清水しゅーまい さん プロフィール

  •  
清水しゅーまいさん: 大河・映画・裁判・酒・猫“幸あれ”清水しゅーまい
ハンドル名清水しゅーまい さん
ブログタイトル大河・映画・裁判・酒・猫“幸あれ”清水しゅーまい
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/stakamatsus
サイト紹介文猫愛好家のフリーなライター清水しゅーまいのブログです「大河ドラマ」「猫」「映画」「裁判傍聴」「酒」等
自由文猫愛好家のフリーなライター清水しゅーまいのブログです
「大河ドラマ」「猫」「映画」「裁判傍聴」「酒」等について書いてます〜

一見さんも大歓迎…!
過去記事へのコメントもどんどんどーぞ(^ ^♪
みなさまに幸あれ! 私にそのおすそ分けあれ!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供160回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2010/03/23 01:10

清水しゅーまい さんのブログ記事

  • 「直虎」三方ヶ原/織田→武田についた女城主!
  • 大河ドラマ『おんな城主 直虎』 第37回「武田が来たりて火を放つ」作:森下佳子【三方ヶ原の合戦】 時は元亀3(1572)年、井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年38歳ぐらい。直虎(おとわ)は井伊家再興をあきらめ、井伊谷(いいのや)はすっかり近藤康用(やすもち/橋本じゅん)のものになってしまいました。おとわは龍雲丸(柳楽優弥)とともに農民生活です。 同年10月、武田の2万を超える大軍勢が動き出しました…! 駿河・信濃の二方面から [続きを読む]
  • 【猫】先生が病気になった…復帰未定
  •  医者の不養生…なんてぇ言葉がありますが…。この夏、動物病院に行った時の写真です。ドラがおしりにワクチンを打ってもらっています。猫が気づかないうちにサッと注射してくれるんですよ。 ニャープル(Nya〜puru)は爪を切ってもらいました。手際よく手足の爪を処理してくれます。 別の日に姉猫タンタンを連れていったところ、病院に貼り紙が…都合によりしばらく休診します、再開は未定です…とかって。ここの先生は休日無しで [続きを読む]
  • 「直虎」倒産状態/長篠の年、氏真も激動!大手柄
  • 大河ドラマ『おんな城主 直虎』 第36回「井伊家最後の日」作:森下佳子【御家消滅〜なんと帰農?!】 時は永禄12(1569)年、井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年35歳ぐらい。徳川家では井伊の処遇を巡ってちょっとしたケンカに。瀬名姫(築山殿/菜々緒)が酒井忠次(みのすけ)と衝突。これは、後々の松平信康謀反騒動の布石かな…? 井伊家再興をテーマに直虎は迷いに迷っております。虎松(後の井伊直政/寺田心)の行き先や家臣団・一族郎党 [続きを読む]
  • 【猫】鏡に映る猫、動きが違うぞ!?
  •  鏡に映る猫。ドラは自分だと分かっているのかどうか、じっと見詰めていました。 鏡を怪しみ、違う鏡も調べております。 こっちを向いたドラ。あれ、鏡のドラと動きが違いますよ…!……おやおや、よく見たら、鏡の裏に隠れていた姉猫タンタンでした(=^▽^=) 【おまけ】テーブルの上で寝転がるニャープル(Nya〜puru)。表面にうっすら反射して、鏡のように映っています。ニャープルはなんも気づかずにゴロゴロしてました(^ ^ゞ [続きを読む]
  • 「直虎」口移し!/掛川を出た氏真、武田と合戦!
  • 大河ドラマ『おんな城主 直虎』 第35回「蘇えりし者たち」作:森下佳子【口移しで蘇える】 時は永禄12(1569)年、井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年35歳ぐらい。 直虎らが合戦後の気賀の堀川城へと行くと、一面のしかばねの山です。そこから龍雲丸(柳楽優弥)を見つけ出しました。まだ息をしているようです!薬を飲ませようとしても飲みません。直虎が口移しで薬を…! 大河ドラマでキスシーンは非常に珍しいです。たしか『真田丸』で [続きを読む]
  • 【猫】癒しの救援物資(想定)
  •  なんらかの災害が勃発すると姉猫タンタンは物置に避難します。物置に潜(ひそ)むタンタン。 災害が一段落したらタンタンは出動準備に入ります。段ボール箱に入るタンタン。 上から見るとこんなふうです。けっこうコンパクト。ただし、重さが7kgほどもあります。タンタン、出動…! 災害避難所到着想定。「癒し猫、1丁、お待ち!みっちり入ってるよ!」 こうしてタンタンは癒し活動に入る…という自治体の想定です。(※無許可 [続きを読む]
  • 三成熱演!映画「関ヶ原」原田監督作はもうこりた!
