totomoni さん プロフィール

  •  
totomoniさん: totomoni blog
ハンドル名totomoni さん
ブログタイトルtotomoni blog
ブログURLhttp://totomoni.exblog.jp/
サイト紹介文自然素材(漆喰・無垢材)に特化した家づくりの設計事務所の日常風景。外張断熱・木造在来が得意です。
自由文自然素材(無垢材や漆喰など)、外張断熱、木造(在来工法・伝統工法)に特化した設計事務所です。RC造、店舗設計等も行います。
豊かに住まうを探求する設計士と、自然素材の施工と扱いにこだわった現場監督が集まって、「自分たちが本当に住みたい家」を求めて設立した会社です。
愛着を持っていつまでも一緒に成長してく、そんな場所、モノを、模索しつづけます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2010/03/24 14:02

totomoni さんのブログ記事

  • アウトドアな仕事
  • 外に出かけるには良い季節になりました。そんな時はアウトドア仕事!気持ちがいい朝日のなかで打合せ  テーブルが神々しく輝いております!きっと良い仕事になるでしょう!竹を植えたりもします。  トトモニは 「自然とともに」  のトトモニでもあるわけで・・・  なぜ竹を植えたかはこの後のブログで [続きを読む]
  • 完成しますよー!!
  • 板橋の家、完成しますよー。ってことで見学会を企画しましたが・・・あらら??? あんまり反応がないー??GWあけで忙しかったり、出歩かずにゆっくりしたかったり?季節の変わり目でカゼひいてたり・・・??? だいじょうぶ?都内で駅近く、住宅密集地でも明るく過ごせるように と工夫した3階建。見てみようかなって思う方は今からでもご連絡くださいね。現場はアプローチを施工中。トトモニ得意の洗い出し。隣地の緑が迎え [続きを読む]
  • 新しい試み
  • 皆様こんにちは、真夏のような日差しと向き合ってます、諸橋です。大田区築50年以上の戸建てリフォームもいよいよ終盤を迎えてきました。大工さん作業が終了し塗装や左官など仕上げ工事の準備が行われています!ニッチ棚を造作 天井は一部下げて板張りにしました段差の奥には間接照明を仕込む予定です光を通す予定の飾り棚ガラスが付き左官で塗られるとはたしてどうなるのか、、以前より高く取り付けた窓出窓造作も行い、仕上げ [続きを読む]
  • 引越し後の訪問
  • 皆様こんにちは諸橋です。先日、お引き渡しした家に手すりを取付に行って参りました。こんな感じの仕上がりになりましたタモ無垢材の手すり棒今回は手すり棒を受けるブラケットも木製無垢オリジナルです拡大しますとこんな感じ背景の漆喰にもよく馴染んでますねイエイ!!生活された後に訪問させていただくのはいつも楽しみです!ごちそうさまでした! [続きを読む]
  • リフォーム造作
  • そろそろ雨が多くなってきそうな季節ですね、諸橋です。大田区リフォーム工事、下地工事から進み徐々に楽しみな造作工事へと移ってきました。廊下だった場所、壁位置を変えて飾り棚をつくりますお次は窓造作栂無垢材を使って大工さんが見えない加工を材に施してます下台が取り付きました続いては上段今回の出窓は2段式ですちょいと一休みです完成した造作、大工さんは人知れず余韻にひたっている時もあります。と、窓の外では雨戸 [続きを読む]
  • 肌で感じるだけでいいの?
  • 家づくりを考える上で、プランや住宅性能(温熱環境等)と同じくらい大切な「素材」の選定。気持ちの良い「無垢」や「漆喰」の最近の様子を「性能」の面でもちょっと目で見てみましょう。朝露がみられる最近の鎌倉。暖かくなってきて、朝方は湿度も高いようです。まずは無垢の様子から。冬(左)と現在(右)おなじみの無垢の床が呼吸している様子です。冬の間、我が家では薪ストーブ近くの無垢の木は乾燥が激しく、2〜3mm隙間が [続きを読む]
  • はじまります!
