あやね さん プロフィール

  •  
あやねさん: 笹島式着付け教室 衣香のきものめしませ
ハンドル名あやね さん
ブログタイトル笹島式着付け教室 衣香のきものめしませ
ブログURLhttp://bebeka.exblog.jp/
サイト紹介文横浜・藤沢で笹島式腰紐1本の着付け教室。お手持ちの着物・リサイクル着物で気軽にお出かけを提案します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供360回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2010/03/29 16:56

あやね さんのブログ記事

  • やがて散りゆく・・・
  • 遠地在住の美しいきもの人の受講生からの桜だよりです。青森県の弘前に1泊2日の旅へ、きもので。。。桜はまだ散らず、弘前城のお濠は、散った桜の花びらが水面を流れていく「花筏」は、まだ、晴れ舞台の袖で出番待ちのようです。。。羽織の後ろ姿、大人の色香が漂っています!前日は風が強く寒く、翌日は10度も気温が上昇、。・。。。・帯が柔らかく羽織で押しつぶされて、帯付になりたくなかったとのこと・・・。前胴帯は、帯締め [続きを読む]
  • 今昔好きなものは、きもの。。。
  • 可笑しいのが、若い頃に苦手ものが、好物と化した!花などの模様柄・甘い物?珈琲・アルコール・三味線の音などには、距離がありました。今では、アルコール以外は、ウエルカム。。。受講生の三味線の音に心地良さを感じ、その後、女流義太夫三味線・鶴澤寛也さんの音に出会い日本文化に興味を持ち始めていきました。ご縁は、「きもの」が作ってくれた!きものをまとうことで実感した、    日本文化の奥深さの認識 !!一貫し [続きを読む]
  • 衣香へお出ましくださいませ。
  • 日々の暮らしにきものがいる。。。過っては、憬れでしたが、今は、共生しております!季節の移ろいや、リレーされたきものや帯から感じる家族愛の存在は、心を豊かにしてくれます。きもの大好きさんの受講生は、喜びも一緒にまといその上、穏やかな「和顔」の持主でもあります。。。きもので闊歩すると、毎回のように称賛のお声掛けを頂戴するそうです。そんな時はいつも、お礼と共に笹島式の「腰紐1本の着付け」の良さを添えるそ [続きを読む]
  • 受講生が考えた「帯結び」!
  • 自称無類の「考・帯結び人」の、私。。。受講生のなかにも、同類人がおります(笑)基本の結びを指導、その後、コツコツとアレンジに、挑戦。。。そして、私を喜ばせてくれた!個性的で、おもしろい結びでしょう!さりげなくこんな結びして、時の流れに身を置く。。。いいなぁー。 一重帯白きを好みひくく結む柴田白菜女さんの、私の好きな句!チントンシャン、「考・帯結人」も 「ボケーッと人」も、両方やってみたい、週末だす [続きを読む]
  • 受講生からの学びと刺激。。。
  • この受講生の着付けプロセスの丁寧さに学ぶものが多くあります。。。「美しくまとうためのツボ」を把握しています。きものの布目が通り、苦痛感も聞いておりません。この着付けで、日舞も自由に舞っています!美しい着姿の陰には、多くの努力があったはず。きもの好きの受講生たちの成長は、なにものにも代えがたい、よろこびでもあり、また、刺激にもなってくれています。。。にほんブログ村応援・ぽちっとありがとうございます。 [続きを読む]
  • 笹島寿美先生からの「恩恵」は、大きい!
  • 懐かしい母の長襦袢。。。寿命80歳に近いのでは? コストパフォーマンスの凄さ!大分前に箪笥に眠っていたものを仕立て直しました。しつけも付けたまま、(笑) 柄を強調したく生成りのきものに添わせ撮影しましたが、長じゅばんは透けては見えませんでした。地味好きの母には、似つかぬ襦袢ですが、長い歳月を経てもご健在、私にまとわれることを、待っていたのかしら?かく言う私も地味好きでしたが、加齢のせいか、綺麗な色に [続きを読む]
  • 軽装帯のお出まし。。。
  • お稽古に、おばあ様の手作り「軽装帯」が、ご登場してくれました。。。お太鼓の部分にも、胴帯部分にも、紐などが付いておらず、ただ長方形の帯でした。馴染みのない方には、どう締めるのかと、悩まれてしまうかも。・。・・。・・。写真向かって右が、軽装帯左が普通の九寸名古屋帯出来上がりには遜色はありませんでしょう?ピンチを活用して結びました。すぐに慣れると思います。。。手先の器用な受講生ですので、残布などを活用 [続きを読む]
  • 大変さに育てられている。。。
  • 笹島式着付け教室 衣香 のお稽古風景です。お稽古には、いろいろなきものや帯などが集合!その場に居合わせた人の心を、鷲づかみなんて、日常茶飯事のことです。お身内からリレーされたものです。。。どちらも個性的で、心弾けますね!保管状態が良くて、何代物には見えません。綺麗な状態で手渡してくださるなんて、元の持主様の、お人柄の良さが感じられます。大胆で華やか、眺めたら時忘れ帯だす。背面と胴をこんなに美々しく [続きを読む]
  • きもの&下駄で、大人遠足!
