tengoro7406 さん プロフィール

  •  
tengoro7406さん: 伊豆高原シニア・ライフ日記
ハンドル名tengoro7406 さん
ブログタイトル伊豆高原シニア・ライフ日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tengoro7406
サイト紹介文「老い」を受容しながら自然の恵みに感謝しつつ残躯天所許不楽復如何の心境で綴る80老の身辺雑記
自由文自然に恵まれた伊豆高原界隈をひたすら歩くこと・長年なじんできたパソコンはじめ身辺にある電子機器類をうまく使いこなすこと・家庭菜園では土を弄り植物を育てること、この三点を軸にして生活の活性化を図り、少しでも身体能力と知的能力の衰退を防いで、できるだけ他者に依存せず自立できる後期高齢者の生き方を実現するよう努力したい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2010/03/29 08:48

tengoro7406 さんのブログ記事

  • 天城高原を歩く
  • 5月22日    (月)    万華咲き揃う4月が過ぎてもIKOIの「花めぐりウオーク」はなお続けられると「ホテルハーベスト天城」界隈と隣接する天城高原別荘地一帯を歩くことになった。(Mrs.IT・TB・ON、Mrs.IWの7名)そこには多種多様なベコニアを育てる「ベコニアガーデン」があったのに数年前に閉鎖されたと聞き及んではいたが、その近くには「バラ園」と「しゃくなげ園」があり、ベコニアは駄目でもバラとシャクナゲの花は [続きを読む]
  • 久し振りのポケモンゲット・ウオーク
  • 5月20日    (土)    最近の気温の変化は激しく、暦のうえでは春であっても時として30度を超す真夏のような気温になる日もある。本来あるべき春と夏の境目がぼやけ爽やかな「初夏」といった日に出会うことが少なくなった。今日はそうした「初夏」を思わせる日。旧暦の二十四節季なら「小満」の前日に当たる。「小満」は「万物盈満スレバ草木枝葉繁ル」とあり、春に芽吹いた草木が成長し辺りを覆い若草色から濃い緑に移り [続きを読む]
  • 綺麗だけど厄介な花
  • 5月15日    (月) IKOI農園では現在綺麗だけれど歓迎されない厄介な花が二種類ほど咲き誇っている。「ナガミヒナゲシ」と「ハゴロモジャスミン」である。「ナガミヒナゲシ」最近、あちらこちらでよく見かけるようになった花。IKOI農園では植えたわけではないのによく見かけるようになった。しかもそれがどんどん増えてきている。始めの頃は、橙紅色のなかなか可愛らしい花なので農園の彩りとして悪くないなと思ってい [続きを読む]
  • 藤の花を訪ねて林泉寺、伊東公園・松月院、松川広場へ
  • 5月8日    (月)    今日の月曜ウオークはMr.ITの発案で「藤の花」を目当てに歩くことになった。まずは伊東で名高い林泉寺の藤棚へ。その見事さに驚く。20余年前に一度訪れたことがあったが、狭い駐車場が苦手のこともあってその後はパス。今回が二度目の訪問。記憶違いかもしれないが、 前はさほど感動するほどの藤の花ではなかったように思う。だが、現在は藤棚が広げられただけでなく手入れが長く続けられたからか、ま [続きを読む]
  • 緑の一碧湖
  • 5月7日    (日)    連休の混雑がやや収まったところで近所の店では用がたせないiPhoneコードを家電量販店「ヤマダ電気」で、高齢者運転マークを大型量販店「カインズ」で買い、かねて新車運転に慣れるべくちょっと離れた伊東市近郊まで出かける。これで、なんとか「マイカー」としての感触が掴めた。もう安心である。帰りは、久し振りに当地でもっとも美味いと私が評価している蕎麦屋「花柚」で昼食をすることした。しか [続きを読む]
  • 新車ようやく到達
  • 5月5日     (金)     待ち望んでいた新車アクアAquaが一昨日、ようやく納車された。早速、運転してみたいが生憎の連休で道路が混むだけでなく、当地ではこれまであまり見かけない別荘族の車が狭い道を往来しており、道がいつもと違う表情をしている。慣れない車を運転するのがちょっと怖い。できるだけ近くでハンドル、ブレーキ、アクセルの具合を確認するのが精一杯。近所といっても平地はなく坂ばかりなので車全体の [続きを読む]
  • 自動車の買い替え
  • 5月2日    (火) 今年に入って自動車運転免許の更新があった。87歳になっての更新だから、あるいはこれが最後の更新手続きになるかもしれないなとなにげなく思っていた。だが、当地で生活するうえで車がないというのは甚だ不便である。せめて慣れた道筋を通って買物や病院通いくらいは運転してもらえたらと家内は言う。とするとあと5年くらいは運転しなければなるまい。もちろん生きていればの話だが……。あと3年で90 [続きを読む]
  • 躑躅と青葉と恐竜像の小室山
  • 4月29日    (土)    今日から「小室山つつじ祭り」。天気は上々、薫風香るといった爽やかなそよ風も吹き抜け最高のウオーキング日和。いつものようにMr. & Mrs.IT・ON、Mrs.IWと連れ立って出かける。小室山公園の燃えるつつじの絨毯を見下ろしながら小室山頂上を目指す。つつじの花影で子犬らも楽しそう。つつじ祭りのイベント会場。こんな人出は滅多に見られない。小室山頂上に達する。萌える緑と春霞の海。「恐竜広 [続きを読む]
