宮崎 さん プロフィール

  •  
宮崎さん: 茅ヶ崎サロンパーティ
ハンドル名宮崎 さん
ブログタイトル茅ヶ崎サロンパーティ
ブログURLhttp://singleparty.blog97.fc2.com/
サイト紹介文中高年の大人同士が出合い、気楽に楽しめるパーティの告知と主催者の日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供216回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2010/03/21 19:20

宮崎 さんのブログ記事

  • クリニックにて
  • 今朝起きると目が痒く、鼻が詰まっています。花粉症の兆候が出て、いよいよその時がきたと受け止めました。昨日、2時間ほどテニスをしました。ちょうど花粉が飛び始めているとニュースでも流れ始めていました。その影響が早速出たのでしょう。昨年は2月一週目に病院にいきましたので、今年はだいぶ遅いです。毎年お世話になっている耳鼻咽喉科にいきましたら、なんと待合室はいっぱいでした。6種類の薬をいただいてきました。こ [続きを読む]
  • ひ孫を連れてきました
  • 今日は父の命日で、ひ孫にあたる孫を連れて実家に行きました。20年近く前に亡くなったのですが、それからの日々にさまざまなことが起きました。昨年生まれた子たちは、3ヶ月になり、お線香の香りも手を合わせることも何もわからないでしょう。それでもやってみました。このようにして血が繋がっていくのでしょう。そんなことを深く感じた命日になりました。 [続きを読む]
  • 度胸のなさ
  • 今日は駒込で『テキサス・ホールデムポーカーの会』でした。茅ケ崎より駒込の方がずっと寒かったです…帰宅時はもっと感じました。真冬の服装で行ってよかったです。『テキサス・ホールデム』をはじめてから何年も経つもですが、奥が深くなかなか上達しません。私の度胸のなさや理解の無さも明確になってきました。それでも楽しいのです。2枚のカードから導く勝敗を、またすぐやってみたいと思います。なにかに夢中にになれること [続きを読む]
  • 人工知能がつくる新しい世界
  • 先週の土曜日にサロン講座を開きました。テーマは、シンギュラリティとは〜2045年問題でした。Singularty(技術的相違点)とは、AI(人口知能)が人間の能力を超えることで起こる出来事とされ、人間の生活が後戻り出来ないほどに変容してしまうとする未来予測のこと。このようなお話しを様々な視点からの講義でしたが、少し怖くもありましたが興味深かったです。例えば2029年がAIが人間の知能を越える時期だとも話されまし [続きを読む]
  • そろそろ春の鼻
  • 明日はまた寒くなるそうですが、今日は暖かく、強風に見舞われました。春一番もふいたのでしょう。花粉症の兆候も見え始めました。来週は耳鼻咽喉科に行って、いつもの花粉症のお薬をもらって来ます。ここ何年間は、この繰り返しですが、花粉に負けずに過ごしています。来週の火曜日は『テキサス・ホールデムポーカーの会』を東京で開きます。1月にできなかったので、今年初めてで楽しみです。久しぶりで皆様の腕がなっている事で [続きを読む]
  • 2045年問題
  • 今週の土曜日に『サロン講座』を開きます。『未来への飽くなき挑戦 〜AIは人知を超えるか〜』というテーマです。今のままコンピュターの機能向上を図っていくと、コンピュター(AI)の機能が人類(人知)を超える年が、2045年頃となっており。このことが今大きな問題になっているそうです。このようなテーマで講師のお話を興味深く聞き、その後の質疑応答が楽しみです。 [続きを読む]
  • 現代にも起こる出来事
  • マレーシアのクアラルンプールの空港で、北朝鮮の金正恩委員長の異母兄の金正男氏が殺害されたというニュースは、現代の出来事なのかと耳を疑いました。ニュースの内容が明らかになるにしたがって、真実は何処まで解明されるかわかりませんが恐ろしいことです。外から眺めるだけの北朝鮮ですが、権力者たちは何を考えて行動しているのでしょう。今日、友人たちと語り合いました。何度か訪れたクアラルンプールの大きな空港の片隅で [続きを読む]
  • スマホが呼んでくる
  • スマートフォンを初めて手にしました。使いこなすには時間がかかりそうです。今のところ同居している息子夫婦に頼りきっていますので、ラインはまだ私の手で何もしていません。ところが反響もあり、このまま手を下さなくともよいのかと困っています。電話をかけることなどをスムースにできることを第一と致します。次はメールです。全くいちから学んでいかなければなりません。メンバーの皆様、長い目でみて下さい。 [続きを読む]
  • スマホ宣言!