  • 阿見町の現場、地鎮祭が執り行われました。初めて見学会でお会いしてから2年、設計に1年かけて、じっくりじっくり練った家。途中でご家族も増えて、あとは実際に家を建てるのみ、となりました!感慨深いですねー。お姉ちゃんになった上の子も、鍬入れと玉串奉奠、一緒にやってくれました。地鎮祭のあとは外壁の色合などの最終確認。サンプルを屋外で合わせてみます。工事が順調に進みますように♪ 進捗ぜひ楽しんでくださいね! [続きを読む]
  • 大田区リフォーム(築50年)
  • こんにちは諸橋です。本日は大田区リフォームの進捗報告です現場は解体工事を完了し、下地工事が行われています。床下地からスタートです屋根と壁との間を覗いてみると、結構隙間が、、、現場発泡の断熱材にて中から埋めていきます。断熱ができると同時に小動物たちの不用意な侵入も防げます。新しい窓を取り付ける前の写真です、 今回は出窓スタイルで。明るさや温熱環境も改善です!古い梁を利用し、強度もでるものにしました。 [続きを読む]
  • ふくらはぎが痛い現場
  • おはようございます。棟上げ後の様子です。キレイさ大事です。タルキの上に外張り断熱のボードを敷いていきます。少しうろうろしただけなのにふくらはぎが痛いです。この勾配です。使ってない足の筋肉が痛みました。断熱材を敷いていきます。私はもう平らな梁の上に逃げました。大工さんも毎日勾配の屋根に乗っている訳ではないのでかなり大変な急勾配の屋根工事慎重に進めてもらいました。次の日には外張り断熱の外を通気させる胴 [続きを読む]
  • 順番に仕上げ中
  • こんばんは。もうキレイに外壁が仕上がりました。ちらみせ。内部では大工さんが最後の追い込み中。2階ではキッチン屋さんの下見をしてもらいました。寸法通りに付くのか、とか、水道の位置は良いか。など。数日後キッチンが付きました。当日はたくさんの大きな段ボールと天板と搬入に四苦八苦していました。階段から2階に上げるのも段ボールのままだと入らないと判断した職人さん。梱包を開けてひとつずつゆっくり運び込みました [続きを読む]
  • 50年以上の歴史
  • 気候もよく職人さん達も張り切ってくる季節、築50年以上の住宅リフォームが東京大田区で始まりました。こんばんは諸橋です。長年過ごされた和室、2階ということもありロケーションもなかなかよさそうです今回は主に2階の二部屋とレストルームのリフォームです。これはなかなか歴史を感じる小屋裏ですね〜壁の解体、やはり断熱材はいっさい入ってませんね。でました土壁自然素材だけでつくられたもの今回の解体物にはほとんど新 [続きを読む]
  • 完成見学会のお知らせ@板橋
  • 3年前に完成した板橋の「アオダモの家」 →アオダモの家そこの長男(当時保育園児)が営業してくれて 同級生の家をトトモニで建てる事になりました。 天性の営業マンって いるんだなあと感心しました。凄く社交上手。内定だしますので 十数年後の入社 待ってます!なかなかの住宅密集地での建て替え計画です。こちらの2階建ての家を建て替えます。2階窓からは南のビルが見えました。「回りが大きい建物になっちゃって 日が [続きを読む]
  • 上棟
  • いよいよ上棟です。当日は晴れ 途中で少し雨が降りましたが作業に支障なく進められました。私も前日に構造材の搬入を手伝いましたが体がバキバキになり 日頃の運動不足を痛感しました。順調に進み無事に上棟飾りが付きました!上棟式では 住まい手からつくり手へ労いの言葉を頂きました。世間では上棟式をやらなくなっているようですが つくり手と住まい手の関係性を大切にしているトトモニでは上棟式をおこない 住まい手とつく [続きを読む]
  • カネが悪い!って言われると。
  • こんばんは。現場は大工さんが造作工事中です。外部はモルタル左官中。大工さんがカネが悪いんだよ!と。カネか。カネだよね。もちろん直角のカネです。「矩」90度。大工さんが27番の造作材(基本無垢の材料を加工屋さんに製材してもらってます)に指矩(サシガネ)をあてて隙間をチェック。確かに良くない。光が三角にこぼれています。すぐに工場へ連絡しましたが大工さんが現場で削ってなおす事で作業再開になりました。既製品 [続きを読む]
  • 下地の下地が進んでいます
  • こんにちは。下地の下地ってなんでしょう。下地の下地がキレイでないと下地の上の仕上げにも影響します。室内は天井ボードが張られてきました。壁の分のボードも山になっています。天井は漆喰やクロスで仕上げます。漆喰は仕上げの下地塗りがあるのでその下地はボード。そうすると漆喰の下地の下地って事になりますかね。外部は防水紙の上にラスアミが施工されています。これも外壁の仕上げ材の下のモルタルの下地。下地の下地って [続きを読む]
  • 下地が大切です
