あやね さん プロフィール

  •  
あやねさん: 笹島式着付け教室 衣香のきものめしませ
ハンドル名あやね さん
ブログタイトル笹島式着付け教室 衣香のきものめしませ
ブログURLhttp://bebeka.exblog.jp/
サイト紹介文横浜・藤沢で笹島式腰紐1本の着付け教室。お手持ちの着物・リサイクル着物で気軽にお出かけを提案します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2010/03/29 16:56

あやね さんのブログ記事

  • 着付け、優しくお付合い!
  • おはようございます。今日もお稽古がありますが、幼子みたい傘をさしてのお出掛け、嫌ではありません。お稽古の際、時として感じることは着付けをして、おかしい感じたところを直すため無理やりに、引いたりするとその強引さため、他の部分の布目が狂ってしまうことが・・・。「優しく」、お付合いすることが、大事。。。にほんブログ村応援・ぽちっとありがとうございます。お元気でいらしてください。衣香  糸賀あや音*お教室 [続きを読む]
  • 「ファッションとアート 麗しき東西交流」:横浜美術館
  • みなとみらいにある、横浜美術館で「ファッションとアート 麗しき東西交流展」を拝見してきました。25日で展示会は終了、遅ればせながらのご報告、お許しくださいませ。ウエストが絞られて、ヒップが高く、洗練されたドレスたちに、目を奪われた!横浜は開港以来、西洋文化の玄関口となり、会場には、19世紀後半〜20世紀前半の、素敵なドレス装飾品・絵画・写真・食器・家具などが展示、優雅な上流階級の生活や、のどかな時代へタ [続きを読む]
  • ガラ・コンサート「カルメン」:神奈川県民ホール
  • 神奈川県民ホールでの クラシック「ガラ・コンサート」へ行って参りました。・第一部 ガラ・コンサート・第二部 ビゼー作曲歌劇「カルメン」ハイライト      カルメン    手嶋眞佐子      ドン・ホセ   小山陽二郎      ミカエラ    秦 貴美子      エスカミーリョ 須藤 慎吾      ピアノ     鳥井 俊之  (敬称略)声量や表現力の豊かさ、素人ながら心に響くものがござい [続きを読む]
  • 夏支度、心支度。。。
  • 目に「涼」を感じさせる、夏支度、そのひとつの「夏のご挨拶」も失念状態口で発するのではなく、筆を持つ。。。復活が脳裏をよこぎります。暑い暮らしに、彩を添えてくれそう。。。お話は変わりますが、小林麻央さんの最後のお言葉が、ご主人様への「愛している」おふたりの信頼関係の深さと、麻央さんの人間性のすばらしさが、深く身に沁みました。私の友話、やはり病で逝ってしまいましたが、家族との軋轢は凄まじいものでした。 [続きを読む]
  • 小林麻央さん、頑張られましたね!
  • 小林麻央さん、最後までご立派でした。そして、ご家族も。麻央さんの、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。そして、ご遺族のお幸せも心よりお祈り申し上げます。言葉が見つかりません・・・                   *お写真は産経新聞社からお借りいたしました。にほんブログ村応援・ぽちっとありがとうございます。日没前の太陽が、麻央さんと重なりました。衣香  糸賀あや音*お教室案内は こちら [続きを読む]
  • 今朝の私は、袖恋い人。。。
  • おはようございます。先日、サントリー美術館へ参りました際に偶然知人と出会い、ランチをご一緒いたしました。笹島先生の着姿の美しさ話で、盛り上り?さてさて、今日の本題に「ほな いこか」袖のお話、若い時は今より袖丈の長いきもので、それには優雅さがあり、素敵な気分を与えてくれました。初めて標準寸法に袖を通したときの、一抹の寂しさをなぜか覚えています。 今も・・・袖には、美(心)が宿っていると思うこと、しば [続きを読む]
  • 夏がやって来る。。。
  • 散歩の途中に、心ときめくお家があります。季節によって表情が異なり、住まい人の粋を感じながら、通りすぎています。「朝顔簾(すだれ)」毎年、ご登場。。。細竹に朝顔のつるをからませて、涼感を与えてくれる夏の風物詩。。。「朝顔やつるべ取られてもらひ水」                加賀の千代女朝顔・蛍・せみ時雨・花火・潮騒・かき氷・スイカゆかた・半幅帯・うちわ、そして透け感のあるきものいよいよ、夏本番。 [続きを読む]
  • 「神の宝の玉手箱」展:サントリー美術館
