京 さん プロフィール

  •  
京さん: ポクのいる暮らし
ハンドル名京 さん
ブログタイトルポクのいる暮らし
ブログURLhttps://ameblo.jp/ogatty385/
サイト紹介文1歳のポクと10歳年上の夫との日々の暮らしを綴ります。
自由文夫は一年間の「男性の育児休暇」を取得します。働くお母さんの私は、そんな夫を見守っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/03/24 15:37

京 さんのブログ記事

  • 四カ月になりました!
  • 長女ちゃん、四カ月になりました。抱っこ魔です!!ベビーベッドに置くと、「あー!あー!」と抱っこしろアピールがすごいです。これ、上三人の誰かも同じだったような・・・。あ・・・次男だ! 次男は甘えん坊で甘えん坊で、ずっと抱っこで、しかも一歳半くらいからはエルゴ拒否で、重くて重くて大変でした。またあの大変な日々が来るのか?! いやいや・・・前向きに考えよう。抱っこ抱っこだった次男くんは優しいお兄ちゃんに [続きを読む]
  • もしかして女の子?と思ったこと、追加
  • 妊娠中の話です。 もしかして女の子?と思ったこと・・・それは、小さい女の子を連れているママを見ても、うらやましくなくなったこと。 不思議でしたが、長女ちゃんを妊娠して以来、それまで「いいなあ〜」と憧れの目で見ていた女の子とそのママを見ても、全く羨望を感じなくなったのです。 女の子可愛いな〜。いいなあ、娘〜。という「羨ましい」感情から育てられたら嬉しいけど、女の子も大変だろうな。に移行。 手に入らない [続きを読む]
  • 妊娠中「もしかして女の子?」と思ったこと
  • 話が前後しますが、備忘録として。 四人目を妊娠中、病院で性別は聞かなかったのですが、いくつか「もしかして女の子?」と思ったことがあるので書いておきます。 ① 妊娠検査薬の反応が遅かった。 次男も三男も、生理予定日当日にDAVIDの早期検査薬でくっきり陽性だったのですが、長女は予定日当日でもうっすらでした。化学的流産?、と思って期待してなかったのですが、予定日二日過ぎた頃からだんだん濃くなっていきました。 [続きを読む]
  • 子どもを育てるのに必要なお金に今更驚く
  • 高すぎる学費ばかりに目が奪われていましたが、子ども一人を育て上げるのに必要な養育費(食費・医療費・衣服代・保育園料などなどをトータルで)を含めると、大学卒業までに一人当たり三千万弱もかかるらしいですね。しかも全部国公立に行った場合って・・・。ええ〜! さ、さ、さんぜんまん?!いや〜、そこまでだとは!うち、四人もいるんですけど・・・・! まあ、二人目以降に同じ金額がかかるわけでもないとは思いますが、 [続きを読む]
  • 産後の体重
  • 長女を出産して三ヶ月半があっという間に過ぎました。8キロほど増えた私の体重、出産数日後には3キロしか減ってませんでした。多分直後にはもっと減ってたんでしょうけど、出血多量で動けなくて、体重が測れなかったもので。数日経つと増えるんですよねー。助産院のご飯美味し過ぎで、多いんです。基本和食でヘルシーではありますが。産むまでは体重にうるさいけど、産んだらご褒美なんでしょうか(笑) 産後一ヶ月でも、5キロ [続きを読む]
  • 新学期の長男
  • 長かった夏休み、やっと終わりました〜!!あー、ほんと長かった。毎日お昼ごはん作るのめんどかった〜! 夏休みが終わって初の月曜日、我が家の長男はまあまあ張り切って学校に向かったので、夫と二人で「いい感じだね!」と喜んでいたのですが・・・・。 今日いるはずの教科書、三冊も忘れて行きました。 三時間、どうするつもりなんだろ。まったくもー! 学校までは近いので、届けられなくもないですが、ここは心を鬼にして届 [続きを読む]
  • 助産院での出産を勧めたい、けど・・・②
  • 助産院をなかなかオススメできない理由の一つは、無事に出産できるまで、結構大変だということです。 私がお世話になった助産院で出産するためには、提携している病院の検診で「お墨付き」をもらわなくてはなりません。五回の病院検診はいつもドキドキ。 私は二人目以降、三回の妊娠中の検診は何とかクリアすることができましたが、単に運が良かっただけでした。中には一回目の病院検診で助産院での出産を諦めざるを得ない人もい [続きを読む]
  • 助産院での出産を勧めたい、けど・・・①
  • 私が助産院での出産を選んだ最大の理由は、分娩台に乗らない、完全フリースタイルの出産ができたからです。 分娩台を使わない、フリースタイルの出産をした話をすると、「フリースタイルっていってもどんな体勢が楽なのか素人には分からない」と言われることも。確かにそうですね。 私が次男・三男・長女を産んだ体勢は、子宮口全開になったくらいの時から四つ這いで夫にしがみつき、いよいよ赤ちゃんが誕生する瞬間には私の肩を [続きを読む]
  • 長男に聞いてみた
  • 夏休み、ヒマヒマな小三長男。お口が達者で、ヒマさえあれば質問ばっかりしてきます。三歳の頃から「なんで?なんで?」期が始まり、一向に終わる気配のない彼・・・。どうなってんの?!年齢が上がるにつれ、すぐには答えられない質問が増えてきて、相手をするのは正直、メンドイ・・・。(ごめんね!) そんな長男に、どうせなら私が聞きたいことを聞いてみました。「ねえねえ、四人目女の子で良かったね〜!って色んな人に言わ [続きを読む]
  • 最初の三ヶ月
  • 長女、明日で三ヶ月になります。おしゃべりが上手で、目を合わせて話しかけていると「あーうー」と話してくれます。可愛い!可愛いったらありゃしない!! 夫は「よく声が出てるなあ。キミと同じくらいおしゃべりになるんじゃないか・・・?」と怯えています。(笑)娘が気の合う仲間になってくれたら嬉しいな〜♪ 三ヶ月近くなったこの数日、夜よく眠ってくれるようになり、抱っこしていなくてもご機嫌でいられる時間が増えてき [続きを読む]
  • 男の子と女の子の違い?
