田舎おじさん さん プロフィール

  •  
田舎おじさんさん: 田舎おじさん札幌を見る!観る!視る!
ハンドル名田舎おじさん さん
ブログタイトル田舎おじさん札幌を見る!観る!視る!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/maruo5278
サイト紹介文田舎から札幌に移り住んで3年。田舎人の視点を失わずに、大都会札幌を見て!観て!視て!レポートします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供427回 / 365日(平均8.2回/週) - 参加 2010/03/26 15:58

田舎おじさん さんのブログ記事

  • ワンコインランチ紀行 9 手稲区役所食堂
  •  手稲区役所食堂名物(?)の「ザンタレ定食」はボリュームもあり、満足度の高い定食だった。メニュー全体もこれまで訪れた区役所食堂に比べ、安価な価格設定になっているように思えた。                  このワンコインランチ紀行では大学食堂にも足を伸ばしているのだが、まずは区役所食堂を先にレポートを終えたいとの思いがあり、順序を変えてレポートすることにする。 今日(25日)、西区のちえりあホー [続きを読む]
  • 音楽 de 健康に生きる
  •  「脱パンツ健康法」でおなじみの丸山淳士五輪橋産科婦人科小児科病院名誉理事長のお話が聴けるということで麻生まで自転車を駆って行ってみたのだが…。                               ※ 麻生の街中に建つ「覚王寺」です。HPから写真拝借しました。                              ※ 私のコンデジで写した「覚王寺」です。 4月21日(金)午後、麻生の覚王寺 [続きを読む]
  • ワンコインランチ紀行 8 白石区複合庁舎食堂
  •  昨年11月に新装なった白石区複合庁舎の最上階の6階にある白石区役所の食堂を訪れた。真新しい食堂は、白石区役所職員の食堂というよりは、白石区民の食堂のような観を呈していた。  白石複合庁舎を訪れた際の写真がPC内で行方不明になっていたのだが、ひょんなことから発見することができ、少し遅れてしまったが無事にレポートすることができホッとしている。 4月18日(火)、都心でちょっとした用件があったので、地下鉄 [続きを読む]
  • 春を探して野幌森林公園
  •  ミズバショウが、ザゼンソウが、エゾノリュウキンカが、小さな花をけなげに付けていた…。春まだ浅い野幌森林公園では、長い眠りからようやく目覚めた草花が春一番の花を咲かせていた。春本番はこれからである。            4月19日(木)午前、野幌森林公園で開催された観察会に参加した。この日は曇っていて、肌寒く、参加者もそれほど多くはなかった。 開会式で観察会を主催する「北海道ボランティアレンジャー [続きを読む]
  • 札幌麺紀行 119 らーめん きちりん 大通店
  •  やはりラーメンは専門店に限る。そう思わせてくれた「きちりん」の塩ラーメンだった。役所食堂が設定する価格では、専門店のようなスープを作ることは難しいということだろうか?                 麺紀行と直接関係はないのだが、このところワンコインランチ紀行はトラブル続きである。18日(火)には白石区役所食堂、19日(水)には札幌大学食堂で食したのだが、その際写した写真をパソコンに取り込んだ後、パ [続きを読む]
  • 札幌大学公開講座「地域創生入門」
  •  札幌大学の新1年生と一緒に表記講座を受講している。札幌大学では、2年時からの専門コースに進む前に、基盤教育と称してこの「地域創生入門」の学びがあるようである。その講座を私たち一般市民にも開放してくれているということのようだ。            昨日(4月12日)午後、札幌大学において「地域創生入門」の第2回講座が開催された。(私は都合によって第1回講座を受講することができなかった) 第2回目のテー [続きを読む]
  • 2017開幕!コンサドーレトークショー
  •  野々村社長はなんてサポーターの気持ちを鷲づかみにするんだろう。四方田監督はなんて真面目な性格の人なんだろう。そして、兵頭、石井、進藤の選手たち…。チームも出だし予想以上の健闘ぶりで、会場は終始笑いに満ち、楽しいトークショーだった。  4月17日(月)夜、道新ぶんぶんクラブ主催の「2017開幕!コンサドーレトークショー」が開催された。昨年に引き続き、運良く聴講券が当たり社長や監督、選手たちの生の声を聴く [続きを読む]
  • ワンコインランチ紀行 7 札幌第三合同庁舎食堂
  •  札幌高等検察庁、北海道公安調査庁、北海道防衛局など、情報漏洩等に神経を尖らす官庁が多く入っている合同庁舎のためだろうか?第二合同庁舎以上に警備が厳しそうで、緊張しながら札幌第三合同庁舎食堂に向かった私だった。                       この日(4月17日)の日中には特に予定がなかったので、どこか遠くの役所の食堂をと思っていたが、出遅れてしまい近くの札幌第三合同庁舎の食堂に行くこと [続きを読む]
  • 「ほっかいどう山楽紀行」発刊!
