お庭の管理人 さん プロフィール

  •  
お庭の管理人さん: 宮原福樹園 お庭の管理人ブログ
ハンドル名お庭の管理人 さん
ブログタイトル宮原福樹園 お庭の管理人ブログ
ブログURLhttp://gardeningkoubou.blog59.fc2.com/
サイト紹介文造園、植樹、植木剪定などの業務内容を綴ってゆきます。
自由文お庭の管理人として、愛されるように頑張ってきました。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2010/04/01 08:45

お庭の管理人 さんのブログ記事

  • 200坪の空き家定期管理
  • 高宮駅から近く、約200坪もある大きなお宅です。持ち主様、普段は不在にされていますが思い出のある家にお盆近くなると帰られています。       そこで、この季節に必ず草刈りをして、持ち主様が気持ちよくお過ごしになられるよう、どんなに忙しくても、雨や台風の影響で作業期日が遅れてせまってきても必ず、行くようにしています。空き家の定期管理の方、それぞれ手放せない事情があり想いがありますのでその気持ちをを大 [続きを読む]
  • 「キ」がいっぱい
  • ある日、娘が会社の名簿を見ながら社長さんの家族はみんな「キ」がつくねぇ。やっぱり「木」のお仕事しているからかねぇとつぶやいていた。社長は云わずと知れた宮原 ヒロユキで奥様にも子供にも名前の最後にキが付く。それを、社長に言うと「おぉー、狙ってつけたわけではないが、それに気づく発想がすばらしい」とお褒めを頂いた(〃▽〃)考えてみれば、私も最後にキが付くし経理担当のものも、時々パソコンのシステムを見てくれ [続きを読む]
  • 九大生のお客さん(^^)/
  • 本日、早良区の広大な敷地のマンションの剪定、草刈りに職人さん総出で取り組んでおります。みなさん、ご存じの通り今日の福岡地方の気温、今年の最高気温を超えるらしいです。そんな中、さわやかな九大生のお客様が現場に来てくださいました(^∇^)ノ芸術工学部の4年生、Nさんです。「草取りの疲労を軽減する」研究をされています。弊社の草取り作業を観察し研究に生かしたいとご丁寧なメールをいただきました。私達、業者だけでな [続きを読む]
  • 紫陽花とおじさん
  • あの日は6月というのに肌寒く、雨のせいかどんよりとした天気でした。太宰府に来たばかりの頃、夫以外で話す人もなく、そればかりかいつまでもいつまでも、悩みはつきずそんな当たり前のことに暗い顔をしていた今から数十年前、、、。いつものように大宰府政庁跡に散歩に出かけた。平日の午前中でも、ぱらぱら人はいるけどこの日はこんな天気のせいか誰もいないような気がしていた。ひとり、傘をさして紫陽花をぼーっと見ていると [続きを読む]
  • 糠にはつけもん!!!
  •   5月は夏野菜の植え付けシーズンです。宮原福樹園の駐車場の隅っこに畑があります。これは、社長のお父さんが作っているのです。去年はおすそ分けがきたからなー今年はなんたって、昭和29年度卒 福岡県立農業高校 同窓会の横断幕も往復ハガキを作成したのも、この私、、、(ある意味、プロだから野菜が上手いのなんのおまけに新鮮だからなー)今年は去年の倍はくだらないだろうなと見込んだところでさっ、さっと糠漬けの準備 [続きを読む]
  • ( *´艸`)
  • 4月に大きな、大きなくすの木を剪定させていただきました。ご依頼主様はその木をいつでも眺められるように白いベンチをお庭に置いています。本当に大きな木で、まさしくシンボルツリーです。間もなく切り口の養生に伺いました。職人さん、あっちの枝こっちの枝に乗り移って切り口に大きな軟膏の融合剤をぬりぬりしています。ふと、娘がまだ小さかった頃の事を思い出しました。ちょっと、打って薄皮がはげただけの傷なのに軟膏を持 [続きを読む]
  • ゴールデンウイークのお休み
  • いつもお世話になっております。株式会社 宮原福樹園です。平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。本年のゴールデンウィーク(GW)期間は、以下の日程で休業させていただきますのでお知らせいたします。■GW期間中の休業■2017年5月3日(水)〜2017年5月7日(日)2017年5月8日(月) から平常通り営業いたします。休業期間中のメール・お電話等でのお問い合わせに対する回答は、5月8日(月)から順次ご対応させていただ [続きを読む]
  • 社員旅行に行ってまいりましたぁ??