  •  戦国ファン待望の映画『関ヶ原』を見てきましたよ!石田三成(岡田准一)がかっこいい…! 戦国の息吹きを伝える大作です。一方で、原田眞人監督作には、太平洋(大東亜)戦争の終戦を描いた『日本のいちばん長い日』に続き映画館で体力消耗させられ、もうこりごりという感じ(笑)。 原作:司馬遼太郎『関ヶ原』脚本・監督:原田眞人音楽:富貴晴美【登場人物:キャスト】石田三成:岡田准一島左近:平岳大大谷刑部:大場泰正直江兼 [続きを読む]
  • 「直虎」ひど過ぎる龍雲丸死/落ちなかった掛川城!
  • 大河ドラマ『おんな城主 直虎』 第34回「隠し港の龍雲丸」作:森下佳子【ひど過ぎる龍雲丸の死(?)】 時は永禄12(1569)年、井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年35歳ぐらい。 自ら小野但馬守 政次(高橋一生)を刺し殺した直虎は、心を病んでしまいました…!政次が戻ってくると思い、一人で囲碁を打ち続けています。心配する南渓和尚(小林薫)たち。傑山(市原隼人)「道に迷うた者に、どこにおるか声を上げよと言うても無理な話であろう。 [続きを読む]
  • 「猫の開き」は足マットの代わりにならない要注意!
  •  ニャープル(Nya〜puru)が玄関の足マットの上でくつろいでいます。夏でもわりと定位置の一つです。 真上から見ると、こうなります。ニャープルが足マットの模様のようです。 玄関のドアから入ってゆくとこんなふうに寝そべっているので、要注意なのです。 あっ、ニャープルが「猫の開き」になりましたよ! フローリングの上で見事な「開き」っぷりを見せてくれました。 しばらく「開き」になっているうちに呆然となり、敷き物のよ [続きを読む]
  • 永遠のモラトリアム!アニメ映画「打ち上げ花火…」
  •  アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか?』を見てきました…!前の席から見ましたよ。町の名前が茂下(もしも)という場所で、その通り、ドラえもんの「もしもボックス」みたいなお話でした。 原作:岩井俊二(『Love Letter』『リップヴァンウィンクルの花嫁』)脚本:大根仁(『モテキ』『バクマン。』)監督:武内宣之総監督:新房昭之(『化物語』『魔法少女まどか☆マギカ』)企画・プロデュース:川村元気音楽:神 [続きを読む]
  • 「直虎」処刑台の露/今川対徳川で一族合戦に…!
  • 大河ドラマ『おんな城主 直虎』 第33回「嫌われ政次の一生」作:森下佳子【汚名をすすがずあえて処刑台の露と消える】 時は激動の永禄11(1568)年(信長上洛の年!)、井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年34歳ぐらい。 徳川家康(阿部サダヲ)に味方する約束で非戦開城した小野但馬守 政次(高橋一生)。ところが、味方のはずのいわゆる「井伊谷(いいのや)三人衆」の一人、近藤康用(やすもち/橋本じゅん)が仕掛けてきました! 素早く弓を射 [続きを読む]
  • 【猫】ゆっくり登るか、一気に飛ぶか…!
  •  姉猫タンタンがキャット タワーを登っています。 ゆっくり、着実に登ってゆきますよ。 ゴールにピョンとたどり着きました。 天袋におさまって満足気なタンタン。 今度は弟猫ドラの場合です。なにやら、天袋の高さを確かめているようですよ。 おっ、まさか、飛ぶの!? 中段に空中着地し…! さらに壁をキック…! その勢いで天袋に到達しました!! ドラも充実した表情をしていましたよ。室内でもたまに野性味を見せるドラでした [続きを読む]
  • 「直虎」夏の中間評!/氏真脱出、掛川は準備OK!