  • 長女が生まれて早三ヶ月が過ぎようとしています。上三人が男の子ということもあり、「やっぱり女の子は違う?」とよく聞かれます。 それについての私の答えは「あんまり違わない」なのです。だって、見た目も手のかかり方も、モロー反射も、上三人とあんまり変わらない。女の子だから大人しくて手がかからない、なんてことはないです、うちの長女ちゃん。兄たちと比べて多少泣き声が小さいかなあ?と思うことはありますが。 そん [続きを読む]
  • 立会い出産あれこれ
  • 今回の出産のこぼれ話覚え書き。 <夫の涙の理由> 娘が生まれた時に夫が泣いていたので、「ついに娘が生まれて嬉しいのかな?!でも彼は特に娘を欲しがってはいなかったけど・・・???」と不思議でした。 出産から三週間後くらいに何気なく理由を聞いてみると、意外な答えが。「君の夢が叶ったから嬉しかったんだよ」とのこと!私がずっと女の子を欲しがっていたので、夢が叶って良かったねえ〜!と感激してたんだって。 確か [続きを読む]
  • 喜びから一転、不安な一夜
  • 無事に三兄弟も立ち会えたし、四人目は思いがけず女の子だったし、夢みたい!!最高の気分〜!なんて、出産直後は浮かれていました。 ヘソの緒は次男と夫が切ってくれ、(次男の時は夫が切り、三男の時には私自身が切ってます)補助役の助産師さんに抱かれて、計測などをするために少し離れた娘。あまり泣いてないね〜。あ、ちょっと目を開けた!なんて夫と笑いあっていました。 その間も助産師さんは胎盤の処置などをやってくれ [続きを読む]
  • 三兄弟の立ち会い出産④<出産レポ②>
  • 出産の話の続きです。 少し話はそれますが、分娩台に乗らないお産はとても楽です。長男の時は個人病院の分娩台でのお産。最後は吸引分娩になったし、色々辛かった。次男の時からは、助産院でのフリースタイル分娩。あれっ、お産ってこんなに楽なんだ!って驚きました。 三男の時にはその楽だったというイメージばかりがあってちょっと失敗・・・。フリースタイルでも、陣痛は痛いってことを忘れていました。 今回は産む時の痛み自 [続きを読む]
  • 三兄弟の立会い出産③<出産レポ・長文>
  • 朝四時半くらいでした。一、二週間前から感じていた前駆陣痛より強めの痛みを感じました。間隔を計ると十五分おきくらい。 もしかして、もしかして?! (うちはみんな早起きです)五時半過ぎに起きてきた夫と子どもたち。その頃には陣痛だという確信があったので、すぐに助産院に電話して、行くことに。 早朝のドライブで子どもたちは興奮しています。でも・・・陣痛は思いの外弱め・・・?あれれ???四人目だし、スピード出産 [続きを読む]
  • 三兄弟の立会い出産②
  • 立会い出産についてあーでもないこーでもないと悩んでいた時、同じ助産院で出産する妊婦仲間と話をする機会がありました。その方の上の子どもたちは私の長男次男と同じ歳なので、立会いどうします〜?と聞いてみたところ、こんな返事が。 「絶対立会いはさせるつもり。上の子にとっては最高の命の授業になると思うから!」その一言で目が覚めました。 立会いは大変だけど、できたら感動だな〜というくらいにしか考えてなかったの [続きを読む]
  • 三兄弟の立ち会い出産①
  • 四人目ちゃんを妊娠中、一番気になっていたのは性別なんですが、もう一つすっごく悩んだことがありました。それは上三人の息子たちを出産に立ち合わせるかどうか、でした。 私は二人目からは助産院で出産していて、四人目でも同じ助産院を選びました。その助産院では私が望めば、誰でも立会いすることができます。上の子どもたちを立ち合わせる人が多数派なので、次男・三男の時には私も迷わず立会いを選びました。 でもねー。結 [続きを読む]
  • 性別を聞かなかった理由
