ゴロー・O さん プロフィール

  •  
ゴロー・Oさん: 写日記@ヨーロッパの田舎
ハンドル名ゴロー・O さん
ブログタイトル写日記@ヨーロッパの田舎
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tojamokijp
サイト紹介文30数年前からヨーロッパ6カ国に駐在しました。永住を始めたポーランドからの写真とエッセーです。
自由文美しい自然と動物、それに歴史が大好きです。写真を中心にポーランドのあまり知られていない側面をお見せしたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供328回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2010/03/16 02:42

ゴロー・O さんのブログ記事

  • 三つ指をつくラルチャ?〜実は頭痛の種
  • 三つ指をつくように食べ物の前に座るラルチャ行儀のいいニワトリと思われるかも知れないだが私にはワルシャワの悪い天気に加えた もう一つの今の頭痛の種実は今ラルチャは抱卵スタイルで座り続けている最中だ1週間前の日曜に13個目の卵を産んだ後 まだ結構食欲があったそれが追加の産卵がないまま3日前から座り始めた場所はこの部屋 少し暗い場所に置いてある移動用の巣箱産卵はすべてこの巣箱だった 受精卵はないので卵なしで座 [続きを読む]
  • 「5月を待とう」か・・・
  • ワルシャワの今日も寒い日 朝は3度 日中もたった6度 こりゃ冬だそれに加えて冷たい雨 ベランダ前のカササギの巣もずぶ濡れだ鳥がいるのかいないのかも分からないが・・・望遠で覗くと尻尾がやはり見えているようで これだと抱卵中だが・・・雨に加えてこの低温は抱卵の鳥には酷だカササギは雌だけが抱卵し 雄鳥が餌を運ぶのが通例だところがなかなか目撃出来ない 最も常に見ている訳ではないが北側の窓 かなり濡れており 冷 [続きを読む]
  • 雌クジャクはクールだが・・・
  • ワルシャワのワジェンキ公園でバッチリと撮ったクジャクの御開帳迫り続ける雄に対して雌鳥の反応は? クール最近の人達は素晴らしいとの意味でこの単語を使うが 文字通り冷たいシャー シャーと音を立てながら迫る雄の前で羽繕いもなさるなぬなぬ? これはあくび?!少し変わった写真を敢えて並べたが 一方で雄をチラッチラッと見続けただからクールに見えるが 実際にそうかはよく分からないww写真を撮り始めてから10分余り経った [続きを読む]
  • 迫り続ける雄クジャク
  • ワルシャワはまだ暖かくならないが クジャクは熱くなっていたww繁殖期に入った雄クジャクが飾り羽を広げるのは当たり前の仕草だだがこれ程ばっちり決まった光景を見たのは初めてだった何がばっちり決まっていたかと言うと雌鳥が目の前にいたことそして1対1で「これでもか これでもか」と御開帳を続けたことだ雌クジャクは雄の周りをゆっくりと動き回る一方の雄鳥は向きを変えながら飾り羽を見せ付け続けるのがよく分かる雌鳥は1か [続きを読む]
  • 修復が終わった『黒人の館』
  • ワルシャワ旧市街の中心 マーケット広場がすっきりした感じになった王宮から歩いてこの広場に入った正面左 南側を向いた建物群になるが2年余り前からずっと修復工事が続いていた2年前の4月に撮った写真 外部だけでなく内部の大改造も行われたもともとはそれぞれ別の建物だったが 今は全体がワルシャワ博物館ずっと閉鎖中だが 来月再オープンするその真ん中辺りにあるのが『黒人の館』 15世紀半ばに出来た建物だ持ち主が次々に変 [続きを読む]
  • まだスイセンが満開なんて・・・
  • 昨日もお伝えしたが 今年のワルシャワの春は寒い10日振りにワジェンキ公園へ行って改めて実感した4月も終わりに近いのにスイセンがまだ満開だったやっと満開になったか これがずっと続いているのか・・・最初の写真はショパン像前だが 10日前にもかなり咲いていたこのポーランド大統領公邸前の斜面も10日前には咲き始めていた運河に近いここも満開 やはり咲き始めていた既に咲いていたのが満開になったり 咲き続けていると言うこ [続きを読む]