  • 東京六本木のサントリー美術館で「神の宝の玉手箱」展を見てまいりました。。。  2017年5月31日〜7月17日身の回りの大事なものを収めた箱。。。       「ハレの調度」    「神々の調度」写真の玉手箱は、鎌倉時代の国宝「浮線綾螺鈿蒔絵手箱」50年振りに修理されたそうです。螺鈿(らでん)が美しく飾られた玉なる手箱。。。期間限定で、手箱のフタの裏も公開!  裏も手箱の内側も、品のある美しさにあふれていまし [続きを読む]
  • 帯留さんのお紐。。。
  • お稽古で「帯留」の話題がでました。。。明治時代に出された廃刀令によって、刀装具を加工していた職人が、帯留職人となり帯留の流行となったようです。華やかな帯留も、素敵ですが、パソコン在住の写真の中に、笹島先生の味わい深い帯留を「見っけ!」二年前のお誕生日祝いの時だと思います。背中だけでなく、どの角度も美々しいのです!!受講生たちは、帯留の紐は幅が狭く、たよりげなく不安と・・・。もし紐があまり太いと、主 [続きを読む]
  • 私流のきもの暮し。。。
  • 早朝の氏神様参拝への途中、道に「落ち梅」がお座り。「落ち椿」など、落ちを含む言葉には、悲哀を感じながらも、愛おしさが心に芽生えます。もうすぐ夏至に晴れの日以外のケの日には、体感重視できもの生活をしております。下の写真も、夏の「薄衣」の透け感を消すため色物麻じゅばんをまとい、透け感を消して楽しむ私。。。逆に7・8月には、色なしの長じゅばんをまとい、涼を呼ぶ透け感を出して、楽しむ私。。。まとったきものか [続きを読む]
  • 「羽織紐」作ってみようかなー。
  • 脳裏はいつも、きもの在席生活。。。おのずと、経済性・合理性を踏まえるようになりました。一例としては、喪の対応で、めったに着ない洋服の礼装は流行遅れになることが、しばしば。 体型変化も著しい!そんなこんなで、たどりついたのが、近い身内は、きものの喪服やや近身内やもっと遠い存在は、色無地+黒羽織加齢で苦痛になったピンヒールからの、解放はうれしい!普段からきものをまとうことが多いので、大勢の人が集まる場 [続きを読む]
  • 化繊のきものも愛でる私。。。
  • 雨が落ちぬ満ち足りなさ暑くゆかたへの思慕紫陽花の愛おしさそんな思いの日々であります。お稽古で「化繊のきもの」が話題に。。。きものをまとうことが多い私は、化繊のきものも愛用しています。メンテナンスが簡単で、悪天候とか、気の置けないランチなどに、同行してもらっています。受講生が、自宅で洗うのが、怖い!最初はそう思うかも。・。・・・。私の場合、大雑把に申しますと、たたんでネットに入れ、洗濯機でソフトで洗 [続きを読む]
  • べっぴんきものまとい人に。。。
  • 家族の絆を結ぶ。。。きもの  お姑様帯    お母様小物   お嬢様それらのぬくいものをまとっているのは、受講生。。。お母様やご家族に助けられて、現在がある!そんなことを話してくれました。最近はお嬢様の子育て支援を、惜しみなく!そして、女磨きにもいそしみ、人生を謳歌!受講生、談『急にきれいにまとえるようになった。。。 心掛けていることは、 余計な動きをしない! 姿勢よく着付ける! 』体の歪みに気付 [続きを読む]
  • 紫陽花と同色の夏衣:松尾芭蕉
  • 雨空に気を取られて、日が長くなっていることを、失念・・・でも、紫陽花の美しさに心ときめかすことは、忘れてない!松尾芭蕉さんの句「紫陽花や帷子時(かたびらどき)の薄浅葱(うすあさぎ)」    僭越ながら、    紫陽花が咲き、夏衣をまとう季節がやってきた    紫陽花も夏衣も同じ浅葱色。    そんな意味のようです。紫陽花にはいろいろな思いを交錯させる、得も言われぬなお花!こんなご質問を頂戴、なぜ夏 [続きを読む]
  • 初夏の鎌倉。。。
  • お稽古で鎌倉へ帰路、こんな可愛いお嬢様たちとお会いしました。小町通りをたのしそうに、闊歩。。。これから、長谷寺へ1年を通じ「花の寺」として親しまれるお寺です。今の主役は、「紫陽花」。。。お嬢様方の前姿です。きものをまとわれる、うれしさが伝わってきました。。。長谷寺では、こんなに可愛らしい石仏さんたちが歓迎してくださいますよ。。。初夏の鎌倉、おたのしみくださいませ。にほんブログ村応援・ぽちっとありが [続きを読む]
  • お着付け現場で学んだこと。。。
  • 頭のなかでゆかたの占有率が多くなると、現れるのがモデルの秋谷ジェマちゃんです。めったに御目文字はないが、どこか心がつながるお若い大切な友達で、勝手に自分と同じ匂いを感じています。。。小さい写真は、初めてのゆかた撮影会の時の、お着付け!動きのある帯結びが心に残る、作品だす。初めての撮影のお仕事、たくさんのモデルさんをひとりでお着付け、そしてそれは野外で神経を使ったこと・・・ジェマちゃんや私の緊張をよ [続きを読む]
  • お背中は要所。。。
