徽宗皇帝 さん プロフィール

  •  
徽宗皇帝さん: 徽宗皇帝のブログ
ハンドル名徽宗皇帝 さん
ブログタイトル徽宗皇帝のブログ
ブログURLhttp://dorian.en-grey.com/
サイト紹介文徽宗皇帝が政治社会について論じてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供657回 / 365日(平均12.6回/週) - 参加 2010/03/19 09:09

徽宗皇帝 さんのブログ記事

  • 「脱時間給制度」が労働者にもたらすもの
  • 「ネコでもわかる経済問題」というサイトから転載。文体が読みにくいが、内容は高度で、読む価値はあります。「脱時間給制度」とは、要するに「残業代ゼロ法案」のことなのである。なお、「連合が『脱時間給制度』に合意したから法案成立への障害がなくなった」というのもおかしな話であり、連合はべつにすべての労働者や法学者の代表ではない。(以下引用)ネコでもわかる経済の話 > 「脱時間給」の欺瞞 その対策<生産性と [続きを読む]
  • 森友加計学園事件の本当の問題点
  • 森友加計学園事件の何が問題なのか、ということについて「酔生夢人」ブログに書いた文章の一部をこちらに自己引用しておく。「公共事業などの行政案件において、為政者や官僚の友人や知人が案件を受託して(当然利益を得て)何が悪いのか。そもそも、企業幹部と官界や政界の人間は知人でないほうが少ないのだ」と考える人も多いかと思うし、私自身この問題を深く考えていなかったのだが、前記の「酔生夢人」ブログ記事を書くこ [続きを読む]
  • これは国民と政府の戦争だ
  • 菅野完(ノイホイ)の連続ツィートが面白い。民進党やその他の野党はノイホイ氏を軍師として雇う(野党が雇うw)べきである。頭の良さと政治知識の広さ深さ、勘の良さ(菅野だけにw)は抜群なのではないか。残念ながら、私が昨日立てた易の卦では、安倍政権は安泰だ、と出ている。(言うまでもなく私には易の才能は無いから、信じなくて良いwww)まあ、いくら不評判でも、衆参両議院で絶対多数を占めているのだから、図々しく [続きを読む]
  • 夢など持つな、現実を見ろ
  • これはなかなかいいスレッド。中学高校の教師は、これをプリントアウトして生徒に配るべし。そうすると、「子供の夢を壊した」と文句を言う父兄が必ず出てきて、首になるだろうがwwwだいたいが、「夢を持て」と子供に言う奴は糞だと私は思っている。今は夢を持つどころか嫁(夫)も持てない時代、そういう国である。昨日書いたように、ストレスのほとんどは対人関係であり、周囲との競争、上からの評価に苦しむことだから、そ [続きを読む]
  • 公教育とマスコミを支配すれば大衆は洗脳できる
  • 「混沌堂主人雑記」から抜粋転載。途中のツィートがコピーできていないが、さほど面白い発言でもないので、それはそれでいい。アニメアイコン(私の趣味には合わないが)での論評が、見かけよりは硬派で真面目な内容で、読むに値する。この程度の認識が無いのが、後に出てくる「神戸大好き」記事の中の、筆者(意識の高い主婦か)の周囲の庶民たちなわけだ。そして、その庶民たちは、おそらく社会的には「大人・立派な社会人」 [続きを読む]
  • 総理大臣以下、官僚の多くが不正行為の模範という社会
  • 佐川の国税庁長官就任は森友加計問題で安倍のガード役を果たしたことによるご褒美人事であり、一番批判されるべきは安倍総理だが、こうした政治私物化への批判として税金不払い運動というのも面白い。まあ、文句があれば差し押さえでも何でもしろ、と言えるくらいの貧乏人なら、やってもいいだろう。自分たちの払ったなけなしのカネが、加計学園や竹中関連企業に流れ込むことに我慢できない人は多いはずだ。(以下引用)2017年 [続きを読む]
  • 若者よ、頭より体を使え
  • 勉強が苦手な子供は、無理に勉強などしないで男なら土方になるのがベストだと私は思っている。今の日本では肉体労働系の職場のほうがけっこう労基法を遵守し、職場の安全管理と健康管理に気を使っているところ(ホワイト職場)が多いのではないか。肉体労働系の仕事は頭をさほど使わない仕事が多いし、仕事自体、対人ではなく基本的に物を扱うのだから、ストレスがほとんど無い。出世競争も無いから足の引っ張り合いも無い。で [続きを読む]
  • 廉恥心の無い人間は人間にあらず