  •  知人であるとともに、私にとっては超人とも映るsakagさんこと、坂口一弘氏が念願の著書の発刊にこぎつけた! 写真満載の288頁におよぶ北海道の山楽(さんがく)紀行である。すでに書店の店頭にも並んだようである。多くの登山愛好家が手に取ってほしい一冊である。                     ※ 坂口氏のHPから拝借した写真だが、届いた本はもちろん同じ装丁である。 昨日(16日)正午近く、宅急便で坂口一 [続きを読む]
  • 河邨文一郎生誕100年 朗読と音楽の夕べ
  •  「虹と雪のバラード」の作詞で有名な河邨文一郎氏が作詩された詩を朗読する夕べである。プロの奏者が奏でる音の中で、音読に熟達した方々の朗読に耳を傾けるという優雅なひと時を体験した。                   4月15日(土)夜、札幌市教育文化会館で「河邨文一郎生誕100年 朗読と音楽の夕べ」が開催され、参加してきた。 河邨文一郎氏が作詞した「虹と雪のバラード」は、作曲の村井邦彦、歌い手のトワ・エ [続きを読む]
  • ワンコインランチ紀行 6 札幌市役所本庁舎食堂
  •  区役所食堂の総本山(などと誰も言っていないが…)市役所本庁舎食堂を早くも訪れた。さすがに職員も多いためか、メニューも多彩で、食堂自体も広々として、窓から望める日本庭園も売りの一つかもしれない。                               ※ 左が札幌市役所庁舎、右側が建設が進んでいる札幌市交流施設(仮称)です。 この日(4月13日)は朝早く(9時30分)から豊水会館(南8西2)で会議があ [続きを読む]
  • 驚異の彩密和紙絵「サクラ、桜、さくら展」
  •  それはもう“凄い!”としか表現しようがない驚異の細密画だった。一見、鮮やかな桜の油絵と見たのだが、傍へ寄ってよ〜く見てみると、和紙を切ったり、千切ったりして一片一片が貼り合わせたものだった。いや〜、凄いなぁ〜。       4/12(水)〜17日(月)まで、丸井今井の大通館9階催事場にて、八木天水 彩密和紙絵「サクラ、桜、さくら展」が開催されていると知り、桜の季節が近いこともあり、興味を抱いて13日(木) [続きを読む]
  • ワンコインランチ紀行 5 清田区役所食堂
  •  私の思いをぐらつかせてしまう清田区役所食堂だった。そのことは後ほど述べるとして、清田区役所食堂は建物が新しいということもあり気持ちの良い食堂だった。愛称を“きよっち食堂”と称しているのも愛らしい…。                 この日、私は福住(札幌ドームの近く)で午後から会議が入っていたので、少し足を伸ばし清田区役所食堂へ行ってみることにした。 清田区役所は、区役所、保健センター、消防署、 [続きを読む]
  • 豊平公園 緑のセンター
  •  過日(4月11日)、豊平公園の緑のセンターの相談コーナーに赴き、懸案だったことに対する助言をいただいた。ここ数年、素人ゆえに思い悩んでいたことが解決できそうな見通しが立ったことで、春の訪れが待ち遠しくなった。                               ※ 新装半年後の豊平公園の「緑のセンター」の外観です。 昨日、ワンコインランチ紀行で豊平区役所食堂を訪れた帰路、豊平公園の「緑のセ [続きを読む]
  • ワンコインランチ紀行 4 南区役所食堂
  •  ワンコインランチ紀行危うし!ライス類のメニューは軒並み500円オーバーで、ワンコインで食せるのが麺類のみという感じだった。う〜ん、市の食堂は市販価格との差を大きくできないという事情でもあるのかな?                 特に予定のなかったこの日は、お腹の脂肪を燃やす目的も兼ね、自転車を駆って少し遠出してみることにした。 帽子が何度も飛ばされるような強風の中、自転車で45分もかかって「南区役 [続きを読む]
  • アレキサンダー大王の道
  •  準備に、準備を重ねた今日の日だった。アレキサンダー大王の辿った軌跡を巡るVTR視聴の学習会のナビゲーター役を担わされた私だったが、なんとかその役目を果たすことができたかなぁ、とホッとしている私である。                      今日(4月19日)午後、いつも学習している「めだかの学校」の4月第1回目の学習会が開催された。 新年度に入り、これまでの映画の視聴から、「新世界紀行」というVTRを [続きを読む]
