徽宗皇帝 さん プロフィール

  •  
徽宗皇帝さん: 徽宗皇帝のブログ
ハンドル名徽宗皇帝 さん
ブログタイトル徽宗皇帝のブログ
ブログURLhttp://dorian.en-grey.com/
サイト紹介文徽宗皇帝が政治社会について論じてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供693回 / 365日(平均13.3回/週) - 参加 2010/03/19 09:09

徽宗皇帝 さんのブログ記事

  • 米国権力層は日本会議を見限ったか
  • 太田光という人物への評価はともかく、テレビでこういう発言をしたのが彼自身の判断だとしたら、相当に度胸のある人間だし、政治についての考え方もしっかりしていると思う。興味深いのは、CIAの手羽先だろうと推定されているデーブ・スペクターがこの発言に「理解を示した」ところで、あるいは日本会議は米国権力層から見限られているのかもしれない。まあ、もともと日本における右翼ナショナリズムは欧米世界からは批判を [続きを読む]
  • あなたも私も犯罪者
  • 犯罪というのは、犯罪行為を実行したから犯罪になるのであり、考えたことだけで犯罪になるなら、人間の中で犯罪者でない者はいない。何が「犯罪の準備行為」なのかなど、権力の立場にある者が恣意的に運用できるだろう。検察が、共謀罪(テロ等準備罪)の成立と、籠池逮捕をバーターにすることを安倍陣営に約束させたという噂が本当かどうかは、共謀罪の成立と籠池の逮捕があるかどうかで決まるだろう。(以下引用)テロ等準備 [続きを読む]
  • 記録の破棄自体が不正行為
  • そりゃあそうだろう。そうでなければ税金の使途がまったく不明になり、不正のやり放題だ。昔の銀行など(今はどうか知らないが)現金と帳簿が1円合わなくても、残業で計算しなおしたらしい。公務員ならなおさらだ。記録を破棄するなんて、それ自体が不正の存在を証明しているようなものだ。(以下引用)Moira @sugi_moira 9時間9時間前 その他ツイートへのリンクをコピーツイートをサイトに埋め込む拡散、共有しましょ [続きを読む]
  • 要するに、連中は「生き汚い」の一語
  • 例の「パンは愛国心の欠如である。和菓子にしろ」という道徳教科書の右翼政権忖度検閲問題についての「ネットゲリラ」記事のリプライの一部が実に的を射ている言葉なので、転載しておく。特に、赤字にした部分は保守政治家や保守経済人の本質を突いている。要するに、保守陣営とは戦前から続く「上級国民利益共同体」であり、その世界は上の人間の意志を忖度して行動する役人や社畜に支えられているのである。昔は、「他人の顔 [続きを読む]
  • 籠池の土地取得への安倍夫人関与証明される
  • 「ギャラリー酔いどれ」から転載。さすがに「リテラ」は仕事が速い。大手マスコミがこの事実をどういうスタンスで報道するか見ものであるwww完全にアッキー(=安倍総理)による「利得斡旋」が証明されたのだから。総理の地位を利用した背任行為は明白だ。(以下引用)◆http://lite-ra.com/2017/03/post-3016.htmlリテラ 2017.03.23◎"安倍辞任"必至?  籠池理事長が昭恵夫人付役人から「予算化を調整中」の報告を受けたと [続きを読む]
  • ファシズムとは国家私物化のことである
  • 「混沌堂主人雑記」から転載。古い紙面だから、古い書物から取ったものと思われるが、これはコピーして各家庭と各中学高校の壁に貼っておくべきものだろう。今の安倍政権が倒れても、同じような政権がまた現れるはずだ。というのは、ファシズムとは政治理念でも何でもなく、「権力者(集団)による、国家完全私物化」のことだからである。権力と私的欲望が結びつくことは永遠に絶滅できないだろう。なお、ファシズムがなぜ「強 [続きを読む]
  • 漱石が予言した現代の「合法的詐欺」商売
  • 漱石の「吾輩は猫である」の中に、月賦販売を使った「新時代の詐欺」の話が出て来る。つまり、何十回月賦の形で物を売ると、買った方は、自分が何回月賦で買ったのか忘れて、全額払い終わった後もその代金を払い続ける、という「人間の忘れっぽさ」を利用した詐欺である。元ネタはイギリスの推理小説らしいが、下の記事を読んで、漱石の先見の明を改めて感じたものだwww(以下引用)元記事は長いので、その末尾だけ転載。ビジ [続きを読む]
  • 小休止です