  • 何て悪い天気続きの春だろう・・・
  • ワルシャワはこのところ毎日のように悪い天気が続いている時々陽光が差したりするが 一日中ほぼ曇りで雨も降るそして何よりも気温が上がらない 今日も最高気温は9度だったなのに川沿いの遊歩道脇でこんなにタンポポが咲いていた確かにここは陽当たりがいい場所だが・・・但し通常の年の今頃ならこうあってしかるべきだところが近くで同じく南西向きのこの土手は全くと言って良い程ないタンポポの駆除をした訳でもあるまいし・・・ [続きを読む]
  • 何とか“針”に刺さった夕陽
  • スターリンの注射針とも呼ばれるワルシャワで一番高い文化科学宮殿その針に夕陽が丁度突き刺さる20日 黒い雲の下からやっと夕陽が・・・丁度真ん中に刺さっていたが 残念ながらこれだとよく分からない気落ちしながら夕陽を眺めていると 夕陽全体が雲から出た丁度その時何と隣りのビル屋上に立つ“小さな針”に突き刺さっていた夕陽からの有難い贈り物 そう思いながら撮影させて貰ったww因みにこれは5年前の同じ4月20日ここ数年の [続きを読む]
  • 夕陽は“注射針に刺さる”かな
  • 昨日の20日 ワルシャワは午後になって晴れ出した しかも夕方まで我家に一番近い橋から見るとワルシャワの摩天楼群に陽が沈む日だしかも“スターリンの注射針”の文化科学宮殿に突き刺さりながらwwなので橋から夕日を狙ったのだが 御覧の通り雲に隠れてしまっただが雲の下に隙間があるし “注射針”に達するまでまだ数分ある・・・因みにこの建物はポーランド共産党政権10周年を祝ってスターリンが贈ったものだが 注射針に似ている [続きを読む]
  • ベランダ前でカササギが営巣
  • 我家のベランダの前にある松の木にカササギが巣を作った気付いたのは昨日 朝からずっと巣作りを続けたポーランドでは4種類のカラスを日常的に見るが カササギはその一つ光の方向によって羽がブルーやグリーン 更には黒く見えたりするww巣は松の木の天辺だが ベランダからはすぐ目の前と言った感じだカササギを刺激しないように撮影やベランダに出るのを最小限にし寒いこともあり ラルチャもベランダにあまり出さないようにしてい [続きを読む]
  • 早春は黄色の花が多い
  • ワルシャワは今も寒い日が続き 花は咲けどもまだ早春の感じだそして今咲いている花を探すとやはり黄色が多い満開のこのレンギョウもその一つ先日御紹介した小さな白い花 「森のアネモネ」(ヤブイチゲ)それと同じような林を埋め尽くすが如く咲く黄色の花ヨーロッパ原産のキバナキンポウゲではないかと思う「早春に黄色い花が多い理由」 こんなタイトルの文章も多く見つかる春先の寒い時に咲く花は数が少ない昆虫を引き付ける必要が [続きを読む]
  • ケーキの包み紙は新聞紙!
  • 復活祭の前にポーランド人の知り合いからケーキを頂いた台所に置かれたケーキを見たら何と! 新聞紙に包んであったその昔 闇市のキャビアやお菓子の包み紙が新聞紙だったのを思い出した共産主義時代は普通の店舗の包み紙も新聞紙だったかも知れないトイレットペーパーが店頭から消え 新聞紙を使っていた人も多かっただが新聞紙だと思ったこの包み紙 内側は光沢のある紙新聞紙に似せた包み紙だったが「伝統が義務付ける」なんて書 [続きを読む]
  • 寒い日が続くワルシャワ
  • 復活祭明けの祝日の月曜 ワルシャワは久し振りに晴れたが寒かった明け方は零下2度 日中も8度までしか上がらなかった昼前に旧市街を散歩したが この時は5〜6度 殆どがオーバー姿だスペイン語があちこちで聞こえたが 今スペインは25〜6度の暑さだスペイン人達にとってこの気温はさぞ寒かったことだろう寒くても晴れと言うこともあり 広場にレストランのテーブルが並びテーブル脇には満開の水仙が置かれていたそしてもちろん暖房も [続きを読む]
  • オシドリのダンス〜雌による品定め?