  • 「♂農作業」と「♀雛作り」
  • 4月22日    (土)    今日は「吊るし雛グループ」が家で「雛作り」をする日、昼食は近くの食事処「ウッドベル」に繰り出すとのことなので、私は昼食にありつけない。Mr.ITも同じ立場にあるのでIKOI農園で二人して久しぶりの農作業をを行つた後、桜並木道を下った食事処「ゆき文」ですることに。農作業は本当に久しぶりである。これからは暑くもなく寒くもない最良の農作業の適期、鳥の囀りを聞きながら若葉に囲まれ土に親 [続きを読む]
  • 新緑に囲まれて
  • 4月21日    (木)    微妙に色合いをかえた春の樹に囲まれえ過ごす今日この頃。桜とは一味違った春の輝き。曇空でも心が和む。テラスから見る新緑あふれる近景テラスから南に臨む緑の樹林 [続きを読む]
  • 巨大な蕨採り
  • 4月20日    (水)    /昨年に続いて今年も細野高原裏に自生する巨大な蕨を採りに行く。Mr. & Mrs.IT・ON、Mrs.IW・KoD、Mr. & Mrs.HNの8名参加。国道135号線から細い道をたどって山中深く分け入るとその奥にパラグライダー練習場のちょとした広場に行き着く。その周囲一帯にこの時期になると蕨が沢山生える。大きいのになると鉛筆の太さ、長さ30?もあろうかというほかにはみられない巨大蕨。昨年は夢中になって沢山採り [続きを読む]
  • 新緑もゆる
  • 4月17日    (月)    →新芽が芽生えて若葉へと。にわかに現れた新緑の林は毎日その彩りを深めていく。今日は午後から雨だという。ならば午前中に散歩しようと、いつもの散歩コースを逆回りに歩いてみる。白の桜は散り終えており緑ばかりの中を行く。急に暖かくなった。コースのおわりに上り坂がおおくなったせいもあってか汗でシャツを濡らすようになった。歩数3,612歩、ポケモンを10匹ゲット。トレーナーレベル24で変化 [続きを読む]
  • 豪華な弥生の花紀行
  • 4月15日    (金)    4月中旬になったというのに松崎町の那賀川沿い6?に及ぶ堰堤では桜は満開。やや強い風に落花が舞い花吹雪のなか川面に花筏が流れる。今年のIKOIウオーク花見行事は参加者8名(Mr. & Mrs.IW・IT・ON、Mr.KD・TB)、8:00に車2台で出発、国道135号線を下り河津で下田街道(414号線)で山中に分け入り、稲梓からバサラ峠を越えて松崎に向かう。ほとんどの山の斜面は微妙に色合いの違う新緑に白い山桜が点 [続きを読む]
  • ご近所の桜も満開
  • 4月13日    (木)    昨日からようやく暖かい春らしい天気になった。なんとも遅い春の訪れであった。遅れに遅れていた当地のソメイヨシノも今は満開に近い。近年になって日本各地で盛んに桜が植樹されるようになったからであろうか、むかしからあった桜樹の盛り上がりだけでなく3月から4月にかけて日本全土が桜の華やぎに包まれるようで、国民だれもが花に満たされ幸せな気分になれるなんて……。当地も目の届くところ、 [続きを読む]
  • 少しばかりの農作業
  • 4月10日    (月)    4月に入り気持ちを新たに毎日ウオーキングに勤しもうと決意した矢先に風邪を引いてしまった。昨年は5月はじめにも風邪をこじらせている。免疫力が加齢により確実に低下してきているのであろう。これまで風邪とはほとんど無縁の身体で過ごしてきていたが、これからはそうはいくまい。無理をしない。身体に負担をかけない。身体をいたわる。そうした心掛けを忘れないように過ごさねばなるまい。風邪で [続きを読む]
  • 対島の滝・橋立吊り橋ウオーク
  • 4月3日    (月)    4月になって最初の月曜定例ウオーキングは満開の桜見を予定していた。しかし、いつもとは違って当地の「ソメイヨシノ」の花は一向に開こうとしない。わずかに一二輪が綻びかけているだけ。こんなことはかつて経験したことはない。東京の桜は満開だとTVは伝えている。桜前線がこれほどに捻じ曲がるとは?私が経験もしくは体験する限りにいて、ここ十数年にわたって毎年なんらかの気象異常があるよう [続きを読む]
  • 曇空での散歩
  • 3月31日    (金)    -今日で3月が終わり明日から4月、本格的な春の季節に入る。だが、今日の空模様は昨日の晴天とは打って変わってどんよりした曇り空。春が少し遠のいたような感じ。とはいえ、これからは心を入れ替え雨でも降らない限りは極力散歩することにする。このところ食生活での不節制もあってちょっと身体が重く感じることもあり「食」と「運動」のありかたを見直さねばなるまいと考えていた……。「生活習慣病 [続きを読む]
  • 春の海辺を見ながら散策
  • 3月30日    (木)    天気予報は曇といっていたのに、朝起きてみれば青空が広がっているではないか。気温も高くなり、ようやく春めいた気分になった。こんな日はちょっと遠出するのも悪くない。地域のスーパーではなく久しぶりに伊東市街地のスーパーに行く。家内が買い物をしている間に独り伊東の海浜を眺めながらそぞろ歩く。スーパーアオキからなぎさ公園、そしてオレンジ・ビーチにかけてポケストップが沢山あること [続きを読む]
  • 桜花いずこ?