  •  4月22日から1泊2日で大分・別府 社員旅行に行ってまいりました。春爛漫の良い天候に恵まれ職人さんやそのご家族と一緒の時を過ごし、始終、子供たちの笑い声に包まれて、心温まる思いでした。それにしても、子供好きのうちの社長、0歳の赤ちゃんを胸に抱き、ちびっこ達と話す姿は好々爺。目尻が下がりっぱなし。でも、しっかり安心院葡萄酒工房の庭園も杉乃井ホテルの樹木達も写真に納めていたのでお庭の探究心は衰えてないら [続きを読む]
  • これで、よしなにぃ〜
  • 本日は昭和天皇もお泊りになった大丸別荘に根回しにきました。と、一言書いたところで、なんか悪い事しに行ったみたいな感じですが、、、。よく、時代劇で見る悪代官様に大量の小判で根回しをするのとは違って樹木の移植の為に大きな根以外を残し小さな根を切ってしまいます。すると、残った根に小さな根がたくさん出来、栄養や水分を吸収しやすくなり、枯れにくくなります。なんと、根回しをすると意味の語源は造園用語なんですね [続きを読む]
  • お庭の定期巡回 雑草が
  • 本日は大雨で作業お休みです。なのでお客様宅を 定期巡回 に伺いました。昨年ご依頼を頂きまして、剪定と除草の施工をさせて頂きましたお客様邸です。勝手口付近に雑草のカヤが スゴイ状況でした。付近をきれいに、刈っていたのですが半年すると また草がご夫妻お仕事が忙しいと、お庭に出ることもなく気が付けば いつのまにか またこんな状況ため息しか出ない どうにかならないのかな?ステキな広いお庭をいつもきれいに維 [続きを読む]
  • ミモザの剪定
  • ミモザの剪定毎年、この時期に剪定していますミモザの木です。黄色の花が終わりましたので、この木 1本剪定です。洋風庭園や黄色の花を好まれる方に人気の常緑樹ですが3月の春に黄色い花を枝いっぱいに咲かせるために、剪定しておかないと大きくなりすぎて維持が大変になります。剪定する前です育て方のポイント●枝が縦横に伸びるので、広い場所に植えましょう●乾燥に強いです、日当たりと水はけの良い場所を好む。 ●病害虫 [続きを読む]
  • 一時預かり〜
  • 樹木もご家族様や企業様にとっては共に思い出がたくさんある大切なものです。移植作業のご依頼も多数あります。だいたいは土壌が同じところの場所の方が樹木も慣れていますので、リガーデン工事を行うときは、施工の妨げにならない場所に一時的に植栽します。しかし引っ越しやビルの建て替えになりますと、宮原福樹園にて一時、預かりをします。一時預かりの樹木は職人さんに大切に植栽され水や肥料もたくさんもらって、とても大事 [続きを読む]
  • セントオーガスチン君 きみだったのか〜
  • 「沖縄旅行に行った際に見た沖縄の公園に張られていた芝をお庭に張りたい。」「セントオーガスチンの芝です。」お客様からお電話をいただき、私にも覚えが、、、。南国の公園に直に座った時の、あの緑々した芝。どっしりと腰を落としても、へこたれそうにない強い生命力をもったあの芝。セントオーガスチン君、きみだったのか〜さっそく、調べてみますと日照不足でも育ち、踏み付けに強く幅広で雑草が生えにくいとあります。社長に [続きを読む]
  • 白木蓮々〜?
  • 観世音寺の白木蓮が今年もたくさんの蕾をつけましたこの白木蓮は私が17年前、太宰府市に住み始めてから毎年、毎年、白い大きな蕾をつけ、夢のあとさきに誘います。といった文章がでてくるのも、最近、カーラジオから「木蓮の涙」がよく流れているからでしょうか、、。「逢いたくて 逢いたくて〜」切ない歌詞に「木蓮の涙」という題をつけたのは、木蓮の花は2〜3日咲いたら枯れてしまうからかも、しれないですね。そして木蓮の蕾 [続きを読む]
  • 右近の橘
  • お雛様のお飾りに欠かせないのが橘の木。橘=みかん属の古名です。     童謡で桃の花と謡われるので桃の花がシンボルになっていますが、庭木にはなかなかの人気を誇ります 橘の花は白い星型に似た形をしていて初夏に咲きます。香りもさわやかな甘酸っぱい香りがします。みかんの花とくればやはり思い出の道、丘の道だからかどうかは知りませんが、橘の花言葉は追憶。1年、1年のひな祭りの思い出と共に娘が成長していく姿を想 [続きを読む]
  • 袖擦りあうも他生の縁
  • ホームページからお問合せを頂く中で、関東地方やら中部地方やら全国から見積依頼が来ることがあります。「あらっ、太宰府市の会社さんでした。すみませんでした。」と直ぐにまたメールが来て気づかれる方もいらっしゃいますし、こちらから、お知らせする事もあります。中にはご丁寧に「お宅に頼みたかったわ〜」とか言ってくださる方もいて泣けてくる思いです。宮原福樹園は太宰府市で造園業を営んでおります。太宰府市には有名な [続きを読む]
  • 、、、移行性⁉
  • 年が明けると共にお庭の年間管理を委託して頂いているお宅様や集合住宅、企業様、学校等の冬季剪定 消毒作業を行っております。冬の消毒剤は油性のものとなっており、住宅が密集している場所では近隣の建物、ガラスに付着しないように注意が必要となります。また、地下水をご利用されているお宅(飲料水以外でご使用)では、土壌の影響もやはり気になりますよね。かといって、皆様どうしても虫が嫌いなご様子です。もう、虫のご相 [続きを読む]
  • 素敵です!!!