  • ガラケーからスマートフォンに変えました。同居人のスマートフォンが壊れたので変える事になり、思い切って便乗することにしました。使いこなせないと言われているのですが、この機会を逃すと一生持つ機会は訪れないと考えたからでもあります。実はまだ手元に無いので、実際には今夜から使うことになると思います。今まで通りラインなどはしませんが、メンバーの方々との交流に役立てます。一つずついきますので暖かく見守って下さ [続きを読む]
  • 葬儀の新しい形
  • 自分の葬儀や亡くなった後のことを考えたことがありますか?最近、知り合いの方が亡くなって、数日後にまた友人が亡くなりました。そのお二人が、共に同じような葬儀をされました。戒名が無く、お坊さんも無く、告別式のようなものも無く、火葬場で荼毘に復す前に全てを済ましたそうです。その後、親族やおいやめいが集って、お清めをして想い出話に花を咲かせたそうです。いずれ納骨になりますが、とてもすっきりしていて良かった [続きを読む]
  • セブ
  • サロンのメンバーの方が、ある国の教会めぐりをされています。その国にもう20回ぐらい行き、記録がだいぶ溜まっているとのことです。いずれそれらを公にするそうなので、そのときを楽しみにしています。家族が明日からフィリピンのセブに行って来るとのこと。あちらの英会話学校を見て来るのが目的だそうです。最近、フリッピンに語学研修や留学する人が増えているのでそのためらしいです。私は学生の時に、親善使節で52年前に [続きを読む]
  • 北北西
  • 今日は節分と恵方巻きの日になりました。関東地方で恵方巻きを食べるようになったのは、いつ頃からでしょうか?すくなくとも私たちの小さいころは食べませんでした。恵方巻きを作って、北北西に向いて願い事を心にとめながら食べるのです。中に何を入れようかと迷いましたが、マグロと玉子焼きと蟹かまぼこ、きゅうり、アボカド、たくあんなど巻き込みました。何を入れて巻くかは、食べる人の希望も入れました。豆撒きはしませんで [続きを読む]
  • 旅立った先には、ご両親やご兄弟が待っています
  • 親戚の人が亡くなったと連絡がありました。一年ほど寝たきりだったので、身内の人はホッとしたとも言っています。お見舞いに行った時に、人はこのようになっても行き続けなければならないのかと感じました。管に繋がれていました。治る見込みが無くとも、現代の医学は生き続けられるのでしょう。私だったらどうしたいだろうか?自問自答した日々がありました。もちろん病人の方は、そのような意思を伝えられる状態ではありませんで [続きを読む]
  • 目をぱちくりさせられる
  • 今月も今日で終わりですが、天候も含め戸惑うことの多い一ヶ月でした。アメリカから流れてくるニュースに苛立ち、目をぱちくりさせられてきました。トランプ大統領は、もう少し世界を見渡して政をしてくれるかと考えていました。しかし、その期待は裏切られたようです。アメリカファーストといっても、今の世界で自国だけよければ良いことなど、無理なことと思います。アメリカ入国のビザをとった人も、出生国によって入国できない [続きを読む]
  • ナダル選手
  • テニスの4大大会の一つ、全豪オープンの決勝が2日間行われました。女子の決勝は、アメリカのウィリアム姉妹の戦いでした。その結果、妹のセリーナ・ウィリアムが姉のビーナス・ウィリアムを破って優勝しました。男子決勝は、スイス人のロジャー・フェデラー選手とスペイン人のラファエル・ナダル選手でした。最近、錦織圭選手の活躍で彼の試合ばかりが気になっていましたが、以前は、ナダル選手の大フアンでした。そんなこともあ [続きを読む]
  • 吹き荒れ
  • 今日の天候は、急に暖かくなったもののとんでもない風が吹き荒れました。こんな中、30分近く歩きで出かけました。用事があり出かけないわけにはいかなかったのです。途中に畑があり、風が舞って砂嵐の状況でした。怖いようでしたが、そこを通り過ぎないわけにいきませんでした。この程度でと思われるようでしょうが大変でした。サロンのメンバーの方々から、大雪の情報をいただき大変と考えても、どこか他人事と思っていました。 [続きを読む]
