酔生夢人 さん プロフィール

  •  
酔生夢人さん: 酔生夢人のブログ
ハンドル名酔生夢人 さん
ブログタイトル酔生夢人のブログ
ブログURLhttp://hakurakutenn.janken-pon.net/
サイト紹介文小説創作を中心に日々の感想など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供776回 / 365日(平均14.9回/週) - 参加 2010/03/19 09:02

酔生夢人 さんのブログ記事

  • カネへの欲望がすべての悪の根源(英語の格言を和訳したもの)
  • 竹原信一(半公人、有名人なので敬称略)のブログ、「住民至上主義」から転載。政治経済記事中心の私の別ブログに、「他記事のコピーができなくなった」と書いたが、こちらのブログではコピーが可能なようだ。まあ、ネットに上げる段階でどうなるか分からないが、反体制的ブログの妨害工作はまだ部分的、初期段階的なものだと思われる。なお、下の記事には、もちろん同感である。(以下引用)2017年05月21日04:22恐怖心を喰ら [続きを読む]
  • リニューアルという名の改悪
  • ネットテレビはHuluとNetflix(frixか?)の二つに入っていたが、Huluの「リニューアル」で、マイリストに載せていた映画やテレビ番組の半分以上が「配信終了」になってしまい、がっかりしていたのだが、アメリカのHuluと日本のHuluの関係が変わったためだったようだ。そのうち見ようと思っていた作品のほとんどが見られなくなったわけで、このまま契約していても無意味かな、と思う。他の家族との兼ね合いもあ [続きを読む]
  • なぜ嫌煙運動が起こされたのか
  • 「地球と気象・地震を考える」というブログから転載。飲食店や公共施設での屋内喫煙を完全禁止する法案が提出されているようなので、下の記事を参考までに紹介しておく。いずれにしても、嫌煙運動のファナティズムが私はたまらなく嫌だ。ここ数十年やめていたタバコを、抗議の気持ちも込めて、再開したくらいであるwwwまあ、煙草のみが傍若無人にタバコを吸っていたことへの批判はあっていいが、それと、煙草の全面禁止とは別 [続きを読む]
  • 親子で生産と消費を分担www
  • まあ、読んでいると腹が立つ糞息子なんだが、言っていることは妙に理屈が合っている。つまり、生産する人間だけでは社会経済は回らず、消費する人間が必要、ということ自体は経済学的には正しいわけで、親が生産だけで消費しない人間なら、息子が生産せずに消費だけして何が悪い、ということだ。有名人の2世3世にもよくいる。プロ野球の落合など、親のほうがそれを認めていたのではなかったか。俺が稼いだから、お前は稼ぐ必 [続きを読む]
  • 夢の中の人生
  • 夢は五臓の疲れと言うが、確かに夢から覚めると内臓が重くなった感じがある。熟睡した時には、夢の記憶など無いのがふつうだろう。で、昨日見た夢だが、現実に「生活していない」私にとっての代償行為のような夢であった。現実生活ではとにかく他人との交渉がほとんど無いが、夢の中だと今は逆にひとりだけであることはほとんど無い。昔は、空を飛ぶ夢とかよく見たが、空を飛んでいれば、仲間などいるはずもなく、人がいても下 [続きを読む]
  • スモークイージー(笑)
  • うろ覚えだが、嫌煙権運動は1970年代くらいから始まり、かなり早い時期から世界的なムーブメントになっていた記憶がある。その頃、愛煙家の筒井康隆が、「この調子だと、禁酒法ならぬ禁煙法がそのうち成立し、愛煙家はスピークイージー(潜り酒場)ならぬスモークイージー(潜り喫煙所)でタバコを吸うような事態になるのではないか」と書いていたが、まさにそれが実現しようとしている。私は、今のうちにタバコを買い占め [続きを読む]
  • 乾坤一擲で易占い
  • ハンドスピナーとは初耳だが、指で回す独楽のようなものだろう。描かれているのは易の構成要素である。中心部は陰陽原理を象徴化したもの。私も欲しい。これを使って易占もできそうだ。私なら、これの付録に紙1枚程度の簡易易占いを付ける。そうすればベストセラーになるのではないか。 はぁとふる売国奴(田中圭一)さんがリツイート 大川ぶくぶ/ [続きを読む]
  • 遊ぶ子供の声聞けば、我が身さへこそ揺るがるれ。