  • 森友事件関係のネット記事をコピーしようとしてもできないし、その関係のネット記事を開こうとするとパソコンがフリーズしたりして面倒なので記事を書く気を失った。まあ、そういう規制がかけられているのだろう。 [続きを読む]
  • 人はなぜ神様や独裁者を求めるのか
  • 単なる一信者である(まあ、広報塔としては重要なのだろうが)桜田淳子のことなどどうでもいいが、統一教会の分裂騒動は少し興味深い。芸能界にはなぜか新興宗教信者が多く、創価学会、統一教会、幸福の科学から、真光教のような、「何それ?」という新興宗教の信者までいろいろいるらしい。それだけ、芸能界には心が不安定な人間が多いのだろう。そりゃそうだ。自分に近づいてくる人間はほとんどが自分を利用しようとしている [続きを読む]
  • 共謀罪という凶暴法案
  • 自由法曹団のサイトの「共謀法」の説明である。長いので、特に大事なポイントだと私が思う部分だけ転載する。要するに、犯罪の事実が無くても、「思想(計画、と言ってもいい)段階で取り締まる」法律だから、とんでもなく恣意的な拡大が可能だ、というのが共謀罪の最大の問題点だろう。私など「安倍氏はいい人だから、ぜひ天国に行ってほしい。」とブログに書いただけで、安倍暗殺を計画した、とされて逮捕、死刑にされるので [続きを読む]
  • 現代は身分社会である
  • 「温玉ブログ」から転載。主題を明瞭にするため、冒頭部分だけ少し省略。まさに、ここに書かれている通りで、権力というものがいかに恐ろしいものか少し知るようになると、権力者と非権力者とは「身分が違う」ようなものだ、とすら思える。権力の末端にいる人間ですら、非権力者に対しては、武士と町人くらい違う。いや、実際、公務員というのは自分たちを「武士階級」と考えているのではないかwww だから、その「武士特権」 [続きを読む]
  • 自民党支持率上昇www(産経新聞調べwww)
  • さすがに売国メディアのフジ産経グループだ。いけしゃあしゃあと捏造支持率を載せている。籠池(森友)問題で渦中の自民党の支持率が上がり、他の野党の支持率が軒並み下がるという、奇想天外な「調査結果」であるwww(以下引用)産経・FNN合同世論調査 内閣支持率57.4% 自民党↑38.0%、民進党↓8.4%産経新聞 3/20(月) 11:54配信ツイートシェアする 産経新聞社とFNN(フジニュースネット [続きを読む]
  • 籠池爆弾で安倍政権倒壊、「死なば森友」www
  • 「ギャラリー酔いどれ」から転載。「死なば森友」というフレーズに、少し笑った。さすが「ゲンダイ」記者である。(以下引用)▼http://asyura.x0.to/imgup/d6/5797.jpg☆https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/201688日刊ゲンダイ  2017年3月17日 ■知りすぎた男、籠池理事長が“消される”懸念籠池理事長の証人喚問に安倍首相はイケイケのようだが、政権内には慎重意見も根強い。やはり、何が飛び [続きを読む]
  • 木村市議の一騎掛け一番槍の功名を銘記せよ
  • 市議というと「自分の生活のために政治を形だけやっている人」「自分の知人のために犯罪の隠蔽交渉を警察にやってくれる人」「新興宗教信者のために生活保護や公営アパート入居の斡旋をする人」のイメージが私には強いのだが、中にはこういう「正義の味方」もちゃんといる。まあ、保守系の市議は「既得権益層や地域の上級国民の御用聞き」が大半だと思うがwww木村真氏の功績は計り知れないものであり、今回の活動は、市民政治 [続きを読む]
  • 蟻の一穴から堤が壊れるか
  • 「混沌堂主人雑記」所載の「ネットゲリラ」記事読者コメントが、現在のアッキード事件の状況をかなり分かりやすく整理しているようなので、転載しておく。私は、籠池のような「土地取得詐欺」犯罪者(ほぼ確実だろうと私は思っている。)がいきなり英雄扱い、正義の味方扱いされるというのはどうかと思うのだが、安倍政権が「国会」という場では不動の勢力を持っている限り、こうした事態になったのはまさに「天佑」かもしれな [続きを読む]
  • 高橋源一郎訳「教育勅語」
  • いや、こうも平易な、子供でも理解できる訳をされては、尊皇主義者(天皇と皇室を尊重する主義ということで、べつに天皇の臣下でありたいとか、明治時代的天皇制を復活させたいということではないwww)で教育勅語がわりと好きな私でも「やはり、こりゃあ、アウトだな」と思うしかない。つまり、教育勅語は、「最高に格調高い表現で、最高にひどい内容」のお言葉だ、というのが、民主主義を是とするかぎり当然の現代的判断とな [続きを読む]
