王鳥蓮治 さん プロフィール

  •  
王鳥蓮治さん: カープ鯉日記
ハンドル名王鳥蓮治 さん
ブログタイトルカープ鯉日記
ブログURLhttp://rb-life.com/wp/
サイト紹介文プロ野球・広島カープの情報です。
自由文カープファンの筆者が、カープ中心に書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2010/03/29 11:21

王鳥蓮治 さんのブログ記事

  • だらしない負け方
  • まだ野球やってたんですね。球界全体が、消化試合みたいですね。ペナントレースは、優勝が決まった時点で終わればいいのに。カープ、二ケタ勝利を目指す(現在9勝)、大瀬良大地が先発。初回、簡単に3者凡退に打ち取ります。その裏、カープは、阪神能見に対し、先頭田中広輔がレフト前ヒット、菊地涼介はショートゴロだったけど、丸佳浩がライトへヒット、松山竜平が右中間へ3ランホームランで3点先制です。さらに、新井貴浩が [続きを読む]
  • 優勝、2年連続8回目
  • 甲子園の左側スタンドが真っ赤になった中、緒方孝市監督、11回も宙に舞い上がりました。広島東洋カープ、1979年(昭和54年)、1980年(昭和55年)に続く、連覇です。今年は、フライングの祝勝会をやったので、(9月14日、9月16日)、今日はじっくり試合を見ていました。(酒を飲まずに)胴上げのシーンを見たあとは、刺身盛り合わせを買いに行きました。じっくり、優勝をかみしめながら、うま酒を酌み交わしました。試合は、息づまる雰 [続きを読む]
  • 残念・・・・
  • 台風18号の影響で、中止かと思っていたが、試合開始頃には出来る状態でした。この「天を味方にした」のに、緒方孝市監督の「遅さ」で、今日の地元優勝を逃しました。今日の試合に関しては、緒方孝市監督も「勝って決めたい」との決意で臨みました。今日は、特別な試合といっていいでしょう。ペナントレースの戦い方とは、違ったやり方をするべきでしょうね。先発・藪田和樹、立ち上がりは、緊張している様子。3回裏、味方が丸佳浩 [続きを読む]
  • 勝ったが・・・・
  • 今日決めたかったですね。わたしは、祝勝会用にビールと刺身を買ってきて、優勝が決まりそうになったら、飲み始めるつもりでした。しかし、2回裏、先頭・松山竜平がソロホームラン、バティスタがレフト前タイムリーで2点先制。これでよし、と予定を早め、ここから飲み始めました。しかし、なんと3回表、前試合乱調だったジョンソン、今日は立ち上がりから3者凡退で、大丈夫を思っていたが、1アウトから4連打され、更に犠牲フ [続きを読む]
  • 苦手横浜DeNAに大量得点勝ち、M2
  • 苦手横浜DeNAに対して、先発・中村祐太が、初回、2アウトから3連打で、2失点。その裏(1回裏)、カープは、先頭田中広輔が、先頭打者ホームランをレフトポール際ギリギリへ、1点返す。菊地涼介、レフトへ2塁打、丸佳浩、松山竜平が倒れて2アウトになりましたが、新井貴浩がラッキーな三塁内野安打(照明が目に入ったと解説者が言っていましたが)、安部友裕、岩本貴裕が連打(それぞれ打点付き)、磯村嘉孝が敬遠気味の [続きを読む]
  • 横浜DeNAに負けた
  • どうも横浜DeNAには、相性悪いですね。相性が悪いだけで片付けてもいいが、内容も悪いですね。先月(8月)、22日からの3連戦(横浜スタジアム)では、3連続サヨナラ負けで3連敗しています。今度は、地元マツダスタジアムですから、すんなりいくかな、と思ったがよくないですね。横浜での悪夢の3連敗と同様、初戦は野村祐輔が先発しましたが、どうもよくない。初回は3者凡退に退け、スンナリ楽勝かと思ったが、そうはいかなか [続きを読む]
  • また逆転勝ち
  • カープは、またまた終盤逆転勝ちです。2点差の7回表、先頭・丸佳浩が四球、4番松山竜平がライトポール際のライトスタンド上段に特大2ランで同点。2アウト3塁、1塁になったところで、代打西川龍馬がセカンド内野安打で勝ち越しです。西川龍馬、スタメンで出てもいい場面でよく打ちますが、代打でもいい場面(目立つ)で打ちますね。スタメンと代打、どちらの方がタイムリーを打っているのかな?それより松山竜平です。4番鈴 [続きを読む]
  • ダラダラ試合逆転勝ち
  • 岡田明丈、パッとしない投球で負けムードいっぱい。失点は、2回に3失点、3回に1失点。いずれも2アウトからです。守りもパッとしません。4回、亀沢に四球、盗塁を警戒してウエストしたのに楽々セーフにしています、キャッチャー會澤翼が。攻撃もパッとしません。相手ピッチャーは、三ツ間←誰?です。四球ばっかり出しています。5回表、先頭田中広輔が四球、でも盗塁失敗。2番安部友裕が四球、でも盗塁失敗。3番丸佳浩も四 [続きを読む]
  • 藪田和樹、2度目の完封
