ティナの母 さん プロフィール

  •  
ティナの母さん: 赤い糸は1600キロ
ハンドル名ティナの母 さん
ブログタイトル赤い糸は1600キロ
ブログURLhttp://ishigaki2131.blog65.fc2.com/
サイト紹介文2017年2月、肉腫のため右後ろ足を切断。まだ闘病中だけど元気いっぱいです!
自由文3本足でも日々楽しく食っちゃ寝ごろごろを満喫中。遠く石垣島から飛行機でやってきた元保護犬です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2010/03/22 02:31

ティナの母 さんのブログ記事

  • 断脚手術までの治療費
  •    大学病院初診時の領収書です。いちばん高額な「検査料」には、CT、生検、血液検査等が含まれています。   2泊3日の入院費を含む断脚手術の領収書です。遠方からの通院だと、さらに高速道路料金が必要になります。東海地方はもちろんのこと、関西や北陸からも通院されているようで我が家の場合は一般道を走って、1時間30分〜40分ということはけして遠くないようです。(高速のインターの場所の関係で、高速を走っても時間 [続きを読む]
  • 8回目のうちの子記念日
  • 8年前の今日、ティナは石垣島から飛行機でやってきました 家族でセントレア(中部国際空港)へ迎えに行った日のことを今も鮮明におぼえています。「いつでも里親募集中」の紹介文に「ビビり」とあったのに着いた日からフードをしっかり食べ、夜泣きをすることもなくぐっすり寝ていました。今もビビりで人見知りなのに、不思議です・・・先日フクちゃんの母さんに「ティナちゃんは3度命をもらったのね!1度目はお母さんから2度目は [続きを読む]
  • 狂犬病予防接種完了!
  •   保留になっていた狂犬病の予防接種を済ませました。今年は無理かと思っていましたが、大学病院の先生から許可が出ました。かかりつけのB動物病院では、初めての予防接種ですがまず体温を測りました。そして「ティナちゃんは手術したあたりを触られるのは嫌だろうからお尻より首にしようね」と声かけながらの注射でした。先生優しい〜〜先生が優しいこともあって、B動物病院はいつも激混みですが犬猫以外も診察できるというのも [続きを読む]
  • 術後5か月目の検診
  • 7月10日岐阜大学動物病院へ検診に行き、CTを撮っていただきました。結果は異常なし やった〜〜今後はかかりつけ医で、レントゲンと腹部エコーで経過観察。次の大学病院での検診は10月です。抗がん剤治療については、今のティナの状態がいいので生活の質を落としてまで続ける必要ないとの判断から中止となりました。もし4回目を投与したら、たとえ量を減らしても蓄積している分があるので、また副作用が出るだろうということです。 [続きを読む]
  • 超お気に入り?
  • ティナお気に入りのおもちゃです。右は子犬の頃に買ったもの。色あせてボロボロですが、原形は留めています。左は今から2年ほど前に買ったもの。さてこのおもちゃ、何でできているのでしょうか??   本体に「FIRE HOSE」とあるように、消防用のホースで出来ています。なのでとっても丈夫です。       時には、いっしょに寝るほどのお気に入り   ご機嫌な時は、くわえて私たちのところへ持ってきます。ちなみにこの画 [続きを読む]
  • 院長の真意
  • 以前のかかりつけ、K動物病院からハガキが届きました。      「内出血 その②」「セカンドオピニオン」というタイトルで記事にしましたが腫瘍マーカーの検査を受けた病院でもあります。費用は確か2万円でした。(いくら探しても領収書が見つかりません)しかし犬の場合、腫瘍マーカーはまだまだ開発段階のようです。というのは断脚手術を受ける前に、岐阜大学動物病院のほうから腫瘍マーカーの開発に協力して欲しいという申 [続きを読む]
  • 頑張ってるよ!