  • (門松設置も佳境に入りました!あいにくの雨が続いた中、設置の写真がぞくぞくと届いております。朝の3時から順次配達しておりましたので、暗闇の中での作業もあり、移動の時間が思ったよりかかったりでご迷惑をおかけしたところも多々あったと思いますが、喜んでいただいた声もたくさん届いております。皆様、大変ありがとうございました(*≧∪≦)働く職人さんの姿がとてもかっこいいです!!!ふだんはこっそり、おっさん軍団と [続きを読む]
  • 門松の設置が始まりました!!!
  • 門松の設置が大詰めです。今日はあいにくの雨なのですが、職人さんたちずぶ濡れでトラックに詰め込んだり、なんてんや葉ボタンを敷き詰めたりと大忙しです。うちの職人さんたち(おっさん軍団)は顔に似合わず、女子力が高いのです。やれ、センターに赤いなんてんを足元には葉ボタンを松の枝ぶりはもっと広げるや狭めるや等をけっこう気にしています。剪定にしても、家にあわせてかわいい剪定をしてくるので、このごつい顔で仕上げ [続きを読む]
  • 神秘の木 落羽松
  • 九州にはまだ神秘的なものが、たくさんあると言われています。この落羽松を眺めているとこの風景もまたその一つであるように思えます。ここは私達、宮原福樹園のある太宰府市のお隣り糟屋郡久山町です。沼地の中にすっとまっすぐ生えている佇まい、気根の美しさに目を奪われます。その気根の周りには小さな呼吸根が無数にでています。私にはそれがムーミン谷のニョロニョロの妖精のように見えて人がいなくなったら、動きだすのでは [続きを読む]
  • ブルーアイスにご用心!!
  • 最近のお問い合わせでよくお聞きするのが、ブルーアイスコニファーが大きくなりすぎて、どうしたらいいのでしょうか?というご質問です。ブルーアイスは、年に数回、剪定が必要となります。コンパクトに収めたいのなら、不要枝を取り除かなければなりません。根っこがあまり強くないのですが、根がはりすぎると大きくなりすぎて注意が必要です。剪定したては、葉が茶色く変色するのですが、新芽は白銀色をしていて、とてもきれいで [続きを読む]
  • 門松たてても社長にたてつかず〜♪
  • 11月中旬を過ぎますと、宮原福樹園は門松の注文で活気付きます+゚。*(*´∀`*)*。゚+「今年も例年と同じで!!」「今年は大きいのを!!」「初めてなのでちょっと教えてください!!」門松のご対応をさせていただくと、もう気分はお正月です。もぉ〜いくつ寝るとぉ♪おかげ様で楽しい気持ちで仕事に取り組めます。そういえば、11月初旬はスケジュールも落ち着いて少しの間、暇になるからゆっくりHPやFBのブログでも書いたらぁと社 [続きを読む]
  • 朱と黄のじゅうたん
  • 通勤途中でなぜか気になる木が季節ごとにあります。今は、断然この銀杏の木です。朝陽をあびてますます黄金色にかがやきます。意識していなくても、車窓からこの木を探してしまうんですよね。今日はどんな表情なのだろう、どんな色をしているんだろうって。もう、11月も下旬になると紅葉も少し色あせてきます。時間を止めることはできませんが、移り変わる季節が時々おみやげを置いていってくれるような気がします。そんな事を考え [続きを読む]
  • 赤松の剪定
  • 赤松の手入れ本日は大野城市上大利にて赤松の手入れです。木肌に赤みがあり艶です。横には黒松と呼ばれる立派な松が控えています立派な松は施主さんの大事にされてありますので大事に手入れを進めると時間も掛かります寒さとの戦いになります。しかし今日は暖かいので進みます、お日様に感謝です。 [続きを読む]
  • 台風からお庭をを守りたい!
  • 10月に入ったばかりというのに、福岡県は台風18号の被害が心配です。気象情報によると4日の夜から5日にかけて猛威をふるう恐れがあるそうです。強い台風がくるとお庭の木や花が心配です。それどころか、庭に置いてあるものがご近所さんに飛んでいかないか、塀が崩壊しないか悩みはつきません。被害は免れないかもしれませんが、出来る事をやってみます。・植木鉢どうしをひもでくくって(方言ですかねー( ´艸`))ひとまとめにし [続きを読む]