  • 大河ドラマ『おんな城主 直虎』 第32回「復活の火」作:森下佳子【今年の大河中間評!】 時は激動の永禄11(1568)年(信長上洛の年!)、井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年34歳ぐらい。今回の戦国地図。長篠合戦の長篠城や、菅沼定盈(すがぬま・さだみつ)の野田城も書き込まれています。引間は、もうすぐ浜松に改称されます。 【ドラマ直虎の何がいい? 夏の中間評価!】 今回はいつもと違い、夏の中間評としてこのドラマのいいポイ [続きを読む]
  • 【猫】長いシッポの猫は短いシッポの猫の枕になるか
  •  玄関で虎猫ドラと白黒猫ニャープル(Nya〜puru)が寝転がって涼んでいます。 独立した立派な雄猫として、一定の距離を保ちそれぞれしっかり起きています。 この時も、まだ一線が保たれていました。が…… 次の瞬間、ニャープルはコックリ、そのままグー。ドラはシッポに乗っかられて憮然とした表情です。 ニャープル、ドラのシッポを枕に眠ってしまいました。ニャープル「ドラのシッポは気持ちいいなぁ〜」 シッポの短いニャープ [続きを読む]
  • 東京地酒、全10蔵の酒飲み比べ!きき酒自販機
  •  死にたいくらいに憧れた花の都・大東京には、意外とまだ酒蔵があります。現在、全10蔵の日本酒の蔵が稼働しています。水源がきれいであれば、酒はつくれるのです。それにしても、東京で暮らしていても、めったに見ない銘柄も少なくありません。そんな不満を解消してくれるスポットが、ここ…! JR両国駅の西口すぐの場所にある和食屋街「両国 江戸NOREN」です。その中に、東京地酒がそろった酒屋「東京商店」があります。 [続きを読む]
  • 「直虎」井伊家消滅…!/哀れ薩埵峠の今川の陣
  • 大河ドラマ『おんな城主 直虎』 第31回「虎松の首」作:森下佳子【井伊家消滅…!】 時は激動の永禄11(1568)年(信長上洛の年!)、井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年34歳ぐらい。 “俺を信じろ。信じろ、おとわ” 何か秘策があるのか、直虎に刀の切っ先を向ける鶴こと小野但馬守 政次(高橋一生)。続けて、今度は回りにも聞こえるようにして、直虎に言いました。「(農民達の前で)仰せられよ、井伊は徳政令を受け容れ、この土地を手放 [続きを読む]
  • 【江戸両国】花魁(おいらん)に出会ったでありんす
  •  きれいなお姉さんが舞い踊ります。 ここはJR両国駅の西口すぐの場所にある和食屋街「両国 江戸NOREN」です。写真に向かって右側が駅の改札、真ん中が江戸NORENの入り口。 中に入ると、相撲の土俵がありました。そして、土俵の向こう側を見ると、なんと奇遇なことに、花魁(おいらん)道中が…!飲食店街を練り歩き、ひやかしてました。 我々の目当て、東京地酒がそろった酒屋「東京商店」から出て来る花魁道中。「飲み [続きを読む]
  • 「直虎」俺を信じろ/秀吉を助け滅亡乗り越えた松下
  • 大河ドラマ『おんな城主 直虎』 第30回「潰されざる者」作:森下佳子【井伊家消滅への道か…!?】 時は激動の永禄11(1568)年(信長上洛の年!)、井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年34歳ぐらい。 直虎家臣で銭の犬・瀬戸方久(ほうきゅう/ムロツヨシ)は、今川館で商いの話や接客している最中、不意に今川氏真(尾上松也)に呼び出されました。一室に案内された方久。待ち構えていた氏真は、「井伊家を取り潰す」と言い放ちました!氏真は [続きを読む]
  • 【猫の格闘術】ヘッドロックからの猫キック連打…!
  •  かわいいだけが猫じゃない…!秘めたる野性味も魅力です。時には激しく闘います。その様子を捉えました。 まずは弟猫ドラ(左)と姉猫タンタン(右)のくつろいでいるところ。 さて、小競(こぜ)り合いが始まりました。立ち姿のドラに対して、寝転がっているタンタン。 ドラがつかみかかりました!タンタンはあくまで寝転がったまま応戦です。立っているほうが有利にも思えますが、猫の格闘ではしばしば寝転がっているほうにアドヴァ [続きを読む]
  • 大人にじわじわ来る映画「カーズ クロスロード」
  •  勝つことがすべてではない、他にも大切な何かがある…ディズニー/ピクサーが一見アメリカらしからぬ熱く深いメッセージを籠めて毎回見応えを感じさせてくれるアニメ映画『カーズ』シリーズの第3弾、『カーズ クロスロード』(吹替版)を見てきました…! 前作を知らなくても楽しめる内容でしたよ! 脚本:ボブ・ピーターソン監督:ブライアン・フィー(今作で監督デビュー)製作:ケヴィン・レハー製作総指揮:ジョン・ラセター吹 [続きを読む]
  • 「直虎」井伊&松下幸運カップル/秀吉の就活と松下
  • 大河ドラマ『おんな城主 直虎』 第29回「女たちの挽歌」作:森下佳子【涙の笛の音 井伊直親の未亡人「しの」、再婚へ…】 時は激動の永禄11(1568)年(信長上洛の年!)、井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年34歳ぐらい。 3月、今川氏真(尾上松也)の祖母・寿桂尼(浅丘ルリ子)が、ついに死去。。 そんな頃、徳川の情報収集者・松下常慶(和田正人)がやって来ました。前回直虎が言い出した「武田包囲網」を作って、戦を避ける策について… [続きを読む]
  • 【猫】ねこを枕に眠るねこ
  •  白黒猫ニャープル(Nya〜puru)がアクビしています。ニャープル「ふぁ〜、猫はどうしてこんなに眠いんだろう?」 ニャープル「ふが、ふが…。これは枕にちょうどいい」 虎猫ドラの足に顔をうずめてしまいました。ドラ「くすぐったい、よそで寝ておくれ」  ニャープルは聞く耳をもたずそのまま睡眠。。。 ドラ「重いぞっ。そりゃ!」 ドラは耐えられずにシッポで振り払いました。 ニャープル「ふにゃ…? むにゃむにゃ…」 ニャ [続きを読む]