hiraokaryuji さん プロフィール

  •  
hiraokaryujiさん: 長崎ノート
ハンドル名hiraokaryuji さん
ブログタイトル長崎ノート
ブログURLhttp://utyunote.blogspot.com/
サイト紹介文長崎の歴史、科学史、東西交流史について発信中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2010/03/21 01:14

hiraokaryuji さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2016年の仕事
  • <論文>宮島一彦・平岡隆二「渾天壱統星象全図」『大阪市立科学館研究報告』第26号、2016年、75-84頁。平岡隆二・山下和秀・伊藤節子「峰文庫表紙裏張り文書の研究」『長崎歴史文化博物館研究紀要』第10号、2016年3月、19-45頁。<その他>「ウェブ展示 長崎聖堂の世界 ver. 1.0」http://www.pu-kumamoto.ac.jp/~hiraokar/seido.html [続きを読む]
  • Slavery on Deshima
  • イサベル田中ファンダーレン(Isabel Van Daalen)さんの、出島のマレー系奴隷についての論文がgoogle booksに出ている。リンクはこちら(第4章。一部閲覧制限)ご本人からコピーを頂いて読んだが、とても勉強になった。前半はオランダ東・西インド会社の奴隷貿易からabolitionへと至る流れのまとめだが、これまで英語で書かれてこなかった情報が多く(研究はほとんどオランダ語)ありがたい。後半は、オランダ人が出島に連れてき [続きを読む]
  • 【告知】ウェブ展示「長崎聖堂の世界ver. 1.0」公開
  • 下記ホームページにて表記のウェブ展を公開しましたのでお知らせいたします。ウェブ展示「長崎聖堂の世界ver. 1.0」http://bit.ly/28UjnYd近世日中交流の重要拠点にまつわる初の本格的展観です。このヴァージョンはひとまずの区切りとして公開するもので、ご意見やコメントがあれば是非お寄せ頂きたく、また関心をお持ちの向きにお知らせ頂ければ幸いです。 [続きを読む]
  • 【予告】ウェブ展示「長崎聖堂の世界 ver. 1.0」
  • 地震前から「長崎聖堂の世界 ver. 1.0」なるウェブ展示の公開を準備しているが、画像の権利ごとにようやく目処がつき、近日中に公開できそうで一安心。新発見の信牌(個人蔵・玉名市立歴史博物館こころピア寄託)や、長崎に現存する関連遺物・文書を通じて、近世日中交流の拠点としての聖堂の姿を浮かび上がらせたい。近日中に公開しますのでご覧頂ければ幸いです。中島聖堂遺構大学門(長崎市HP)http://www.city.nagasaki.lg.jp/ [続きを読む]
  • 2015年の仕事
  • <著書>「望遠鏡伝来と長崎」、塚原東吾編『科学機器の歴史:望遠鏡と顕微鏡−イタリア・オランダ・フランスとアカデミー』(日本評論社、2015年6月)、155-194頁。(分担執筆)「大村藩の学問:天文学」、大村市史編さん委員会編『新編大村市史:第三巻近世編』(大村市、2015年3月)、575-594および610-616頁。(分担執筆)<論文>「晧臺寺の羅漢石像群と小林謙貞−庭園内の甲群を中心に」『長崎談叢』第100輯、2015年、48-79 [続きを読む]
  • 展覧会など23〜32ー2015年8〜9月
  • 23 PIECE OF PEACE『レゴ®ブロック』で作った世界遺産展 PART-3、長崎歴史文化博物館24 屏風・掛軸・巻子を楽しむ、長崎歴史文化博物館25 美術セレクション animal偏―聖フランシスコ・ザヴィエル像公開とともに―、神戸市立博物館26 常設展示、上田家資料館(天草市)27 常設展示、仙台市立博物館28 画鬼暁斎−幕末明治のスター絵師と弟子コンドル、三菱一号館29 蔵王権現と修験の秘宝、三井記念美術館30 [続きを読む]
  • 過去の記事 …