  • 昨日散歩のときに、うれしいことがありました。ティナと母が歩いている後ろから、ウオーキング中と思われる女性に「頑張ってるね〜、おりこうおりこう私もがんばらないかんわ!」と声かけられたのです。たとえ足が一本なくても、元気に散歩に行けておいしいものが食べられたら、これ以上の幸せはありません。今の暮らしがずっと続きます様に・・・散歩から帰ってお休み中 [続きを読む]
  • 抗がん剤治療 4回目
  • タイトルは「抗がん剤治療 4回目」としましたが4回目は受けませんでしいた。血液検査の結果は異常なしでしたが、もし投与したら前回と同じく副作用が出る可能性が高いこと。現在、再発、転移はなく、生活の質を落としてまで抗がん剤を投与する必要がないというのが今回中止の理由です。「病院内でも元気に走っていましたよ〜」と先生に言われました。7月10日に軽い麻酔をかけての詳しい検査をしてその結果によって、今後の抗がん [続きを読む]
  • 抗がん剤治療による副作用
  • 前回の更新から、日にちが経ってしまいましたが実は5月8日の抗がん剤治療から4日後の12日から食欲がなくなり、翌13日にかかりつけのB動物病院へ連れて行ったところ、「急性腎不全」でした。BUN(血中尿素窒素)の数値が、66.7でした。基準値の上限22.9なので3倍以上です。結局13日から16日まで入院し、点滴治療を受けました。急性の腎不全が、慢性に移行する場合もあるそうで心配しましたが、おかげさまで今は元気を取り戻しまし [続きを読む]
  • 抗がん剤治療 3回目終了
  • 5月8日に3回目の抗がん剤治療を受けました。今回は術後3ケ月ということもあり、軽い麻酔をかけての詳しいCT検査も受けました。12時30分に預けて、抗がん剤治療だけの時より1時間遅い3時半頃にお迎えに行き、ほどなくして名前を呼ばれ診察室に入りました。「白血球と血小板の数値に問題はなく抗がん剤投与できました。断脚した部分にあるリンパの腫れもなく、肺等への転移もありません。」と3D画像を見せていただきながら、詳しい [続きを読む]
  • 闘病記を載せるにあたって
  • * 通常の記事は↓にあります *今回、ブログを闘病記として更新するにあたって私自身の思いを記事にしました。ティナの病名は「由来不明肉腫」です。病気そのものに関しては、言うまでもなく獣医師に相談するのが最優先だと思います。個体差があるので、ネットの情報が必ず当てはまるとも思いません。ただ、セカンドオピニオンってどうなの?費用は?断脚後の暮らしは?など…情報が共有できればという思いで更新していきたいです。 [続きを読む]
  • 抗がん剤治療 1回目、2回目終了
  • 予定通りカルボプラチンによる抗がん剤治療を開始しました。1回目は3月15日、2回目は4月7日でした。どちらも所要時間は2時間から2時間半で、血液検査全身のCTで転移再発がないか検査後、点滴で投与されます。麻酔はしないそうです。ティナを預けて私たちは外出し、後ほどお迎えに行きます。抗がん剤治療から3〜4日後から食欲不振、下痢、吐き気白血球は1〜2週間後に白血球、血小板が減少します。ただし抗がん剤投与前の血液検査で [続きを読む]
  • 我が家のべっぴんさん
  •      LINE Cameraというアプリで、簡単に画像がコラージュできます。便利な世の中になったものだわ〜2〜3月はティナの手術があり、花のお世話まで手が回りませんでしたがほんとうによく咲いています。どれもべっぴんさん 花殻をちゃんと摘んだら、まだ楽しめそうです。そして忘れてはならない我が家のべっぴんさんは、こちらのお方     相変わらずの親バカ、失礼いたしました 応援のポッチッと、よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 三本足は、かわいそうですか?
  • 犬友さんには、ティナが断脚手術を受けたことをカミングアウトしました。柴のれん君ママ、ポメのジョイ君ママ、ミックスのハイド君ママコリーのラブちゃんママ、み〜んなに「ティナちゃんよく頑張ったね !!」とほめてもらいました。抜糸まで動物病院の待合室では、バスタオルをかけていました。今は3本足であることを隠したりしませんが、大学病院の待合室で「かわいそうね・・・」と言われたことがあります。ティナは命と引き換え [続きを読む]
  • ビフォアフター
  • ビフォア  アフター  久々のトリミングで、まるで別人別犬のよう・・・月1回のペースで行っていましたが、腫瘍が発見されてからは家でシャンプーするだけでした。トリマーさんはティナの大ファンで、ティナもなついていて感激の再会となりました 吠えてうるさい元気のいいわんこがいて疲れないようにとなんと今回は貸し切りでのトリミングでした [続きを読む]
  • 病理検査結果
