大次郎 さん プロフィール

  •  
大次郎さん: 侍心 SAMURAI-HEART
ハンドル名大次郎 さん
ブログタイトル侍心 SAMURAI-HEART
ブログURLhttp://ameblo.jp/bsd-web/
サイト紹介文時代劇俳優の大次郎です 日本史好きの方の劇場へのご来場を心よりお待ち申し上げます
自由文[芸名]大次郎(DAIJIRO)
[身長]182cm
[特技]殺陣、球技、IT関連
[所属]武士道(http://bsd-web.com)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2010/03/21 10:52

大次郎 さんのブログ記事

  • 幕開けを担うとは
  • 稽古で舞台幕開けの殺陣がショボかったらお客さんが帰るという話をしましたが殺陣じゃなくても、最初のシーンがつまらなかったらその後は見る気がしないだろうと思う まあせっかくお金を払って観に来たのだから最後まで見ようとは思うけど最初の不快が払拭されるにはかなりの時間がかかるとも思う オープニングに大立ち回りをやるのは最初に迫力のあるものを見せてお客さんを引き込もうという意図があるのだがその狙いをやってい [続きを読む]
  • 逆の立場
  • 20年ぶりに大学の同級生にあったちょうど故郷でラーメン屋を開店するタイミングだったそうだ彼は大学の演劇サークルの同期だったが入学から数ヵ月後にプロの役者を目指して大学を出て行ったその後何年かは活動していたが、私が就職した時には会わなくなった それから何年か経ち私がプロの役者を目指そうとしたころ彼の事を結構考えていた大学の時、ふと彼に自分もプロで芝居をやりたいようなことを言ったらやめた方がいいという [続きを読む]
  • 最初が肝心
  • 大次郎主演公演『武士道公演〜夏の陣・巌流島』稽古は3回目立ち稽古に入りました!!稽古初日の本読みから1週間セリフを入れる作業、物語の流れ、キャラクター等いろいろと練りこんでいざ動く合致するもの、そうでないもの、意外な発見いろいろと出てきました!!いつもいつも思うのは、思い通りにいかないということこうやろう!と思っても物語の流れと人間関係がそれを許さないことが多いですそれによって最初の想像とかけ離れたキ [続きを読む]
  • 主演公演巌流島始動!!
  • 大次郎主演公演『武士道公演〜夏の陣・巌流島』いよいよ稽古開始!! 佐々木小次郎 VS 宮本武蔵後世に語り継がれし伝説の決闘しかし、それは様々な思惑が入り乱れて導かれたものだった!! 大次郎は佐々木小次郎を演じます!!これまでの私の主演人物結城秀康・・・徳川家康の次男桜井勝成・・・桑名藩士梶原景宗・・・北条水軍の将どれも、テレビ・映画では主人公にならない人物なのでなかなか知っている人は少ないと [続きを読む]
  • 勝ってから威張ってくれ
  • 巨人10連敗!!もはや勝ち方を忘れたのか野球さえ忘れたのかひとりひとりがやる気見せてもチームとして力を出せなきゃ意味ないから負ける為に試合を消化してるとしか思えないベンチはどうかしてる連敗が重なったところ(4連敗ぐらいから)で何としても点を取って勝つんだという策を出さないことが不思議でしょうがないなぜまず1点をとるという野球をしないのか小細工をする事が恥みたいな考えであえてしない様にみえる見てる方はふざ [続きを読む]
  • 古事記
  • 先日「古事記」を題材にした舞台を見に行きました昨年12月の私の主演舞台に出演した役者たちが大勢出ているので応援に行ってきました 古事記とはまったくなじみのない未知のものでした名前は聞きなれど、どんなものなのか知りませんたぶん神話なんだろうなというイメージしかなく神話なら神々が出てくるということになるのでどんな展開になるのだろうと想像もできませんでした古事記が書かれた時代の物語をやるのかな [続きを読む]
  • おぎまる
  • 先日の佐々木小次郎の故郷訪問の時同じくして過去に思い入れのあった武将に会ってきた! 福井城の結城秀康(1574-1607)2012年シアター1010ミニシアターでの「辿り着く場所」大次郎初主演舞台の配役でした! 秀康は徳川家康の次男家康と侍女の間にできた子だったので不遇を受けた。兄の信康が切腹した後世継ぎになれずほどなくして豊臣秀吉の養子に出される秀吉に実子ができた後は結城家に養子に出される。関ヶ原の合戦の [続きを読む]
  • 第5回 森1日店長の会
  • きもの仲間・森俊彰さんの主催イベント「第5回 森1日店長の会」過去何度かお客として招かれていましたが今回は演者として招聘され、劇団員と共にやってきました!! 場所は東日本橋のわなびば333というスペース森さんの「自分がやりたいと思った事をこれでもかと盛り込んだ会沢山の方々に飲食、パフォーマンスを楽しんだり、日本文化を少し身近に感じたり、色々な方と繋がりができたり、次の日から頑張ろうと思えたり、 [続きを読む]
  • 開眼・つばめ返し!!
