syasinsi さん プロフィール

  •  
syasinsiさん: 写真師の新カメラ日記
ハンドル名syasinsi さん
ブログタイトル写真師の新カメラ日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/00170227
サイト紹介文金沢の写真師が古都金沢と金沢周辺の里山を撮り歩いています
自由文街の暮らし、里の暮らしに魅かれる日々の記録です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/04/02 07:40

syasinsi さんのブログ記事

  • 落陽ー日本海夕陽ー
  •     [日本海の入日]ーあかあかと日はつれなくも秋の風ー松尾芭蕉が北国道をたどり金沢に入る手前で詠んだ一句です。このとき彼が見たのはこんな光景だったのでしょうか・・・夜明け前に台風の過ぎ去って小降りになった雨のなか日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」を地域の読者の方たちの玄関先のポストまで配り終えました。その一面は「臨時国会冒頭解散 極めて濃厚に 総選挙来月公示投票が有力」の大活字が、そして日本共 [続きを読む]
  • 溝蕎麦の花を見る
  •     [溝蕎麦(みぞそば)の花]南部の山里でヒガンバナの開花が始まったので台風来襲まえに様子を見たいと山里へ。昨夜からの小雨で少し水のたまってきた排水用の溝の近くに小さな金平糖のような花が姿を現していました。春の「オオイヌノフグリ」と並んであまり目立たないけれども私の大好きな小さな秋の花「溝蕎麦(ミゾソバ)」の花です。花言葉は「純情」、この花らしい言葉です。別名として葉の形が似ているところから「 [続きを読む]
  • ご近所散歩 ホトトギス・秋海棠・イチジク
  •     [ホトトギス]今日も少し時間があったので曇り空の下のご近所花散歩に出かけました。いつもの住宅街と反対に国道を渡ってかつて農村地域だった街に。もう殆ど田も畑もなくなっていますが、農家だった民家などにはかつての雰囲気を残した庭などがあり花や果実があります。写真はそんな庭に咲いていた「ホトトギス(杜鵑草)」。開花期は8月下旬から11月初旬と言われていますが寒さに意外と強いようでこちら金沢では雪が [続きを読む]
  • 初秋のバラ園 秋バラの見ごろはあと少し
  •     [バラ園 夏から秋へ]そろそろ秋バラが咲き始めているかと金沢市南部のバラ園を訪ねました。ちょうど夏のバラが終わり秋の花を咲かせるための消毒や剪定など、手入れをする方たちが汗をかきながらの作業を続けていました。作業の終わったバラ園を見るとずいぶん淋しい状況ですが、ゆっくり探してみるとまだまだ綺麗な花があります。    [赤いバラ]屈んで棘が目立つ茎の間を見ると赤いバラが虫の音が聞こえるかのよ [続きを読む]
  • 山里 秋の草花
  •     [ヤブツルアズキ]今朝は久しぶりに雨上がりの山里へ向かいました。先日は空振りだった彼岸花の開花が見られるのではないかと、私が毎年撮影している彼岸花の撮影ポイントへ。ただ、まだ数本が咲いているだけで地表から茎をのばしたものもまだほとんどが蕾でした。ところが茂ったつる草の中でポツポツと咲く黄色い花の姿が見えました。レンズを向けると豆の花のような形の花でした。調べてみると栽培されているアズキの原 [続きを読む]
  • ネットアルバム 『兼六園ー初秋ー』
  •     [兼六園の秋始まる]9月初旬の兼六園、北陸金沢の秋が始まりました。相も変わらずブログのネタ切れ、ネットアルバムを見ていたら2008年に撮った兼六園の写真アルバムが・・・。10年も前のこのころは新幹線も金沢には着て居ず、今から考えればまだ静かな兼六園の初秋でした。そのアルバムを添付します、どうか静かな兼六園を楽しんでください。デジブック 『兼六園ー初秋ー』今日は「兼六園初秋」のアルバムを添付 [続きを読む]
  • 金沢市 犀川河畔の夜明け
  •     [秋空が広がる夜明け]私の好きな夜明け写真ポイント。金沢の人たちから男川と呼ばれる「犀川」、観光客もよく訪れる犀川大橋からひとつ上流の桜橋あたりから見る夜明けです。金沢城の築城に使った石を伐り出した戸室山の向こうあたりから出た朝陽が秋の鱗雲を際立たせています。    [対岸の空は朝焼け]望遠レンズで朝陽を引き寄せてみると、女川と呼ばれる浅野川の近くの病院や大学の建物をシルエットに真っ赤な朝 [続きを読む]
  • 山里の秋 萩と捩花、ヤマボウシ