  • 前の記事で古文文法の話をしたせいか、古典が少し懐かしくなって、自分が昔書いた文章を読み直すと、なかなか悪くない。頭の進歩が無いのかもしれないwwおそらく作者は遊ぶ子供の中に、過去の自分の、生きることを純粋に楽しんでいた至福の時間を見出したのでしょう。確かに、様々な大人の仕事にも意義はありますが、そのほとんどは食うための仕事であって、生きる目的ではありません。おそらく大人にとっても、遊ぶことだけが [続きを読む]
  • 「蛍の光」の歌詞
  • 私は夜早く寝て深夜に起きて一日を始める習慣だが、起きてしばらくしてからなぜか「蛍の光」の曲と詞が頭の中に流れて止まないので、その理由を考えると、昨日、たまたま見ていたアニメの南北戦争の場面でこの曲が流れていたような記憶がうっすらとある。何事も、原因はあるものだ。で、「蛍の光」の日本語版の歌詞は、掛詞などが駆使されて凝った詞だよなあ、と思ってあれこれ考えたのだが、実は1番2番しか覚えていなかった [続きを読む]
  • 東京と地方の二極化はさらに進む
  • 「超高層マンション スカイヲーカー」より転載。シニカルな筆致だが、日本の将来像をかなり正確に見据えているようにも思う。示唆的な文章である。東京の繁栄と地方の衰退という傾向は今後も続くだろうから、若い人は東京を目指したほうがいいのかもしれない。関東地方自体が放射能汚染されているのではないかという疑問については、その影響がどの程度あるのか、誰も分かってはいないのだろうし、寿命が5年や10年縮んでも [続きを読む]
  • 「畳の上の水練」の人間が人命を預かるという恐怖
  • そりゃあそうだろう。大学出たてで、実際の病人を診た経験のロクに無い新米医者より、何百もの患者と症例を見ている看護婦のほうが、信頼できる「現実の知識」を持っているはずだ。だが、そういう現場叩き上げの人間より、大卒の肩書の方が給与も地位も高いのが日本である。医療業界だけの話ではない。(以下引用)なぜ多くの医者は「分からない」と正直に言えないのか 絶対にダマされてはいけない現代ビジネス 5/21(日) [続きを読む]
  • すべてが「丸見え」の世界
  • 引用記事のブログタイトルは失念したが、引用記事自体から辿れるだろう。今の世界では、スパイ組織、盗聴組織は一般国民のプライバシーをすべて握れるようになっており、いわば「神の視点」を持つようになったと言えそうだ。パソコンやスマホを持たなければいいという話ではない。自分が持っていなくても、おせっかいな誰彼がネット上にあなたの個人情報をすべて上げているのである。(以下引用)PC遠隔起動しカメラとして着替 [続きを読む]
  • シンタロー2世
  • リクルート、ライブドアなど、過去に問題を起こした企業でキャリアを重ねた人間らしいと言えばそうなのだが、こういう人間が上級役員であるLINEも、お里が知れる。つまり、憲法を軽視する人間ほど出世する会社なのだろう。(以下引用)「憲法って、ただの紙の上に書かれた文章」 役員の“過激ツイート”にLINEが厳重注意ITmedia NEWS 5/18(木) 11:30配信ツイートシェアする田端氏のTwitter  「憲法って、 [続きを読む]
  • 差別側に「仁を崇める」気持ちはあるか
  • 「新とうふのかど」というブログから転載。たまたまテレビでちらっと見たNHK番組で京都の崇仁地区を扱っていて、そこが京都の被差別地域だということを初めて知った。下の記事によれば「水平社」発祥の地でもあるらしいが私は部落問題にはほとんど関心の無い人間なので、それも下のブログで初めて知った。その番組を断片的に見ただけでも、部落差別の理不尽さや、差別が今でも平気で行われれていることに痛ましさを感じたが [続きを読む]
  • 女に嫌われる女
  • 久本雅美や石原さとみは、創価学会がバックという点が嫌われている部分もあるような気がする。(もちろん、私も嫌いであある。)後は、「図々しい女」「やたらと騒ぐ女」「権力をひけらかす女」「過大評価されている女」が嫌われているようだ。まあ、それがふつうの庶民感情だろう。とは言え、マスコミ情報にだいぶ左右された結果でもあるはずだ。ちなみに、私もここに出ている女の9割9分まで大嫌いである。性格が悪くても絶 [続きを読む]
  • 不当捜査、不当裁判に対する根本的改善案
  • これは、誰でも漠然と考えたことがあることだろうが、明確に言葉として表明されたのを読んだのは、私は初めてである。そういう意味では、ものすごく画期的で重大な言葉ではないだろうか。「冤罪だと証明された時点で、関与した警察官と検察官、裁判官はクビになる制度にならないだろうか。死刑冤罪は司法関係者が無期懲役とか。」(以下引用)竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 15時間15時間前 返信先: @kentaro666さん [続きを読む]
