kazubo さん プロフィール

  •  
kazuboさん: まだだ、まだおわらんよ・・・
ハンドル名kazubo さん
ブログタイトルまだだ、まだおわらんよ・・・
ブログURLhttp://ameblo.jp/giulia3182/
サイト紹介文ガンプラをはじめ趣味のことなどいろいろ書いております。
自由文コメントなどいただきますと、励みになります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2010/03/18 12:13

kazubo さんのブログ記事

  • パッセンジャー・・・
  • 惑星移住のための超長距離航行中の宇宙船内で途中で1人だけ人工冬眠が解けてしまい残りの90年を過ごさなくてはならなくなった男が、孤独に耐えきれず理想の女性を一人だけ起こしてしまう、というところから始まるお話。 ただ、ここではクリス・プラット演じるジムが主人公だったからラブストーリーとして成立していたものの、これがイケメン君ではなくただの暗いオタク君だったりしたら、ホラーな密室ストーカー物語に [続きを読む]
  • 鉄血のオルフェンズについていろいろ・・・
  • 買い控えしていたのですがアニメ放送終盤に入って急増、また、これまでモノアイかゴーグルタイプ優先だったのがかつてないほどのガンダムタイプ率の高さ といっても以前のように出たら買うではなく、最低限パチ組の目処もたたないものには手を出さないという自己ルールに従って。 そして加齢のため、ここしばらくまったく手に着かなかったのですが久々に、といっても“とりあえず着手しました”的な・・・ BGMは、♪ [続きを読む]
  • 沈黙 −サイレンス−
  • 題材が江戸時代初期日本のキリシタンの弾圧なのでそういったシーンが多々あるという事前情報やらPG指定、 また、マーティン・スコセッシ監督作品ということで、ギャング・オブ・ニューヨークと印象が重なったこともあり、(そういえばあの作品でも冒頭がリーアム・ニーソンだったよなあ・・・) 残虐耐性が要るのかなと覚悟して行ったのですが、斬首シーンなどあるにはあるのですが普通の戦争映画レベルの耐性で観られるレ [続きを読む]
  • 2017年まとめ・・・後編
  • ネタ切れ時の場繋ぎで書いていたら、いつのまにか更新記事の主軸。 ということで後編は映画。 ・・・とその前に、スターウォーズシリーズでレイア役を演じてこられたキャリー・フィッシャーさんが逝去されたというニュースがありました。昨年新章が始まったばかりなので、なおのこと残念でなりません。慎んで哀悼の意を表します。 では、ここからは毎年恒例?今年観た映画ランキング 今年1年間で [続きを読む]
  • 2016年まとめ・・・前編
  • 今年もあと僅かとなりました、 さいきんめっきり更新ペースも鈍って、いまやごく僅かとなっているであろう奇特な読者のみなさま今年も見ていただきありがとうございました。 先ずは1年の締めくくりとして今年作った模型、 ガンプラはGBWC用のこの2体、鉄血キットベースのブシドーアヘッドと無印100分の1ダブルオー、 ここで応募やレビュー用に撮りためておいたボツ画像を適当に使いまわして、 & [続きを読む]
  • ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー・・・
  • 話題の決戦前夜編初日行ってきました。 Xウイングの活躍は予告編でも出まくっていたのでわかっていたのですが、今回Yウイングのゴールド中隊も大活躍、過去作では殆ど見せ場がないまま撃墜されまくっていたのでうれしかったです。 ・・・と、いきなり偏ったお話しから入ってしまいましたが… 通常パンフ左上にYウイングがばっちりフレームインなんとXウイングと同等扱いです。 そしてこちらが限定版パンフ [続きを読む]
  • Xウイング&Yウイング・・・
  • Red Five standing by! ビークルモデルと同時進行でやっていた1/72 インコム T65Xウイングスターファイター、 そしてゴールドリーダー、We're starting our attack run! BTL‐A4Yウイングスターファイター コクピット、 ルーク&R2‐D2、 参考までに足元のベースは1円玉です。 この辺りの筆塗りは定番なのですが、 機体の [続きを読む]
  • GBWC2016続報・・・
  • この前"引導をわたす"なんて書いてたら、引導をわたされちゃいました(;´∀`)A ・・・なんて、まあ単に力が及ばなかっただけなんですが でも、かろうじて恒例のこの記念品だけはいただくことはできました。 …ということで、現物を披露できなくなりましたので、さらっと紹介、 今回のコンセプトは、最新フォーマットである鉄血キットを含む無印1/100をメインで使用し、来年10周年となるダブルオーの世 [続きを読む]
  • ビークルモデル・・・