  • 藪田和樹、ワインドアップじゃなくてセットポジションで最初から投げて、今シーズン2度目の完封勝利です。前田健太も時々やっていましたね。セットポジションの方がすっきりいける、という時があるのでしょうね。立ち上がりの初回、先頭、3番をヒットで出しましたが、後続を抑えました。その後は、キッチリしたピッチングで安心投球でした。5回表、菊地涼介のソロホームランで先制です。その直後(5回裏)には、先頭を四球で出 [続きを読む]
  • 阪神に3連勝、M8
  • さすがマツダスタジアムでは強いカープ。マジック対象相手、阪神に対し3連勝、マジックも8に減らしました。この3連戦前、8月調子よかった阪神、直前まで連勝もしてたし、チーム力も乗っている感じでした。最悪3連敗なら、3.5ゲーム差まで詰め寄られる状況でした。しかし、マツダスタジアム、ファンの後押しもあったのでしょうか、3連勝を飾りました。この3連戦、いつもは脇役といってよい選手達、安部友裕、會澤翼、西川龍 [続きを読む]
  • 連夜のサヨナラ、會澤翼
  • 8回表終了時点で、0−3。いつもなら、3点くらいなんとかなる。という雰囲気を醸し出しますが、今日は厳しい、と思ってみていましたが、なんとなんと、8回裏に3点追いつきましたよ。先頭・田中広輔がセカンドゴロで倒れた後、菊地涼介、丸佳浩、松山竜平、新井貴浩はセカンドゴロでしたが1点はいる、安部友裕と打ちまくりました。逆転までいかなかったので、どうかな、と思いましたが、中崎翔太、今村猛、一岡竜司が粘って点 [続きを読む]
  • 覇気だ!安部友裕
  • 8回裏、今村猛が3者凡退に抑えました。9回表、中崎翔太が先頭打者を取れば、1点差勝ち。3連戦初戦を取り、万々歳!と、思って見ていましたよ。(8回終了時点では)9回表、なっ何と、1番糸井にレフト前に打たれました。(こりゃ、ヤバイ。)終盤は阪神の流れになっている。(なんとか頑張ってくれよ)2番西岡が送りバント失敗、糸井は2塁アウト。(おぅ、よしよし、まだツキもあるぜよ。)3番福留、(この福留には、過去 [続きを読む]
  • ヤクルトに3連勝
  • 神宮では、この3連戦が今年最後ということで、カープファンでいっぱいでした。この3連戦、たっぷり喜んだことでしょう。先発・岡田明丈、初回1点失いますが、1点なんかないのと同じですね。2回表、先頭好調な松山竜平が右中間にソロ、會澤翼がレフトスタンドに2ランであっさり逆転です。岡田明丈、3回に山田にソロホームランを打たれましたが(逆転の直後でしたが)、6回投げてこの2失点のみです。打線は、3回には、先頭 [続きを読む]
  • 藪田和樹、13勝目
  • お得意様、ヤクルトには絶対勝っておかないとね。しかし、今日の相手ピッチャーは、天敵ライアンの小川くんです。立ち上がりの初回、スンナリ2点先制しました。田中広輔は、レフトファールフライに倒れましたが、2番菊地涼介がセンターへヒット、丸佳浩は四球、そして4番松山竜平がライトへ先制2点タイムリーです。松山竜平、4番鈴木誠也が負傷欠場後4番の役目をキチっとこなしています。このまま調子崩すことなく優勝するま [続きを読む]
  • ヤクルトには勝つ
  • 相手はヤクルト、ここで連敗STOPしなくてどうする。ジョンソン、立ち上がり少しおかしい。3回まで毎回ランナーを得点圏まで出します。しかし、それ以降は立ち直り、3者凡退に抑えます。が、打線はランナーを出すが点が入らない、ホームが遠いです。やっと、6回、西川龍馬がライト犠牲フライで1点です。7回は、2アウトから菊地涼介がライトへ2塁打、丸佳浩が四球、4番松山竜平が2点タイムリー2塁打で追加点。これで勝 [続きを読む]
  • 2連敗
  • まさか、今日も負けるとは、お得意様に2連敗です。しかし、なんで田口を打てないのでしょうか。カープ戦には自信持っている投げ方ですね。まぁ、中村祐太と比べても、田口の方が一枚上ではありますけど。これ早い機会にコエンパンにしておかないと、これから先、ずぅ〜〜〜〜〜〜と打てない気がしますが・・・・・中村祐太、3失点ですが、点の取られ方が悪かったです。2回、今一番打てそうもない長野に先制ホームラン、3回は2 [続きを読む]
  • 東京ドームで負けた
  • 今シーズン初めてですね、東京ドームで負けたのは。負けたのは大瀬良大地。大瀬良大地の悪い方の特徴、連打で失点。(以前は四球が絡んで、連打で失点でしたが、今日は四球なし)一番いけないのは、1−4の5回表、2アウトからアンパンマン松山竜平がライト前に打って1点を取り、2点差にし、さぁこれから逆転だぁ〜〜〜〜〜〜。という、直後の5回裏、先頭マギーに2塁打、2アウト3塁にしたあと、村田に打たれ1点追加された [続きを読む]
  • 西川龍馬、逆転2ラン
  • ソロで1点先制されたら、2ランで逆転。これで、東京ドームでは、昨年から8連勝です。野村祐輔、初回3者凡退に退けましたが、2回、村田にソロホームランを打たれます。その後も、野村祐輔はランナーを出し、ピンチの連続でしたが、よく粘って6回までこの1失点に抑えました。ランナーを出しても、ホームまで返さなければいい!これ、エースの条件とは思いますが、見ている方からするとスンナリ片づけて欲しいなぁ、とも思いま [続きを読む]
  • 初期大量失点?