  • 発酵仮面?小泉武夫氏が語る
  •  自らを「発酵仮面です」と冗談を発しながら、朗らかな発酵学の権威 小泉武夫博士は、日本食の素晴らしさ、発酵食品の効用を語った。長寿県だった沖縄県がなぜ凋落してしまったのか?小泉氏の論旨は明快だった。                      今日(4月9日)午後、(財)食と健康財団と毎日新聞の共催による「食と文化フォーラム」がグランドホテルで開催され、小泉武夫氏が「日本の伝統食から学ぶ」と題して講演 [続きを読む]
  • ワンコインランチ紀行 3 札幌第二合同庁舎9階食堂
  • ※ 新たなカテゴリーを追加することにした。ちょっとチープなカテゴリー名であるが、私のような年金族には相応しいカテゴリーともいえる。比較的安価にランチを提供している役所や会社の職員食堂を中心にワンコインでランチを食せるところを探訪してみたい。  お役所らしい(?)厳めしいエントランスを通り9階の食堂に向かった。これはなかなか入りづらい? 食堂は南側の角を利用しており、非常に眺めの良いところでのワンコ [続きを読む]
  • 札幌北一条教会 昼休みコンサート
  •  ちょっと不思議なコンサートだった。この日のソリスト、ソプラノの小貫多喜子さんの歌声が頭上から聴こえてきたのだ。顔が見えず、どこで歌っているんだろう?と思いながら聴いたコンサートだった。                               ※ 北一条通りに面した「札幌北一条教会」の全貌です。 数日前、北一条通りを歩いていると「札幌北一条教会」の前に「昼休みコンサートを開催します」という告知 [続きを読む]
  • 池澤夏樹の憂鬱
  •  池澤夏樹は登壇すると、いきなり「今の時代、人々は“不安”に苛まれているのではないか」と話し始めた。そして池澤夏樹も「ポスト・ツルース」、「オルタナティブ・ファクト」について言及した。日本も、諸外国も俄かに“不安”のるつぼに嵌ってしまったのか?                   4月4日(火)午後、北海道新聞社の主催で、芥川賞作家としても知られる池澤夏樹の特別講演会が開催され、聴講する機会を得た。 [続きを読む]
  • ワンコインランチ紀行 2 札幌開発建設部食堂
  • ※ 新たなカテゴリーを追加することにした。ちょっとチープなカテゴリー名であるが、私のような年金族には相応しいカテゴリーともいえる。比較的安価にランチを提供している役所や会社の職員食堂を中心にワンコインでランチを食せるところを探訪してみたい。                 こちらの食堂は厚別区役所の食堂と違い、私がイメージしていた役所の食堂価格で、メニューのほとんどがワンコインで食せる価格帯だった。 [続きを読む]
  • スポーツ!北海道フォーラム Ⅱ アスリート ジュニア育成を語る
  •  4日のフォーラムは有森裕子氏の講演に続いて、有森氏を含めた5人のアスリートが登壇し、自らの体験も交えながらジュニアスポーツの育成について語った。幾多の体験を経て名を成したアスリートたちの話には傾聴に値する話が多々あった。  一昨日レポートした有森裕子氏の「あきらめずに走り続けた!」の講演に続いて、5人のアスリートが登壇し「ジュニアスポーツを考える」と題してのパネルディスカッションが行われた。 登 [続きを読む]
  • ワンコインランチ紀行 1 厚別区役所食堂
  •  ※ 新たなカテゴリーを追加することにした。ちょっとチープなカテゴリー名であるが、私のような年金族には相応しいカテゴリーともいえる。比較的安価にランチを提供している役所や会社の職員食堂を中心にワンコインでランチを食せるところを探訪してみたい。  意外や意外!「役所の食堂は安い」という私の思い込みは少し修正しなければならないかもしれない。ワンコインで食せるランチメニューはかなり限られたものだった…。 [続きを読む]
  • まちなか水族館 サンピアザ
  •  海に面していない札幌に小さな水族館があるのはご存知だと思われる。私は勝手に「まちなか水族館」と称しているのだが、先日おじいちゃんの真似ごとをして孫娘を連れて札幌市内にある「サンピアザ水族館」を訪れた。                 昨日、3月31日(金)春休みに入った孫娘(小1)が我が家へお泊りに来るという。 ふだん全くおじいちゃんらしいことをしていない私は深く反省して、予定を返上して孫娘に付き [続きを読む]