  • 長文です。 お腹の赤ちゃんの性別を聞く人は、9割くらいと言われているそうです。実際、私も長男の時は迷わず聞きました。 縁があって、次男からは助産院で出産しました。性別は生まれるときに自分で確認する人が多いよ、と助産師さんに聞いていたので、それってステキ〜と思い、次男は性別を聞きませんでした。ドキドキしながらそっとお股を覗き込んだのを覚えています(笑)それで、あ、ついてる〜!ってちょっとガッカリした [続きを読む]
  • 産み分けのこと
  • うちは超が付くかもしれない男系家系です。私も三兄弟を産んでいますが、私のきょうだい(兄二人)も夫のきょうだい(弟一人)にももれなく三人以上の息子がいるのです。(四兄弟もいるので、三人以上!)私たち夫婦の兄弟も男兄弟のみだし、子どもたちもほとんど男の子。(姪がひとりだけいますが) なので、産み分けしなければ、四男くんは確実だろうな〜と思ってました。でも、夫は産み分けに気が進まないタイプなので、ガッツ [続きを読む]
  • 四人目のつわりと性別
  • 一人目より二人目、二人目より三人目とつわりの期間が長くなっていたので、四人目もビクビクしてたのですが、案の定、つわりの期間は最長でした(涙)上三人はつわりは長くても快適な期間があったのに、四人目は快適な期間なし(涙涙)産むまで気持ち悪かったです。 基本的には食べづわりだったけれど、つわりのピークの一ヶ月ほどは「よだれづわり」の症状が!唾液がたくさん出て飲み込めず、小さなペットボトルを持ち歩いて唾液 [続きを読む]
  • 上三人のつわりなど。
  • 上三兄弟のつわりについて、覚書。 長男を妊娠したのは二十八歳で、出産したのは、二十九歳のとき。どちらかといえば吐きづわりで、目が覚めている間はずっと気持ち悪い期間が一ヶ月ほど続きました。なんだこれは?!というくらい辛い一ヶ月だったけど、だんだんと良くなり、安定期にはすっかり元気に。好きな食べ物は、フライドポテトとか、たこ焼きだったかなー。ソース味が無性に食べたかった時期あり。安定期に入ってからは何 [続きを読む]
  • 四人目妊娠まで
  • 四人目が欲しい、と思うようになったのは、三男が二歳になる頃でした。三男があまりに可愛くて、これで赤ちゃんを育てるのが終わり、というのが寂しくなってしまったんです。 一般的に、子どもを四人持つ家庭は少ないですよね。でも、私たちは、たまたま周りに子どもが四人いる家が結構あり、そこまでハードルを高く感じていなかったのです。 あと、やっぱりできれば私は女の子が欲しかった。もちろん、授かりものですから、選べ [続きを読む]
  • 一年ぶりの更新。・・・色々ありました。
  • 一年ぶりの投稿です。いやー、色々あった一年でした。 この夏、三男の育休を終えて復帰する予定・・・だったのですが、今も休職してます。 と、いうのも、去年の秋に四人目を妊娠してしまったから!高齢出産と言われる年齢に突入したので、心配してたのですが無事に臨月を迎え、五月に出産することができました。あ〜良かった、良かった。とはいえ、何事もなかったわけではないので、備忘録を兼ねて、また出産レポ書きたいと思っ [続きを読む]
  • 善きことは・・・
  • 参院選終わりました。またブログもしばらくお休みですが、その前にひとこと。3分の2、やられてしまいました。マスメディアの力って、やっぱり大きいんだな。政治の話は知り合い程度のママ友とはなかなか出来ません。選挙が終わった翌日、支援センターに三男連れて遊びに行きました。改憲派で3分の2、怖いよね、ぐらい話せるかな、と思ってましたが、・・・話せない!!わたしの問題?いやいや、なかなか口に出せない空気、あ [続きを読む]
  • いよいよです!
  • ついに7月10日になりました。参院選の投票日。この日をどういう気持ちで迎えたかと言うと・・・。正直、もっと出来たことがあったんじゃないかな、と後悔の気持ちがあります。(選挙活動は昨日まで。今日は棄権防止の呼びかけしか出来ません)というのも、今回はすごく頑張ってるママたちが身近にたくさんいたので、どうしてもそれに比べて自分は・・・と思ってしまう??でも、仲間が増えたのはすごく、すごく嬉しい。わたし [続きを読む]