  • 武士道公演〜夏の陣『巌流島』主演・佐々木小次郎を演じることになったことで先月の巌流島に引き続き今回は佐々木小次郎の出生地と修行地に行ってきた!! 佐々木小次郎の生まれは福岡県だったり福井県だったりという説があるが今回は必殺技・つばめ返しを習得したとされる福井県の一乗滝へ!! 陸路のルートは東京から関越→上越自動車道を進んで北陸自動車道を横断富山・金沢経由で深夜バスおよそ10時間!!&nb [続きを読む]
  • 神の偉業から25年
  • Jリーグが25年目なんだかんだ四半世紀続いている思えばJリーグ開幕年に生まれた人は25歳開幕の大盛り上がりの時代さえ知らない人がいるんだなもうあのころは一時のブームだったけど開幕戦の出来事は強烈に覚えている今でも自分の中で色あせないのは5/16鹿島アントラーズ・ジーコのフリーキックだ!! これが自分の中でJリーグ史上最高のゴールJリーグの初年度開幕戦で世界のスーパースタージーコがフリーキックをポスト [続きを読む]
  • 鯉登の季節が過ぎても今や
  • せっかく広島が負けてきてこいのぼりの季節の終演とともに例年のごとく眠ってくれるかと思いきや巨人のせいで息を吹き返しそうになってる巨人は広島との対戦成績1勝7敗失点は56という1試合7点取られてる計算ミスしまくり&そこに付け込まれて大量失点観客の身になって野球をやってほしいね デハ!! [続きを読む]
  • 壇の浦古戦場
  • この前、巌流島へ行ったときその足で壇の浦古戦場址まで行ってました。 壇の浦古戦場は巌流島行きの船着き場から歩いて20分ぐらいで行けます。 壇ノ浦の戦いは1185年平安時代末期の源平最後の戦い義経の八艘飛びでも有名な海戦ここで平氏は敗北を悟り、総大将・平知盛をはじめほとんどがこの海に入水して死亡。平氏は滅亡したといわれる。 2007年11月にやった舞台活劇集団東京幕府の『斜陽の果 [続きを読む]
  • 命懸けの戦い
  • 同い年プロボクサー佐々木基樹選手元日本スーパーライト級王者&元OPBF・スーパーライト・ウェルター級王者の試合の応援に後楽園ホールへ行ってきました!! 佐々木基樹 wikihttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E5%9F%BA%E6%A8%B9佐々木選手はきものDE交流とイベントで知り合いイベント参加者の方々と応援にいくのは2回目 佐々木選手の戦績はここまで53戦42勝(25KO)10敗1分け40歳現役復 [続きを読む]
  • 場所は.....巌・流・島!!
  • 夏の武士道公演(8/19〜22)で佐々木小次郎を演じることが決まり決戦の地、巌流島へ行ってきました!! 巌流島の場所は山口県下関市大字彦島字船島本州と九州を分ける関門海峡の西側にある小さな無人島正式名称は船島(ふなしま)「巌流島」と付けられたのは、敗れた佐々木小次郎が巌流を名乗ったことからだそうだ 島は海峡を通る大型貨物船の邪魔にならないように整備され埋め立てによって原型の6倍の大きさにな [続きを読む]
  • 歴史座談会「江戸時代の恋愛事情」
  • お世話になっている歴史好きの方々で構成する歴史座談会に行ってきました。歴史といっても幅広く様々なので自分の興味のある時代の出来事に焦点をあてて詳しい事情を知ってもらいたいという趣向でプレゼンするという企画です。 今回はさやまるさん(仮名)女性らしく「江戸時代の恋愛事情」という内容支配階級である武士から市井の一般庶民までそれぞれの恋愛から結婚どうも昔は男尊女卑のようなイメージがありますが庶 [続きを読む]
  • 長時間コント
  • 未だ小劇場界はアングラなのだなおかしな人たちがおかしな世界で生きてるおかしな世界にやって来た普通の人は逃げ出せばいいのに我慢しておかしな世界に居座り結局おかしな人になってしまうんだからうんざりするのよ…物語の中でね。おかしな人とはこんな人間いないだろと思われる人現代社会を生きてきていない大人初対面の人に自分の考えを遠慮なく喋りまくり他人を気遣えないそういうコントのような芝居はイライラするこの芝居 [続きを読む]
  • 巌流!!