  • 橋下入閣の噂があるのだが、橋下だけは大臣にしてはいけない人物だろう。これも噂だが、ジャパンハンドラーズが以前に橋下を次か次の次の総理候補者にしていたという話もあって、そうなると最悪である。安倍よりはるかに悪賢いし、口も回るし、恥知らずだから、何でもできるし、やるだろう。日本は破滅する。人間、廉恥心を捨てたら何でもできる。だが、そういうのは「人間」ではない。(以下「ネットゲリラ」から抜粋転載)藤 [続きを読む]
  • 定義の明確でない言葉に基づく論議は無意義
  • 曽野綾子も昔、似たような題名の本を書いたことがあったが、もちろん私は読んでいない。その頃には曽野綾子という人間の正体は明白だったから。下の記事の中の午堂氏の発言は「いい人」という漠然とした言葉に恣意的な特徴づけをして論じているのだが、要するに「いい人」ではなく、単なる「臆病な迎合主義者」にすぎない。一般的な意味での「いい人」とは「優しい善良な人」のことだろうから、単に「いい人」を否定するだけで [続きを読む]
  • 現金が使えなくなる社会
  • まあ、世界的な銀行不信の状況から銀行や金融機関を救うための政策だろう。裏にはロスチャイルドがいるわけだ。日本の場合は地下経済云々よりも、タンス預金のあぶり出しが目的になるのではないか。みんなが仕方なくタンス預金を銀行に預けたら、ほどよいところで戦争か銀行の倒産でカネは誰かの懐に入る、という仕組み。100年近く前の大恐慌の時と第二次大戦で起こったことである。現金が使えなくなり、銀行も信用できない [続きを読む]
  • 「東大卒」で「官僚」上がりの国会議員
  • 数合わせで集めた議員にロクな連中がいないことは小泉チルドレン、橋下チルドレン、安倍チルドレンなどで散々経験してきたはずだのに、今度もまた小池チルドレンに票を投じるという選挙民の頭の悪さが、日本をどんどん低劣にしていく。まあ、「日本人の精神年齢は12歳」はまだ過大評価だったのではないかwww安倍チルドレンの質の悪さが現在の自民党の質の悪さそのものなのだが、稲田を抜いてその代表に一躍名乗りを上げたの [続きを読む]
  • 「国際団体」の正体
  • 「ブルームバーグ」記事と、それに対する孔徳秋水氏のツィートを転載。私は秋水氏に同意する。まさにヤクザの「因縁づけ」である。相手の手が少し触れただけで怪我をしたと騒いで、カネをむしり取る。公安の転び公妨も同じ。(以下引用)アドリブをつけた途端に言論監視団体がいちゃもんをつけるってさ〜これが「国際団体」の正体だよね〜コメント[7/5 15:24] こういう言いぐさって、チンピラっちゃう?>国際的な人権団体「深 [続きを読む]
  • オポチュニスト政党
  • 大阪維新の会の議員たちもひどかったが、「数合わせ」で集めただけの機会便乗主義者たちにロクな議員がいるはずはない。(党首の小池自体がまさにオポチュニストの典型だし。)都民が、これらの議員の質の低さにうんざりすることになるのは目に見えている。まあ、他府県民からはどうでもいいことだが、選挙のたびにこんな目くらましの手品に騙されるのは、そろそろ卒業したらどうか。それとも、東京都民の大半は右翼が大好きな [続きを読む]
  • 「加計」学園とはカネを加えて計算するための学園か
  • またしても、加計学園にまつわる「黒い情報」である。まあ、政治家ならば「汚職の総合デパート」とでも言われそうな話だ。もちろん、すべては安倍総理の責任に帰する。加計学園で動いた金額の大きさに比べれば森友のアッキード事件など小さくて笑えるほどだ。まさに、戦後最大の疑獄事件と言ってもいいのではないか。加計学園は、今や政治的ごみ溜めである。周りには頭の黒いネズミならぬ、金蝿が群れ飛んでいる。(以下引用) [続きを読む]
  • マスコミは「菅話法」の徹底批判から始めよ
  • これは日本政治の浄化のために一番大事なこと。とにかく、言葉や対話や論理が機能しない状態では政治がまともに機能するはずはない。言葉の使い手であるマスコミが菅話法などに翻弄されていたのが情けない。菅が「それは当たらない」と言ったら、「なぜ当たらないのですか」と、「なぜ、なぜ」と根拠と論理を追及していけばいいだけの話である。(以下引用)カマヤン1192(昔漫画家だった人) Retweeted 弁護士 太田啓子 @ka [続きを読む]
  • 「希望」と「絶望」
  • 「ギャラリー酔いどれ」から転載。  「共謀罪は国会を通過した。これは終わりではなく始まりだ。   安倍政府の終わりの始まりにもしなければならない。」「イギリスのEU離脱や労働党の躍進、米大統領選でのサンダース現象、   韓国の大統領弾劾行動など、各国で民衆の闘争が高揚して支配層を突き上げている」毎度言うが、「絶望の虚妄なること希望に相同じい」である。希望も絶望も、それが示すのは「現状が間違ってい [続きを読む]