  • 桜の花びらのように、ふぁ〜とメールが届きました。受講生からです。。。今日はこんなところを歩いてきました。道は舗装されていますが、写真の麓にある塩山駅からかなり上るので、下駄だと登りは足がずり落ちて脱げそうになるし、下りは鼻緒が食い込んで痛いし、ちょっと修行でした。でも、眼下に広がる桃源郷は素晴らしい眺めでした! そして、こんな追記も この日は、きもの&下駄で2万歩 の報告に、絶句! きものを愛おしそ [続きを読む]
  • 「はなやぐらの会」:紀尾井小ホール
  • 日本文化にふれる機会が、続いております。。。女流義太夫演奏会第15回  はなやぐらの会  が東京四谷の紀尾井ホールで、本日開催されました。  ・出演   竹本駒之助(人間国宝)、鶴澤?也 、お話:橋本 治(作家);  ・ 曲目.  「玉藻前曦 袂」三段目 道春館の段.                                (敬称略)作家・橋本治さんから、いじらしく、不憫な親子の情を中心とした悲劇で、こ [続きを読む]
  • 狂言を楽しんだ春宵:セルリアンタワー能楽堂
  • 昨夜は、「渋谷の夜の狂言会 八」の鑑賞のためセルリアンタワーンの能楽堂へ行ってきました。大蔵流狂言師・善竹富太郎さんの、ご説明に助けられて、たのしい時を過ごせました。富太郎さんの迫真の演技と、お父様である重要無形文化財総合指定保持者の善竹十郎さんの品の良い演技に、感動をいたしました!狂言はお笑いの演劇!「ござる」が、たくさん出来たでござる。。。能舞台は何もない舞台装置、何が起こっているのかは、想像 [続きを読む]
  • 月刊アレコレVOL.141:待ちきものさん
  • コンパクトサイズなのに、読み応えがあると評判のご本。アレコレです。。。  バッグにしのばせて持ち歩いております。特集は、「綿麻きもの、解禁!」笹島寿美先生の、心地よくも切れのいい  きもの学  たんす中ながく触れないきものあり   きらるるときを待ちて顔出す笹島先生は、あまりお好みではないきものは             葛篭(つづら)に仕舞われ、時間がある時に             全部出され [続きを読む]
  • 桜は美しいけれど、帯揚げが・・・。
  • 鎌倉の桜です。。。心、桜酔いですが、お稽古はきちんといたしました。一心不乱の受講生に、休憩をおすすめしましたが、休まずに納得できない所を、   ・長じゅばんの衿合わせ   ・帯揚げの結び方くりかえし、くりかえしどちらも、むずかしい・・・。衿合わせは、解決しました!その二つに夢中なっていましたら、私も受講生も帯締め位置に、気が付きませんでした。少し低いですね。帯揚げは、難関だす!見えるのはほんのわず [続きを読む]
  • 盛岡の旧暦雛祭り!
  • 岩手県在住の受講生が「盛岡鉈屋(なたや)町の雛祭り」の様子を送ってくれました。。。江戸時代からの古い商家の魚屋さんや八百屋さんなどが、由緒ある雛飾りを、無料公開。。。ビックリするような大きな神棚の前に、お雛様が飾られていたそうです。。。お雛様の美しさにも負けないでしょう!受講生です。。。(またまた、先生バカを、ご披露してもうた!)ちりめんで作られたさげもん飾りの藤の花が、本物に見えたそうです。みな [続きを読む]
  • 「さらし補整」は、素晴らしい!
  • フィギュアスケートの浅田真央さんが、美しい桜の如く、銀盤から潔く去られました。たくさんの感動をありがとうございます。。。ごゆっくりお休みくださいませ。 今日は「桜雨」・・・桜の飛花は切ないけれど、風情あり。。。古人は自然と対話しながら、暮らしていらしていたのでしょうね。きものに袖を通すようになりますと、「季節先取り」などで、自然が近づいて来ます。桜開花を待ちわびていた頃、衣香に新しい受講生が訪れて [続きを読む]
  • 飛花に寄せる思い。。。
  • 春・夏・秋・冬などの季節は、多少のずれがあっても律儀にお出ましなさる。。。可笑しいのは、毎年好きな言葉に変動がないです!山笑う・糸遊(かげろう)・風光る・雪の果て・終日(ひねもす)・日永・飛花・・・花びらが飛び散る様子が、「飛花」、桜の花びらがハラハラと舞い落ちる風情は、四季が作り出してくれる、はかなげな美です。。。稚拙な桜の帯ですが、描いた頃に出会った友人の最近の言葉を思い出しておりました。『私 [続きを読む]
  • 心地良くまとえた!