  • 笹島先生の背中の美しさに、ご自分に警鐘を鳴されたというコメントを、度々拝聴いたします。。。  美しい!  若々しい!  齢 80!  笹島先生のお背中が多くのことを、語りかけてくださった!きものによっては、背中に家紋や昔は背守の存在がありました。(背守は、昭和初期頃まで、幼児のきものの背に魔除けとして 縫い付けた飾りで、子どもの健やかな成長を祈った母親のや さしさが伝わってきます。)家紋は今もありま [続きを読む]
  • 背面美:笹島先生
  • 笹島先生のお背中です。。。着付けのお上手さもさることながら、体型もスッキリとお美しい!「アレコレ」で先生がおっしゃっていらしたようにもうすぐ80歳、若々しいですね。怠け者のにおいがなく、いつまでも輝きを放っていそう。。。お背中から努力すること、頑張ることの大切さを教えて頂いた気がします。背面の反対側では、お茶目でくちゃとした、百万ドルの温かい笑顔がありそう。。。 ちなみに先生の  [続きを読む]
  • 月刊アレコレVOL.143:技術は永久に
  • 心地よくも切れのいい きもの学 笹島寿美      帯結ぶ指に力はなけれども    我が身につきし技術は永久に    帯を結ぶ行為は一見、力を必要とするに思われています。事実、私もそう思っていました。しかし紆余曲折を経るうちに帯の流れに従うことが大切であることを知りました。そして気がつけば、体が素直に動き左右両手の指はよく動いていたのです。            ・            ・    [続きを読む]
  • 姦しくない、ささやき。。。
  • このところの周りの、ささやき!ひとりは、10年前上手くいっていた仕事を何の未練もなく、手放し、今は趣味三昧!もうひとりは、今の仕事に夢を膨らまし、再スタート!あとのひとりは、私です。手放しを後悔気味の友、『ゼロからスタートで頑張っているあや音さんを見ている と、手放した自分の仕事の凄さや、決断の早さを悔いた! 今は、趣味に恋してる!』再スタートさんは、 『家庭には入らず、夢へ挑戦! 人生も楽しむ!』 [続きを読む]
  • 暑い日を工夫で乗り切る!
  • あわてん坊の夏のお出ましには、大あわて。・・・。きものにはお約束事がありますが、礼装の場面ではなく、気を許せる集まりには、体感重視をしております!昨年から、単衣の時期の暑い日には、色麻長じゅばん+透け感のあるきもの透け感が出ず、ニンマリだす。(余りにも暑く、今年も実行済み。)盛夏には、夏用白長じゅばん+透け感のあるきもの透け感が出て、きものを涼しく演出してくれます!持ち物をできるだけ増やさず、必要 [続きを読む]
  • すてきな着姿:井沢満先生
  • 先日投稿いたしましたブログ「麦の穂の浴衣に重なる思い。。。」に脚本家井沢満先生の作品について書かせて頂きました。そのブログに先生のお写真をお載せしたく、お願いした所、快諾してくださいました。素敵なおきものの数々、一枚のお写真に絞り込めず・・・ 急きょ「井沢満先生の素敵おきもの紹介」ブログとなりました。(笑) 井沢先生の略歴です。 「花嫁の父」「母。わが子へ」「わが家」「外科医 有森冴子」「同窓会」「 [続きを読む]
  • いろいろに輝いた時間!
  • 笹島式着付け教室 衣香 のお稽古風景より。。。『こんな胸、初めて!』羨ましい豊かなお胸ですが、受講生には悩みの種。今まではきものをまとっても、お胸が邪魔して帯が見えなかったそうです。ご対面が成就いたしました。さらし補整の偉力を皆で、感動!『お福太鼓を結びたい!』真新しい麻の半幅博多帯、結びずづらくたれの模様出しなど、アレコレ挑戦2回目で、写真の結びに到達。。。この小粋な結びで帰宅、周りの反応はいか [続きを読む]
  • 多忙でしたが、充実感あり。。。
  • 大変忙しいⅠ日でした。・。・。・。午前  笹島会のお勉強会昼食  笹島先生のお誕生日祝い午後  笹島先生の講義その後 衣香のお稽古笹島先生、「お誕生日おめでとうございます!」明るい口元からで、何回か愛猫メイちゃんのお名前がポロ落ちしていました(笑)笹島先生とお仲間の「帯風景」ですまずは、笹島先生のご登場!いつもながら、美々しい背中、帯結び そして、先生のおいどさんべっぴんでしょう。。。以下お仲間で [続きを読む]
  • 蛍の夕べ:横浜三渓園
  • 横浜の三渓園で蛍に会えます。。。お庭ではハナショウブが咲き、ライトアップされた三重塔奥庭では「蛍」が遊んでいるそうです。ほのかに光る蛍、幻想的ですね。。。「蛍の夕べ」2017年5月22日(月) ― 6月2日(金)     午後8時半まで入園可     午後9時閉園蛍が良く見える時間帯は、午後7時半 − 9時もしよろしければ、三渓園へ。。。おまけ、桜満開の春の三渓園、遠くにライトアップされた三重塔四季を通して、 [続きを読む]