  • You see this guys
  • 右寄りでも左寄りでもなく、現在の政局をバランス良く鳥瞰した、好記事だと思う。少女Aならぬ、「戦犯A」は、少し笑った。自民党内では「名前を口にしてはいけないあの人」扱いなのだろうwww私などのような安倍批判者から見れば「THIS」guysは、戦犯と言うより、むしろ安倍政権がどういうものか国民の前に明白にしてくれた「戦功者」である。(以下引用)安倍自民、大敗で狂う「総裁3選」「20年改憲」 7月に党・内閣改造の前倒しも [続きを読む]
  • 民進党の衰退を歓迎すべし
  • 「ギャラリー酔いどれ」から転載。植草一秀氏の言葉に賛同。特に、次の2点。 「安倍首相は言語道断の国会運営を強行し、政治私物化の不祥事が次々に明らかになるなかで、最低限果たすべき説明責任さえ果たしていない。 日本国憲法第53条は、 「議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、 内閣は、その召集を決定しなければならない」 と定めている。すでに議員の4分の1以上が国会招集を要請しており、 内閣は国会を召 [続きを読む]
  • 「保守政党」はみな同じ穴の貉
  • 東京は首都ではあるが、都議選は地方選挙にすぎない。そういうローカルな選挙の話題には興味も無いが、都民が「都民ファースト」に騙されるのは苦々しい。またしても、同じ手に引っかかるのか。なぜ、現在の政治に不満なのに、似たような保守政党に投票するのか。保守とは現状を維持することなのだから、何も変わるはずがないではないか。(徽宗追記)NHK選挙Webによれば、127議席中、残り1議席の現段階で、都民57 [続きを読む]
  • 「未来の幸福」は「現在の殺戮と暴力」を正当化するか
  • 「混沌堂主人雑記」に載っていた記事の一部で、この指摘は非常に鋭いと思う。皆、甘く見ているけど日本で革命を起こすとか、変化を起こすとなるとマジで日本人の半分を殺戮する事になるよ どれだけ、権力者と一般人が縁故で固まっているのかこれが、日本で暴力革命が起こらない根本的理由だろう。つまり、大半の人間は「上級国民の縁故者」なのである。自分自身は貧しくても、自分の兄弟や従兄弟などは上級国民だったりするわ [続きを読む]
  • 中国と日本の差は開くばかり
  • 今や、日本は経済的には完全に中国に差をつけられつつあるようだ。なぜそうなったのか、分析をしたものをまだ読んだことは無いが、興味深い現象である。まあ、原因のひとつは、高学歴の馬鹿が日本の経済界上層部を占めるようになったことだろう。戦後の日本経済を牽引したのは松下幸之助とか本田宗一郎のような「町工場の親父」上がりの経営者だった。ソニーもそうだったのではないか。それが、高学歴の馬鹿が経済界を牛耳るよ [続きを読む]
  • 政治家と神社本庁
  • 「ダイヤモンドオンライン」が最近、神社本庁の正体や現状を追及しているようで、結構なことである。下の記事もそのひとつで、記事タイトルどおりの中身である。コピーが面倒なのでその一部だけを転載する。この部分に書かれている、政治家がなぜ神社本庁と関わりを持ちたがるのか、という説明部分はなかなか面白い。要するに、神道にべつに興味があるわけではなく、政治家としての利益追求にすぎないわけであるwww(以下引用 [続きを読む]
  • 日本社会の風土病としての「抑圧の委譲」症候群
  • 「ブロッギン・エッセイ」から転載。記事の所在は孔徳秋水氏のツィッターで知った。私は「抑圧の委譲」という言葉には日本語としての不自然さを感じるが、そのことは前に書いた。(「委譲」というのは、「委ね、譲る」ことであり、概してプラスの行為に用い、しかも譲る側と譲られる側の同意があると私は思っている。「抑圧の委譲」は、この2点に反していると思う。「抑圧の連鎖」「抑圧の悪しき伝統」とでも言うべきではない [続きを読む]
  • 菅話法は今や「自民党話法」
  • 録音機器は様変わりしているから、死語的な表現になるが「壊れたテープレコーダー」やね。何の理屈にもならない弁明を、同じ言葉で繰り返すだけ。安倍・菅話法が「自民党話法」に広がってしまっている。対話が成り立たない状態で政治が成り立つわけがない。様々な悪法成立より先に、このことのほうが問題ではないか。つまり、「問答無用」で権力者が自分の恣意をすべて押し通すなら、民主主義など存在しうるはずはない、という [続きを読む]