  • 3月29日    (水)    当地では2月はじめから「小室さくら」「河津さくら」「大寒さくら」「城ケ崎さくら」と様々の早咲きの桜が次々と満開を迎えてきていたが、いまになってどうしたことか、見るべき桜の花がすっかり姿を消してしまった。本来なら「ソメイヨシノ」が咲き頃を迎えるはずなのにいまだに蕾が綻びる兆しがない。気象庁が3月21日に靖国神社のソメイヨシノ標本木が開花したと報じていたからそれから1週間も経過 [続きを読む]
  • アイマスクによる睡眠
  • 3月26日    (日)    健康保持の生活習慣として「快食・快眠・快便」というのがあるが、私はこれに私なりの造語「快動」(気持ちよく身体を動かす)を加えて自分の健康指標にしている。スパーシニアとなった現時点で「快食・快眠・快便・快動」を完璧にこなすには程遠いが、まあ、なんとか小康を保っている。そのなかの「快眠」だが、これはかなりうまくいっている。夜間にトイレに2,3回は立つが、そのあとすぐに寝るこ [続きを読む]
  • ポケモンGOのレベル24へ
  • 3月19日    (日)    暖かくなった。散歩には絶好に日である。しばらく独り歩きはしなかったが、独り散歩も十分楽しめる。散歩に出た直後、ポケモンGOのトレーナ・レベルが24に達したことを知った。23から24までずいぶんながいことかかった。レベルが進むにつれてレベルアップに必要とされる XP(経験値 experience point)がどんどん大きくなっていくことを思い知らされる。レベル24をクリアしてこれまで一応の目標と [続きを読む]
  • 甦ったIKOI農園の白木蓮
  • 3月20日    (月)    5年前の2012年6月20日の台風4号によって根元から倒壊したIKOI農園の白木蓮がようやく沢山の花を咲かせて甦りつつある。その美しい姿からIKOI農園のクイーンと呼んでいた樹だが、プリンセスといえるくらいにはなったろうか。3月9日 蕾が膨らんできた頃       3月16日 開花が始まった頃  かつて咲き誇っていた豪華な白木蓮、他の樹木を圧してIKOI農園に「女王」として君臨していた頃の姿2 [続きを読む]
  • 伊豆ホースカントリー内の馬道を歩く
  • 3月16日    (木)    今朝はじめて鶯の鳴き声を聞く。幼い鶯なのだろうまだたどたどしい鳴き声だが……。晴天に恵まれてのIKOIウオークの特別番組。最近掘削されたばかりの「伊豆ホースカントリー」の馬道を歩く。Mr. & Mrs.IT、ONの4名が参加。この馬道は本来は立入禁止なのだが、Mr. ITは「森のボランティア」の有力メンバーであり、馬道はボランティアが運営する「たけの子村」の中を通っているので制服着用ならフリー [続きを読む]
  • 城ケ崎桜満開、富戸漁港を歩く
  • 3月13日    (月)    月曜ウオーク日だが、あいにく曇空。だが、富戸の海岸線に沿って咲く「城ケ崎さくら」の満開を見逃すわけにはいかない。IKOI常連の5名(Mr. & Mrs.IT、ON。Mr.IW)がいつものように揃う。曇空を背にした桜ではちょっと魅力にかけるかもしれないな、と思いつつ出掛けたが、やはり満開の桜並木は見事。この豪華な桜の花の下で漁民の方々が宴会ならぬ仕事として黙々と網繕いをしていらっしゃる。日本な [続きを読む]
  • 「松川湖畔」梅と桜
  • 3月9日    (木)    風はちょっとあるが、気温は暖かい。6日月曜日は雨で定例ウオーキングが流れたので、今春の梅花鑑賞も今日が最後のチャンスになるかも。ということで、松川湖畔の梅広場を見に行く。(Mr. & Mrs.IT、TB、ONの6名)それに湖畔にかかる「奥野エコーブリッジ」が新しく塗り替えられたとの情報もあり、新装なった橋も渡ってみたい。だが、白い橋が予想に反して真っ黒に塗り替えられていた。これで橋は防錆 [続きを読む]