  • みなさま既にご存知かと思いますが、このシリーズ、 ずっとやってみたかったレッド中隊、1/72だとキット代もバカにならない上、完成後の置き場所にも困るので、リーズナブルかつ食玩サイズのこのシリーズは有難いです。 レッドリーダー ガ―ヴェン・ドレイス レッド2 ウェッジ・アンティリーズ レッド3 ビッグス・ダークライター レッド5 ルーク・スカイウォーカー 素組みのカラバリ再現のみ [続きを読む]
  • フィギュアライズバスト・・・3
  • 加工画像ながら前回記事で完成態既出ですが続きを、 あのあと、そのままサフを吹いて、 裏面乾燥中… 表面チェックののち、 黒立ち上げ、マスキング剥がして銀で塗ればそのままELS刹那にできますが、ここは普通に… フィギュアを塗るのって本当に久しぶりなのですが、今回こんなものが出ていたので、使ってみたいと思います。ガイアのサフレスフレッシュ、初使用です。もともとレジンキットの素地の透明 [続きを読む]
  • フィギュアライズバスト・・・2
  • まず気になった箇所、パイロットスーツや頭髪の直線的でツルンとした二次元的なライン、 あくまで二次元のアニメのキャラクターなので、商品としてはこれで正解だと思うのですが、 宇宙空間で着用する生命維持装置、パイロットスーツと想定した場合、ここまで身体にフィットした皺ひとつないものだと、ちょっとイメージと違うかな…ということで手を入れます。 気軽に個人的な嗜好で手を加えられるところが、量産 [続きを読む]
  • フィギュアライズバスト・・・
  • このシリーズ、ずっと気になっていたのですがようやく、初めて購入してみました。 パーツ構成はこんな感じ、 噂の積層射出成型=レイヤードインジェクション、目の塗り分けだけで4色の多色成型、瞳の虹彩だけでなく白目の陰影まで再現してます。これ以外にも眉毛や睫毛まで多色成型再現。 早速さくっと組んでみたのですが、目標を駆逐するッ! 制服の白いラインの部分はシール再現になっていて、今回貼って [続きを読む]
  • ハドソン川の奇跡・・・と 聲の形
  • 今回は2本纏めて まずは、原題"サリー"なんですね。 主人公である機長サレンバーガーの愛称からきてるのですが、日本の中高年層だと魔法使いの女の子を連想しちゃうと思うのでこの邦題で正解でしょうね。 今でも当時のニュース映像を鮮明に思い出せるくらいあまりにも有名な事件の映像化、そして当時の報道では語られなかった真実、ずっと気になっていた作品でした。 監督はクリント・イーストウッド、昨年 [続きを読む]
  • 君の名は。・・・
  • 前評判から推測するに 若者限定のキュンキュン系に美麗なビジュアルを盛ったような作品じゃないの? などと思ってたらおおいに裏切られました。お話しの筋立てもしっかりとしていて、最後の最後まで常に"次はどうなる?"とさせられる展開、 序盤はコミカルに、そしてロードムービー調となっていく中盤以降はハッピーエンドになるのか?バッドエンドになるのか?この期待感というか引っ張られる感じがなんとも心地 [続きを読む]
  • シン・ゴジラ…
  • このネタバレ注意という帯ですが、これまでにもこれ付けといた方がよかったよねって作品が多かったと思います。なので、鑑賞前にはパンフは見ない主義です。 シン=新、真、神…といろいろ掛けて付けられたタイトルのようですが、 端的に言うと…巨神兵東京に現わる+決戦、第三新東京市でした。 序盤がサキエルで終盤がラミエルというか… いやね…観てて思ったのが、監督はホントはエヴァを実写でやりたか [続きを読む]
  • インデペンデンス・デイ:リサージェンス・・・
  • 20年ぶりの続編、昔映画館で観て歓喜したおぼえのあるID4、 話の流れはほぼ同じ、馴染みのテーマ曲に懐かしのキャストたち、そして大幅に進化した視覚効果、 ・・・なのに、前作とくらべてワクワク感が少ない、話も映像もスケールアップしているはずなのに、スケールダウンしているように感じたんですよ。こんなだったっけかな・・・と で、その違和感について、うちにあった旧作をDVDで観返して検証してみました [続きを読む]
  • 機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY・・・
  • 劇場予告編では"ガンダムゥ!俺を夢中にさせてみろぉ!"と、乙女座色全開だったのですが、本編はサンボルワールド、"はじめましてだなぁ"とかそういうことはなかったです。はじめからアニメ作品として製作されたものに対してあらかじめ漫画原作で高次元に表現されているものを映像化した場合手詰まり感が否めないケースが多く、そのため昔のジャンプアニメなどは今でもその殆どが原作派な自分なのですが、 今回このサンダー [続きを読む]
  • 天野喜孝展と映画諸々・・・
  • 待望の現物を見てきました! ところは以前にも紹介したグランフロント 既に開催期間は終了しており、今から見に行こうという方にはなんとも役立たずな記事となっております←ごめんなさい(;´Д`) ということで、穴があくほどじっくり見てきました。さらにうれしい場内撮影可ということでとにかく撮りまくり。そのうちのほんの一部ですがご紹介、入場してまず目に入ってきたのは懐かしのタツノコキャラたち、&nbs [続きを読む]