  • 手術から2週間後の2月27日に、抜糸と病理検査の結果を聞くために、大学病院へ行く予定でしたが検査結果がなかなか出ず、結局3月9日になりました。(抜糸はかかりつけの動物病院でやってもらいました)組織診断の結果は「由来不明肉腫」手術で腫瘍は取りきることができ、リンパや血管への転移はありませんでしたが、悪性度は非常に高いということでした。以下はG先生の説明を要約しました。今後については3通りの選択肢がある。① [続きを読む]
  • サクラサク
  • 今日はガラリと話題を変えて「桜」名古屋城の桜6日に母は長い付き合いの友人と、お花見&ランチ 久々のお出かけでした!       お堀は桜と雪柳のコントラストが見事でした。今年も行ったよ!!我が家のお花見スポット      3本足になっても歩く歩く、断脚前と歩く速さ距離共に全く変わりません 先日2回目の抗がん剤治療のため、大学動物病院へ行きました。手術の頃は本当に寒い毎日でしたが、季節も変わりました。  [続きを読む]
  • 断脚手術
  • 2月13日、いよいよ手術です。ティナの右後ろ足の腫瘍は、テニスボール2個分くらいになっていました。ティナは体重8キロ、小さめの柴犬くらいなのでいかに大きかったか想像がつくと思います。手術は本来なら担当のG先生が執刀されるのですがかなり先まで予定が入っていたのでM先生が執刀となりました。それでも唯一あいていた13日9時に入れていただきました。当日は術前にG先生の診察を受けるため、8時30分に到着。本来診察は9時か [続きを読む]
  • 大学病院初診の日
  • 2月10日、予約の10時より前に病院到着。ほどなくして、名前を呼ばれました。担当のG先生は思ったより若い!!前日の電話はすごく落ち着いた話しぶりだったので、ちょっとびっくり…検査についての説明を受けましたが、ティナの状態によっては検査ができない場合もあるということも付け加えられました。そして同意書にサインし、ティナを預け、私たちは病院を後にしました。3時を少し回ったころに「検査は済みましたが、まだ麻酔が [続きを読む]
  • 大学病院での受診決定まで
  • 2月6日に再度B動物院へ行き、腫瘍マーカーの結果を伝えると共にレントゲンや血液検査を受け、今わかる範囲では転移はないということでしたが、右後ろ足の腫れは日に日に大きくなっていました。「ティナちゃんがうちへ来てから1か月もたってないのだから信頼しろというのは無理だと思うけど、もし僕の犬だったら断脚するよ。野生に返すわけではないから、3本足でもペットとして十分生きていける。それにこのままだと、痛みは酷くな [続きを読む]
  • セカンドオピニオン
  • なんだかすっきりしないまま、かかりつけのK動物病院から帰ってきました。ティナが「がん」だなんてあるはずない…腫瘍マーカー以外何か方法はないのか…そんな思いが入り混じっていました。そんな時、ご近所のわんこがお腹に腫瘍があってB動物病院に通っていると聞いたのを思い出しました。先生は若くてイケメン優しくて飼い主とじっくり向き合ってくれるので最近はずいぶん混んでいるということでした。とにかく行ってみようと思 [続きを読む]
  • 内出血 その②
  • 抗生剤のなくなった1月27日に、かかりつけのK動物病院へ行きました。内出血自体の色は薄くなっていました。先生は内出血の様子を見てから、触診しました。      (画像は2013年のものです)「ここ腫れていますけど、いつからですか?」と聞かれ(画像のやじるしのあたりです)母は「内出血に気を取られ、全く気付いていませんでした」と答えました。獣医師の説明によると、最悪がんかも知れないということだったので今できる [続きを読む]
  • 内出血 その①
  • 今年のお正月三が日が過ぎたころだったと記憶しています。ティナの内股に100円玉ほどの大きさの内出血を見つけました。去年の夏ころから皮膚の状態が悪く、掻いたのか舐めたのかな?と思って獣医さんで頂いた塗り薬を塗りました。3日もするときれいに消えていたので、さほど気にも留めませんでした。いつも通り元気に散歩に行き、食欲も変わりませんでした。ところが1月21日の夕方、散歩から帰って足を洗って拭こうと思って抱き上 [続きを読む]
  • 相変わらずかわゆす?
  • 久々の更新です…↑このフレーズ、何度使ったことでしょう いそいそと散歩に出かけるティナさん 動画、初めてアップしましたが、うまく見れるでしょうか?相変わらず元気ですと言いたいのですが…実は2月に大きな手術を受けました。病名は「由来不明肉腫」で断脚手術を受けました。「断脚」ということは、右後ろ足を切断したのです。なので動画は「3本足」のティナです。とても3本足とは思えない身のこなしでしょ さすが我が子やね [続きを読む]
  • 里親さま募集  終了しました
  •           里親さま決定!  ご協力ありがとうございました            性別: 柴系ミックス・女の子体重:5.4kg毛色:柴犬のような毛色と毛並(中毛で少し硬め)性格:穏やかで無駄吠えもなく、甘えん坊な可愛い子です。詳しくはこちらをご覧下さい! [続きを読む]