アトリエきらら さん プロフィール

  •  
アトリエきららさん: ワタシ流 暮らし方
ハンドル名アトリエきらら さん
ブログタイトルワタシ流 暮らし方
ブログURLhttp://kiraralife.exblog.jp/
サイト紹介文「家づくり、ものづくり、私の日常」 住まいづくりのこと、趣味の食べ歩き、私の暮らしなど。
自由文気候風土や環境から暮らしや人と人との繋がりを大切にした住まいづくりをしています。
家事・暮らしの動線を大切に丁寧に考えています。
健康にも心にも優しい、木の香りと漆喰の温りのある伝統工法の家も手がけています。
ブログではそんな家づくりの過程と、私の趣味。食べ歩きや街歩き、魚釣り、テニスの事など色々と書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供222回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2010/03/21 01:25

アトリエきらら さんのブログ記事

  • 夏の終わりに
  • 夏の終わりを告げるクマゼミ。建て主さんの敷地にある樹木でも見かけました。カメラを向けたら、私めがけて飛んで来て手に止まり、また、元の場所に戻りました。昨夜から、古くなったパソコンの分解をして居ます。マザーボードを取り出し、箱は廃棄。自作のパソコンは当時のOS そのままに、データーバックアップ用として使用しています。最新のアプリケーションなどは入れることは出来ませんが... [続きを読む]
  • 高速道
  • 上河内SA。現在、外壁工事中。高速道路を利用することが多いのですが、あちこちに繋がったぶんだけJCTも増えて、私にとっては複雑なものとなっています・・・苦笑SAはご当地モノが増えて、地消地産のお野菜やお肉をメインに使ったお料理が並び、高速道路を走るだけでも楽しいですね。仕事等で利用して居る場合などは特にそう感じます。 [続きを読む]
  • 愛着のあるもの
  • 10年近く使っているAllカラーのプロッター。A0サイズも出力可能。もちろん、モノクロ印刷もできます。最近では、A3での設計図書も作成しますが、やはり、現場打ち合わせでは、職人さんも見やすいA2の設計図が良いです。私の場合ですが、用紙1枚に漏れなく情報を書き込むことが、施工上の勘違い等を防げるような気がします。図面密度が高いと、A3では見え難くなり、拡大すると数ページに渡っ... [続きを読む]
  • 住まいと植栽
  • 設計事務所を開設してから、紹介を受け、所属させて頂いてる会。今年で9年目になります。植栽のセミナーに参加して来ました。講師は日大で教授をしていらっしゃる山崎先生。植物の特性をよく知っている、ランドスケープデザインでは著名な方です。何故、日本の気候が植物を育てるのに向いているのか。関西と関東では植栽の仕方が違う事や、何故、ある特定の地域の庭づくりには石が必要なのかなど植物の生態... [続きを読む]
  • 森鴎外ゆかりの地 【北千住】
  • 北千住は森鴎外所縁の地。現在、建替中ですが、このような工事の看板も良いですね!その地の歴史を知ることができます。森鴎外は、この地での臨床経験しかなかったようです。午後から、セミナーに行って参りました。建築関係の講習会に、参加することは多いのですが、異業種の人達の講演を拝聴するのは久しぶりです。事務所スペースをシェアしていただいて居るユナイテッド・ブックスの... [続きを読む]
  • 旧 浜名湖ホテル 【龍宮殿】
  • 箱根の芦ノ湖が見渡せる場所に移築された『浜名湖ホテル』70年前、飛島組(現 飛島建設)の飛島繁氏が静岡県浜名湖にある弁天島に開業させた国屈指の高級ホテルとして知られています。現在は、温泉施設「龍宮殿」としてこの夏にリニューアルオープンしましたが、当時の建物の面影をそのまま活かした状態で再生されました。現行法では、建設当時のままでは耐震基準に満たずに、使用を制限されるような... [続きを読む]
  • 空き家の活用
  • 屋敷の一角にパン屋さんが入って居ます。道に面した一棟を店舗として解放されて、奥にある一棟が住まいになって居ます。古民家の再生を考えていらっしゃる方の中には、敷地内に数棟の建物を所有されている事があります。一棟は住む家として再生し、他は蔵を補修するなどで、他の建屋は解体してしまったり、そのままになってしまう事も多いものです。解体するにも、費用がかかる。そのままにしてお... [続きを読む]