  • 地球温暖化詐欺終了か
  • やっと「温暖化詐欺」の終了が近づいたようである。私が昔予備校で小論文の指導をしていた頃は「地球温暖化問題」は小論文の必須テーマで、私は当時からそれが詐欺であることを確信していたから、生徒には「地球温暖化は嘘だという『説』もあるが、そう書いたら大学に嫌われるから、温暖化は事実であるという前提で書け」と教えたものであるwww 子供に嘘をつくように教えるのだから、とんでもない教師だ。面接指導も似たよう [続きを読む]
  • 右翼互助組合
  • 好記事である。籠池氏の親が特攻隊員であり、その妻の親も陸軍士官学校出であることが、彼らの右翼的思想や行動の根本原因であることは容易に推定できる。そして、関西財界の大御所たちも、親の代からの「軍隊利権」関係者であることも容易に推定できる。つまり、「あの戦争は悪くなかった。あの戦争を推進した人々(自分自身やその親)も当然、悪くないし、むしろ誇るべき人々なのだ」という、「家の名誉回復」が、右翼やその [続きを読む]
  • 籠池問題の周辺情報
  • カマヤンのツィッターから転載。不要部分をカットするのも面倒なので、そのまま載せる。なかなか面白い情報がいくつかある。(以下引用)カマヤン1192(昔漫画家だった人) Retweeted Tokyohelper @tokyohelper 教育機関設立に100万円寄付する行為を「侮辱」とはこれいかに。普通に考えたら善行じゃん。後ろめたく、やましいところがあるから、思わずこういう発言が出てくる。 自民・国対委員長、籠池氏の招致検討 「総理へ [続きを読む]
  • 田に迫る夕闇深し春の宵
  • 「混沌堂主人雑記」から転載。実に要領を得た、分かりやすい記事だなあ、と思って出典を見直したら「リテラ」記事であった。いつもながら、的を射た記事を書く。菅野完という人物が正義感の塊なのかある種の野心家なのかは知らないが、並外れた勇気と実行力のある人物なのは間違いない。権力にとっては「命知らず」な人間ほど怖いものはない。たいていの人間は自分の命と生活を守るために容易に権力の脅迫に従うものだからだ。 [続きを読む]
  • うっかりやることを「ミス」と言うのである
  • 言葉の使い方がおかしい。どうせ、分かっていてやったのだろうから、こういうのは「ミス」ではなく、「不正」であり、「犯罪の共犯」である。(以下引用)森友学園問題 橋下徹氏「明らかにミス」「僕の失態」 ツイッターで責任認める産経新聞 3/15(水) 14:31配信ツイートシェアする橋下徹氏(写真:産経新聞)  学校法人「森友学園」(大阪市)の小学校設置認可をめぐる問題で、大阪府の松井一郎知事と松井氏の前任の [続きを読む]
  • 苗族と「グラン・トリノ」
  • 「世に倦む日々」の記事の一部で、記事中の「苗族」の話を読んで、心の底に引っかかっていた疑問が解消された。クリント・イーストウッド監督主演の「グラン・トリノ」はなかなかの傑作なのだが、その話の大筋は、米国移民のアジア人家庭への、人種差別主義者による暴力犯罪に対して、もともと人種差別主義者的な性格だった主人公が、その家族と親しくなった後に起こったこの犯罪に、義憤から復讐をする、というものだった。で [続きを読む]
  • 勅語を捻じ曲げる不敬な連中www
  • 訳には誤訳はあっても「偽物」は無いだろうから、タイトル中の「偽物」は「意図的誤訳」とすべきだろう。実際、下の記事で詳しく検証されているように、一般に流布している「明治神宮お墨付き」の教育勅語現代語訳は、かなりひどい代物である。私も、妙な訳だな、とは思っていたが、「そういう解釈もあるか」くらいに軽く考えていた。しかし、それが「意図的誤訳」であるなら(実際、下の記事を読むとそうとしか思えないが)こ [続きを読む]
  • 籠の中に閉じ込められたり、池の中に落ちたりしないでね、菅野さん
  • 「ギャラリー酔いどれ」から転載。ほかのサイトやブログでは触れていない事柄も多少はあるようだから、メモとして保存しておくが、それが事件全体にどういう意味を持つのかは私には分からないので、メモのみ。しかし、取材者が事件の関係者と「肝胆相照らす仲」になっていいのかねえwww(以下引用)◆https://hbol.jp/133139HARBOR BUSINESS Online  2017年03月13日◎【森友学園問題】籠池泰典氏 緊急独占インタビュー!   [続きを読む]