  • もう一つ ワルシャワ中央のワジェンキ公園で偶然に撮った鳥の写真オシドリの雌1羽と2羽の雄が整列しているようだが・・・実は行ったり来たり また回転とまるでダンスのような動作だった私が来た時には同じ動作をもうかなり繰り返していたようだこのGif画像だと雌は脇役のようだが・・・(この動画の長さは15秒です)実際は動きが鈍くなった雄達に更に踊れと雌がけしかけていた動画は写真を撮った後のもの 雌がけしかけている様子 [続きを読む]
  • 偶然に撮った鳥達〜クジャク
  • ワルシャワ中央のワジェンキ公園で偶然に撮った鳥達の写真まずこのマガモ 目の前の草むらから突然に顔を出したので驚いたもっともカモさんのほうが私以上に驚いたカモww通常は人間を見ると逃げるカラス等の野鳥がこの公園では身近で撮れる実は草むらで餌探しをしていたこの頭巾ガラスを撮っていた見えない目を何とか撮ろうとしていたらカモがカモになってくれた訳だダジャレはともかく カモさんのほうはいい目をしていた今度は蕾 [続きを読む]
  • 復活祭は“寒の戻り”
  • 月曜に20度を越えた後 ワルシャワは雨勝ちの寒い日が続いている久し振りにワジェンキ公園に行くとモクレンはまだ蕾隣りのハクモクレンは満開だったが 気温は6度くらいこの時は陽光が差したが 雨が降ったり風が吹いたり変化が激しい次の日曜は復活祭 キリスト教の教義では一番重要なお祭りのはずだがクリスマスには“負ける”らしいwwもう休暇に入った人が多いようで 街から急に人々減った木々の花はなんとか咲いているが 路地の花 [続きを読む]
  • 咲き始めた「森のアネモネ」
  • この季節 森の中にも色々な花が咲き始めるが その一つがこの白い花ポーランド語で「森のアネモネ 」(Zawilec gajowy)ヨーロッパ中で見られる早春の花で 言葉は違っても同じ呼び方が多い撮影はワルシャワ南郊外のゴルフ場の森 あちこちで咲き始めていた和名を知らなかったので調べるとヤブイチゲ(藪一華)漢字では意味深だが 語感がちょっと・・・と言う感じがしないでもない通常は最初の写真のように6枚の花弁だが このように7枚の [続きを読む]
  • コウノトリがもう抱卵中!