  • 笹島式着付け教室 衣香 のお稽古風景です。。。入学式着付けの大願成就が、叶った受講生。。。入園式に悪天候と諸事情で、当日断念した受講生・・・でも、断念人は、あきらめていません。秋の七五三にむけて、もう意欲を燃やしております!やわらかい春風のような雰囲気を持つ受講生が、その日はお仲間たちが都合悪くて、ひとりぼっちでの受講となった!『ラッキー!』と微笑んだ。。。きものをまといお稽古へ、帰りもきもので洋 [続きを読む]
  • 春路を歩く、帯!
  • おだやかでゆったりこんとした春風情が好きです。木々の緑の美しさに、心躍らせ闊歩したい。。。春から初夏に向けて日常の場面でまとう、おしゃれ着に締める帯を、何本か箪笥から出してみました。斬新な模様で、きもの選びが難しいそううれしい試練をくれそうな、帯!丸い模様が、好きで、初夏まで締められる、帯!ちょっと、可愛らしすぎるかしら?ソレユウに登場しそうな、帯!平凡でおとなしい模様ですが出番が多く、優れものの [続きを読む]
  • 二回の入学式お着付けを承りました!
  • 小学校入学の日、そして、六年後の中学校入学の日も、お母様の訪問着お着付けをさせて頂きました。。。お嬢様は、小学校は、お母様よりずっと、お小さかった!中学校は、お母様をこえられた!普段の日にまとう「ケ着」にはない華やかさを持つ「ハレ着」のおきものが、通過儀礼には、度々登場します。お宮参り・七五三・入学式・十三参り・成人式・結婚式などでは、主役さんの脇で、控えめなお母様のハレ着も、美々しくたたずんでい [続きを読む]
  • のの香、お着付けにいそしむのだ! 
  • 春が来てくれて、うれしいのの香です。ひねもす、日向で丸くなっているの。。。あれ、おかしいかしら?あや音さんの心在住猫なのに。。・。・。。あまり深く考えないでくださいな。あや音さんは、朝からお忙しいらしい。のの香、興奮してしまう。。。あや音さんのお留守には、箪笥からいろいろなきものを引っ張り出して、ファッションショーをするのだーーー。ある時は、可愛いおなご!そして、ある時は、妖艶なオンナ (これは出 [続きを読む]
  • 大願成就:入学式お着付け!
  • 朝の着信音は、受講生からのうれしいメールでした!入学式(小学校)にきもので参列のために、頑張ってきた受講生が、可愛いお嬢様と一緒に写真におさまっていました。。。『わぁー綺麗、よくやったわ!』また、また、先生バカがお出ましでござる・・・。この頑張りに、 敬礼!春休み、お教室の片隅でお子様たちは、戯れ!母・受講生は、一心不乱に、 学ぶ!お子様たちのお胸にも、しっかりと、お母さんの美しい着姿や努力が刻ま [続きを読む]
  • 背面のお化粧。。。
  • 今日のお稽古では、「背面」の美しさを学びました。例えば、背中にシワを残さないようにとか、裾線、好み・状況もありますが、腰紐を締める時は、床スレスレにまとうなど。。。卒業式・入学式などでは、厚みのないスリッパなどが想定されます。少し短めに裾をすらないようなまとい方を、練習しました。事前にお座敷に上がることがわかっている場合は、引きずらない丈に留意。。。背面美はたくさんあります。。。きもの背縫いが背中 [続きを読む]
  • 足早に「清澄白河」を。。。
  • 最近趣味として始めたことが、想像以上に心地良くて、はまりそうだす。。。お稽古後、隙間時間に友人たちが異口同音に、おもしろい町と語ってくれた「清澄白河」へ、足を伸ばしてみました。駅に「深川江戸資料館」が紹介されていて、写真を撮りコラージュにしてみました。「清澄庭園」の、穏やかでゆったりとしたのどかさに、春を感じました。。。カラスの大胆な水遊びには、驚かされました!清澄白河に無知な私は、美味しいカフェ [続きを読む]
  • 六年前の着付けご縁は、続いていた!
  • 六年前大震災で落ち着かない日々を送っていた頃小学校入学式にご出席のお母様の訪問着、また、お嬢様の七五三の際も、お母様のお着付けさせて頂きました。そして、今回は十三参り祝いの、お母様の訪問着のお着付けでした。。。小学校入式学のお着付けの際、撮らせて頂き、お写真をコラージュして、後日お送りしました。が、実は今回のお着付けの時まで、そのことを失念しておりました。(左端が今回のお着付けです。)コラージュを [続きを読む]
  • よもやま「衣話」。。。
  • 「衣香(きぬか)」というネーミングは、自分で考えお気に入りの屋号だす。まとい布の香り。。。与謝野晶子さんの、ご著書のタイトルが 「恋衣」あら、素敵と思い意味を調べました。 ・いつも心から離れない恋心 ・恋する人がまとっている衣服 衣は身について、離れないところから、たとえたものそんな記述が。。。屋号が「恋衣」心ときめくけれど、浮気はいたしません。遠い昔に、覚えた好きな与謝野さんのお歌です。海恋し潮 [続きを読む]