  • 毎日のお弁当
  • 毎日が、外食ですと飽きてしまいます。なので、お昼はお仕事の日も手作り弁当。今日のお弁当はひじきしそご飯てんねぶりの照り焼きピーマンの肉詰め切り干し大根の煮物他に、入りきれて居ませんがかぼちゃの煮物。本日は、少しお野菜多め。 [続きを読む]
  • 手づくりのもの
  • かけこみ寺跡地。今は、古民家レストランになって居ますが。鎌倉では、東慶寺が有名です。悪縁を切り、良縁を引寄せるということでお参りされる方も多いですね。最近、あちらこちらで古民家を改装されたレストランを見かけますが、どこも予約で一杯。古民家ならではの太い柱や梁に癒される方が、多いのでしょうか。私は古民家や民家再生を手掛けて居ますが、今では調達できないような材もありま... [続きを読む]
  • ケトル
  • イギリスの家電ブランドRussell Hobbs (ラッセルホブス) のケトル。12年使い続けて居ますが、一度も壊れた事が無く、優秀です。注ぎ口が細く、珈琲を美味しく淹れることができます。お湯は、このケトルで沸かします。電気代もそれほどかかりませんので、常に沸かしたてのお湯でお茶を淹れる事が出来ますので、愛用し続けています。この位置に、窓台を作って正解。... [続きを読む]
  • 建築基準法例集
  • 時間がある時にしか出来ないもの。建築基準法例集の書き写し。日常的に使うものですから・・・法改正に対応したものは、別冊の確認申請メモなどで確認していましたが。やっぱり、久しぶりに新調しようと思い、2017年度版を買ってきました。見比べてみましたら、サイズが大きくなっています。だんだんと、小さな文字を読む事が辛くなってくる年代にはありがたいと思いきや。文字の大きさは変わって... [続きを読む]
  • 銀座の街並み
  • 仕事場からバスで10分程度の銀座。ここ最近、日中の明るい時間帯が多かったのですが、久しぶりにこの時間に寄りました。だいぶ経って居ますが、変化した建物のファサードを見るのは楽しいです。この時間帯よりも、あと30分ほど待つと建物もブルーがかって撮れますので、内部の照明とのバランスで美しい写真になります。建築写真家は、その瞬間を待つので撮影は1日がかり。今日は、私はミキモト... [続きを読む]
  • キッチン
  • 事務所開設以来、現場に出るとき以外は出来るだけ手作りのお弁当持ちにして居ます。母と食べる朝ごはんの支度も同時に出来ますので手間ではありません。キッチンをリフォームしてから、使いやすくなりましたのでキッチンに立つのも楽しく感じますし、何よりも、母が使い勝手が良くなり、台所にいる事が苦ではなくなったと喜んで居ることが一番嬉しいことです。普段は、新築やリフォームで、建主さんのお宅のキ... [続きを読む]
  • 住宅探訪とお知らせ
  • 「中山邸」「中山邸」(宮脇檀設計/1983年)の最後の見学会というこで見に行きました。鉄筋コンクリート造りと木造の棍構造になります。まもなく取り壊しになります。人が多過ぎて、なかなか写真が撮れませんでしたが、伸びやかで気持ちのいい空間でした。コンクリートで外を覆い、内部は木遣いに優れて居ました。優しい性格だったと云われる建築家 宮脇檀氏の人柄が偲ばれるよ... [続きを読む]
  • 国指定有形文化財 in川口市
  • 【国登録有形文化財 旧田中家】in埼玉県川口市農家であった初代の跡を継いだ二代目が麦麹味噌の醸造業と材木商を始め、田中家の基礎を築いた。大正10年に上棟し大正12年に完成した木造煉瓦造3階建ての洋館。昭和9年に増築された和館。離れの茶室、文庫蔵、煉瓦蔵、池泉回遊庭園により構成されている。本格的な洋館の作りで、煉瓦積みはイギリス式。一層目の天井は... [続きを読む]
  • 川越の街並みと家づくり
  • 大雨時折、雷の予報で午前中はしとしと降る雨の中、川越へ。歴史的建造物補修利用を担うヘリテージマネージャーの資格講習で何度も来ましたので久しぶりに。川越は、行政の職員や商店街、民間との連携で街づくりが上手くいっている事例です。蔵造りの街並みの中に軒を連ねる特定郵便局は、かつて私が所属して居た郵政下の設計事務所が手がけ、色彩などに配慮されたデザインになって居ます。少し路地を入... [続きを読む]