  • 武士道次回夏の公演は『巌流島』!!そして私は主演:佐々木小次郎役!!12月に関ヶ原の爪痕・梶原景宗で主演をやったばかりですがこの夏も大いに暴れます!! そしてライバル宮本武蔵は劇団員の道畑勇介!!今回は小次郎VS武蔵というビッグネームふたりの物語W主演で描きます!! 小次郎のトレードマークといえばこれ備前長船長光(びぜんおさふねながみつ)通称:物干し竿刃長が約100センチ全長:127センチ通常の [続きを読む]
  • 結果が芝居に影響
  • 公演やってる間に巨人は5連敗開幕5連勝したのに意味なししかもカープにホームで3タテとは早くも絶望を感じるね広島強い 本番中結果が気になるが負けてるのを知ってしまうとイライラして芝居に支障が出るので本番が終わるまで見ないようにしてますw勝ってればテンション上がるんだけどね3タテされる前に本番が終わってよかった デハ!! [続きを読む]
  • 柳生”大次郎”友矩
  • 武士道第十五陣本公演『柳生十兵衛』大次郎が演じたは、柳生十兵衛の弟・柳生友矩 史実では絶世の美少年で将軍徳川・家光の小姓家光の重すぎる籠愛を受け、27歳にしてこの世を去ったという悲劇の人だったそうな。 撮影:石黒伸二 本編では、父・宗矩と兄・十兵衛を慕う人格者として登場する。しかし、十兵衛の家光打ち据え事件と、棗の訪問により揺れ動く柳生家で、家族それぞれの思惑の中で苦悩することになる。& [続きを読む]
  • 柳生十兵衛終幕!!
  • 武士道第十五陣本公演『柳生十兵衛』全日程終了!! 撮影:石黒伸二 無事に全公演終える事ができました!!ご来場いただいた方々応援してくださった方々誠にありがとうございました!!今回もお客様の支えの中でやってこれた公演でした。 (人物相関図) お話は江戸時代初期の柳生家将軍徳川家光の剣術指南役である柳生家長男の十兵衛が稽古での試合中に家光を打ち据えてしまったことから騒動が始まる。剣術指南役と [続きを読む]
  • 柳生十兵衛千穐楽!!
  • 武士道第十五陣本公演『柳生十兵衛』千穐楽!! 今回の座組は顔合わせは稽古中は静かなメンバーでしたが小屋入りしてから急激に仲良くなって本編のテーマである兄弟愛、家族愛がより深まった気がします語弊があるかも知れませんが決して仲が悪いわけではなく出演の役者達はそれぞれの所属の団体があったりフリーであったり初対面の人間ばかりです2か月前から稽古が始まり、稽古は週2日芝居はきっちりやりますが稽古時間 [続きを読む]
  • 柳生十兵衛2日目‼
  • 武士道第十五陣本公演『柳生十兵衛』本番2日目‼生憎の雨で劇場前の桜が満散り始めましたが沢山のお客様に来ていただきました‼昼のお客様夜のお客様残り2回4/10(月)19時4/11(火)14時武蔵野芸能劇場チケット予約 http://bsd-web.com [続きを読む]
  • 柳生十兵衛開幕!!
  • 武士道第十五陣本公演『柳生十兵衛』幕が上がりました!! 何故か今までにないほど緊張したwその終わった後のお客様の拍手でホッとしました‼ご来場ありがとうございました‼ 昼のお客様 夜のお客様 明日からの開演時間4/9(日)13時/18時4/10(月)19時4/11(火)14時武蔵野芸能劇場 [続きを読む]
  • 柳生十兵衛小屋入り
  • 武士道第十五陣本公演『柳生十兵衛』本番1日前‼最終稽古が終わりいよいよ武蔵野芸能劇場入りました‼役者たちが死に物狂いで役と向き合い物語と向き合いそしてまだ見ぬお客様と向き合おうとする人物を作るということに終わりはない自分の考えがあってもそこに人が関わる人の考えを取り込むと自分が変わるさらにお客様の考えを取り込むと更に変わる台本を初めて読んで浮かんだイメージとはまったくかけ離れたものになっているこ [続きを読む]