所にあるが いずれの場所にも花がないショパン像の周りは全体がバラ園で 紅白のミニバラが植えてあるポーランド国旗の色だ [続きを読む]
  • ラルチャも只今換羽中
  • ニワトリのラルチャも今換羽中だ 猛烈に羽が抜けたのが3日前の日曜ワルシャワの気候が急に変わったとは思えないし 室内で暮すニワトリ一体何に反応しての換羽だろうと思ってしまうが・・・やはり夏の訪れに反応した抜け替わりなのだろうその日曜の朝食後 この鏡戸の前で多分1〜2時間程羽繕いをしていたその結果がこれカーペット上やその近辺の羽を集めるとこんなに抜けていた長いのも2つ 手前は翼の羽のようだこの換羽ととも [続きを読む]
  • 今度は自宅特等席の夕陽
  • 夏至が近くなり やはり日が長くなったと感じるワルシャワ南郊外の別荘前から見た夕陽 もう夜8時半を過ぎている猫じゃらし越しに低い角度から撮ったが 日没までにまだ余裕があるその少し前は自宅のこの“夕陽見物特等席”で一杯やっていたww隣の芝生温泉の煙突に夕陽が重なり ロウソクの灯りに見えたりするそして草原のブッシュに隠れ始めた暦の上での日の入りはもう午後8時52分 これはその10分余り前だ夏至の日の入りは午後9時過 [続きを読む]
  • キュリー夫人バラで三人勢揃い
  • 再度 ワジェンキ公園横のバラ園の話に戻るが大きな立看板があった新しいバラの説明らしいが 花がなさそうなので最初は無視しただがこんな小さなバラ園では珍しいと思い 読むと・・・マリー・キュリー キュリー夫人に捧げたフランスのバラだった20年前に原子物理学誕生75周年を記念して作られたそうだ実物がまだないのが残念と思ったが 香辛料のような強い香りがする・・・ひょっとしたらと探すと 葉陰に隠れて一輪だけ咲いていた [続きを読む]
  • カササギの若鳥?
  • 昨日 ワルシャワの我家のベランダ前が騒がしかったので覗くと・・・葉陰に2羽のカササギが並んでいた ひょっとしたら若鳥?大きさは親鳥と変わらないが 成鳥なら人間を見ると直ちに逃げるこの鳥達は暫くとまったままだった 幼さが残っている感じもする若鳥とすればベランダ前の松の木の巣で生まれたカササギだ4月20日頃に巣を完成し 産卵したとすると5月1週目の終わりに孵化そして丁度4週間目が今で カササギの若鳥の巣立ち時期 [続きを読む]
  • もう坊主頭も〜オシドリの換羽
  • ワルシャワのワジェンキ公園 運河縁にみすぼらしい姿の生き物が・・・換羽中のオシドリだった運河に浮かんだこのオシドリも無精髭のようなオレンジ羽の残滓があの“陣羽織姿”を彷彿とさせるが繁殖期に雌を引き付けるためにあのカラフルな姿になる雄達それが用済みになると抜け落ちる生やすのも抜け落とすのもエネルギーを消耗する行動だ 御苦労さんオッ 雌鳥? よく見るとこれは坊主頭になった雄のようだ羽の色は雌とほぼ同じ [続きを読む]
  • バラがやっとポツリポツリと
  • ワルシャワでやっとバラが咲き始めた だがまだポツリポツリワジェンキ公園横にある小さなバラ園まず目に入ったのがオランダで作られたキモノ 一輪だけ咲いていたバラ園に入った時はまだ全く咲いていないと悲観的になった例年なら6月に入るとかなり咲き始めている やはり今年はバラが遅いそれに左奥にまだライラックの花が見える これも珍しいオッ 青バラの歴史で一世を風靡したブルームーン蕾が何とか開き始めていた小さなバラ [続きを読む]
  • 鳥達が探すものはやはり・・・
  • おいおい そんなにたくさんのミミズを飲み込めるの?!このノハラツグミはそんな心配をさせる程のミミズを飲み込んでいた撮った順番から判断して先程と同じ鳥 そして時間的に少し前ここでも長いミミズをゲットしていたワルシャワ南郊外のゴルフ場 昨日は野の花を御紹介したプレー中に同時に撮ったのはコース内で餌を探す野鳥達周りの草原で猛禽類らしき鳥も見たことがあるが 撮影は難しいコース内で餌を探す野鳥達は人が近付いて [続きを読む]
  • 野の花を撮りながらのゴルフ
  • 笑っているような花ww この赤いマンサクに似た野草は何だろう?写真を撮りながらゴルフをしていると この花があちこちに咲いていたマンサクは木に咲く花だが この赤い花は灌木でもなく やはり野草水辺に咲いていたり コースとコースの間にも群生しているア 撮影をしながらのゴルフではなく ゴルフをしながらの撮影?前にいたのは同じくゴルフ場に家を持つ夫婦 かなりスロー私は写真を撮るつもりで朝少し早めに インの10番からスタ [続きを読む]
  • 青は緑にまさるかなww
  • ワルシャワが雲一つない青い空になった日曜旧市街の中で写真を撮ると緑が全くと言って良い程目に入らないやはり我等の世界は青い空と緑ww なので緑を入れた写真を撮った旧市街の入口にあるマリアの街は緑が一杯だった先程の写真の真ん中方向に進むと緑に囲まれた王宮が見える素晴しく青い空 だが新緑なのに緑が黒っぽい 光の方向の所為かww・・・すぐ左の聖アンナ教会を見上げると緑が少し眩しく見えたでもこの青空 まさに抜け [続きを読む]
  • 旧市街の青い青い空
  • 日曜日はポーランドの夏らしい清々しい青空が広がる天気だったワルシャワ旧市街へ行った 王宮広場は人が普段よりかなり少ない実は そう予想したから街中へ行ったのだがww気温も26度まで上がり ポーランドでは真夏の暑さだだが湿度は50%以下なので爽やかな暑さかなwwオッ 雲が? 飛行機雲だったこの日はともかく飛行機が目立った 青空を見上げていたからだろうwwジグムント3世像 この像にはぶち当たってくれてもいいのだがwwワ [続きを読む]
  • 霧にけむる日の出
  • ワルシャワ南郊外 ネコ見物特等席に座った日の夜明けはと言うと・・・こんな感じの霧にけむる日の出だった 時刻は午前4時半過ぎ以前に朝もやとの表現を使ったことがあるが これは朝霧だ気象用語では視程1km未満だと霧 それ以上10km未満がもやだそうだ朝日が水平線上の雲から出て来たように見えたが・・・これは小型飛行機格納庫の屋根 250m程離れている格納庫は少しボケているが 朝日の輪郭ははっきり見えたそしてあくびをして [続きを読む]
  • こちらはネコ見物特等席?
  • 大きなネコ2匹が目の前の草原に 見応えのあるネコ達だもうカンカン照りの感じだが まだ朝6時前 日の出は4時半だったこれまたワルシャワ南郊外のゴルフ場にある私の別荘ウッドデッキに座って朝のコーヒーを飲み始めたところ・・・このネコ達が目に入った先日は夕焼け特等席をご紹介したが これはネコ見物特等席かなww暫く見物 いや睨み合っていると 茶のネコは自宅に帰り始めた残りの灰色君は日向ぼっこをしている感じもあるが・ [続きを読む]