  • 築後7年
  • 『足利の家』は今年で7年目になります。漆喰も構造体である梁や柱も綺麗な状態です。構造体を隠さずに設計し、建てましたので、安心して住んで頂いてます。そろそろ、網戸や障子は張替えの時期でお孫さんが派手に破かれて居ました(^ ^)ですが、こうした住まいは家族の成長と共に深みを増して欲しいと思って居ますので、傷なども経年変化で思い出になるでしょう。ご主人は、この住まいが出来て... [続きを読む]
  • 逗子海岸
  • 逗子海岸。お盆前の海辺は、子供連れの親子で賑わって居ました。お盆前に決めておかなければならないこともあり、度々来ています。神奈川住まいでした時は、この海岸を散歩する事も多かったので懐かしく思います。ランチは「カンティーナ 逗子店」おひとり様ランチをされている地元の方も見かける入りやすいお店。パスタとピザと。少し、曇って居ますが、晴れると富士山を崇む事が出来ます。デ... [続きを読む]
  • ホヤの炊き込みご飯
  • お施主さんから、ホヤと水ダコが届きました。奥様にお電話すると、宮城で採れるホヤは今の季節が甘みがあって美味しいとのこと。ありがとうございます(^ ^)前に、ご馳走になったお料理を思い出しながら、ホヤの三杯酢和えとホヤの炊き込みご飯を作ってみました。ホヤの炊き込みご飯は、臭みもなく、ほんわりと甘い香りが口にひろがります。お施主さんのように上手には出来ませんが^ ^なかな... [続きを読む]
  • 北アルプス 白馬岳
  • 週末、3日間は山の上に居ました。5年前の今頃、父親が緩和ケアでがんセンターから地元の病院に転院した日です。母は、残り20日間を病室で父と一緒に過ごしました。大学時代にワンダーホーゲル部だった父は、膵臓癌に侵されつつも、癌と気がつくまで登山をして居ました。北アルプスは標高2800mを超えます。空に近づくほど、父に会えるような気がしました。栂池から、乗鞍岳、白馬大池、小蓮... [続きを読む]
  • 真鍮のレバーハンドル
  • お馴染みの堀商店のレバーハンドル。楽しみにしていましたレバーハンドルを持って来てくださいました。左上は、建築家白井晟一が考案した蝶番です。やっぱり、真鍮は良いですね!戦前のものと思われるレバーハンドル。手造りで真鍮製なので長持ちするのですね。築100年強の古民家再生をしていますと、引き戸のレールなどが真鍮ということも多いものです。磨けばまた新品のように光る真鍮... [続きを読む]
  • 住宅見学
  • 勉強会でご一緒させていただいていた建築家の設計した家が竣工に近づきましたので見学に行きました。後を引き受けた友達が監理をしています。この土地の敷地の性質から、二階にリビングやキッチンを配置した逆転プランです。二階に主要な部屋を配置するメリットは、勾配天井などで、天井高に変化をつけ、空間の広がりを感じさせることが出来ること。もちろん、お年寄りや小さなお子さんが居るご家族の場合は、... [続きを読む]
  • 整理整頓
  • 桔梗が見ごろ。今朝、水遣りをしようと思って仕事へ出掛ける前に庭に出て見ましたが、昨夜の雨と朝露で土が充分に湿って居ましたのでやめました。イチジクも実を結び、収穫も間も無く。ワインと蜂蜜でコンポートに。姪達が、夏休みに入り、泊まりに来ています。8月からは、名古屋のおばあちゃんの家に行くそうですが。妹は、姪を実家に預けて、盆中も仕事です。私は、母と一緒に父のお墓とお寺さん... [続きを読む]
  • 夏祭り
  • 夏祭りの季節。仕事からの帰り道は、提灯に明かりが点灯して居る様子が夏らしく。大宮駅前は8月2日がお祭りのため、交通規制がかかります。葛飾もお祭りの雰囲気。葛飾柴又は、寅さんでも有名な街。川魚料理屋さんが軒を連ねるところを見ると、江戸川で鯉や鮎などが獲れるのでしょうか。今年は、土用の丑の日は2度あるそうで。鰻を食べましたでしょうか?時間があったので、新国立近代美術... [続きを読む]
  • 住宅建築
  • 本日が最終日。建築家会館で開催の建築家 宮脇檀の原図展に来ています。細部にまで、こだわったデティールに筆を走らせて描いたスケッチが美しい。住宅建築を志す方でしたら、一度は目にする機会があるかと思います。私も学生時代からデティール集などで勉強させていただきました。未だに、手描きで計画図を描いて居ますが、手を動かして考える大切さを改めて感じました。 [続きを読む]