  • 先発・岡田明丈、12勝目を狙おうというのに、どうしたことでしょう。初回、簡単に2アウト取りました。この後、どうしたことでしょうか。ヒット、ヒット、ホームラン、ヒット、四球、ヒット、セカンドゴロです。初回に打者一巡、4失点ですよ。これ原因不明の病気みたいですね。2回裏、エルドレッドの2ランで、試合の行方はわからない状況になりましたが、4回表、先頭ピッチャー(小笠原)に四球です。そして1番京田に3塁打。 [続きを読む]
  • 田中広輔、満塁ホームラン
  • 2回裏、田中広輔の満塁ホームランで4点先制。今の中日なら、これで充分でしょう。藪田和樹は、四球でランナーを出すが、4回、福田の2ランだけです。しかし、先頭を四球→2ランは、ちょっといただけませんが。鈴木誠也が負傷欠場で、4番以下の打順は日替わりにならざるを得ないのか。2回、先頭5番松山竜平は、一塁ゴロに倒れましたが、エルドレッド、安部友裕が連続四球、會澤翼がライト線前のポテンヒットで1アウト満塁、 [続きを読む]
  • スカッとしました
  • この3日間、横浜での横浜DeNA3連戦、いやな負けかたしたあとなので、今日はスカッとしました。エースが、完璧な投球、打線は繋ぎ、中押し、ダメ押しで理想的な勝ち方でした。これが、カープの勝てる道。ということでしょうか。3回の4点が効きました。これで負けるはずないと。思えば、横浜3連戦の時も思いましたが、その後、火を消したような打線。中押しもなけりゃぁ、ダメ押しもなし。当たり前ですね、打てないし、守れ [続きを読む]
  • 3連続サヨナラ負け
  • 長いシーズン、こんなこともあらぁ〜〜〜〜〜な。と、なればいいのですが。この横浜DeNA3連戦は、散々でしたね。初戦で勢いづかせました。カープ打線は、序盤はいいのですが、中盤中だるみ、終盤サッパリでした。追加点が取れません。リリーフ陣は、お疲れモード(?)か、粘りがなくなりました。相手に流れを渡してしまいました。横浜DeNAは、6回からコツコツ1点ずつ返してゆき、最後は2アウトから、連打でサヨナラです [続きを読む]
  • 連夜の逆転負け
  • 今日は、さんざんな夜でしたね。カープ打線は、初回、丸佳浩、鈴木誠也の連続ホームランで2点先制。2回には、安部友裕、會澤翼の連打、田中広輔、菊地涼介の連続タイムリーで3得点。先発・大瀬良大地は、初回、2回と3者凡退に退け、楽勝ペースの試合展開。しかし、しかし、結果は昨日に続き、サヨナラ負けです。ケチのツキ始は、2回裏の守備。戸柱の打った打球は、ホームラン性のライトへの大飛球。フェンス際ジャンプして捕 [続きを読む]
  • 大逆転負け
  • 前の試合(8/20)は、4点差を追いつき、延長戦でサヨナラ勝ちしたカープ。今日は、3点差を9回裏に、逆転され、サヨナラ負けです。しかも、3連続ホームランで。先発・野村祐輔、初回、2安打で1失点、6回1安打、8回はソロホームランで1失点と、順調に来ていました、8回終了までは。カープはその間、2回、エルドレッドの2ラン、4回、安部友裕のソロホームラン、6回、7回も1点ずつ得点と、コツコツ得点を積み重ねました [続きを読む]
  • 延長10回、エルドレッドサヨナラ打
  • 岡田明丈、ランナー出すけど粘っていたのに。5回、バレンティンに満塁ホームランを打たれました。7回には、スクイズで失点です。カープは、4回、松山竜平がライトスタンドに先制ソロ。今日もいける、と思っていました。しかし、今日の岡田明丈、点の取られ方が悪く、ダメかなと思いました。いくら、逆転のカープ、3点4点くらいなら大丈夫といつもは思うのだが・・・・打線も、アンダースローの山中を打てません。しかし、ピッ [続きを読む]