  • 第44代横綱
  • 大相撲で稀勢の里が72代横綱に推挙され決まりました。19年もの長い間・・・日本人の横綱は生まれなかったのです。その間、モンゴル勢だけでなく外国籍のお相撲さんが強くなっていました。頑張れ稀勢の里です。44代横綱だった栃錦の大フアンでした。栃錦と初代の若乃花で『栃若時代』と言われた時代です。あの頃も大相撲は大人気でした。14日目や千秋楽に国技館に連れて行ってもらいました。今回の初場所は、15日間大入り [続きを読む]
  • 生きていれば今年100歳
  • 今日は52歳の若さで逝った実母の命日でした。生きていれば今年100歳になるはずでした。実家でお線香をあげながら、あの頃を想い出していました。朝の8時30分、見守る私たちの顔を一人づつ見て目を閉じたのでした。50年近く経った今でもあの日のことは忘れられません。親族と懐かしい話に花を咲かせました。何十年経ってもつもる話は終わることはありませんでした。 [続きを読む]
  • ペルーがちょっと身近だった頃
  • メンバーの方から届いたメールの中に、長くペルーに住んでいた方が帰国されていたと。その方が昨年11月に亡くなったと、ご主人から連絡があったそうです。ご友人なのでとてもショックが大きいと。私にとっては、少々他人事ではないのです。実は、その方と私は同じ節子なのです。まだ、あちらの節子さんがペルーに住んでいた頃、サロンのメンバーがペルーに行くことになり、泊めて頂くことになったのでした。そのお話しを楽しく聞 [続きを読む]
  • お嬢さん
  • お隣の5歳になるお嬢さんが、遊びに来た後で、自分で書いたお手紙を我が家のポストに入れてくれました。やっと字がかけるようになったのでしょう。自分の名前や『またいきます』などはしっかりした字でした。他の文章は、判読するのにずいぶんかかりましたが、我が家に来ると好きな籐でできた自転車に、自分で持ってきたぬいぐるみを入れて遊ぶのを楽しみにしています。また遊びたいとの思いが読み取れる内容でした。これから、返 [続きを読む]
  • 胸の高まりなはく
  • いよいよ45代アメリカ大統領が誕生します。8年前のバラク・オバマさんの就任式のような胸の高まりはありません。しかし、違った意味で就任式のトランプさんの演説の内容など関心がわきます。今日になっても、トランプ大統領に反対す人々のデモ行進が行われるようです。国を2分したと言われるトランプさんは、これからどのような方針で進むのでしょうか?全くわが国に影響が無いとはいえません。ささやかでも自分の目でトランプ [続きを読む]
  • 家族の風景
  • このところの寒さで、我が家ではお鍋料理が増えました。大きな土鍋を常時、すぐ使えるようにしてあります。キムチ鍋、ちゃんこ鍋、豆乳鍋などなど。そんなことで土鍋を活用しながら、他の料理に土鍋も使ってみようと思いたちました。グラタンソースやスペーアーリブの煮込みや、シチューにも重宝しています。スープが残れば、パスタやうどん、ご飯を入れて翌日のランチに変身しています!個々には書けないお料理にも役立てながら、 [続きを読む]
  • 懐かしい司会者
  • あと2日でトランプさんがアメリカの大統領になる就任式です。そのためでしょうか、ワイドショウなどでは、連日のように就任式の話で盛り上がっています。そこにコメンテイターとして、早稲田の準教授の女性が出演しています。この方、かつてアメリカ合衆国政府、共和党の予算委員会のスタッフとして働いていたことがあるのです。その関係で、コメンテイターとして引っ張りだこのようです。実はこの女性は,かつて我がサロン『世界 [続きを読む]
  • あの日にあったこと
  • 今日はあの阪神大震災から22年目です。あの日の出来事は忘れられないのです。毎年この日が来ると同じことを想い出します。たまたま米国に留学中の息子が帰国中で、この日、戻っていく日でした。そこに、岡山がふるさとのメンバーから電話が入りました。すぐにテレビをつけるようにと、スイッチを入れると火の海が目に入りました。それからはテレビに釘づけでした。それからも、数々の災害が…何度となくやってきます。東日本の大 [続きを読む]