  •     [遅れて咲いた捩花(ねじばな)]今日は昨日撮影した「いしかわ・北陸のうたごえ」の写真現像作業にかかりきりになっています。気分転換に連れ合いと一緒に山里の秋を探してほんの少しドライブに。ただ今年の山の道は夏の雨による通行停止のところが多く、今日もひと山越えて向こう側の麓近くで通行止め。迂回路もないのでまた同じ道を引き返し麓の小公園で一休み。そこで思いがけない花を見つけました。花期はもう過ぎて [続きを読む]
  • 2017いしかわ・北陸のうたごえ祭典
  •     [内灘かぞえ唄]今日のうたごえ祭典のオープニングはこの歌からでした。1952年朝鮮戦争のため、アメリカ軍は砲弾の試射場が必要となり。最終的に石川県の内灘砂丘にに決定され、村議会は反対決議を行い、北陸鉄道労組は浅野川線で行われる資材搬入に対してストライキを行うなどの支援を実施した。また全国の労働者や学生、文化人も反対運動に立ちあがり全国からの応援が内灘にあつまりました。戦後初めての米軍基地反対闘 [続きを読む]
  • 雨上がり ご近所カメラ散歩
  •     [雨上がりの朝 クレオーメ]西洋風蝶草とも呼ばれるこの花は夏になるとご近所の庭や玄関先に姿を見せ、当ブログでもときおりアップしている花です。夜明け前から降っていた雨が上がった朝、少し時間が取れたので便利なズームレンズを付けた軽いカメラを持ってご近所を巡ってきました。最初に目が留まったのがこの花についてキラキラ光る雫です。花言葉は「幸福、小さな愛、」などだとか。    [雨を避けて花をつぼめ [続きを読む]
  • 金沢市南部 山里の秋
  •     [名もない小さなすてきな滝]今朝は雨のなかの新聞配達、濡れて帰って一眠り。7時過ぎに目を開けると窓から秋の陽が燦燦と射しこんでいました。私の写真撮影時間は新聞配達終了後の朝が一番多いのですが・・・。今朝は朝食を大急ぎで終わらせてカメラを持ち、主要な撮影ワールドである金沢市南部を取り巻く丘陵の山里に行ってきました。山里の沢では今朝の雨が小さな滝に急流を創り出し迫力のある滝になっていました。  [続きを読む]
  • 獅子吼高原の秋
  •     [コスモスの見る空に]金沢市の隣町、白山市鶴来町に獅子吼高原があります。私のブログを見ていただいている方には大道芸祭の舞台として良く知られる獅子吼パーク周辺ですが、ハングライダー・パラグライダーなどのスカイスポーツでも30年以上の歴史を持つ国内屈指のフライトエリアとしても知られています。そのパラグライダーの降り場に咲くコスモスが秋空を降下してくるパイロットを静かに見つめていました。     [続きを読む]
  • ススキ・シシウド・曼殊沙華
  •     [朝陽とススキ]夜明けの峠に立ち雲の合間から昇る朝陽に向かってシャッターを切っていると足元から伸びあがるようにススキが揺れている。ようやく穂が出そろってきた感のある林道わきのススキが肌寒いほどの秋の朝景色を演出します。    [林の中に立つ]白くて背が高くてすっきりと立つ大きな花がいま少し湿った林の中で咲き始めています。光の具合によっては、ハッと息をのむほどに美しく感じる花です。    [ [続きを読む]
  • 金沢市夕霧峠に北アルプス剣岳からの朝陽が
  •     [金沢市夕霧峠に]天候も回復して半袖では寒いくらいの標高939メートルの医王山の夕霧峠に4日の朝行ってきました。つい数日前は土砂崩れで閉鎖されていた林道ですが、閉鎖が解けて夕霧峠まで行けました。    [剣岳の峰からの朝陽が]北アルプスの名峰剣岳の峰に朝陽が昇り、そこから遠く金沢市の医王山夕霧峠に立つ私まで光が届いてきました。足元の砺波平野はまだ眠りの中のようです。    [北アルプスは朝 [続きを読む]
  • 加賀海岸夕景 夕陽とサーファー
  •     [水平線は夕焼け色]日本海の水平線の奥に沈む真紅の夕陽。金沢に住み海岸からの夕景を見慣れた人たちには特別な景色ではないかもしれませんが・・・。島はあっても水平線などどこにもない、四国の瀬戸内海を見て育った私にはいつ見ても心が揺れ動く夕景です。9月に入って最初に見た日本海の夕陽です。多かった雲がアクセントとして素敵な夕景を創り出しました。    [ゆがむような夕陽が]ようやく分厚い雲を抜けた [続きを読む]
  • 金沢市南部 山里に秋
  •     [秋の空]金沢市南部の美しい山里、集落の人たちが丹精込めて育てた棚田の上に秋の空が広がっています。朝早く目が覚めたので車で訪れた山里の朝です。    [棚田は収穫の時]先ほどの集落から少し山奥にある別の集落です。もう刈入れの終わった田もある谷間に広がる棚田ですが、その奥の上にも小さな棚田が・・・。金沢市南部の丘陵部にはこうした棚田がたくさん点在し、美しい景観と豊かな自然環境を保っています。 [続きを読む]
  • 金沢駅前 原発ゼロ行動の記録