  • 「じいさんばあさん」
  • べつに阿川佐和子のファンでも何でもないが、こういう結婚に対する姿勢はいいなあ、と思って転載した。森鴎外に「じいさんばあさん」という短編があって、若いころに見合い結婚をした武士夫婦が、夫が政治的事情で遠方に流され、老境になってやっと故郷に帰ってきたのを、結婚した最初から夫大好きだった妻がいそいそと迎えて、ままごとのような「新婚」夫婦生活を始める、というほほえましい話である。結婚というものの本当の [続きを読む]
  • 説教強盗www
  • 昔、たぶん敗戦後すぐのことだと思うが、「説教強盗」というのがいて、強盗に入った家で、そこの家人に「お前の家は不用心だ。戸締りが悪い」などと説教したらしい。まあ、うろ覚えだが、今回のマイクロソフト幹部の話は、その説教強盗を思い出したwww2017年05月15日【悲報】マイクロソフト「ちょっと〜、サイバー攻撃に対して政府弱すぎんよ〜しっかりして〜」 2017年05月15日カテゴリ:ニュース・時事社会Comments(18) [続きを読む]
  • 年代層によるアホ度も分かる調査
  • 赤と青、どちらが男でどちらが女か分からない(まあ、普通は青が男、赤が女だろう。)が、年代ごとのアホ度調査、と見る見方もできる。街頭調査だから本音だろう。それで見ると、20代が一番アホだ、と分かる。安倍政権支持が6人もいる。これはネットでまともな政治記事はほとんど読まず、ネトウヨ記事や、そのタイトルだけ見ている層だろう。60代が一番賢く、70代50代がそれに次ぐ。(まあ、その違いはほとんど無いが [続きを読む]
  • 今回のサイバーテロ事件の「真犯人」
  • 「徽宗皇帝のブログ」に、今回のサイバーテロ事件についての記事を書いたら、記事がネットに上げられない状態になった(まあ、これ自体、「大摩邇」に載っていたその引用記事が拡散できないような処置がネット監視者の手で施されたということだろう。)ので、ここにその趣旨だけ書く。元の記事タイトルにはその「真犯人」の名前も書いたが、それは下の記述を見れば分かる。誰がその犯行で利益を得た(得る)のかを考えれば、今 [続きを読む]
  • いつ、誰がそんなのを決めた
  • 一言で十分だろう。死ぬほどくっだらねえ!飯なんて、好きなように食えばいいんだよ。マナーもルールもあるか。(以下引用)赤っ恥!? 4位焼魚は左から食べる「知らなかったテーブルマナー」1位は知らなかった和食のマナー 1位は31432017年5月15日 19時40分VenusTap 写真拡大大人になれば、かしこまったお店やちょっと敷居の高いお店に行く機会も増えますよね。そこで当然必要になってくるのが“テーブルマナー”。 [続きを読む]
  • 「んぼ」とは何か
  • ネットでは情報も得られるが、嘘情報もたくさんある。まあ、嘘というより冗談が多いのだが、真面目に受け取る人間も多いだろうから、誤った知識が拡散していく元ではあるだろう。もちろん、下のスレッドもほとんどが冗談だが、「んぼ」に着目したのが面白い。「田んぼ」は、リプライのひとつにあるように「田圃」から来たのだろうが、「田圃」の読みはもともとはどうだったのだろうか。「でんほ」か「たほ」か。もともと漢語だ [続きを読む]
  • 「あいうえお」で表すあの人たちの特徴
  • ただの冗談のように見えて、それぞれの人物の本質を示す言葉を実に適切に選んでいる。まさに、言葉の達人だ。ただ、「あの人」の「えらぶる」と「おごりたかぶる」はほぼ同義なのが惜しい。(厳密には「えらぶる」は外面的、「おごりたかぶる」は内面的という違いはある。)「おごりたがる」だとマスコミ相手の会食好き、という点では正しいが、褒め言葉になってしまう。「おむつをしている」くらいだろうかwww しかし、それは [続きを読む]
  • I wanna cry.
  • Wanna Cryは「泣きたいよ」の意味だろうか。ランサムウェアに犯された人々は実際泣きたい気持ちだろう。しかも、「身代金」を払ってもパソコン機能が確実に回復するとは限らないらしい。「便利」な時代の落とし穴だ。(以下引用)サイバー攻撃:ランサム被害、150カ国で20万件以上 毎日新聞9 時間前シェア シェア ツイート 共有 メールミサイル問題「外交的解決を」志位氏© 毎日新聞 ランサムウエア「ワナ・クライ [続きを読む]