bb さん プロフィール

  •  
bbさん: 好奇心いっぱいのばあちゃんブログ
ハンドル名bb さん
ブログタイトル好奇心いっぱいのばあちゃんブログ
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/pisa4331
サイト紹介文リンクから訪問して私も元気ばあちゃんとして参加してみたくなりました。
自由文ブログを始めて4年ちかくなりましたが、まだ
生きがいとして続けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/03/18 10:45

bb さんのブログ記事

  • ポートワイン
  • お土産のポートワインですが甘ったるくて口にあいません。産地のポルトを訪ねた時、試飲したことありますが長い熟成をしたものはそんなに甘くありませんでした。そこで昔ヴェルリナヴァイセというドイツのビールがあり日本風にジュースなど混ぜたものを飲んだことがあり薄めてみました。炭酸水で薄めたもの 左が炭酸水 右はビールで薄めたもの色は左が勝   味は右が勝でした。ワインの藏を訪問したときの記事です。ht [続きを読む]
  • 隣の犬
  • 隣といってもお向かいですが妹夫婦が住んでいます。4年前殺処分されそうな子犬をもらってきました。そのいきさつですhttp://blogs.yahoo.co.jp/pisa4331/54024752.htmlタローと名前をつけて来たときは可愛かったのですが今では大犬になりました。屋敷は広いので塀内では放し飼いしています。時々塀より乗りだして道行く人を眺めたりしていてそれなりに可愛いいのですが・・・いつからかおやつの餌をあげて楽しんでいます。我が家の [続きを読む]
  • 小さな春
  • 寒い日が続きましたがやっと春の気配がしてきました。もう冬はすっかり苦手になりました。2〜3日前より水仙が膨らみ花を開きはじめました。今日は暖かです。クロッカスもいつの間にか紛れもなく季は移ろいて庭先の小寒き土に水仙咲かす [続きを読む]
  • 地図を見るのが好きです。
  • 関口智弘さんの「鉄道の旅」はファンでいつも見ています。日本は全鉄道を網羅し、海外も知られていない列車で途中下車し土地の人々との交流も楽しそうで大変でしょうがいい旅をしています。昨日はイギリス縦断で、連合国の成り立ちや苦悩にも触れていました。私は地図を見るのが好きでいつも手元に置いて辿ったところをなぞったりして楽しんでいます。自分でも行ったところは懐かしみ、未知の土地には興味を持ちなかなか刺激的です [続きを読む]
  • 兼高かおるさん
  • 徹子の部屋 2017年2月9日 【兼高かおる】 この方を知っているのはもう少なくなったと思いますが私が若いころは大いに活躍し憧れでした。外貨も十分になく海外に出かけるなど夢のような時代世界中を縦横にとびまわり自らプロデュースし僻地にもでかけ世界一周早回りなどもしていました。美人で聡明でアメリカに留学した時の日記の記事も読みました。この画像を見てまだお元気で背筋もしゃんとして嬉しく思いました [続きを読む]
  • バハマからラインの便り
  • 私はもう歳をとり、海外旅行は無理になりました。今回娘は大学時代の友達とフロリダクルーズに出かけました。カリブ海のバハマ諸島でイルカと泳いだりフロリダのデズニーランドなどに行くそうです。私との旅行とはだいぶ趣が違います。ラインで写真送ってきました。楽しそうです・・・一昨日日本テレビアナザースカイで日本人の女性ダイバーがバハマの生活とイルカと舞うというのがあり折からと興味をもって見ました。 [続きを読む]
  • 真夜中の音楽
  • 11:00頃就寝真夜中2:00に目が覚め寝付かれず退屈なのでFM放送を入れました。ちょうどロマンチックアワーの時間でアルフレッド・ハウゼのタンゴ特集でした。懐かしく思い眠るのはもったいなく聞いていました。碧空、バラのタンゴ、カミニート、エルチョクロジェラシーなどお馴染みが心地よく半眠半醒で聞きました。後半はアルゼンチンタンゴを生かしてコンチネンタル風にしたものや以外だったのはブルータンゴはあのルロイ [続きを読む]