  •     [5年を超えていまなお原発ゼロ行動]2012年7月の第1回行動から5年を超え、昨日9月1日で金沢市の「どいね☆原発」行動は256回目を迎えました。昨夕はちょっとした手違いからいつもの[原発 要る? 要らない? わからない]のアンケート・シール投票では無くて参加者それぞれがそれぞれの思いを表したポスターなどを持ってのスタンディングと通行する人たちへの話しかけをしました。    [話し合いの輪 [続きを読む]
  • 9月1日 犀川河口の朝
  •     [未明の犀川河口]ブログの読者にはお分かりかもしれませんが・・・。金沢市内を流れる一番大きな川「犀川」、その河口の上流域に向かって9月1日の夜明け前にシャッターを押した写真です。ちょうど二本のテレビ塔の間に北アルプスの主峰剣岳とその右に立山のシルエットが見えています。    [遠望 剣岳]超高倍率コンデジ、35ミリ換算で1300ミリというレンズで捉えた未明の剣岳です。朝焼けの始まったオレン [続きを読む]
  • 金沢市 南部山里の秋空
  •     [秋(?)の朝]初秋らしい爽やかな朝、迷わずカメラを持って夜明け前の金沢市南部の山里へ。夜明け撮影スポットに着くと空に広がる薄雲が峰の向こうの朝陽を受けて赤く焼け始めました。期待通りの夜明けになりそうです。    [朝陽輝く]遠くの峰の上に顔を出した朝陽が穂が出そろい始めたススキに届きました。キラキラ輝くススキの穂の向こうには秋空が広がります    [広がる秋空]朝陽が顔を出してから25分 [続きを読む]
  • 怒りの昼デモ 高校文化祭PRパレード
  •     [怒りの昼デモ]金沢市第一の目抜き通りで隔週水曜日実施の、香林坊から武蔵町を「戦争法廃止」「9条改憲許すな」と訴えながらの昼休みデモ。「怒りの昼デモ」として毎回たくさんの方が参加しています。久しぶりに涼しい日だったので私も連れ合いと共に参加し集会だけでなくデモに参加しました。隊列の先頭には衆院石川一区共産党予定候補の黒崎きよのりさんと佐藤正幸県議会議員(共産)も立ち全コースを歩きました。  [続きを読む]
  • 山里に秋 長詩「十五円五十銭」
  •     [山里に秋]「光のシャワー」金沢市南部の山里の谷を下って川床近くの用水の取水口近く。川向の林の木々の合間から朝陽がシャワーのように降りかかっていました。「蜘蛛の巣繕い」前日の強風と大雨ですっかり壊された蜘蛛の巣。朝からせっせと巣作りが始まっていました。この小さな体から絶え間なく出てくる細い糸が放射状の縦糸をくぐりながら円形の巣を作りだしていました。    [十五円五十銭]小池百合子都知事の [続きを読む]
  • 金沢市街 大雨の朝
  •     [豪雨の朝の出勤]今夏の金沢は台風の直撃や長雨、酷暑など例年にない異常気象ともいうべき天候不順に悩まされました。人的な被害はなかったものの金沢の奥座敷と言われる温泉街に通じる幹線道路が大雨で陥没、いまも不便な迂回路を使っているようです。写真は8月25日の朝の通勤時間、我が家の前の道路です。夜明けから雨模様ではあったものの小降りだったのですが街の人たちの出勤時間の最中、8時ごろ突然雨音が激し [続きを読む]
  • 8月の思い出 花火と海辺と花
  •     [2007年の花火]今日は古い写真の整理をして時間が過ぎていきました。写真は10年前に使い始めたデジタルカメラを使って金沢市の犀川大橋から撮った花火です。大橋の歩道一杯の観客に混じって打ち上げ花火にレンズを向けていたことを思い出しました。    [海辺の二人]8月も末の金沢の海岸。もう人の姿もまばらになった浜辺ですが、時折りカップルが波打ち際を散歩する姿が見えます。これまた10年前の夏のフ [続きを読む]
  • 今日の夕陽 8月26日大乗寺丘陵公園
  •     [テレビ塔に夕陽]まったく予想外の幸運というべきか、いえ今日の夕陽のことです。我が家から見る限りでは上空も海に近いところも雲が広がりその雲に少しだけ太陽の光があたっている状態だったので一旦は予定していた夕陽撮影を諦めたのですが日程と天気予報を見ると明日からまたしばらく夕景写真が撮れないのでほとんど期待しないまま近くの夕陽スポットに。そんな気持ちで撮影場所につくと海面近くが意外に雲が無く上空 [続きを読む]
  • 峠から見る朝焼け空
  •     [南部丘陵の夜明け]今朝の新聞配達は雨の中、配達終了後もますます雨は激しくなり石川県と共に福井・富山も含め北陸三県に大雨警報と洪水警報という大荒れになりました。このところの天候不順で鬱々した気分を転換したいと昨年8月の写真を振り返ると金沢市南部の峠から撮った朝焼けがありました。この写真は午前5時半に撮った日の出直前の空で、めったに見られない素敵な朝焼けでした。    [朝焼け雲]金沢市南部 [続きを読む]