  • 暖かいので作業がしやすくなってきました。床板を張ってます。トイレはメーカーで出している大判タイル(みたいなもの)なので大工さん作業はここまで。床板はキズ付けられる前にすぐに養生するので仕上がりを眺められるのは大工さんだけ。上を見上げればボード張る下地の野縁の木が施工され、所々に幅のある木があります。これは照明用下地です。こっちは四角い物。これは換気扇用です。下地がいっぱいです。木村 [続きを読む]
  • 流し込み
  • 朝からコンクリート打設しました。コンクリートは立ち上がり枠の上から流し込みます。流し込む人とバイブレーターで振動をあたえ隙間無くする人。手前の手だけ見えてるのは天端をならしている人。です。順番に進めると水平面の耐圧にあふれるようになりますが、絶妙な堅さのためこうなります。最後に耐圧部分もコンクリートを流し込みます。トンボで少しコンクリートを揺らしながら平らにしながら。ぷおんぷおん。という感じでしょ [続きを読む]
  • 風呂・床暖・電気と
  • お風呂は後で入れるのは大変なので、早々にお風呂設置します。壁パネルを施工中。組あがるとたいしたこと無いように思いますが、職人の腕も良いのと製品が良く出来てる。もう少しで仕上がるようです。1日で組立完成します。電気屋さんは配管や配線をモコが邪魔な所はほじり取って施工。ほじり取りすぎた所は手持ちの断熱フォームでモコモコします。1階では床暖房の施工。高温では無く低温で十分暖かい床暖房。温水(不凍液入り) [続きを読む]
  • モコモコといってもオリー○ではなく
  • 現場ブログ書くのがすっかりご無沙汰になってしまいました。作業は着々と進んでいるのでせっかくなのでさかのぼって書きます。外廻りのベニヤが張られると中では断熱吹き付ける準備今日は大工さんは休み静かな現場。そこに断熱やさん登場まずは養生します。吹き付け断熱なので必要ない所に付かないようにビニールやテープを使います。屋根から吹き付けはじまりました。左はじっこ白いモコモコ見えます?吹いている姿を取りたかった [続きを読む]
  • 地墨と鉄筋
  • 鉄筋工事が進みました。斜めが多いいので通りも途中で曲がります。縦と横配筋がキレイに並んでます。次の日には検査も受けました。合格です。キレイに施工していると検査もわかりやすく良いことづくし。アンカーも付きました。ステコンクリートの上に印した墨をみて位置の再確認もチョコチョコします。枠の中にカメラを入れてパシャリ。なんかかっこいい。木村 [続きを読む]
  • やり方は無し
  • 少し暖かさを感じてきました。シャツが1枚減りました。春になりつつありますね。でも今日は寒いですがね。上棟に向けて現場は進んでいます。まずは、やり方を・・・。今回はやり方無しで進めます。なぜならやり方をするスペースがない。という事で簡易的な通りを見て掘る。掘る。掘る。後日ステコンをしました。ステコンは平らに。やり方が無いので基礎の位置をまずはステコンに書きます。通りが決まればそこに枠様の金物を並べて [続きを読む]
  • まずは現場から
  • こんにちは諸橋です。湯河原の家を無事お引き渡し完了し、そしてまたいろんな事が動き出します。「興味ある中古物件があり、ぜひトトモニさんに見て頂きたいのですが、、」「何よりまず拝見しましょう!」という事で、設計士と現場監督にて訪問させて頂きました。趣きのある平屋住宅です。サツキとメイの家を思い起こさせます。家の鴨居がが低すぎるのではありません、平均身長を大きく超えてしまった設計士だからです漆喰の色が独 [続きを読む]
  • 味噌づくり
  • 今年もトトモニ恒例味噌づくり♪今年は大豆8.5キロ。前日に18時間大豆を水に漬けるところからスタート!当日は圧力鍋3台を駆使して、大豆をひたすら煮ていきます。煮あがった大豆は袋に入れてつぶします。今年はALL手つぶしだね。3歳児だってやれるさー。そうこうしてるうちに人が集まってきました♪つぶした大豆と塩と麹をまぜる力仕事もみんなで。去年仕込んだ味噌でお昼の豚汁をつくる父と、見守っているであろう娘。出来上がっ [続きを読む]
  • ・・・と ともに
  • 住まいて とともに   つくりて とともに先日、お引き渡しした家で「つくりて会」を行いました。日々積み重ねた技術や思いを共有しよりよい家づくりに生かせればそれはそれはすばらしいものになるはずです。引っ越しした家を落ち着いて見る機会はそうはありません。Oさん、本当に良い機会をつくってくださりありがとうございます!(うちでもぜひやって!なんて思ったお客様も常時募集中でございます!)はりきってます見学会 [続きを読む]
  • 仕上げは住まい手の手によって…
  • 今回の玄関アプローチは、住まい手プロデュース!住まい手がこんな感じにしたいな、と思い描いていた石敷を、材料の石の準備、サイズや色の分別、現場への搬入もすべて住まい手が行って、住まい手みずから施工に参加する! という試みなのです。まずは左官屋さんが土間にモルタルを塗り付けて…そこに石を置いて行きます。石はたくさんの黒い石のなかでも選りすぐりのキレイな黒をここに。大きな石の間に細かな石。石の表情をみつ [続きを読む]