  • 初詣で
  • 明けましておめでとうございます 元気はなくなりましたが、もう少しブログは続けようと思っています。今年もよろしくお願いします。元日は近くの熊野神社にお参りしました。この地区の小さな社ですが、焚火をして甘酒が振る舞われ、参拝人もちらほら見えて和やかな風景でした。2日はツアーで伊豆の三島神社に行きましたが渋滞はするし人は多くて参拝気分ではありませんでした。   3日の今日はいつも通る道の林を背にしたほとん [続きを読む]
  • いい湯だな〜。。。
  • 作並温泉に行ってきました。ここ3年恒例的にJTBのフリープランというのに参加して今の季節東北の温泉に行っています。足が弱ってもう遠くには行けなくなったので、もっぱら湯治気分で2泊くらいで旅心を癒しています。ここは仙台から在来線山形行きで40分くらいの所です。写真は撮らなかったのでネットから拝借しました。いい温泉で計7回入ってあとはテレビと本を読んでいました。もみじ葉の漂う露天の湯に憩い丸木を枕に木々 [続きを読む]
  • 小春日和に
  • 北からは雪の便りも聞かれるようになりました。灯油売りも回ってきました。庭の花も終を見せて細ぼそと咲いています。昨日雪虫が飛んでいました。晩秋は寂しいです。 陽だまりに光まといて雪虫は  ふわりと群れていつしか消える [続きを読む]
  • 成駒屋襲名披露公演
  • 日曜Eテレ 古典芸能の招待で8代目中村芝翫(橋之助)の襲名披露を見ました。立派に成長した3人の息子も同時襲名披露で華やかでした。4人同時は歌舞伎史上初めてだそうです。それにしても奥さんの三田寛子さんの援助の功はあっぱれですね。         坂田藤十郎、尾上菊之助、坂東玉三郎、中村七之助        などの歴々の口上もあり見応えありました。後半は披露狂言として「熊谷陣屋」を芝翫 熊谷直実 義経を中 [続きを読む]
  • あの人・・・
  • おばさん4人のランチとおしゃべりタイム・・・話題は田部井淳子さんの訃報に及び登山の時の排泄はキチンと処理できるようになっていると物知りが言い話題は富士山などのゴミ問題から、それを清掃する奇特な登山家が話題になりあの人ねと一人がいったらみんな同意したけれど誰も名前を思い出せずでも全員納得・・・お母さんが外人よねなどと言って。いつもこんな調子です。 [続きを読む]
  • 田部井淳子さん元気をありがとうございました。
  • 田部井淳子さんの訃報を聞きました。とても残念です。つい最近徹子の部屋に出演し癌細胞はいまのところ消失していて、私のできることは山に登ることと東北被災地を応援したり富士山に高校生を連れていったり素敵な衣装でステージで歌を披露する面もあり前向きな姿勢とにこやかな笑顔が魅力的ですっかりファンになりました。市の公民館には来演したことがあるらしくサイン入りの色紙が飾ってあります。とても悲しい気持ちです。ご冥 [続きを読む]
  • 姥ざかり花の旅笠
  • 友達が貸してくれました。田辺聖子さんのいつもの姥シリーズかと思いましたら大違い。ずっしりと重みのある紀行文学書でした。この姥たちは筑前(北九州)の裕福な商家のお内儀さんたちで(4人)お供の男衆3人を連れお伊勢参りに旅立ち伊勢参りに留まらず善光寺、日光、江戸にも寄り帰りは信濃路、木曽路を抜け京都、大阪を楽しみ5か月かけて帰った壮大な紀行文です。(天保12年 1841〜)主役は小田宅子(いえこ)で53歳短 [続きを読む]
  • 北海道の味
  • 昨日久しぶりにデパートに行きました。5階が丸善の書店になったと聞いて見にいったのです。途中4階で北海道物産展が開かれていました。道産子としては見ないわけにいかないので寄りました。もう駄目ですね。懐かしい品々が並び素通り困難・・・やりすぎの感じのホタテ、カニ、イクラてんこ盛りの寿司娘のリクエストです。松前漬けこれもホタテが入っていました。私はカズノコだけのほうが、良かった気がしました。        [続きを読む]
  • 車の運転をやめて一年・・・