  • ワルシャワ南郊外のホテルにあるコウノトリの巣今年もちゃんとコウノトリが来ていたが・・・ん? もう抱卵中?!暫く観察したが 1羽がずっと座り続けていた 間違いなく抱卵だと思うこのホテルは私の所属するゴルフ場のすぐ近くで 同じ経営だ巣の下では従業員達が芝刈りや馬屋の掃除をしていた「いつから座り始めたの?」と聞いたが 従業員達はよく知らなかったポーランドは世界最大のコウノトリの繁殖地で 毎年約5万つがいが来る [続きを読む]
  • もうクジャクチョウ〜これは早い
  • 先週土曜にビスワ河畔で驚いたのはクジャクチョウを見たことだった木々の花を撮ろうと近づくと あの青い目が見つめていたwwもちろんこの青斑点は呼び名の謂れにもなった翅の模様の一部だ気温は暖かいと言っても10度少し 夜は3〜4度まで下がる花が咲けばチョウやハチが集まるのは当然と言えば当然だが・・・それにしても例年のワルシャワより半月程早いと思う草むらでもあの青い目がwwあちこち飛び回ってはいたが 一旦とまると暫く [続きを読む]
  • 22度まで上がった最高の日和
  • ワルシャワの今日は私には今年最高の日和 気温も22度まで上がった晴れとの予報だったので日曜からワルシャワ南部のゴルフ場に泊まった午前6時前の朝日 陽光に染まった朝霧が綺麗だったその数分前の午前5時55分頃 霧がまだ濃かった上に雲も少しあっただからだろうか 奇妙な日の出だったし 寒々しい印象だったやはり朝日はしっかりと陽光が差したほうがいいww木々に遮られ 陽光がまだ当たらない場所はやはり寒々しい実際 この時の [続きを読む]
  • 微笑む木々と笑ってしまった私ww
  • ワルシャワの我家から遠くないビスワ河畔を自転車で走った川沿いには自転車道があり 両側は市民農園や林になった河原新緑に加えて 木々の花が咲き始めていた日本の桜のように注目される花も 花見の習慣も当地にはないだが春の訪れとともに林ではあちこちで木々の花が咲き始める何らかの実をつける野生の花々淡い色の花と新緑の混じった木々が微笑んでいるように見えるワルシャワ中央にある摩天楼群が見えた 距離は直線で6キロくら [続きを読む]
  • 新緑の散歩〜好天に誘われて
  • ワルシャワは朝から陽光が差し 気温も14度位まで上がったまず近所を散歩した 白樺が目に眩しい木丈が高く 葉が小さいので見えにくいが もうこんなに新緑がある冬は灰色にくすんで見えた幹も気温が上がり乾燥して来ると白に戻る白樺はやはりこの白さでなきゃと思うww散歩に出る前に確認した自宅ベランダ前の白樺3階の高さからなので新緑がもうしっかり出始めているのがよく分かるこの後は自転車でビスワ河畔に行った予想以上に新緑 [続きを読む]
  • ワルシャワも春〜一時帰国から戻りました
  • 一時帰国から昨日帰って来たワルシャワも春の気配があちこちに漂い始めていた朝起きて窓から庭を見ると 松の木に珍しくホシムクドリがいたそのホシムクドリが見上げていた先には木々の新芽が眩しいもっとも曇り空で 私が帰った昨日から急に寒くなったそうだがww窓の外の温度計を見ると4度と確かに寒い新芽に囲まれたような枝の中で大きな鳥が頻りに羽繕いをしていた普段なら悪相の頭巾ガラスだったが 全く悪相には見えない枝が絡み [続きを読む]
  • 春の澪〜一時帰国でブログを休みます
  • ワルシャワは春と言うにはまだ少し早いが・・・でも早春かな池や運河の氷はほぼ解けた その温んだ水にオシドリが澪(みお)を描く運よく薄日が差し 水面が抽象画に見えたwwワジェンキ公園のオシドリ達はもう殆どがつがいになっているパートナーらしき雌鳥がこれまた澪を描きながら近づいて来たこの運河は木々や岸の灌木が茂ると鬱蒼とした場所があちこちに出来るこれからオシドリ達の棲み処になり この近辺で営巣するつがいもいる氷 [続きを読む]
  • 春の澪〜一時帰国でブログを休みます
  • ワルシャワは春と言うにはまだ少し早いが・・・でも早春かな池や運河の氷はほぼ解けた その温んだ水にオシドリが澪(みお)を描く運よく薄日が差し 水面が抽象画に見えたwwワジェンキ公園のオシドリ達はもう殆どがつがいになっているパートナーらしき雌鳥がこれまた澪を描きながら近づいて来たこの運河は木々や岸の灌木が茂ると鬱蒼とした場所があちこちに出来るこれからオシドリ達の棲み処になり この近辺で営巣するつがいもいる氷 [続きを読む]