  • 先月85歳になりました。車をやめて一年なんとか自分のペースで不自由を感じなくなりました。行動の規模はだいぶ減りましたが、娘、妹、友達がいろいろ協力してくれます。絵画クラブも道具をもってバス停から500〜600メートルは無理なので止めました。家で描いてみましたが、集中力がなく作品にはなりません。友達が誘いますと言いますが、なんかもう億劫になりました。コーラスは近くの友達が誘ってくださるので続けています [続きを読む]
  • 杖を買いました
  • 若い頃から座骨神経痛気味で年を取ったら困るかなと思っていました。やはり支障を来すようになりました。日常痛みはあまりないのですが、長歩きは出来なくなりました。でもなるべく歩くようにはしています。デパートで綺麗な杖を見つけ買いました。練習してみたら楽です。でもあまり杖に頼ると杖無しで歩けなくなるそうですので道で立ち往生したくなったときだけ使おう思います。 [続きを読む]
  • 90歳なにがめでたい
  • 佐藤愛子さんの最近の著作です。タイトルからして彼女らしい威勢のよさが窺え話題にもなっています。本屋で平積になっていたので買いました。彼女の反骨やユーモア、昔を偲ぶ本音にスカツとし笑いながら楽しく読みました。愛子さんの本はよく読んでいましたので相変わらずの愛子節は痛快で92歳のおばば振りを笑いながら読みました。例えば製造過程でゴミが混入した袋詰の商品・・・聞けば塗装のかけらのようなもの〈らしく大量回 [続きを読む]
  • ルーアンの丘
  • 遠藤周作さんの作品はよく読んだと思います。BSプレミアムで遠藤周作の青春 「フランス留学記」という番組がありルーアンの丘を朗読と解説、ドラマ形式も入れて放映されこの本を読んだことがあり、懐かしい思いでみました。彼は終戦直後船旅で一か月かけてマルセイユから上陸し留学前の準備としてルーアンの個人宅にスティ してフランスの習慣やマナーを学びます。その後リヨンの大学で文学を学びますが、青春の揺れやすい孤独や [続きを読む]
  • 台風の贈り物
  • 先の台風10号は庭に水があふれバケツに溜まった水は4時間ほどで14センチでした。夕方には上がり陽が射しはじめました。私は気が付きませんでしたが大きい2重の虹が立ったそうで見られなくて残念でした。昨日友達と食事に行ったときスマホで写真を撮った人がいたのでメールで送っていただきました。庭はこんなでした。                     2人からの送信です。Nさんの写真              [続きを読む]
  • 私の短歌
  • 花實という結社に属して 決まりとして15首 毎月投稿しています。そのうち採用されるのは7〜8首ですが、才能の無さや不勉強もあって苦しい作業になりました。3年くらい前までは毎月の歌会に行き得るところも多かったのですが電車乗り継ぎや遅くまでかかるので怠けるようになりました。でもボケ防止に下手でももう少し続けようとは思っています。7月号と8月号から抜粋です。「甦る昭和歌謡」を見てをりぬ    [続きを読む]
  • 池袋で・・・
  • 芸術劇場のコンサートに仲間7人で出かけました。シニアの団員200名による合唱を聞くためです。14:00開演なので、11時の快速列車で行き食事してからと楽しみでした。私は最近足が弱くなり歩くのが遅いので心配でしたがみな気を使ってくれてついていきました。芸術劇場は池袋駅の隣続きなので心配するほどでもないのですが・・・駅近くの魚料理竹若というところで食事しました。広いお店で懐石風の料理で美味しかったです [続きを読む]
  • 東京芸術劇場にて
  • プラチナ・シンガーズという合唱団の演奏会があり(合唱仲間)の知り合いが出演するということでその創立由来や演目に興味を持ち7人ほどででかけました。この団体は65歳以上の合唱経験者という限定つき合唱団だそうで我々と及ばずながらも似かよったところがありプログラムも経験のあるものでしたので興味を持ちました。会場  東京芸術劇場演目  レクイエム・・フォーレ     土の歌  ・・佐藤眞   作曲      [続きを読む]